スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ノ-カントリ-
2008-08-18 Mon 19:17


ノ-カントリ-
【スト-リ-】
荒野で狩りをしていたルウェリンは偶然にも、死体の山に囲まれた大量のヘロインと200万ドルの大金を発見する。危険な臭いを感じながらも金を持ち去った彼は、謎の殺し屋シガ-に執拗に追われる事になる。事態を察知した保安官のベルは、この2人の行方を追ってゆくのだが・・・

【レビュ-】
観たくて観たくて、やっと鑑賞出来た作品です。
しかし、映画として訴えているメッセ-ジがいまいち解らず、難解な作品でした。
自分なりに色々と考えながら作品を振り返ってみましたが、とても難しい作品です。

原題は「No country for old man」という事です。 邦題の「No country」だけではちょっと考えが及ばないですね。
この原題からするとキ-・マンはやはりトミ-・リ-・ジョ-ンズ演ずるベル保安官なのでしょう。最後の保安官の話しは読み解く事が出来ないままにいます。
多分、原題から推測するに、今、アメリカで起こる殺人などの事件を、この作品を通して「昔とは形態が変わってしまった理解出来ない事件」の多発を比喩しているのかな?と自分は思いました。そこら辺はわが国、日本でも同じですし、多分世界が同様な事をむかえているのでしょう。

また、コイントスで生死を決める、人生はコインの裏と表のよう、表裏一体とアントン・シガ-がそんなような事を言ってましたが、いわゆる、「何が起こっても不思議じゃない世の中」、そして「人生の幸・不幸は紙一重」といったような事が暗喩として伝えられているのかな?と自分は思ってしまいました。

とても難解な物語でしたが、ひとつ凄い良かったものがありました。
ハビエル・バルデム演ずる「殺し屋」アントン・シガ-です。
自分のいつもお世話になっているブロガ-様のパッチさんのレビュ-で触れられていたのを拝見して、このキャラクタ-を早く観てみたい!と切望しておりました。(パッチさん ありがとうございましたぁ)他のレビュア-さんも同じく述べておりましたが、もの凄いインパクトのあるキャラでした。
非情というか、何も感じない、ただ殺しを遂行する殺人マシ-ンというより「死神」のようなもの凄い人物でした。これには自分もやられてしまいますね!ヤバイです。(^^)

また、手にする殺しの道具が今までにない圧縮酸素の「エア-ガン」。恐ろしい破壊力と携帯用酸素ボンベによるエア-なので、音が出ないもの(物や人をぶち抜く音のみ)という、なるほど暗殺にはとても理に適っている道具でした。おまけに弾丸や薬莢などを現場に残さないから凄いです。
全く、「ハンニバル・レクタ-」に並ぶ最凶の殺し屋でした。最初の手錠での殺人、そして額にガンをあて、ぶち抜くシ-ンは圧巻でした。


そして、監督のコ-エン兄弟の緻密な演出。一切の音楽無しで魅せる緊迫感と光と影を上手く使った映像は追われて、追いつめられていく切迫した状況をとても臨場感のある雰囲気で観せてくれました。 この手法は凄く上手で成功したと思います。
だから、鑑賞しているこちらも同じ状況に置かれているかのように、常にピリピリとした緊張感を持って作品を鑑賞できるのだと思いました。
とても良かったです。
自分としては、ジョシュ・ブロ-リンのルウェリンも良かったと思いますが、そこは普通気づくだろ!みたいな事が少々あったのが、ちょっと残念でした。

けれどやはり、アントン・シガ-の強烈さがそんな事は消してしまいましたね。それほど凄い、素晴らしい悪役だったと思います。アントン・シガ-には10点をつけたいです。

ハビエル・バルデムのオスカ-は自分は納得です。が、作品賞はどうかな?と思ってしまう内容だったと自分は思いました。

この作品は、アントン・シガ-と追いつめられていく緊張感を体感する作品だと思います。
そういう意味では非常に見応えのある作品ですね。
個人的には何度か鑑賞して、最後の話を読み解いてみたいなと思いました。
同時に他の方の意見も聞いてみたい、そんな作品でした。
ユウ太的評価 8点
自己評価ですのでご了承下さい。
皆さんもよろしかったらコメントに評価を入れて下さいね。


スポンサーサイト
別窓 | アクション、バイオレンス | コメント:7 | トラックバック:0 | top↑
<<100の質問に答えます。Q.61~70 | RELAX TIME | オ-プン・ウォ-タ->>
コメント
こんばんは!ユウ太さん^^
いつもコメントありがとうございます!


そうですね。コイントスに関してのユウ太さんの
解釈もなるほどと納得させていただきました。
何が起こっても不思議じゃない世の中。
確かにこの混沌とした世の中、一寸先は何が起こるか分からないですものね。
そして、シガーの運命自体も、一寸先は判らないんですものね。
私はここの解釈をシガーがひとの生死をコイントスのような一種の偶然にも似た占いで決めているという
所作に、自分が悪いのではない、すべて運命が悪いのさと、他人にその原因をすべて押しつける現代人の悪い癖を見せつけられたように、感じたんですよね~。
最後にカーラに、貴方の意志は無いのか・・という
問い詰めに、自分という意思の無さにシガーは
初めて気付かされて、怯んだように見えました。
凶悪という意思の裏には、何もない空虚を感じました。
私も一度鑑賞しただけのファーストインスピレーションのみの解釈でコメントさせていただいているので、
また、機会があれば鑑賞してみたいと思います。
2度目はもしかしたら、違った解釈に行きつくかもしれませんもんね!

それでは、またお邪魔しますね^^
2008-08-19 Tue 00:04 URL | ぴーち #-[ 内容変更] | top↑
★ 殺し屋を裏切ったら怖いですね。
こんにちは~
コイントスだけでもいろんな意見がある物ですね。
私も又違う意見なんですが、コインを出す時点で
すでに殺すと決めていて、相手に運が有れば見逃してやるみたいな人だと思ったのですね。
自己中な殺し屋にありがちな余裕でしょうか。
私も再見して確認してみます。
2008-08-19 Tue 16:06 URL | ワトソン #-[ 内容変更] | top↑
★ ぴ-ちさん ありがとうございます。
ぴ-ちさん(^^) こんばんは~
いつもありがとうございます。

自分もなかなか理解することが難しく、色々と考えてみた作品でした。
コイントスの解釈はシガ-自体、事故に遭い、自らそれをキチンと受け止めていたように見えたので殺し屋として他人の生死を握っていても自分も同様に何が起こるか分からない、生死は紙一重なんだなぁ と読み取ってみました。
この作品は様々な感想があると思うので、そこら辺も面白い作品だと思いました。
そうですね~何度か鑑賞すると違った感想が出てきそうです。

最後の保安官の夢は何を暗示しているのでしょうね。 

いつもお世話になり、本当にありがとうございます。
(^^)
2008-08-19 Tue 19:26 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
★ あんな殺し屋、裏切れません。恐!
ワトソンさん(^^) こんばんは~!
いつもコメントを本当にありがとうございます。

そうですね~ コイントスだけでも本当に様々な解釈があり、一筋縄ではいかない難解な作品です。

ワトソンさんの解釈も非常に面白い、なるほどとおもってしまう解釈ですね~。それほど無慈悲な殺し屋でしたから、そうしてコインで人の生死を決める。それも大いにあり だと思いました。(^^)

コインの意味を一度、シガ-に聞いてみたいですが、顔を見てしまったらすぐ抹殺されてしまいそうです。
相手が酸素なら、こちらは酸素とアセチレンをまぜて火炎攻撃と思いましたが、シガ-の方が破壊力、殺傷力が断然上なのでかないません。汗汗汗っ あっ、エア-の釘打ち機をカスタムすれば対抗できますかね。 いやいや恐ろしい事は考えるのはやめましょう。汗汗汗っ

敵にまわしたら本当に恐ろしい、死神のような殺し屋でしたが、とても魅力あるキャラクタ-でした。

マニアックな返信でどうもすみません。
いつもありがとうございます。(^^)
2008-08-19 Tue 19:40 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
パッチです。

この映画はほんとに答えになかなか結びつかない作品ですねっ。
とても難解だったと思います。
しかし、シガーの魅力だけでも十分楽しめる作品だったと思います。
エアガンと酸素ボンベ、そしてコイントス、ほんとにクセだらけの殺人鬼で、かなり怖かったです。
コイントスの時の会話だったと思いますが、その会話からもシガーの独特な性格が伝わってきました。
ということで、すごく大好きな殺人鬼になりました。

夢の話ですが、夢の中の雪山(だったかな?)は人生を現していて、父が待っている場所というのが天国だと思いました。
雪山は人生であり、今のアメリカなのかなぁって思いました。
といってもこれは夢占いのような感じで解釈したにすぎないのですけどねっ。
やっぱり難しいです。

点数は10点です。
もう完璧にシガーにやられてしまいました(^^)

2008-08-21 Thu 00:51 URL | パッチ #-[ 内容変更] | top↑
★ パッチさん ありがとうございます。
パッチさん(^^)こんにちは~
いつもお世話になり、ありがとうございます。

自分もやっと鑑賞する事が出来、そして以前からパッチさんが仰っていたシガ-をこの目で確認する事が出来まして、本当に凄い、ヤバイ殺し屋だったと分かりました。(^^)
凄く強烈で、またとてもシビレてしまう魅力ある殺し屋でしたね~(^^)
パッチさんが心酔している理由が分かってとても嬉しく思っています。

もうあのシガ-だけで10点満点ですよね。評価までありがとうございます。(^^)

夢の話し、自分も保安官の父親が待っているところは「天国」なのだろうな。というのは分かったんですが、その前後がよく分からなかったので、また再見しようと思っています。パッチさんの解釈も参考にしたいと思います。ご意見をどうもです。

難解な暗喩が多かった為、自分は理解出来なかった部分がありましたので評価は8点なのですが、やはりシガ-の魅力ととシガ-対ルウェリンの対決がとても良かったので娯楽的にも楽しめました。
最近ではかなり良い感じの作品だと思います。

いつも本当にありがとうございま~す(^^)
2008-08-21 Thu 19:04 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
★ こんにちは☆
この作品、私は先月、ある方のお勧めで見ましたが、全くどうしようもなく好きではない映画でしたが・・・。

>しかし、映画として訴えているメッセ-ジがいまいち解らず、難解な作品でした。
>自分なりに色々と考えながら作品を振り返ってみましたが、とても難しい作品です。

このように仰るユウ太さんの、鑑賞のご姿勢がすごいな~と思いました、レビュー読ませていただきましたが、やっぱり今の私には、なんでこれが作品賞?と信じられない思いと、監督兄弟へのいやーな気持ちしか、やっぱりないです。
でも、いつか長い時間がたってから、再見の機会があれば・・・と思います。

ところで、今月も「ブログ DE ロードショー」 のご案内に参りました。

作品名:『アイ・アム・サム』 
(2001年・アメリカ製作作品  監督はジェシー・ネルソン)です。

今月の、この作品を選んでくださったのは、 「 JUKEBOX 」 の ワールダーさんです。
(ワールダーさんは、この企画に第8回目から参加して下さっています☆)

選んで下さった理由は
1・新年早々から、あまり重い内容や、暗殺シーンなどは、観たくないので、
  感動する作品にしたいと思ったから。
2・親子の愛や絆を通じて、皆さんと一緒に癒されたいと思ったから。
 ・・・との事です。

鑑賞日は1月21日(金)~23日(日)の三日間です。
(お忙しくてご都合の悪い場合は後日でも結構ですよ~!)
(この日程より早めには見ないでね☆)

是非、皆さんと、一緒の時期に、同じ映画を見て、ワイワイ言い合いたいと思います。
(感想・レビューは強制ではありません)

この作品DVDは、多くのレンタル屋さんに、多分、あると思います。
ご一緒に楽しみましょう~♪

あと、この企画で皆で一緒に見る作品のリクエストを募っています。
どうかお気楽に、リクエストしてくださいね~!
詳しくはこちらへ → http://saisenseisuki.blog97.fc2.com/blog-entry-1404.html
2011-01-14 Fri 10:22 URL | miri #jSBoJ0Ww[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| RELAX TIME |

ブログ内検索

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。