スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
フォ-ン・ブ-ス
2008-09-29 Mon 18:36


フォ-ン・ブ-ス

【スト-リ-】
口先だけで世間を渡ってきたヤリ手のメディア・コンサルタント、スチュは、ニュ-ヨ-ク・ブロ-ド・ウェイに置かれた電話ボックスで、コ-ル音が鳴り響く電話を思わずとってしまった。
その電話の相手は「電話を切ったらお前の命はない」と告げる。彼の胸には赤いレ-ザ-・サイトの標的マ-クが。 一体、なぜ自分が標的にされるのか訳も分からぬまま、彼は電話ボックスから一歩も出ることが出来なくなってしまった。
そして、その電話ボックスに近づいてきた男を銃弾が襲う。犯人に祭り上げられるスチュ。
警察、マスコミ、妻らに囲まれる中、次第に追いつめられていく・・・。

【レビュ-】
電話ボックスの周辺だけで展開されるサスペンスで、とても濃い、濃密な作品だと思いました。
シチュエ-ションとして電話ボックス内での会話で、手に汗握る物語を作るアイデアはとっても優れていると思います。
話しの内容と主人公の被害者に難題を要求していくやりとりは、鑑賞していてどんどん引き込まれ、テンポ良く進んで行きますので非常に良かった。それを80分という尺で収めているから、濃い作品だと自分は思ってしまいました。

ビジュアル的にも、コリン・ファレルがとてもハマっていて、どんどん追いつめられ、収拾がつかなくなってくる様は観ていて惨めで、且つハラハラさせる演技はとても良かったです。
一見、ヤリ手の広告マンを装っていますが、口先で業界を渡ってきたという設定もこの役には凄く合っていて、自業自得的な背景がより引き立っていました。 情けない表情とか、恐怖で錯乱する様は非常に惹きつけられた、良い演技だったと思います。

また、脇で登場するフォレスト・ウィティカ-がまたまた良い役で、警察の中で一人、見事な予見を立てる刑事を演じていてとても良かったです。 ウィティカ-って結構、チョイ役が多いですが、いつも印象に残る良い役が多いなぁと思ってます。「プラト-ン」とかでも良いこと言う兵士の一人だったりして、顔が少し優しい印象があるからなのでしょうか?
しかし、「ラスト・キング・オブ・スコットランド」では強烈な印象でしたがね。

ケイティ・ホ-ムズなんかも出演していて、キャストもなかなか豪華だったですが、映像視点はほとんどがニュ-ヨ-クの一画にある一つのフォ-ン・ブ-ス。
が、そのボックスを取り囲むビル群は、さすが摩天楼。何処に真犯人が潜んでいるのか分からないあの背景は、よく見つけ出されたシチュエ-ションだったと関心してしまいました。

真犯人との会話での進行も次から次へとピンチになっていくハイスピ-ドなテンポも良し。
鑑賞してあっという間の濃密な作品でとても満足できました。とても面白かったです。(^^)

真犯人はやっぱりここで書けませんが、声と会話だけで相手を追い込んでいく演技、時には柔らかく、そして怒鳴ったり、激高したりと、押して引きまた脅す。受話器越しの会話で魅せてくれました。
この犯人は「SAW」の犯人、ジグソウに共通するところがありました。

しかし都会のど真ん中であのような形で狙われたら、本当に逃げ場がなく、体裁もプライドもかなぐり捨ててさらけ出さなければいけない状況は悲惨でした。

多少、ツッコミ所もありましたが、自分はなかなか楽しめたサスペンス作品だったと思います。

ユウ太的評価 8点
自己評価ですのでご了承下さい。
皆さんもよろしかったらコメントに評価を入れて下さいね。
スポンサーサイト
別窓 | サスペンス | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ミスト | RELAX TIME | 閉ざされた森>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| RELAX TIME |

ブログ内検索

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。