スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ブレイブハ-ト
2008-09-14 Sun 19:15


ブレイブハ-ト
【スト-リ-】
残虐非道なイングランド王エドワ-ドⅠ世の支配下にあった、13世紀のスコットランド。
侵略により家族を皆殺しにされた少年ウィリアム・ウォレスは成長し、故郷に戻ってくるが愛する妻をもイングランド兵に惨殺されてしまう。
復讐を誓う彼は、祖国解放を願うスコットランドの民衆を率いて、自由を勝ち取る為に立ち上がった!

スコットランド伝説の英雄ウィリアム・ウォレスの生涯を深い感動と壮大な映像で描き上げたスペクタクル作品。
(参考 Amazon より)
【レビュ-】
「マッド・マックス」、「リ-サル・ウェポン」の俳優、メル・ギブソンがメガホンを取り、監督、主演した作品という事で鑑賞し、もう何度も観ている作品です。
歴史スペクタクル作品では多分、誰もが鑑賞しやすい物語と、とても迫力のある戦闘シ-ンも楽しめる作品だと思います。

映画好きの自分の友人なども好きな作品に、この作品を挙げる人も多い、男性は特に熱くなれる作品ですね。
実在したというスコットランドの伝説的な英雄ウィリアム・ウォレスとその仲間の、イングランドから独立をするための自由への戦いを描いています。
昔の王国による支配というのはとても理不尽なもので、王族や貴族などの下に一般の市民が細々とくらし、圧政や権力による支配というのはとても辛く、時には簡単に命まで奪われてしまう苦しい時代だったのでしょう、冒頭から酷いシ-ンがあり、イングランドからの独立を願い、剣をとるウォレスに感情移入してしまいます。
またウォレスを支える仲間、民衆のリ-ダ-的な存在のブル-スなど周りのキャラも際立っていて、とても良かったです。

そしてこの作品は何と言っても合戦シ-ン。イングランドの正規軍に対し、独立と自由の為武器をとった民衆の軍とでは圧倒的な差があったのですが、それを鼓舞し、一緒に戦おうと訴えるウォレスの演説と奇抜な戦法、戦略はとても見応えがあり「スコットランドに自由を!」と訴えるウォレスの叫びは身震いするほどシビれてしまい、胸が熱くなりました。
合戦の戦いのシ-ンもそれまでの映画作品の戦闘シ-ンよりもリアルで迫力があり、その後、色々と鑑賞した歴史スペクタクルものでも、これほど素晴らしい出来はなかなか無いのではないかと思うほどです。
そのまま快進撃を続けて行くのかと思いきや、様々な戦略やドラマがあり長時間にわたる大作にもかかわらず飽きることなく楽しめました。

しかし、イングランドの王女イザベラとのロマンスは自分はいらないと思いましたし、やめて欲しいエピソ-ドだったなと・・・。奥さんが可哀想ですし、最後の最後だって、奥さんが・・・あぁ・・・という感じであの部分はイザベラがウォレスに憧れるだけにして欲しかったなと思います。歴史的にもあの部分は違うようですしね。

ですが、その様な蛇足的な部分もありましたが、最初から最後まで画面に釘付け状態で壮大な自由へのドラマに熱くなり、感動してしまう作品でした。音楽も非常に素晴らしかったです。

その音楽を手がけたのはジェ-ムズ・ホ-ナ-で伝統的なスコットランド音楽を主体にケルト音楽をミックスしたとても優美で壮大なイメ-ジの音楽になっています。
スコットランドの民族楽器バグパイプを使用したその音楽はゆったりとした趣のある楽曲で、劇中のスコットランドの大自然をイメ-ジし、とてもマッチしていました。
その後、ジェ-ムズ・ホ-ナ-は、大ヒットした「タイタニック」でもこのような楽曲で作品の映画音楽を手がけておりますが、この作品の影響は多少なりともあったのではないかと思うくらい、雰囲気がよく似た楽曲になっておりますね。 

自分の中ではスペクタクルもので一番好きな作品かも知れません。自由のために戦う。熱い男のドラマ、そして英雄の壮大な物語。一見の価値ありですし、何度鑑賞しても楽しめる作品だと思います。

ユウ太的評価 9点
自己評価ですのでご了承下さい。
皆さんもよろしかったらコメントに評価を入れて下さいね。
スポンサーサイト
別窓 | 歴史スペクタクル | コメント:5 | トラックバック:1 | top↑
<<アマデウス | RELAX TIME | ユナイテッド93>>
コメント
パッチです。

この映画を初めて鑑賞したとき、大きなテレビがほしいっ!って思いました。
それほど迫力がありましたし、すばらしかったです。
ちっちゃな画面に収めておくにはもったいないスケールですよねっ。

メル・ギブソンが監督ということで、どんな感じになっているんだろうと興味本位で鑑賞したんですが、
俳優としても監督としてもすばらしい活躍ぶりですよねっ。

カリスマ的存在のメル・ギブソンに、多くの兵士たちが惹かれるのもわかる気がします。
戦闘力はもちろん、戦術に長けていて、すばらしい男ですよねっ。
先週暇つぶしにDVD屋さんで「ブレイブハート」を買おうか、ちょうど悩んでいました。
今思えば買っておけばよかったかなっ。
あっ、テレビを買い換える時にでも購入したいですねぇ。

点数はそうですねぇ・・・8.5点です。
大きなテレビで鑑賞すれば、おそらくもっと点数が上がりそうですっ。

またいつか購入して大画面で堪能してみたいと思います(^^)
2008-09-19 Fri 23:28 URL | パッチ #-[ 内容変更] | top↑
★ パッチさん ありがとうございます
パッチさん(^^)こんばんは~
いつもありがとうございます~

自分も同感で、劇場で鑑賞したかった作品の一つです。とても残念ですよね~
自分の家はテレビは液晶の37型で5.1chも組んでいるのですが、やっぱり映画館には敵うはずはありません。汗汗汗っ
もう少しお金の余裕があれば、もっと大きな大画面テレビが自分もほすぃ~ですぅ

自分はこの作品、やはり大好きなのでDVDは持っております。ですから、もう何度も鑑賞しております。
「フリ-ダァ~ム」の叫びは何度観ても、胸が熱くなりますよね(^^)
ご訪問とコメント、評価も頂き、いつも本当にありがとうございます。
2008-09-20 Sat 18:57 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
★ こんばんにゃ~☆
ソフィー・マルソーが今、来日中で43歳との事、って事は「ラ・ブーム」は13歳だったの~~?と、今朝は一人でウケていました。

この作品素晴らしかったですね!先月鑑賞しました。
3時間もあったのに、長さを感じさせずに・・・史実ではないとの事でしたが、似たような事はあったと思います☆

>しかし、イングランドの王女イザベラとのロマンスは自分はいらないと思いましたし、やめて欲しいエピソ-ドだったなと・・・。

これは全くの同感ですが、ソフィーの出番を多くして、観客動員やDVD購入者を増やすためには仕方なかったのでは???

トラックバックをさせてもらっても宜しいでしょうか?
2010-04-07 Wed 19:22 URL | miri #jSBoJ0Ww[ 内容変更] | top↑
★ miriさん ありがとうございます。
miriさん(^^)こんにちは!
いつもありがとうございます。

ソフィ-・マルソ-が来日中とは全然、知らなかったですがもう43歳なのりですか~。それは本当にビックリです。

「ラ・ブ-ム」の頃はそうですよね13歳で、当時から艶っぽいというか、とても綺麗な女優さんでした。とても懐かしいっ(^^)

はいっ 自分もこの作品は大好きでDVDも購入しております。いつも、ついつい観てしまい気がつくと大変な時間になっていたりしてます。汗汗汗っ
この物語は実在した人物を描いており、このような戦いは確かにあったという事ですが、所々脚色が加わってより英雄っぽく描かれているのが史実とはちょっと違うという事です。
全部が史実と違うと言う訳ではないですよ。ただ過大にヒ-ロ-のような活躍をさせたり、王女とのロマンスなど、映画用に脚色した部分が違うみたいですね!

ソフィ・マルソ-演じた王女は確かにとっても美しくって個人的にも良かったのですが、ウォレスとのロマンスについては「何でそうなるんじゃい」と激しくツッコミたくなりました。爆っ

その理由が観客動員とかを意識しているならば尚更、要らない脚色ですよね。
自分はやっぱり、生涯を誓った奥さんとの愛を大切にして欲しかったなぁと思います。
その為にウォレスは剣を手に立ち上がったんじゃなかったのか?と思ってしまい、前半の村でのシ-ンがとても勿体ないと思ってしまいます。

まぁ、それでも民衆と共にカリスマ的な存在になって自由の為に闘う姿には熱くさせられました。

あの「フリ-ダム!」と兵を鼓舞する姿は本当に身震いする程、良いシ-ンですね!

TBもありがとうございます。嬉しいです!(^^)
自分もTBさせて頂きたいと思いますが、飛ばない事が多くて駄目な時も多々あります。 その時は大変、申し訳ないですが宜しくお願い致しますね!

それではトライしてみますね!
いつも本当にありがとうございます。(^^)
2010-04-08 Thu 18:32 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
★ 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-04-08 Thu 19:54 | #[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
BRAVE HEART (ブレイブハート) 1995年・アメリカ 3月8日(月) BS NHKを録画したモノを鑑賞した 監督... …
2010-04-07 Wed 19:24 映画鑑賞の記録
| RELAX TIME |

ブログ内検索

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。