スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
マイケル・ジャクソン  THIS IS IT
2010-02-14 Sun 18:21






【スト-リ-】
2009年6月25日に急逝したマイケル・ジャクソンが遺した、ロンドンで実施予定だったコンサート“THIS IS IT”の何百時間にも及ぶリハーサルとビハインド・ザ・シーンの映像。いまだ謎の残るその死の直前まで、マイケルが行っていた猛特訓風景とその素顔を収めた貴重な映像の数々を基に構成され、あたかも観客が実現されなかったロンドンコンサートの最前列にいるかのような臨場感を味わえる。幻のコンサートがいまスクリーンで実現する――。





【レビュ-】
本当は劇場で観たかった作品でした。迷わずDVDを購入。

昨年、突然にあのス-パ-スタ- マイケル・ジャクソンが亡くなりました。
自分は小学生の頃に「Thriller」でマイケルの曲に初めて出会い、その後「Beat It」を聴き、とても好きな曲として今でも朝の目覚まし変わりの曲としてずっと聴いております。

中学の頃に「BAD」が流行り、当時は行きつけの喫茶店にあったLDのジュ-クボックスでよくかけて聴いておりました。
昔から、やっぱりあの華麗なダンスが好きでマイケルは本当に格好良いなぁと、いつしか憧れを持っていて、自分にとっても本当にス-パ-スタ-な人だったです。

最近はもっぱら、ワイドショ-に登場するのが多く整形や奇行ばかりをクロ-ズアップされて、彼をよく知らない人は変人扱いする者まで自分の周りには居て、その度にマイケルは格好良いんだと訴えても皆、知らん顔や鼻で笑い飛ばされた事もあったほどでした。


彼が亡くなって自分も本当にショックで残念で仕方ありませんでした。
マイケルの訃報が流れたあの時、その話題を記事にされているブロガ-さんも多くいらっしゃいましたが、自分はその事を記事に書く事が出来ませんでした。

今回、ロンドン公演でその舞台に立つはずだったマイケルのリハ-サル風景、そしてそれに関わった多くのスタッフやパフォ-マ-達の姿をこうして観れて、凄く幸せに思います。


THIS IS IT イメ-ジ2



リハ-サルなんだけど素晴らしい出来になっています。自分は何と言っても音楽のパワ-の素晴らしさを改めて感じる事が出来ました。

リハ-サルなのでマイケルも本気モ-ドではなく、余力を残してのダンスと歌のパフォ-マンスでしたが、それでも圧倒的なオ-ラを放ち、その場に居るスタッフは勿論、この映画を観る我々をも魅了してくれます。
でも音楽がピ-トを刻み、そのサウンドが完成された音を出し始めると、マイケルがどんどんノってきてステップも軽やかに、身体からエネルギ-を開放し始めキレキレのダンスへと変わっていくのがとても素晴らしかったですね。
観ていてこちらも身体が動いてしまい、楽しくて、嬉しくて・・・。
マイケルが一生懸命、この公演を成功させるのだという意気込みも伝わってきました。また、それを支えるスタッフやマイケルの一部として同じステ-ジに立つダンサ-やコ-ラス、バックバンドの奏者達も、皆が本当に全身全霊にそして一体となって取り組んでいたのも素晴らしいと思いました。

この公演が無事、行われていたらもの凄いステ-ジとなっていただろうと思わざるを得ない、凄いエネルギ-を感じます。予定通り行われていても伝説となったでしょう。

しかし、マイケルが亡くなって文字通り「伝説」となってしまった。彼は全く死を感じさせないエネルギ-と愛に満ちあふれた姿だったと思います。

また、何人とも知れないオ-ディションを勝ち抜いてメインダンサ-となった方達、マイケルと共演するのが夢だったと語るミュ-ジシャンの方達も、マイケルのアイデアに挑戦し続けたクリエイタ-、スタッフ、その多く人達全員がこの舞台の本番を迎えることなく終わってしまった無念さを思うと、何とも言えない気持ちになります。
成功を夢見た者、キングとの共演を夢見た者、ただただマイケルと同じ舞台に立つのが嬉しくて先の事も考えていない者・・・皆、夢で終わってしまった事。大変に残念です。

けれど、この映像が映画として世に出され、それらの姿を世界のより多くの人が観られる事が出来たのも皮肉な形ですが、マイケルの死によって違った完成型を見せてくれたと思います。
公演事態は未完なのですが、マイケルとこの「THIS IS IT」は伝説となり、映画として違った姿での完成を迎えたと思います。 喜ぶ事は出来ませんけどね。


THIS IS IT イメ-ジ




自分はこの映画を観て、家での鑑賞でしたが大音量で音楽とマイケルやダンサ-達のダンスを楽しみ、自分一人だけのステ-ジを披露してくれてると勝手に錯覚するほど、素晴らしいコンサ-トを堪能しました。 思わずニヤニヤしてしまいましたよ。

でも終盤の「Man In The Mirror」で涙がポロポロ出てきて、絶対にエンドロ-ルで流れるんだろうなと思っていた「Heal the World」で「ああっ!やっぱりぃぃぃ」と感情が溢れて号泣でした。涙涙涙。


この映画はファンにはたまらない一本でしょう。また、ファンでない人もきっとマイケルの凄さ、格好良さ、そして彼の愛情溢れる姿を見て、それまでとは違う感情を抱くのではないかと思います。

彼が歌ってくれた曲、我々を魅了し続けてくれたダンス、伝えてくれた愛。マイケルが言っていた「地球を救おう」って彼は本気でいつもそう思っていて、本気で言っていたのだと思います。それがマイケル・ジャクソンという人であり、だから彼は「キング」なのでしょう。普通の人じゃないんですよね。やっぱり。
色んな事を背負って、色んな事を考えていて、でもこのリハ-サルでは観客が喜んでくれる事を一番に考えて真剣に取り組んでいたのだと思います。 そんな姿が見られてとても良かった。そして音楽もダンスも本当に良かった。

そして素晴らしいメッセ-ジも。。。。。




今でも思い出すと目頭が熱くなりますし、また何度も繰り返し観たい作品です。

マイケル、本当にありがとう。 





ユウ太的評価 10点
完全に個人的評価です。ご了承下さい。


スポンサーサイト
別窓 | ドキュメンタリ- | コメント:8 | トラックバック:2 | top↑
<<セントアンナの奇跡 | RELAX TIME | レスラ->>
コメント
こんばんは。

「Beat It」を目覚ましにされてるとは知りませんでした。
この映画、以前ウチのブログに素晴らしいコメントを頂いたんですよね。

>自分一人だけのステ-ジを披露してくれてると勝手に錯覚するほど、
>素晴らしいコンサ-トを堪能しました。

ボクは劇場で見ましたが、この気持ちはよく分ります。
目の前にマイケルがいる様な、不思議な感覚がありますよね。
やはり特別な作品という気がします。
2010-02-15 Mon 01:14 URL | ケン #JkPZIk6.[ 内容変更] | top↑
★ ケンさん ありがとうございます。
ケンさん(^^)こんばんは!
いつもありがとうございます。

目覚ましの曲はもう何年も変わっていません。(^^)曲のイントロの一番最初「ガィ-ン、ガィ-ン、ガィ-ン」で目が覚めるのでとても良いんです♪ で、その後に流れてくるご機嫌なギタ-サウンドで朝から張り切っていました。爆っ

ケンさんの記事は本当に素晴らしくって、この映画の良さが伝わってきたんです。
マイケルの壮大なメッセ-ジをケンさんらしいお言葉で上手く表現されていたんだと、この映画を観て改めてそう思いました。
エンドロ-ルも本当に良かったですから、その後のマイケルのメッセ-ジ、そしてケンさんが最後に書いたフレ-ズは映画には勿論、出てきませんがマイケルが本当にそんな事を言ってるんじゃないかと思えます。

本来、こうした作品にやれ評価だ、何点です というのはナンセンスと思いますが、自分も特別な作品として10点を付けてしまいました。それしかないじゃないかというくらい、自分は感激、感動してしまいました。

マイケルが伝えたかった事、彼がスタッフに語っていた事は本当に壮大で普通は口にする事が出来ない事と思いますが、彼は本気の本気で地球を癒し救おうとしていたんですね。そして子供たちを癒し、素晴らしい世界を作ろうとその生涯をかけて音楽にして訴えていたと思います。

彼が亡くなった今、その事が広く伝わっているのは残念に思いますが、きっと多くの人の心に伝わったと思います。そう思いたいですね。(^^)

有り難いコメントとTBを本当にありがとうございます。
ケンさん、いつもありがとうです~(^^)
2010-02-15 Mon 19:08 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
★ こんばんわ^^
見ましたよこれ^^
凄い迫力ですね、彼の再起への思いが
すべて凝縮されてる感じですね~♪

私は彼のお気に入りのギタリスト、オリアンティ
の記事を書いたんだけど、彼がこの世に残した財産は
ホントにたくさんあるのだと思う。

残念な人を失ったとは思うけれど
多くのものを残してくれたと感謝もしたいです^^
2010-02-16 Tue 20:55 URL | たえ #fddzkx5k[ 内容変更] | top↑
★ おはようございます
「第七回ブログ DE ロードショー」のお誘いに参りました。
今回の作品はわたしが選ばせていただきました『丹下左膳余話 百萬兩の壷(たんげさぜんよわ ひゃくまんりょうのつぼ)』(35年/日本/監督、山中貞雄/原作、林不忘)です。

選んだ理由は、
1、ブログを始めなければ出会えなかった作品で、ブログを始めてよかったと心底思った作品だったから。
2、ちょうどBS2で放送されることになったから。
3、とっても楽しくて、あったかい作品なので、これをみて皆で2月の寒さを乗り切りたいから。
のみっつです。

観賞日は2月26(金)~28(日)の三日間です。ご都合の悪い場合は後日でも構いませんが、BS2の衛星映画劇場で23日(火)深夜(24日(水)午前0:20~午前1:53)にオンエアされるので、忘れずに録画しておいて下さい。(TSUTAYA DISCASでは取り扱っているようです。)

万一オンエアされなかった場合は、24日に改めて告知させていただきます。

お手を煩わせて申し訳ないのですが、一緒のタイミングで同じ映画を観て、みんなで楽しみたいと思っています。ユウ太さんもぜひ、ご参加ください。

記事とは関係ないコメントで失礼しました~。
2010-02-19 Fri 06:59 URL | 宵乃 #-[ 内容変更] | top↑
★ たえさん ありがとうございます。
たえさん(^^)こんにちは!
いつもありがとうございます。

洋楽をお好きなたえさんですから、この作品はやっぱりご覧になっていらっしゃいますね!(^^)
本当にマイケルの素顔やこの公演に懸けていた想いが良く表れていた貴重なフィルムだと思います。
同時に本当に贅沢なマイケルのコンサ-ト映像が沢山で、音楽とダンスパフォ-マンスも楽しめる素晴らしい映画だと思いますよね。

たえさんはこの映画にも登場していた女性ギタリスのオリアンティを記事にされていましたね。今、彼女も本当に色んな所から注目されてます。彼女もまた、仰る様にマイケルが見出した人物で、この公演で舞台に立つ事は出来ませんでしたが、彼の残した財産とも言えるでしょうね。

マイケルはこの世にはいなくなってしまいましたが、彼が残した素晴らしい音楽、ダンス、そして世界を癒そうとした偉大なるメッセ-ジを自分たちも大切に、そしてしっかりと
胸に刻んで出来る事をやっていきたいですね。
きっと彼の残したものは世界の多くの人々の心に生き続けるでしょう。 愛と平和を心から願い、その大切さを訴え続けたマイケル・ジャクソンは偉大だと思いますし、本当に感謝ですね!

素晴らしいコメントを本当にありがとうございます。(^^)
2010-02-19 Fri 17:16 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
★ 宵乃さん ありがとうございます。
宵乃さん(^^)こんにちは!
いつもありがとうございます。

「第七回ブログ DE ロードショー」のお誘いをありがとうございます。とても嬉しいですっ!(^^)

今回、宵乃さんが作品をセレクトされたという事でどうもお疲れ様です。まだこれから鑑賞なので引き続き宜しくお願い致しますね!

リリ-スして下さった告知を拝見して今回の作品が、『丹下左膳余話 百萬兩の壷』と知りとても嬉しかったのですよ!
この作品、自分がいつも参考にしているシネマレビュ-での評価が高かったのでチェックしていた作品でした。 いつか観ようと思っていた作品です。今回ブログ DE ロードショーにて取り上げて下さいましたのでとても嬉しく思います。

内容はよく存じ上げていなかったのですが、山中貞雄監督の傑作時代劇という事、とても良い人情劇というのだけ分かりました。後は余計な情報は入れず、皆様との鑑賞を楽しみにしておりますね!

わざわざ宵乃さん御自らお誘いのコメントをして下さいまして本当にありがとうございます。
それではまたご一緒させて下さいませ!(^^)



2010-02-19 Fri 17:35 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
こんにちは!
マイケルは昔から好きだったので劇場鑑賞しました。最近では行きつけの飲み屋さんでDVDを流してお酒を飲みながら鑑賞しています。
ちなみに「Beat It」を聴くと、ボクはテンションが妙に上がってしまいます(笑)
リハでも妥協しない姿は、本物だと改めて痛感させられました。それでもリハだから100%の彼の姿ではないと分かりつつも、圧倒的な存在感に酔いしれている自分がいました。もしも公演されていたら、歴史に残るようなライヴだったんでしょうね。生で一度でいいからMJのライヴを見たかったものです。

またお邪魔します。
2010-02-22 Mon 14:53 URL | ワールダー #SFo5/nok[ 内容変更] | top↑
★ ワ-ルダ-さん ありがとうございます。
ワ-ルダ-さん(^^)こんばんは!
いつもありがとうございます。

ワ-ルダ-さんもマイケルがお好きだと拝見した事がありました。(^^)ですのでこの作品も流石に劇場にて鑑賞されたとの事、とても羨ましく思いました。

自分も最近は夜、食事が終わってからこのDVDをかけっぱなしにして、音楽を楽しみながらまったり過ごす時間が多いです。(^^)
勿論、自分もやっぱり「Beat It」でテンション上がりますよ~ 朝はこれでアゲアゲでございます。(^^)

本当、この作品を観て思いましたがマイケルの舞台を作る意欲と情熱、それは完璧を求めるもので、マイケルの強い思いを感じました。同時に周りのスタッフも皆、この公演に全力で情熱を注いでいた事。それが叶わなかった事に熱いものが込み上げてしまいます。

マイケルもリハなので本気ではなかったですが、それでもあの存在感と立ち込めるオ-ラは素晴らしく、やはりマイケル・ジャクソンという人は「キング」だったと改めて痛感しましたね。

もし、彼が生きていたら今頃、世界中が熱狂するまさに「伝説」となっていた公演だったでしょう。死してもまた、「伝説」となってしまいましたが本当にマイケルの生ライブを見てみたかったと思います。
あれだったら10万、20万出しても行きたくなってしまいますよね!

とても熱い想いのこもったコメントを本当にありがとうございます。(^^)
自分もまたお邪魔致しますね!(^^)
2010-02-22 Mon 20:29 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
&#160; マイケル・ジャクソン THIS IS IT This Is It &#160; 監督:ケニー・オルテガ 制作:アメリカ 二〇〇九年 [新宿ピカデリーで鑑賞] &#160; ... …
2010-02-15 Mon 00:55 そのスピードで
マイケル・ジャクソン THIS IS IT デラックス・コレクターズ・エディショ... …
2010-02-20 Sat 16:24 得アマゾン探検隊
| RELAX TIME |

ブログ内検索

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。