スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
洋楽 Everything’s Gonna Be Alright / Sweetbox
2008-09-20 Sat 18:59





【解説】
今回のSweetboxは、ドイツのサウンド・プロデュ-サ-GEOとエグゼクティブ・プロデュ-サ-、ハイコ・シュミット、ヴォ-カルからなるユニットとして1995年に結成。
様々なスタイルと、異なるシンガ-を起用することで、取り出してみないと どんな味か分からない「お菓子箱のキャンディ」の様に、色んな味がするユニットを作りたいと言うことでSweetboxと名付けられた。
1997年にドイツの有名なダンスユニットのダンサ-、ティナ・ハリスをメイン・ヴォ-カルに起用してこの「Everything’s Gonna Be Alright」が誕生した。かの有名な作曲家であるバッハの「G線上のアリア」をモチ-フにラップとの融合を図ったこの曲はヨ-ロッパ、アメリカで大ヒットを記録し世界のチャ-トを席巻した。
しかし、1999年に音楽の方向性の違いからティナが脱退。後に4代目ヴォ-カルにジェイド・ヴィランを迎え新生Sweetboxとして活動を展開していく。

この紹介している曲の他にもヴィヴァルディの「四季」にある「冬」を使用した「Addicted」が大ヒットしていて、日本のCMでも使用されている。また、ヴェ-ト-ベンの「月光」や映画ファンにはお馴染みの「ロッキ-のテ-マ」でも曲を創り上げていて、クラシック・モチ-フはSweetboxの代名詞となっている。
因みに浜崎あゆみにも「Bold&Delicious」、「Pride」などを提供している。

聴いていて、何とも心地よい癒しの一曲で歌詞も「きっと大丈夫 すべてうまくいく」と自身を奮い立たせる、女性に共感を呼ぶ詩も人気の高い曲。
クラシックとラップの融合なんて、まさに「古い」が「新しい」になる、名曲ですね。自分の友人のDJもこの曲を好んでよく使っていました。

今回はティナのバ-ジョン(上)とジェイドのヴォ-カルでリニュ-アルした「Everything’s Gonna Be Alright -Reborn- 」(下) を貼ってみました。どちらも凄く素敵で良い曲です。 聴き比べて楽しんで頂ければ幸いでございます。
明日への活力に是非、聴いてくださいね~(^^)
スポンサーサイト
別窓 | 癒しの1曲 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ミッドナイト・ラン | RELAX TIME | オ-ルド・ボ-イ>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| RELAX TIME |

ブログ内検索

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。