スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
アヒルと鴨のコインロッカ-
2008-09-26 Fri 18:52


アヒルと鴨のコインロッカ-

【スト-リ-】
大学入学のために仙台へ引っ越してきた椎名。新居の片づけをしていると、同じアパ-トに住む河崎と名乗る男が話しかけてきた。
椎名が口ずさんでいたボブ・ディランの曲に興味を持ったらしい。 しかし、彼は初対面の椎名に、同じアパ-トの住人、ブ-タン人のドルジという青年に広辞苑を盗んでプレゼントしたいから一緒に本屋を襲おうと誘うのだ。
ドルジは河崎の元彼女の琴美と付き合っていたらしいが、彼女を失って落ち込んでると言うのだった。
その広辞苑も買うのではなく、盗むのが大切と奇妙な事を言う河崎。
椎名は逃げ腰だったが、河崎の巧みな話術にのり気づいたら本屋襲撃に荷担していたのだった・・・。

伊坂幸多郎の人気小説の映画化。河崎、ドルジ、琴美の不思議な友情を、見事なトリックで描いた青春ミステリ-の傑作。
(参考 Amazon より)

【レビュ-】
自分は今まで、邦画作品にはさほど関心がなく、あまり好んで日本映画は観てきませんでした。
しかし、最近の邦画もよく出来ているな~ と唸ってしまった作品の一つ。

この作品もネタばれになってしまうと、鑑賞しても面白味がなくなってしまう作品なので詳細は書くことは出来ませんが、とても良く出来た話だと思いました。

元は伊坂幸多郎氏の小説で、自分は小説、原作は全く知りませんで、ただ他のレビュ-での評価が高いというだけで予備知識ゼロのまま、この作品を鑑賞いたしました。
小説の方では、映像化が困難だろうというトリックがあり、原作ファンはそれをどう映像化するのかが、とても関心の高かった部分という解説がありましたが、原作ファンも納得の作品に仕上がっているという声が非常に大きい、成功した作品なのだろうと思います。

物語としては最初、何処にでもあるような日常を描いているかのような、淡々とした雰囲気で変な事を言う隣人と、愛想のない訳ありの外国人に挟まれた、人の良い青年の話かと思って観ておりました。
が、途中から人間関係が複雑に絡み合ってきて、それが段々と一つに繋がってくる というとても優れた物語でした。
この不思議かつ、奇妙なタイトルも途中に少し触れてきて、最後にカッチリとはまって理解が出来るのです。タイトルも上手くつけられていたのですね。

それと冒頭から流れ、椎名と河崎、ドルジ、琴美と主要人物を結びつける重要な役割を持つボブ・ディランの曲「風に吹かれて」が絶妙に心地よく、そして深い意味を持つ一つのキ-になっていて、こちらも原作ファンには高評価で、小説では聴けなかった「風に吹かれて」が流れながらの映像は、とても良い効果になっているという事です。

自分は映画を観てこの小説のほうも読んでみたいと思ってしまいました。
それだけどちらも素晴らしい内容の作品となっているという事ですね。

この作品は独特の雰囲気を纏った、切なく胸を締め付けてくる、そして面白く関心させられた不思議な感覚の作品でした。

椎名が物語をやわらげる役割で非常に良かった。彼が良かったから何だか穏やかな気持ちになれたのかも知れません。それだけ書いておきます。


そして・・・この作品の重要なキ-になっているボブ・ディランの「風に吹かれて」を貼っておきます。
実は、何故この曲がこの作品に使われているのか?という事も、自分が思うにきっととても深い意味があったんだろうなと考えてしまうわけですが、それもきっと「答えは風の中」なんでしょうね。(^^)




ユウ太的評価 7.5点
自己評価ですのでご了承下さい。
皆さんもよろしかったらコメントに評価を入れて下さいね。
スポンサーサイト
別窓 | 邦画作品 | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
<<閉ざされた森 | RELAX TIME | チャ-リ->>
コメント
こんばんは!いつもお世話になっています♪

この映画、最初は確かに平凡な学生生活の様子を坦々と描いているようですが、最後にどんでん返しがあったりして、よく考えられた作品だなと感心したのを覚えています。
今をときめく「瑛太」の作品でしたが、彼が外国人役というのも面白い設定でしたね!

それでは、またお邪魔ますね^^
2008-09-26 Fri 20:42 URL | ぴーち #-[ 内容変更] | top↑
★ ぴ-ちさん ありがとうございます。
ぴ-ちさん(^^) こんばんは~
いつもお世話になり、本当にありがとうございます。

はい(^^)この作品は、自分は全然期待せずに鑑賞して、見事に唸らされた作品になりました。
最初はなんてことなかったのですが、途中から物語に引き込まれてしまいまして、最後に繋がった時は「あ~っ」となってしまいましたね。

最初の椎名が段ボ-ルを片づけていたシ-ンでの河崎との出会いが、最後にこうなっていたのかと分かった時は切なく、ちょっぴりジ-ンとしてしまいました。

神様が椎名という青年に巡り会わせてくれたんですね。
神様の曲を口ずさんでいた男だから・・・という解釈をしています。

そう考えるとなかなか深いなぁ と思わず唸ってしまったのでした。
最近の邦画もよく出来ているなと感じずにはいられませんね。

またぴ-ちさんの、この作品のレビュ-も良く目を通してみようと思っています。
いつも本当にありがとうございます。(^^) 
2008-09-27 Sat 19:05 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
ヽ(o´∀`o)゚.:。+コンニチワ+゚.:。゚(o´∀`o)ノ
これ評判いいデスヨネぇ★
私まだ未見なんですよぉ・・・
ユウ太サンのレビ読んでまた観たくなりましたぁ♪♪
観たらTBさせてもらいますねぇ♪♪
2008-09-28 Sun 22:29 URL | Mary #-[ 内容変更] | top↑
★ こんにちわ♪
ユウ太さん、こんにちわ(^ー^)
最近(ここ数年)の邦画は面白ろそうなものが
いっぱいありますね~♪
この映画も、リストに入れておきます。
原作も面白そうですね。
邦画を観る機会がなかなか無いのですが、
今度日本に行くときの楽しみにとっておこうと思います。
主人にも是非面白い邦画を沢山見せたいと思うのですが、
実は私自身、邦画はあまり詳しくないのです(><)
ですので、とても参考になりました♪
それから、先日はお見舞いのコメントを
どうもありがとうございましたm(__)m
おかげさまで、少しずつですが良くなってきております^^
季節の変わり目、ユウ太さんも体調に気をつけて
お仕事頑張ってくださいね~☆(^ー^)
2008-09-29 Mon 14:00 URL | tess #3gljg5Go[ 内容変更] | top↑
★ Maryさん ありがとうございます。
Maryさん(^^)こんにちは!
いつもありがとうございます。

はい!この作品は評価が高いという事で、自分も鑑賞してみました。 その時はあまり期待せずに観たのですが、途中から物語に引き込まれていき、とても良くできた作品だと思いました。

これから鑑賞するという事ですので、鑑賞する際は予備知識を入れずに観る事をお勧めします。
きっと最初のシ-ンの映像が最後に良く分かると思います。(^^)

邦画もとても面白いな と思った1本でした。

いつも本当にありがとうございます。(^^)
2008-09-29 Mon 17:44 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
★ tessさん ありがとうございます。
tessさん(^^)こんにちは!
いつもありがとうございます。
お身体も少しずつ快方にに向かわれているようで少し安心しました。良かったです。(^^)
日本でもニュ-スで解説されてましたが、お菓子類もメラミン混入の疑いが大きいようで、チョコレ-トも固有名詞が挙がっておりました。
食の安全は消費者の我々も本当に気をつけていかなければならない時代になってしまったのですね。
tessさんも、ご家族皆様と元気に体調に気をつけて頑張って下さいね!(^^)

はい!自分もこの作品はあまり期待せず何となく鑑賞したのですが、いやいや最近の邦画も面白いと思った1本でした。
自分もあまり邦画は観なかったので、これから色々鑑賞して邦画カテゴリ-でご紹介していけたらと思っています。
参考にして下さって大変恐縮です。&とても嬉しいです(^^)
気になったのですが、アメリカではやはり、ボブ・ディランは偉大な方なのでしょうか?
ご主人様がお好きでしたら尚、この作品は一緒に観ると良いかも知れません。
また、この作品の重要な曲、「風に吹かれて」の詩が分かっているとこの作品に隠れた暗なメッセ-ジも良く分かると思います。凄い重要なキ-になっている曲だと自分は思います。 よろしかったら、皆さんで日本に帰って来られた時に鑑賞してみてくださいね♪

いつも本当にありがとうございます。(^^)
2008-09-29 Mon 17:57 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| RELAX TIME |

ブログ内検索

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。