スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ミルク
2010-04-30 Fri 18:43



ミルク



【スト-リ-】
1972年ニューヨーク、ミルクは20歳年下のスコット・スミスと恋に落ちる。2人はサンフランシスコに移り住み、自由な空気のカストロ地区で小さなカメラ店を開く。やがてミルクは同性愛者、有色人種、シニア層など社会の弱者の“声”を伝えるべく政治の世界へと飛び込む。
そして1977年、4度目の出馬でサンフランシスコの市政執行委員選に見事当選し、マイノリティを支援する条例を実現するための行動を推し進める。しかし、翌1978年11月27日、彼は志なかば敵対する市政執行委員の凶弾に倒れた。
彼の人生最後の8年間、いったい何があったのか・・・。

1970年代アメリカ、同性愛者であることを公表してアメリカで初の公職に就いたハーヴィー・ミルクの波乱に満ちた短い人生を感動的に描く。

第81回アカデミー賞作品賞を含む8部門でノミネート。ショーン・ペンは2度目の最優秀主演男優賞を受賞。




【レビュ-】
最近、めっぽう忙しくてずっと映画を観ておりませんでした。
この作品は借りていたのですが、借りっぱなしで放置状態だったところ、やっと鑑賞しました。

久しぶりに鑑賞した作品でしたが、初っ端からこの映画はいきなりキッツイ描写から始まってました。
いやぁ~精神的にガツンとやられてしまいました。自分はこうした趣味はないので一気に疲れてしまいましたね。

しかし、そんなキツイ場面を耐えて鑑賞していくと、俳優陣の演技の素晴らしさやパワ-を感じる映画だった事が分かり観て良かったなぁと思える作品として印象に残る映画となりました。


1999年の「タイム誌が選ぶ20世紀の100人の英雄」に選出されている一人として今も尚、彼が残した業績に賞賛の声が高いというハ-ヴィ-・ミルクと言う人物。
自分もこの映画を鑑賞してどういう方だったのか、彼がおこなった事とはどういうものだったのか良く分かった気がします。


ハ-ヴィ-・ミルクその人と、同性愛者を描いたものですが今の世の中、そうした人々はテレビなどに出演する有名人なんかも自らカミングアウトして、お茶の間の人気者だったり、逆にそんな人の方が豊かな感性を発揮し成功していたり、ト-ク等も軽やかにこなし広く認知されてちゃんとしたポジションを確立してる方も多く、それほど違和感なくとけ込んでいると思います。


ミルク イメ-ジ1



しかし、この映画の舞台である1970年代はまだ同性愛者の人々は社会的少数派であり、劇中の台詞にも出てくる様に「家族にも言えずクロ-ゼットに隠れて生きている」といった生活を強いられていたのですね。
同性愛者だと社会に知られると偏見の目でみられ差別や迫害を受ける。家族に知られれば治療の名の下に病院送り。彼らの生活はまさに隠れながら生きていかなければならなかった事でしょう。

そんな時代に立ち上がったのがハ-ヴィ-・ミルクでした。
この彼が起こしたム-ブメントが本当にパワ-があり、観ていて胸が熱くなりました。
この行動の核が「同性愛」なので一瞬、引くかも知れませんが世の中にはマイノリティという立場が数多く存在すると思います。それは社会でも会社などの組織でも、小さい世界の中でもそれは在ると思うのですが、少数派が立ち上がりム-ブメントを起こすパワ-、精神が素晴らしいなと思いました。

ハ-ヴィ-・ミルクは強い信念と志を持って社会に挑んでいきました。その姿には何か感じるものがあり、学ぶものがあると思います。


ミルク イメ-ジ2



最後、彼は凶弾に倒れるのですが彼が残した功績は大きく、その意志をしっかりと受け継いだ多くの同志が現在も活躍しているという事実に感動すら抱きました。


ただ、時折出てくる男同士のシ-ンはやっぱり受け入れがたいかな と思いますがね。汗っ

でも鑑賞して良かったと思える映画。ショ-ン・ペンは勿論、凄い役になりきっていますし、その他の俳優陣も素晴らしかったと思います。


ミルク イメ-ジ3





ユウ太的評価 7点
自己評価ですのでご了承下さい。
皆さんもよろしかったらコメントに評価を入れて下さいね。

スポンサーサイト
別窓 | 伝記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<カ-ルじいさんの空飛ぶ家 | RELAX TIME | 邦楽  風景 / 秦 基博>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| RELAX TIME |

ブログ内検索

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。