スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
アマデウス(再見)
2010-10-13 Wed 18:43
毎月恒例の、第13回「ブログ DE ロ-ドショ-」に今回も参加させて頂きました。

今回、イベントの開催時が個人的に試験の期間にバッティングしてしまいまして記事のUPが大変、遅くなってしまった事をお詫び申し上げます。

いつも企画を告知、業務連絡等をとりまとめて下さっているmiriさん、そして今回の作品選定をして下さいましたロッカリアさん、ご苦労様でした。(^^)


さて、試験期間ではありましたが鑑賞期間の最終日に当たる10月3日に国家試験を昼間に終え、帰宅してからゆっくりと鑑賞致しました。
それまで試験勉強もなんとかやっつけではありましたが、精力的にこなし本番も無事に終える事が出来た安堵の中、このような素晴らしい映画をまた心から堪能出来ました事は本当に至福の喜びです。
3日の試験終了後、その夕刻過ぎに解答速報が出たので自己採点してみたら筆記試験はどうやら突破した模様であります。(^^)というわけで二重の喜びの中、この「アマデウス」を鑑賞出来ました。

この映画は自分は再見となります。前回はディレクタ-ズ・カットを観ていないと思っていたのですがしっかり鑑賞していました。でも今回はブル-・レイをチョイス。音響もボリュ-ムを上げていざ鑑賞。
いやはや、この季節に、そして緊張から解かれた開放感も手伝って芸術作品の様なこの映画はこの時の鑑賞にベス
トな作品でありました。(^^) ロッカリアさん 本当にありがとうございます。(^^)




目にする美術や装飾品の見事さ、そして何と言っても素晴らしい音楽を耳にしてまさに癒しの時間となりましたが今回はまた違った印象をこの映画から受ける事となりました。

前回の鑑賞ではモ-ツァルトその人のことを色々と思わされましたが、再見となった今回はサリエリに注目して鑑賞する事が出来ました。


前回はサリエリという男を、モ-ツァルトの神懸かった天賦の才能に嫉妬し、その天才的な音楽を誰よりも理解してしまう自分の才能を呪い、神をも呪う哀れな人物だと受け止めていました。
自身も宮廷に仕える程の音楽の才能を持っていたサリエリ。その才能とセンスもまた優れ、故にモ-ツァルトの音楽の凄さを誰よりも深く理解していたのでしょうね。

理解出来るからサリエリは同時にモ-ツァルトの生み出す音楽に心酔し、誰よりも愛していたと気が付いたのです。そしてモ-ツァルトの創る世界に神の声を聞き、神の意志を感じたのかも知れません。
それはサリエリもまた天才だったから理解出来たのでしょう。モ-ツァルトの音楽は人間には創り出す事は出来ない、神が創作したものなのだと。

サリエリはモ-ツァルトが創り出す音楽を誰よりも愛していたのだと思います。本当はモ-ツァルトの事も殺すつもりは無かったんじゃないか?

そう思うとこの作品、もの凄い深い人間ドラマに見えてきました。ミステリ-ではなくヒュ-マンドラマに。

この映画はモ-ツァルトの映画ではなくサリエリの物語なんだと今回の鑑賞で感じる事が出来ました。だからタイトルも「モ-ツァルト」とはせず「アマデウス」なのでしょうか。

特に印象に残ったのは「レクイエム」をモ-ツァルトと共に書き上げている時のサリエリの表情。至福に満ちていて神が降りてきているのを感じ取っているかの様なあの顔がとても良かったです。

モ-ツァルトに神を感じたサリエリはその神を恨み憎んだ。モ-ツァルトを亡き者にしようとする事はイコ-ル神に逆らう行為だと思いますが、「レクイエム」を書いてる時にまたその素晴らしい旋律に神の意志を感じ取っているのでしょうね。
その姿は本当に音楽を愛し、神の恩恵に感謝しているかの様に見えました。

通じて、全体的にやっぱりアントニオ・サリエリを演じたF・マーレイ・エイブラハムの演技は素晴らしいとしか言いようがなくなってしまいました。




こうして鑑賞し直し、振り返ってみると前回の記事は、自分もまだまだ青いなと思わざるを得ません。過去の記事


真の天才を唯一、理解する事の出来る天才サリエリの物語。こう思うとまた違ったものが見えてくる。
再見によってこの「アマデウス」がもっと好きになった、そして映画って面白いなぁとまたまた感じる事の出来た今回の「ブログ DE ロ-ドショ-」でした。(^^)


最後に、素晴らしい音楽をもう一度。。。






スポンサーサイト
別窓 | 伝記 | コメント:24 | トラックバック:1 | top↑
| RELAX TIME | ゴ-ルデンスランバ->>
コメント
★ こんばんは☆
お忙しい中、レビューを有難うございます☆
そして試験の方、合格と思って宜しいのですネ!?
本当におめでとうございます。

ユウ太さんは、本当にお仕事もお忙しく、
ご家庭の事も、いっぱいイベント等があると思いますし、
いくらあっても足りないお時間を、やりくりして、

試験勉強も、映画鑑賞も、レビューもいつも全力投球ですネ☆
私など完全にカビゴンなので、恥ずかしくてたまりません・・・。
これからもご無理のない程度に、企画の方、お付き合いくださいね♪

>サリエリはモ-ツァルトが創り出す音楽を誰よりも愛していたのだと思います。

そうです、そうです☆絶対にそうです☆
愛と憎しみは裏表ですもの~!!!
HAMさんが書かれたレビューが、そのあたり、おもしろかったです。
いつかお時間があれば、是非お読みくださいね♪
2010-10-13 Wed 19:28 URL | miri #jSBoJ0Ww[ 内容変更] | top↑
★ スパムになるので
このあとが投稿できませんので、別方法にします☆

これからも宜しくね♪
2010-10-13 Wed 19:32 URL | miri #jSBoJ0Ww[ 内容変更] | top↑
★ こんばんわ^^
毎日お忙しそうですね^^
国家試験もあったのですか?!
合格してると良いですね、たぶん、大丈夫そうですが^^

「アマデウス」は、私もTVでですが見たと思います。
ストーリーはちょっと忘れてしまったのですが、
だいぶ前なので・・・

でも、サリエリとモーツアルトの関係は知っていますし
私の勝手な思い込みですが、レクイエムがモーツアルト
の最高傑作なんじゃないか?と思っています。
いつかこの世を去る日が来たら、レクイエムを聞きながら
逝きたいと思っています^^b
2010-10-13 Wed 22:18 URL | たえ #fddzkx5k[ 内容変更] | top↑
試験お疲れ様でした。
合格している事を心より願っています。(大丈夫そうですけどね!)
それにしても今回は長丁場の映画をチョイスしてしまいましたが、皆さんに「ありがとう」と声を掛けて頂き、少し胸を撫で下ろしています。
ブルーレイで、音を大きめに。
正しい感傷法ですね。
私もブルーレイで再見しようと思ってます。
視聴環境は、劇場で見る意外は個人的な要素に関わってくる問題ですが、出来るだけ大画面、大音響で見るのがベストだと考えています。
ただ、防音システムが完備されていないと大音響は厳しいですけど。
ただ、こう言う映画、つまりクラシック音楽がメインで、背景がきらびやかな映画はそれなりの環境を整えて見たら、また別の物がきっと見えてくるはづです。
過去の記事も読ませてもらいましたが、今回同様にとてもよく気持ちが分かるものでした。
小さい時の音楽体験は、その後、にかなりの影響力を持ちますし、映画も見る時代、その年齢によっても変わって来ますからね。
今回はお忙しい中、本当にお疲れ様でした。

2010-10-13 Wed 23:53 URL | ロッカリア #-[ 内容変更] | top↑
★ こんにちは
わたしはクラシックは苦手な方なんですが、この作品を観ている間は彼らの人生を彩るような音楽を堪能できました。

>至福に満ちていて神が降りてきているのを感じ取っているかの様なあの顔がとても良かったです。

共同作曲のシーンのサリエリは、ほんとうに至福の表情でしたね。モーツァルトの音楽に触れて恍惚とするときもそうですし、神の音楽を誰よりも愛していたというのは同感です。わたしもこのシーンが一番好きですね。

長い作品ですけど、またいつか再見してさらに理解を深めたいと思える作品でした。
2010-10-14 Thu 10:35 URL | 宵乃 #vaMGwv5Q[ 内容変更] | top↑
★ miriさん ありがとうございます。
miriさん(^^)こんにちは!
いつもありがとうございます。

記事が遅くなってしまいまして申し訳ありませんでした。でもやっと書く事が出来ました。

何だか色んな事柄が忙しくて、どれも中途半端な感じがする今日この頃ですが、キャリアアップの為の国家試験、とりあえず筆記試験でしたが、なんとか合格出来たかなという感じです。

映画鑑賞は最近は皆が寝静まった時間から、ようやく鑑賞出来る日々ですがそれでも結構、鑑賞しております。(^^)
また記事をUPしていきたいと思っています。

さて、今回もブログ DE ロ-ドショ-に参加する事が出来ました。(^^) miriさんにおかれましては、毎回本当にご苦労様です。

自分もこの「アマデウス」とても楽しく鑑賞出来ましたし、何より癒しの時間を過ごす事が出来ました。(^^)とても良かったと思います。

しかし、記事が上手く書けず、やっつけ仕事の様になってしまいました。ご勘弁下さい。
心から皆様と一緒に楽しんだのは本当ですが、最近良い文章が書けなくなったなぁと痛感しています。汗っ


また、miriさんのまとめ記事から、皆様の「アマデウス」レビュ-をゆっくり拝見させて頂きたいと思います。
もう一方のコメントも本当にありがとうございました。

またこれからも宜しくお願い致しますね!

いつも本当にありがとうございます。(^^)
2010-10-14 Thu 17:32 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
★ たえさん ありがとうございます。
たえさん(^^)こんにちは!
いつもありがとうございます。

ご無沙汰してしまってすみませんです。汗っ
でも色々と元気に頑張っておりますよ。(^^)たえさんはお元気でしょうか?

国家試験ですがキャリアアップの為、どうしても必要な資格なのですが第一の関門である筆記試験は、どうやらクリア出来たみたいです。次は技能試験が控えておりますのでまた頑張って参ります。(^^)

たえさんも「アマデウス」はご覧になっているのですね!
やはり音楽好きなたえさんですから、モ-ツァルトの事もお詳しそうですし流石、押さえている事と思います。(^^)

レクイエムは自分もとても好きな曲であります。同じく自分の生涯を閉じる時、この曲を流してもらいたいなぁとも思ってしまいますね。それか自分はレッド・ツェッペリンの「天国への階段」をチョイスしたいと思います。あ、ジャンルがめちゃめちゃ違いますね~。汗汗汗っ

でもたえさんはまだまだ、これから幸せの道が開かれている事と思いますので、レクイエムはずっと先にとっておいてくださいね!(^^)

たえさんの幸せを迎える時にはモ-ツァルトでしたら「フィガロの結婚」や「アヴェ・ヴェルム・コルプス」といったところで祝福を!

季節の変わり目で暑かったり寒かったりしてますのでお身体には気を付けてお過ごし下さいね!

いつも本当にありがとうございます。(^^)
2010-10-14 Thu 18:06 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
★ ロッカリアさん ありがとうございます。
ロッカリアさん(^^)こんにちは!
いつもありがとうございます。

今回は作品選定の大役を本当にご苦労さまでした。
自分もなんとか参加する事ができました。でも本当に楽しめて癒しの時間を過ごす事が出来ました。

記事は遅くなってしまい、内容も上手くまとめられておりませんがご勘弁下さい。汗っ

今回、ブル-・レイにて鑑賞してみましたが大変、良かったと思いました。(^^)
やはりこの作品は音楽が素晴らしいですよね!
自分の自宅鑑賞環境は一応、5.1chの音響を組んでおりますので音はそれなりに魅力があります。(本当はもっと高価なスピ-カ-システムを組みたいのですが安価なもので済ませています。涙。)
うちの場合、片側の隣地は林になっておりましてもう片方は隣家の広い庭に接しているのでお隣にはあまり迷惑になっていないと思われます。
また裏側にも住宅があるのですが、そちらの旦那さんも映画好きで同じく、夜中に5.1chの音響で鑑賞してらっしゃるとの事で、うちも気になりませんし、その方も全然音響は聞こえないとおっしゃって頂いてるので毎回、大音量で映画鑑賞しております。(^^)

あとは大型テレビを購入して鑑賞したいのですが、それはもうちょっとおあずけですかね。涙。

本当は映画館にて鑑賞したい作品ですね。叶うならばぜひ一度、劇場で観てみたいと思いますし、今回のイベントで更にこの作品が好きになれました。(^^)

これも素晴らしい「ブログ DE ロ-ドショ-」のおかげだと思います。そしてこの作品を選定して下さいましたロッカリアさんにも改めて感謝です。(^^)

これからもまた宜しくお願い致します。
本当にありがとうございます。(^^)
2010-10-14 Thu 18:22 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
★ 宵乃さん ありがとうございます。
宵乃さん(^^)こんばんは!
いつもありがとうございます。

今回もまたご一緒させていただくことが出来ました。ありがとうです。(^^)
宵乃さんはクラシックが苦手との事ですが、そうした方にもこの映画は楽しめるとの声をよく聞きますね。
やはりミステリアスな歴史上の謎と、偉大なる作曲家モ-ツァルト、そしてサリエリの深いドラマに有名な音楽曲が見事にマッチして完成度の高い映画となっているからなのでしょうね!
あの音楽は各場面に非常にマッチしていましたし盛り上げていましたよね。(^^)

レクイエムを二人で作曲を手掛けていたシ-ンは以前よりも今回の方がグッときてしまいました。
サリエリの表情が本当に生き生きとして、至福に満ちていたと凄く感じる事が出来ました。その時、本当にサリエリは音楽を愛しているんだなぁと思えましたし、この人が一番、モ-ツァルトのファンなんだよね ってな具合に彼の心が少し分かった気がします。(^^)

また少し時間を置いてじっくりと鑑賞したい映画ですね!
自分も今回のイベントのおかげで、もっとこの映画を好きになれた気がします。また再見したいですね。(^^)

いつも本当にありがとうございます。(^^)
2010-10-14 Thu 19:02 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
こんばんは。
また再見だったんですね~(笑)。
あと、試験お疲れさまでした。

>特に印象に残ったのは「レクイエム」をモ-ツァルトと共に書き上げている時のサリエリの表情。
>至福に満ちていて神が降りてきているのを感じ取っているかの様なあの顔がとても良かったです。

この部分がユウ太さんらしいし、自分としても共感できました。
サリエリの嫉妬や憎しみだけが描かれた映画ではないですよね。
F・マーレイ・エイブラハムの演技のおかげなのかな。
2010-10-17 Sun 22:57 URL | ケン #JkPZIk6.[ 内容変更] | top↑
★ ケンさん ありがとうございます。
ケンさん(^^)こんばんは!
いつもありがとうございます。

自分が忙しくてなかなかケンさんの所にも顔を出せずに申し訳ないです。汗っ


はいっ(^^)自分はまたまた再見でありましたが、この作品も久しぶりに鑑賞出来ましてとても良かったと思います。
ていうか、また以前よりも好きになれたという感想を持てましたので本当に良かったですし、楽しかったですね!

前回鑑賞の時は、サリエリよりもモ-ツァルトにばかり注目して観ていました。それとコンスタンツェかな。モ-ツァルトの人生を追った感じで映画を観ていたと思います。

しかし、今回はサリエリに注目しながら鑑賞出来ました。
サリエリが嫌なヤツとしか思えなかった前回に比べて、今回の印象ではサリエリはただの嫌なヤツでは無かったです。(^^)やはりただ者ではなく、音楽の天才でありましたし、モ-ツァルトを憎みながらも好きだったんだろうなと感じる事が出来ました。尊敬の念はあまり見えなかったですが、モ-ツァルトに降りてきた神からの意志、神の音楽を感じられたのがとても良かったなと思いました。(^^)

ケンさんも仰っていますが嫉妬や憎しみ、下品さに対する嫌悪といった負の感情だけでは無かったですね。その辺りがこの映画の深さであり、評価される部分なのだと思います。

それにはやはりサリエリを見事に演じたF・マーレイ・エイブラハムの演技が素晴らしいからでしょうね!観れば観る程にもっと好きになりそうな映画、そしてサリエリです。(^^)

ケンさんの所にも近々、コメントをさせて頂きに参上致しますがもうちょっと落ち着いたらにさせて下さいね。
大変に申し訳ありませんが宜しくお願い致します。

本当にいつもありがとうございます。(^^)TBも感謝です。
2010-10-18 Mon 19:42 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
★ 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-10-18 Mon 22:30 | #[ 内容変更] | top↑
★ おはようございます☆
ユウ太さん、お忙しいのですネ!
またご無理のない程度に、記事の更新をして下さる事をお待ちしています☆

ところで、今月も「ブログ DE ロードショー」 のご案内に参りました。

作品名:『遠い空の向こうに』 
(1999年・アメリカ製作作品 監督はジョシア・ジョンストン)です。

今月の、この作品を選んでくださったのは、 「ピエロと魔女 」 の たそがれピエロさんです。
(たそがれピエロさんは、この企画に第6回目から参加して下さっています☆)

選んで下さった理由は

選定理由

1・実話に基づいている映画で一番好きだから。
2・いつ観ても夢と希望を持てる映画だから。
3・(たそがれピエロさんご自身が)理系へ進むきっかけになった映画だから。
4・時季的にもちょうど良かったので。

 ・・・との事です。

鑑賞日は11月5日(金)~7日(日)の三日間です。
(お忙しくてご都合の悪い場合は後日でも結構ですよ~!)
(この日程より早めには見ないでね☆)

是非、皆さんと、一緒の時期に、同じ映画を見て、ワイワイ言い合いたいと思います。
(感想・レビューは強制ではありません)

この作品DVDは、まぁまぁ多くのレンタル屋さんに、あると思います。
ご一緒に楽しみましょう~♪
2010-10-29 Fri 07:41 URL | miri #jSBoJ0Ww[ 内容変更] | top↑
★ miriさん ありがとうございます。
miriさん(^^)ありがとうございます。

仕事が山の様に入ってきまして連日、忙しい毎日を送っています。ご心配をおかけしてしまっていましたら本当にすみません。
自分は身体はバッチリ元気で仕事をこなしておりますので大丈夫でありますよ!(^^)

ただコチラもですが一気に気温が下がり寒い季節に入ってしまいましたね。
miriさんのお住まいの方もきっと寒いと思いますが、お身体ご自愛くださいね!

記事も書けずブログも放置状態で毎日、恐縮しておりましたがそろそろ今日辺り、「ブログ DE ロ-ドショ-」のお知らせを送って下さるかなぁ と思っていた所でございました。
忙しくても毎月のこのイベントはとても楽しみに待っていました。(^^)

今回の作品、自分も大好きな映画です。(^^)昼夜の空がとても綺麗になってくるこの季節に本当にピッタリだと思いますし、また仕事の事はちょっと忘れて、夜空を見上げたくなる想いにふと、させられる良いチョイスだと素直に思いました。
そうだなぁ。。。リフレッシュにナイスな作品。今の自分にはとてもマッチしそうです!(^^)

来週は少し落ち着くと思いますので日程を合わせてご一緒したいと思います。
いつもご連絡を本当にありがとうございます。(^^)
2010-10-29 Fri 19:06 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
★ こんにちは。
お仕事お忙しいのでしょうか?
更新がなく寂しいですが、健康第一なのでご無理はなさらないでくださいね。気長にお待ちしております。

ところで、今月も「ブログDEロードショー」のお知らせに参りました。作品は「ベルリン・天使の詩」 (1987年フランス・西ドイツ、ヴィム・ヴェンダース監督)。選んで下さったのは「シネマ・イラストレイテッド」のmardigrasさんです。

お選びになられた理由は
1・長年観たいと思っていながらなんとなく手が伸びなかったので、この機会にぜひ皆さんとご一緒したいから。
2・これまでイギリス以外のヨーロッパ映画がなかったので、ちょっと目先を変えて。

とのことです。

観賞日は12月17~19日(日)。余裕のある時にゆったり観るのが一番ですので、どうぞお時間ができた時のためにタイトルだけでも記憶に留めておいていただければ幸いです。
では、よろしくお願いします。
2010-12-10 Fri 11:51 URL | 宵乃 #vaMGwv5Q[ 内容変更] | top↑
★ お仕事お忙しいようですが
今月も「ブログDEロードショー」のお誘いに参りました。
作品は「シティ・オブ・ゴッド」 (2002年ブラジル、フェルナンド・メイレレス監督)。実話を元に描かれたバイオレンス作品です。「嗚呼,魅惑の映画道+Σ」のhiroさんが選んで下さいました。

お選びになられた理由は
1、日本の裏側、神の国で繰り広げられる確かな真実を見たい(実話ベースです。)
2、厳しい環境でも人間は置かれてる環境を変えようと動く、善悪の枠組みでは測れない運命を見たい。
3、堕ちていく日本の良さを思い出しておきたい。
4、言葉は要らない、純粋に楽しみたいので!
・・・とのことです。

観賞日は2月25日(金)~27日(日)。都合が悪い場合は、後日でも結構です。
時間が取れたらで結構ですので、よかったらまた一緒に映画鑑賞しましょう。
無理はなさらないで下さいね~!
2011-02-18 Fri 12:08 URL | 宵乃 #-[ 内容変更] | top↑
★ ユウ太さん、こんにちは☆
お元気にしていますか?
お忙しいところ、失礼いたします。

実は、企画の方で、リクエスト企画というのをしていて、
皆で、見たい作品を、皆で、選ぶのです。

今日から投票なんです♪
お忙しいとは思いますが、もし良かったら、
「忘却エンドロール」と「映画鑑賞の記録」で、是非ご投票下さいネ~!

http://anoken.blog18.fc2.com/

http://saisenseisuki.blog97.fc2.com/

2011-03-11 Fri 10:13 URL | miri #jSBoJ0Ww[ 内容変更] | top↑
★ 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-03-11 Fri 20:28 | #[ 内容変更] | top↑
★ 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-03-12 Sat 00:04 | #[ 内容変更] | top↑
★ 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-03-14 Mon 10:55 | #[ 内容変更] | top↑
★ こんにちは☆
その後お元気にしていますか?
ご投票、して下さったと思っています、ありがとう~☆

その結果の・・・今月も「ブログ DE ロードショー」 のご案内に参りました。

作品名:第1回 リクエスト企画 第1位作品
     さて、何でしょうか? → こちらにてご確認ください(http://saisenseisuki.blog97.fc2.com/blog-entry-1541.html

鑑賞日は4月8日(金)~10日(日)の三日間です。
(お忙しくてご都合の悪い場合は後日でも結構ですよ~!)
(この日程より早めには見ないでね☆)

是非、皆さんと、一緒の時期に、同じ映画を見て、ワイワイ言い合いたいと思います。
(感想・レビューは強制ではありません)

この作品DVDは、多くのレンタル屋さんに、多分、あると思います。
ご一緒に楽しみましょう~♪

引き続き、この企画で皆で一緒に見る作品のリクエストを募っています。
どうかお気楽に、リクエストしてくださいね~!
2011-04-01 Fri 09:32 URL | miri #jSBoJ0Ww[ 内容変更] | top↑
★ はじめまして。
はじめまして!
もし宜しければ相互リンクして頂けますと幸いです。

突然の申請で申し訳ございませんが、是非ご検討下さい。
当方、主に映画やアニメブログになります。

タイトル
【ジャンル別映画・時々深夜アニメ】30歳A型独男の「今日はな~に観よっかなぁ~」

URL
http://ajfour.blog.fc2.com/

宜しくお願い申し上げます。
2011-12-26 Mon 20:18 URL | aj #-[ 内容変更] | top↑
★ こんにちは!
私が企画のまとめ役を引き継ぐにあたって、企画も新しく変わったので、詳細は告知記事にてご確認下さいね。
http://anoken.blog18.fc2.com/blog-entry-788.html
2012-01-13 Fri 10:59 URL | 宵乃 #wLFgNV3g[ 内容変更] | top↑
★ 「映画ベース」のご案内
RELAX TIME 管理人様

はじめまして。紀平と申します。

私は現在「映画ベース」という映画のサイトを開発しており、
是非、映画に関心のある方からの映画のレビューや、
サイトをご利用頂いてのご意見やご感想などを頂きたいと思っております。

「映画ベース」
http://kota.lolipop.jp/eigabase/


まだまだ未熟なサイトではありますが、
面白い映画を見つけられる、そして面白い映画を面白いと言えるサイトに
何としてもしていきたいですので、
どうかご協力頂けないでしょうか?

一度サイトにお越し頂き、
ご利用をご検討頂けますと幸いです。

どうぞよろしくお願い致します。

//----------
// 映画ベース
// http://kota.lolipop.jp/eigabase/
//
// 紀平 光太
// kihira@kota.lolipop.jp
//----------
2013-06-17 Mon 17:38 URL | 紀平 光太 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  アマデウス   出演:F・マーリー・エイブラハム トム・ハルス エリザベス・ベリッジ 監督:ミロシュ・フォアマン 制作:アメリ... …
2010-10-16 Sat 23:16 そのスピードで
| RELAX TIME |

ブログ内検索

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。