スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ニュ-オリンズ・トライアル
2008-10-10 Fri 18:26



ニュ-オリンズ・トライアル

【スト-リ-】
ニュ-オリンズで銃の乱射事件が発生。犯人は11人を射殺して自殺。犠牲者の家族は犯人が使用していた銃の大手銃器メ-カ-を相手に訴訟を起こす。
被告側は伝説の陪審コンサルタントの大物フィッチを雇い、評決の鍵を握る陪審員に裏工作を開始する。しかし、そこにはもう一つの裏の工作が動いていた・・・。

「ザ・ファ-ム/法律事務所」、「ペリカン白書」のジョン・グリシャムの小説の映画化。陪審コンサルタントのフィッチを演じるジ-ン・ハックマンと原告側の弁護士のダスティン・ホフマンによる名優同士の対決も見もの。

【レビュ-】
法廷サスペンスが観たい!と思い鑑賞した一本ですが、あまり期待はしないで観たら、なかなかの作品でした。

アメリカの銃社会における、闇の部分と銃を売る大手メ-カ-の強大な力。被害者はいきなり銃弾によって幸せな生活を奪われた弱き一般市民。 あまりにも理不尽な出来事によって絶望の底に突き落とされた被害者の奥さんが、その凶器を製造した銃器会社を相手に裁判で戦うという背景はとても興味をそそられました。

しかし、それだけではなかったです。
アメリカの裁判制度に非常に大きな作用がある陪審員。これに関わる「陪審コンサルタント」というビジネス。 こんな組織が本当にあるのかは定かではありませんが、すごい国だなと思ってしまいました。
この意見力の強い陪審員を操作して、裁判をクライアントの有利な方向へ導く裏の組織はすごい世界でした。 本当にこんな事があったら、法や情は全く通用せず、理性までも失われ、ただただ弱者が涙をのむという何とも悲しく、それこそ理不尽なものになってしまいます。

それを阻止する動きがこの作品では描かれ、その駆け引きや戦いがこの作品の見所になっていました。
とてもスリリングで尚かつ、微妙なパワ-バランスが絶妙でとても面白いと思いました。

また2大名優の対決がすごく見応えがありました。
裏で陪審員を捜査する、陪審コンサルタントのボスにジ-ン・ハックマン。そして原告側の弁護士にダスティン・ホフマンが見事に演じ、この2人の激突がまた良い味があって惹きつけられました。両者とも名演だったと思います。
表はこの2人の対決ですが、もう一つの勢力があり裏の戦いがまたお見事でした。
この名優2人を相手に駆け引きをしながら、戦っていくのですが裏のやりとりがこの作品ではメインになっていますね。

このもう一つの勢力の主軸をジョン・キュ-ザックが演じております。しかし、やはり2大名優には敵わなかったかなと、この部分は否めません。まぁ仕方ないですけどね。

最後も大ドンデン返しではないオチでしたが、きちんとしたタネがありました。
テンポもよく、法廷のやり取りもスリリングなまずまずの作品だと思います。

しかし、陪審コンサルタントってあるのでしょうか? これから日本も裁判員制度の導入で裁判に関心も高まってくるでしょうが、こうした金や権力による裁判員の操作が全く無いと言い切れるでしょうか。実際に平成21年度5月には実施されるという事ですね。

裏の権力で裁判が操作される。 そんな事は絶対に起こってはならないと願わずにはいられませんね。信頼出来る司法を作っていってもらいたいと切に願います。

そんな事も考えさせてくれ、色々と勉強にもなった法廷サスペンスとして、とても面白い作品でした。

ユウ太的評価 7点
自己評価ですのでご了承下さい。
皆さんもよろしかったらコメントに評価を入れて下さいね。

スポンサーサイト
別窓 | サスペンス | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
<<100の質問に答えます。 Q.71~80 | RELAX TIME | 洋楽 Because I Love You / スティ-ビ-・B>>
コメント
パッチです。

日本での裁判でも裁判員制度が導入されたということで、
それを踏まえた上でこの映画を観るとよりおもしろさがありますよねっ。
裁判員制度というものが日本で導入される前と後では、この映画の評価も少し変わってきそうですもんねっ。

この裁判がどのような意味を持つのか。
銃社会のアメリカにおいて、銃器製造会社が万が一負けることがあれば、
これまで起こった銃による事件、そしてこれから起こる事件での裁判にとてつもなく大きな影響を与えますもんねっ。

あとは陪審コンサルタントという職業、
これまた馴染みがなく新鮮だったので、おもしろかったです。
それに豪華なキャストが加わっていたので、印象としては優等生な映画といった感じです。
とても綺麗にまとまっていました。

評価としては、ユウ太さんと同じく・・・・7点です。
裁判員制度と陪審コンサルタント、共に興味深いものだったので楽しませてもらいました。
実際に実施されたのちに、鑑賞するとまた評価も変わってくるかもしれませんねっ。

ということでまた鑑賞してみたいです(^^)


2008-10-18 Sat 01:43 URL | パッチ #-[ 内容変更] | top↑
★ パッチさん ありがとうございます。
パッチさん(^^)こんにちは!
いつも本当にお世話になり、ありがとうございます。

はいっ。もうじき日本でも裁判員制度が始まり、一般の人も裁判、司法に関わってくる機会が増えて来るというこの時期、こうした作品を色々と鑑賞させてもらって知識を入れられたらという思いはありますね。
勿論、映画で勉強するというのは浅はかな考えだと思いますが、裁判というものに興味を持つきっかけにはなると思いますし、裁判ではこういうケ-スが起こるだとか、様々なパタ-ンが観られるので、参考にはなると思います。

自分も実際、最近は法廷ものを多く鑑賞している傾向にありますよ(^^)
「12人の怒れる男」なんかは、レビュ-でも見たことがありますが、検察の授業みたいな時間に観せられたとも読んだことがありました。
今度、記事は作っていますのでまたUPしますね!

この作品は本当にキッチリとはまっていて、見事に作られていましたね(^^)
俳優陣も名演で見応えのある作品でした。

仰るように、裁判が身近になってきた時期に、こうした法廷ものを改めて鑑賞するとまた良いかもしれませんね。

いつも本当にありがとうございます。
パッチさんも忙しいでしょうが、いつも楽しく拝見させていただいておりますので、また楽しみにしております。
(^^)
2008-10-18 Sat 17:19 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
★ おはようございます☆
ユウ太さんへ
今月も 「ブログ DE ロードショー」 を開催しますので、お誘いに参りました。
作品名は 『ニューオーリンズ・トライアル』 (2003年/アメリカ/監督ゲイリー・フレダー)です。

今月から、ブロガーの皆さまに、この企画の作品を、選んでいただくことにしました。
まず最初の、この作品を選んでくださったのは、「そのスピードで」 の ケンさんです。
(ケンさんは、これまでに具体的な作品名を挙げて下さっていたので、トップバッターにお願いしました)

お選びになられた理由は
・傑作なのに案外知られていない
・日本の裁判員制度もはじまって、いまこそ観る価値がある
・ジョン・キューザック、レイチェル・ワイズ、ダスティン・ホフマン、ジーン・ハックマンと配役が豪華で、しかも皆気合いの入った演技をしている・・・など、との事です。

鑑賞日は11月13日(金)~15日(土)の三日間です。(お忙しくてご都合の悪い場合は後日でも結構ですよ~!)
是非、皆さんと、一緒の時期に、同じ映画を見て、ワイワイ言い合いたいと思います。
(感想・レビューは強制ではありませんが、作品を選んでくださった方には、必ず書いて頂きます)

ユウ太さんには、2月か3月に作品選びをお願いするつもりです。また近づいたら、詳しい事をお願いに参ります。
お仕事等でお忙しい場合は、別の月に変更させて頂きますので、ご遠慮なく仰って下さいね。

なお、今までの、この企画について まとめた記事を アップしてありますので、良かったら読んでくださいね~。
こちらです → http://saisenseisuki.blog97.fc2.com/blog-category-19.html

長々とすみませんでした。

****************

この作品、このレビューもあり、ご覧になっていらっしゃいますが、もし良かったら、もう一度ご覧になって、同じ作品に二つ目のレビューなんていかがでしょうか?

私も今年の5月にテレビで見ましたが、今回新たな気持ちで再見しようと思っています☆
2009-11-06 Fri 08:54 URL | サイ #jSBoJ0Ww[ 内容変更] | top↑
★ サイさん ありがとうございます。
サイさん(^^)こんばんは!
いつもお世話になりましてありがとうございます。

今や月に一度のお楽しみになりました、「ブログ DE ロ-ドショ-」のお誘いをありがとうございます。そしてお疲れ様です。(^^)

今回から順番に作品をチョイスすると言う事、そして次回対象作品は「ニュ-オリンズ・トライアル」との事。了解いたしました。(^^)

先日、ケンさんともリンクをさせていただくことになりまして、そのケンさんのセレクトという今回の作品。自分も鑑賞していますがまた、再見させて頂きます。(^^)
仰るとおり、この作品はなかなかの作品だと思います。日本でも裁判員制度がいよいよスタ-トし、裁判、司法の在り方が注目される中での再見となりますので、また一味違った鑑賞となることでしょう。楽しみにしておりますね!

同時に皆さんの記事も楽しみにしたいと思います。(^^)

自分も選考する時が来るのですかぁ!今から色々と検討しないとですね~汗っ
皆さんに比べて、非常に甘チャンな映画好きなのですが、頑張って準備したいと思いますので宜しくご指導下さいませ!

いつもお越し頂き、そして毎回お誘い下さいまして本当にありがとうございます。(^^)
今からまた楽しみですぅ~(^^)
2009-11-07 Sat 18:18 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| RELAX TIME |

ブログ内検索

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。