スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
クロ-バ-・フィ-ルド/HAKAISHA
2008-09-16 Tue 18:56


クロ-バ-フィ-ルド

【スト-リ-】
ニュ-ヨ-クのマンハッタン。仕事で日本への単身赴任が決まった青年ロブの送別パ-ティ-で楽しいひとときを過ごしていた若者たち。しかし、平和な夜が一変する。
突然、爆音が襲いかかり、慌てて外に飛び出した彼らの目の前に信じられない光景が・・・。

正体不明の何者かに襲われたニュ-ヨ-クの壮絶な一夜を、現場に居合わせた人物の視点から、ハンディカムで撮影されたドキュメンタリ-タッチの圧倒的な臨場感で描くパニック・アクション


【レビュ-】
話題作という事で予告など、上映前から正体不明で非常に興味を持っていた作品でしたが、劇場での鑑賞は出来ず、先日やっとDVDにて鑑賞しました。

先ず、皆さんのブログやレビュ-、劇場の注意書きなどで知っていました「ブレまくり」の映像でしたが自宅のテレビという事もありブレによる視覚の酔いは自分には無く、逆に臨場感タップリで特に不快感は感じませんでした。
ただ、自分は乗り物酔いとかは全然平気な人間なので、弱い方にはちょっとツライ作品なんだろうと思います。
自分はそうした感覚の人間ですから、この作品は劇場で鑑賞してみたかったです。劇場にて鑑賞した方は、やはり不快だったですかね?
この手のハンディカムによる撮影は自分は結構スキなんです。「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」も全然、苦にならず、逆にリアルな映像に引き込まれていたタイプだったのでこの作品も結構、楽しめました。ただ少々、目が疲れたのは正直な印象でした。

その点を踏まえて、甘口のレビュ-になってしまう事をご了承頂きたいですが、この作品は自分は大分、楽しく鑑賞が出来たのです。楽しいという表現は間違っておりますが、ハンディでの撮影は、鑑賞している者もまるでその場に居るような体感的な作品となっていますので、この作品の製作側の意図にまんまとヤラレてしまったわけです。
自宅鑑賞なので音が迫力不足かなと。5.1chは組んでいるのですが音響はやっぱり劇場には敵わないでしょうね。そこが残念です。

さて、ハンディでの視点なので色々ブレたり場面が飛び飛びになり見づらい面もありましたが、何より現場の雰囲気がすごく伝わってきて、実際あのような場所に放り出されたらこんな感じ。みたいな迫力と臨場感がすごく伝わってきました。
自由の女神の頭が空から降ってくるシ-ンやビルが破壊され土石流のような煙と炎と埃がブワ-ッと迫ってくるシ-ンはとても恐ろしく、あの9.11の事件を思い出しました。
実際に、あの同時多発テロの映像は今の映画に大きな影響を与えているという事ですし、この作品も間違いなくそうした描写を多々、取り入れているのでしょう。
突然の破壊、殺戮に普通の人々はなすすべもなく、ただ傍観者となり逃げるのが精一杯になるのだと思います。
クロ-バ-フィ-ルド04


また、あの正体不明のもの、クリ-チャ-とでも言うのでしょうか?あれの正体は不明で劇中の人々と同様に「あれは何だ?」「何がいるんだ?」と分からずパニックになり様々な憶測を掻き立てられました。あのクリ-チャ-は最後まで謎ですね。あれで良かったと思います。
この作品は怪物を主点とせず、偶然居合わせ、ビデオに納めている一般人の主観なのでテ-マが怪物ではなかったのがリアルで良いと思いました。
逃げまどい、目の前で起こっている惨劇を記録し、女性を助けに行く青年たちの人間ドラマになっていて、とても良かったと思います。

ただ、あの小さいエイリアンと蜘蛛が合体したようなクリ-チャ-は、ちょっと物足りないような感じでした。(笑)

壮絶な現場主観の斬新な映像。普通の一般人が偶然、カメラに撮った衝撃的、決定的瞬間みたいなその映像は大いに「あり」だと思いました。
しかし、この作品のみでおしまいで、この手の作品が続いたら飽きてしまう手法ですね。

個人的にはあの巨大な生物を昼間に、全身をとらえた映像を見てみたいです。米軍にも、もうちょっと頑張って欲しかったですが、そこまでしたら今までの作品と何ら変わらなくなってしまうのでしょうね~

こうした欲求が大きいと消化不良になってしまう賛否両論の多い作品なのかなと思います。


ユウ太的評価 7点
自己評価ですのでご了承下さい。
皆さんもよろしかったらコメントに評価を入れて下さいね。
スポンサーサイト
別窓 | アクション、バイオレンス | コメント:6 | トラックバック:1 | top↑
<<タイタンズを忘れない | RELAX TIME | アマデウス>>
コメント
ヽ(o´∀`o)゚.:。+コンニチワ+゚.:。゚(o´∀`o)ノ

私は、映画館で観て酔っちゃったんデスヨー・゜・(PД`q。)・゜・
ホント、悔しい思いをしました。。。
酔わなければ楽しめたと思うんですけどねぇ。。。
くやしー!!!!!!!!
トラバさせて頂きます♪♪
2008-09-16 Tue 20:39 URL | Mary #-[ 内容変更] | top↑
Maryさん(^^)こんにちは!
いつもありがとうございます。

Maryさんは劇場でご覧になったのですね~(^^)
劇場のスクリ-ンでの鑑賞と自宅での鑑賞を比べてみたい作品でもあります。
画面に酔ってしまったという事で、それは辛い、悔しい思いをされたでしょう。そうした状態では映画を楽しめませんよね。自分は酔いに強いので何とか鑑賞は出来ましたが、家庭での鑑賞でも体調の良い時でないとツライ作品なのかも知れません。
自分も目は大変、疲れてしまいました。

体調が良好の時に再挑戦するのも良いかも知れませんが無理はなさらないで下さいね!

コメントとTBもありがとうございます。(^^)

2008-09-18 Thu 18:47 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
こんばんは!ユウ太さん。
いつもありがとうございます★

ユウ太さんは、こういうハンディカメラのブレ感
は全然OKなんですね!
私もよく子供の運動会などで、自分で撮る
ビデオカメラを家庭のテレビで再生すると、
ものすごいブレ画像で、家族にブーイングを
受けてます(^^;
「子供じゃなくて、地面だけ映してど~すんだよ~」な~んてw
でも、こういうパ二くっている時って想像してみると
確かに何処を撮っているのか、分らない映像になりますよね。それにしても、あのビデオカメラ、8時間くらいのシーンを撮っていた様ですが、ずいぶん長持ちでしたね~w

それでは、また、お邪魔しますね!!
2008-09-18 Thu 22:20 URL | ぴーち #-[ 内容変更] | top↑
ぴ-ちさん(^^)こんばんは~♪
お返事がおそくなり、すみませんでした。

ぴ-ちさんはブレ映像は大丈夫でしたか?中には本当に酷く酔ってしまい、気分を悪くしてしまうとかで、この作品がダメな方は多いと思います。
自分は、はいっ。酔いとかは大丈夫でしたよ~(^^)
しかし、流石に目は疲れてしまいました。

ブレまでもリアルに再現しているという事で非常に臨場感のある作品だと思いましたので、自分はそこら辺の角度から楽しめた作品になりました。
基本的に映画に対する評価って自分は大分、甘いのでしょうね。でもここで取り上げる作品は大体、自分が良いと思ったものを記事にしておりますので、ご了承頂ければ有り難いです。
まぁ、そのうちダメダメな作品も記事にするかも知れませんが、鑑賞した作品が多く、記事を作成する時間と気力が只今、欲しい状況です。

いつも本当にありがとうございます。ぴ-ちさんのところにも、ちょくちょくお邪魔させて下さいね。(^^)
2008-09-20 Sat 18:51 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
こんばんは、ユウ太さん。

この映画は、劇場で観ました。
しかし、私の評価はかなり低いものとなってしまいました。
基本的に私もユウ太さんと同じく、この手の映像は全然平気なんですが、こういう奇をてらった手法自体がどうにも合わないみたいです。

見せ方の妙を感じないわけでもないのですが、ハンディから観た映像・・・ってだからどうなの?単なる怪獣映画を見せ方を変えただけ?とひねくれた感想になってしまいます。

やっぱり私はまず第一にストーリーの内容を重視して、それによりよく見せる方法として、映像を楽しみたいですね。

とはいえ、エイブラムスの宣伝効果は抜群であったと認めざるえませんね!

ちなみにこの映画の続編なんですが、内容(物語の中身)はまったく一緒で、それを今度は別の視点(たぶん固定カメラ?)から見せるらしいです。
2008-09-21 Sun 23:41 URL | ケビン #-[ 内容変更] | top↑
★ ケビンさん こちらにもありがとうございます。
こちらにもコメントを頂きまして、本当にありがとうございます。

そうですね~この作品は多分、ケビンさんのように感じている方の方が多いと思います。
自分のように、面白かったという意見は多分、希なのだと思いますね。
スト-リ-はなく、ただ「カメラが捉えた決定的瞬間」の番組のように進むハンディでの映像は観づらい上に、何を伝えたいのかも分からないと思います。

ですので、このような作風でのモンスタ-・パニック作品はこの作品のみで今後は飽きてしまうでしょう。
ケビンさんの情報の別の視点での映像もどうなのかな?と思います。

この作品の妙は「計算されつくされた設定」にあるのかなと考えています。
何が起こったのか?という謎を残した宣伝方法と、ハンディでの臨場感のある映像。恋人との映像に重ねて撮ってしまった事など、リアリティを追求し計算されて作られているのだと思います。
そうした部分に自分は関心してしまい、リアリティを敢えて重視した所に評価をしてみました。

けれど、このような作風の「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」も結構好きなほうなのです。汗汗汗っ

あまり説得力がありませんでしたね。

しかし、色々なご意見を聞くのはとても楽しいですし、参考になります。
本当にありがとうございます。また貴重なご意見、情報を頂ければ嬉しいです。宜しくお願い致しますね(^^)

2008-09-22 Mon 18:29 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
巨大都市ニューヨークを舞台に、&ldquo;未知の何者か&rdquo;が大規模な破壊を繰り広げるSFパニック・アクション!! …
| RELAX TIME |

ブログ内検索

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。