スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
セントアンナの奇跡
2010-02-27 Sat 18:51



セントアンナの奇跡



【スト-リ-】
現代のニューヨークで、謎の射殺事件が勃発。郵便局で働く定年間近の真面目な男がある日、カウンターに現れた男性客の頭にいきなり銃弾を打ち込んだ。彼の名はヘクター。犯行に使われた銃は、古いドイツ製のルガーだった。さらに彼の部屋からは、行方不明になっていた歴史的に重要なイタリアの彫像も発見される。二人の間にいったい何があったのか? その謎を解く鍵は、1944年のトスカーナにあった・・・。

第二次大戦中のイタリアで、ひとりの少年を助けた4人の黒人兵たちの運命を描いた真実のドラマ。スパイク・リー監督が贈る、実話から生まれた“希望”の物語。





【レビュ-】
スパイク・リ-監督の戦争もの という事で劇場公開時から観たかった作品です。

スパイク・リ-が手掛けた真実の戦争ドラマ といったふれ込みでしたが、どうやら物語自体はフィクションで当時、実際にあった事件と、この映画の基となった小説の原作者が自分の叔父から聞いた話をモチ-フにして創られたものらしいです。
でも、第2次大戦中にあった軍隊、虐殺の事件などは真実として描かれており、戦争映画としては申し分無いものに仕上がっていると思います。それに自分がこの映画で最も注目したのはやっぱりスパイク・リ-らしい「黒人差別」を大きなテ-マの一つにして描いていた事でした。

1944年、アメリカの第92歩兵師団、この部隊は1万5千人ものアフリカ系アメリカ人である黒人部隊として実験的にイタリアに投入されたそうです。
劇中で描かれていたこの黒人部隊は最前線に真っ先に配属され、敵の格好の的になってしまうほど危険な任務に就かされていました。
大砲などによる後方からの援護射撃の要請を必死にしても、黒人の言う事は信用出来ないと自陣へ砲撃され多大な犠牲を払ったり、孤立無援状態にさせられたりと人種差別を戦争の中でも行われていたというのを見事に描いておりました。
戦闘シ-ンなども他の戦争映画にも負けないほどのタッチで描かれていました。


セントアンナの奇跡 イメ-ジ5



そして肝心の「セントアンナの奇跡」。 1944年8月に起こったイタリアはトスカ-ナ地方スタッツェ-マ市においてドイツ軍が一般市民560名を皆殺しにするというセントアンナの大虐殺という事件の中にあった「奇跡」を描いてましたが、この映画の奇跡とは?と感じてしまいました。

多分、多くの人が冒頭の射殺事件から繋がる最後のシ-ンを「奇跡」と呼ぶのでしょうが、自分はそんなに感動もしなかったですし途中からこの映画が言う「奇跡」が分かってしまいましたので印象に薄い感じでエンディングを迎えてしまいました。
自分的には「あ~ なんだ」という具合に。

でもこの映画に他に奇跡は沢山ありました。そちらの方が自分は奇跡だと思います。
少年が黒人兵達と出会い、彼らに助けられながら命をつないでいった事は素晴らしい奇跡ですし、敵であるドイツ兵が取った行動も奇跡でした。


セントアンナの奇跡 イメ-ジ4



自分は最後のシ-ンに至るまでの少年が通ってきた経緯の方が奇跡だと思います。 だからタイトルに振り回されてしまったという印象は否めません。


個人的には黒人兵の一人「チョコレ-トの巨人」と少年を逃がしたドイツ兵がとても良かったと思います。
それまで自国の白人に差別されてきた黒人兵達が他国のイタリアの人々からは差別されずに受け入れられていたというエピソ-ドも良かったです。


自分としては奇跡うんぬん、戦争うんぬんというよりも、やっぱりこの監督らしい人種差別というテ-マが一番強く見えた映画でした。 


でも最後の奇跡のシ-ンはそれまでのドロドロした世界から一気に開放されてとても美しいシ-ンではありましたね。

戦争や殺し合いのない、平和な世界が「奇跡」として映りますが、それは奇跡ではなくそれが当たり前で本来の世界であって欲しいとそう願った作品でもありました。

人種差別や戦争、争いの無い本当の「奇跡」を現実に見てみたいですね。

この映画の少年が命を繋いできた奇跡。そこには人種や国家間の壁も、差別も偏見もなく、ただこの命を助けたいという一心で彼は救われました。
彼の瞳の中に見た、それまでの経緯の中に本当の「奇跡」へのヒントがあるかもしれませんね。


鑑賞して深く考えたくなる、そんな映画です。


セントアンナの奇跡 イメ-ジ1







ユウ太的評価 7点
自己評価ですのでご了承下さい。
皆さんもよろしかったらコメントに評価を入れて下さいね。

スポンサーサイト
別窓 | ドラマ/戦争 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<縞模様のパジャマの少年 | RELAX TIME | マイケル・ジャクソン  THIS IS IT>>
コメント
★ こんばんは!
観よう観ようとして、
結局映画館で観ず、
しかもレンタルもしようとしませんでした…。
やっぱりちょっと辛い映画かなぁと
尻込みしてしまってます(>_<;)
もう少し気持ちに余裕が出たら観ようと思います。

スパイク・リーの、差別に対する描き方はすごいですよね。
差別を正当化する描き方もしつつ、
「でもやっぱり」といった両面をしっかり見せるので
説得力もかなり強いです。
あまり数としては観てないんですが、
どの作品にも考えさせられました。
『25時』とか、ボロボロ涙が出ました…。
2010-03-06 Sat 23:39 URL | なるは #-[ 内容変更] | top↑
★ なるはさん ありがとうございます。
なるはさん(^^)こんばんは!
いつもありがとうございます。

自分は結構、こうしたシリアスなものとか戦争ものはよく鑑賞します。が、やはり史実にもあるという虐殺のシ-ンはとても辛く、心に痛みを伴うものとして強烈に印象に残りました。
ですのでやはり鑑賞時は気分的にも体調的にも優れている時にご覧になった方が良いと思われる作品となっていますね。

しかし、記事にも書きましたがこの映画で奇跡として描いている最後のシ-ンは、それまでの辛いものやドロドロしたものを一気に払拭してくれる綺麗なシ-ンでした。


スパイク・リ-の作品は昔、よく好んで観ておりました。それも人種差別をテ-マに強く出した作品を。

ですのでこの監督の作品は大変、興味を持って観てしまいます。
現にこうした差別が多いのだろうと思いますが、差別する側される側の、仰る通りまさに両面を丁寧に描いてる作品が多いので本当に説得力やリアリティもありますね。
この作品は黒人側の目線からの方が多かったと思いますが、差別は関係ない人種も絡んできましたのでまた違った風合いを持つ作品に仕上がっていたと思います。

そうそう、自分、なるはさんの記事を見て「25時」を観ようと思っていたのにまだ観ていなかったです。
一度レンタルしたのですが忙しく観ないまま返却したのをすっかり忘れていました。汗っ
思い出させて頂きましてありがとうございます。(^^)


いつも本当にありがとうございます。(^^)
2010-03-08 Mon 19:24 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| RELAX TIME |

ブログ内検索

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。