スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ニュ-オリンズ・トライアル (再見)
2009-11-15 Sun 18:25



ニューオーリンズ・トライアル




【スト-リ-】
ある朝、ニューオーリンズの証券会社で銃乱射事件が発生。犯人は11人を射殺、最後には自殺した。
この事件で夫を失った女性セレステが地元のベテラン弁護士ローアを雇って、犯人の使用した銃の製造メーカー、ヴィックスバーグ社を相手に民事訴訟を起こす。2年後、いよいよ裁判が始まろうとしていた。被告側は、会社の存亡に関わるこの裁判に伝説の陪審コンサルタント、フィッチを雇い入れる。彼は早速あらゆる手段を駆使し陪審員候補者の選別に取り掛かる。やがて陪審員団が決定するが、その中には謎に包まれた男ニックも含まれていた・・・。
  
『ザ・ファーム / 法律事務所』 『ペリカン文書』 など多くのヒット映画の原作者としても知られるベストセラー作家ジョン・グリシャムの『陪審評決』を基に映画化した緊迫のリーガル・サスペンス。




【レビュ-】
第4回「ブログ DE ロ-ドショ-」の対象作品として鑑賞いたしました。
毎回、お誘いして下さり、そして皆様と共に楽しい時間を過ごさせて頂いております。本当にありがとうございます。(^^)


自分は以前にもこの「ニュ-オリンズ・トライアル」を鑑賞していましたが、今回改めて再見いたしました。(前回の記事はこちらで)

しかし、再見にもかかわらず冒頭から食い入る様に鑑賞し、前回鑑賞時よりも楽しめた作品となりました。(^^)

やはり日本でも裁判員制度が始まり、こうした陪審制の裁判に関心が高まった事などで色々と視点が変わったのが楽しめた要因の一つで、難解そうな裁判の流れなど今一度、勉強にもなった今回の鑑賞でした。

それと一度観て知っているので冒頭から以前とは違い、スト-リ-の解読に心を向けるのではなく役者の演技や編集、伏線、カメラワ-クなどに注目出来たのも、何だかとても面白い見方で鑑賞する事が出来ました。

感想は前回の記事に書いてあるので今回は違う事を書いてみようと思います。



物語の最初から幸せそうなホ-ムビデオを映し、間を入れずに事件勃発のシ-ンへと入る流れ。
この時点で幸せな普通の生活を、いきなり銃で奪われた悲劇を強調するかのように見せられ、観客を一気に引き込んでいます。
この裁判に注目するよう、計算された物語の始まり。 知らずのうちに映画の中の裁判に連れて行かれ法廷にと心を向けられます。

続いてジ-ン・ハックマン演じる陪審コンサルタントの凄さ、腕利きの様子が陪審員選定作業の中でクロ-ズアップされます。
陪審員になりたかった男が暴れるシ-ンで、被告側にとって不利な陪審となるのを見破ったのを見せ、このフィッチという男、只者ではないと見ている者に強烈に解らせる。
導入部から、もうこの映画にグイグイ引っ張られていたんだなぁと分かりました。

ニューオーリンズ・トライアル イメ-ジ2


そうした製作側の意図がすごく良く分かる、今回の視点。 自分自身楽しみながら鑑賞していましたね。

対する原告側のダスティン・ホフマンも落ち着いた雰囲気で流石の演技。穏やかな庶民の味方的な弁護士をそのまま演じるのですが、胸に秘めた熱い心もキチンと滲ませて演技を披露していたと思います。

ニューオーリンズ・トライアル イメ-ジ1


やはり圧巻なのは裁判所のトイレで対峙する二人の対決シ-ン。この映画の見所だと改めて思いました。
揺さぶりを掛け続けるフィッチ。ロ-アの用意した重要な証人を消し、裁判の流れを自分の方に向け完璧な勝利を掴む為の工作。 これに対し、きっと普段は怒りの感情を出す事はほとんど無いだろうと思われるロ-アが感情を爆発させフィッチに詰め寄る。法を侮辱し、審理を妨害するフィッチに正義とモラルをぶつけるのですが。。。

ニュ-オリンズ・トライアル イメ-ジ4


このシ-ンは二人とも見事な演技でした。 ここでロ-ア弁護士の想いは揺れ動くのですね。感情や心理の微妙な変化を見事に出していたと思います。

ハックマンは凄腕の陪審コンサルタント。その素性はモラルもどこ吹く風の、金で裁判を操る非情で冷酷な人物。そんな男を本当に完璧主義者のように冷徹に、時には激しく感情を露わにする起伏の激しい演技で迫力がありました。

ホフマンは自分の経験と腕、勘を頼りに弱きを助ける庶民派ベテラン弁護士。しかし、見えない力に流され法の力だけではどうする事も出来ないという苦悩に揺れ、そして最後には自分の信念を貫き金で勝利を買う事は捨てるという、正義の人を素晴らしく演じていました。

この二人の演技は申し分ないですね。



それとこの二人を掻き回すもう一つの勢力がありました。 そのパワ-バランスがこの物語を大変、面白いものにしているのですが、陪審員9号となったジョン・キュ-ザック演じるニックことニコラス・イ-スタ-。そしてもう一人レイチェル・ワイズ演じるマーリー。
彼らの目的はなんなのか?裁判の行方はどうなるのか?


この二人がフィッチとロ-アを揺さぶる揺さぶる。しかし、敵のフィッチもプロですから逆に危険な目に遭います。
リスクが大きすぎる賭け。何故、二人はここまでやるのか? 


ニュ-オリンズ・トライアル イメ-ジ3


駆け引きや妨害、心理戦があり非常に見応えがあります。

他の裁判ものにはない面白さがこの映画にはありますね。

ニックとマ-リ-の素性が段々と分かってきて、彼らの真の目的が明かされた時、そしてほぼ同時に裁判の評決が決まるのですが一回目鑑賞した時よりも、ブワ~ッと感激が込み上げてきました。

原告、被告両側に迫りつつも結局最後までイニシアティブを握り操作していたのは初見の時は分かりませんでした。彼らの思うシナリオ通りに事が進んでいたとはね。

その事は全部、知っていたのですが再見しても面白い。ていうか、より楽しめました。


再見して特に印象に残っているのがシ-ンの繋ぎの編集の上手さ、評決が出た後のフィッチとロ-アの映像。

ロ-ア弁護士の悠々と誇らしげに歩く姿をゆっくりと追うカメラの映像と、頭を抱えながらよろめき歩くフィッチを追うカメラは乱れ、ブレまくるその映像の対比も、撮り方で表す両者の心理状態をこんな所でも上手く出しているのかとニヤリとしてしまいました。

映画ってスト-リ-や脚本だけじゃないんだなと、今更ながら改めて感じさせられました。
そうやってまた違った視点で観るとスト-リ-、キャスティング、編集、構成など様々な点でもレベルの高い映画だったんだと思います。


再見も良いものですね。(^^) この作品の良さに気付かせて頂き「ブログ DE ロ-ドショ-」の新たな楽しみ方も発見する事が出来ました。今回もとっても楽しかったです。


本当に有意義で素敵な企画だと思います。 改めまして皆様には感謝を申し上げたいと思います。
そして今回、この作品を選んで下さいましたケンさん、お疲れ様でした。そしてありがとうございました。

それと皆様、本当にありがとうございます。(^^)




スポンサーサイト
別窓 | サスペンス | コメント:8 | トラックバック:1 | top↑
<<邦楽 Welecome To Christmas / 島田歌穂 | RELAX TIME | 天使と悪魔>>
コメント
★ 再見、バンザイ☆
>それと一度観て知っているので冒頭から以前とは違い、スト-リ-の解読に心を向けるのではなく役者の演技や編集、伏線、カメラワ-クなどに注目出来たのも、何だかとても面白い見方で鑑賞する事が出来ました。
>・・・その事は全部、知っていたのですが再見しても面白い。ていうか、より楽しめました。
>映画ってスト-リ-や脚本だけじゃないんだなと、今更ながら改めて感じさせられました。
>そうやってまた違った視点で観るとスト-リ-、キャスティング、編集、構成など様々な点でもレベルの高い映画だったんだと思います。

素敵な記事をありがとう~!
上記の部分は、私も全く同感です☆ 
でも文章を書く能力がなくって、ユウ太さんのようには表現できませんでした~!
ユウ太さん、すご~い!!!

今回もお付き合い有難うございました。
色々な方のレビューが上がってきているので、またお時間のある時に、お読みになってくださると嬉しいです☆

いつもお忙しいのに、鑑賞と丁寧なレビューを、本当にありがとう~!
次回もまたお誘い申し上げますので、よろしくお願いします。
(良かったらどなたかお誘いくださいね~!)

今からでは早すぎますが、ユウ太さんは2月と3月とどっちが良いでしょうか?
特にお忙しい月があったら是非教えてくださいね!

長々とすみませんでした。では、またね~♪
2009-11-15 Sun 20:57 URL | サイ #jSBoJ0Ww[ 内容変更] | top↑
こんばんは。

ユウ太さんがこの映画を、
結構最近に鑑賞されたと知ったときはアチャーと思いましたが、
「前回鑑賞時よりも楽しめた」と書かれているのでホッとしました。
作品選びは想像以上に難しかったです(笑)。

細かい演出面までよく観察してらして、素晴らしい記事ですね。
ローアとフィッチを追うカメラの違いとか、ボクは全然気付きませんでした。
女優の顔しか見ていないもので…(>_<)

あと、この映画のダスティン・ホフマンは偽善的という人も多いですが、
イロイロわかった上で、それでもあえて「庶民の味方」の看板を掲げてるわけで、
それはそれで立派なことだとボクは思っていたので、
ユウ太さんの書き方を嬉しく思いました。
2009-11-15 Sun 21:22 URL | ケン #JkPZIk6.[ 内容変更] | top↑
こんにちは、二度目の記事なのに内容濃いですね~。
私も再見して、前回気付かなかったことに気付けて良かったと思ってます。
あまり再見はしない方なんですが、やっぱり、演出や細かい点まで楽しむには、再見が良いですね。
フィッチとローアの対決は何度観ても、その迫力にしびれます。
2009-11-16 Mon 16:17 URL | 宵乃 #-[ 内容変更] | top↑
★ サイさん ありがとうございます。
サイさん(^^)こんばんは!
いつもありがとうございます。

今回もお誘い頂きまして感謝しております。こうしてまた皆様と映画を楽しむ事が出来ました。(^^)本当になんて贅沢な時間なのだろう と思います。

自分も再見だったのですが、前回とは違う視点で鑑賞出来たのはとても面白く有意義な鑑賞となりました。
基本、サスペンスはあまり再見しないのですがサスペンスだからこそ二度目は色々なものを発見出来るし、構成や演技をじっくり楽しめるんですね~(^^)
思っていた以上に楽しく鑑賞出来ましたよ!

サイさんも同じように思っていらっしゃるという事で、なんだか嬉しいですね!(^^)
自分の文章もお褒め頂きましてすごく嬉しいです。 でも何度も見直し書き直しで本当、いっぱいいっぱいでございます。汗汗汗っ

次回もまた楽しみにしておりますのでご面倒おかけしますが、宜しくお願いいたします。

それと自分が作品をセレクトするとは!今から考えちゃいますね~。 どんな作品が良いのか・・・今、頭に浮かんでる作品は皆様からブ-イングが飛んできそうなものが浮かんじゃってます。。。

2月か3月辺りですと、まだ仕事の方が読めないのでどちらでも大丈夫かなと思います。が、3月のが良いかなぁと思われます。
作品のセレクトの時はサイさんにご相談しちゃうかも知れません。 その時は宜しくお願いします。(^^)

今回も本当に楽しく参加させて頂きました。 本当にありがとうございます。(^^)
2009-11-16 Mon 18:51 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
★ ケンさん ありがとうございます。
ケンさん(^^)こんばんは!
いつもありがとうございます。

今回の「ブログ DE ロ-ドショ-」も楽しく参加させて頂きました。ありがとうございます。(^^)
そしてケンさんにおかれましては作品のセレクトをご苦労さまでした。 自分も想像するに、選ぶのは大変お心を使われたとお察しします。

自分に対しても一年前ほど、この作品を鑑賞していたので色々とご心配して下さいましてすみませんです。

でも、今回鑑賞して本当に前回よりも面白いと思いました。
皆様と同時期に鑑賞するというのも勿論、ワクワクして面白いのですが、サスペンスを再見してみる面白さというのも確認する事が出来てすごく良かったです。(^^)

そうですね~ やはりサスペンスだから最後のオチや展開を知っているので違った視点で鑑賞をしてみたのですがこの作品、造りが上手いんだなぁと思いスト-リ-も再度楽しめたんです。
それに色んな伏線や心理、感情の変化もとても良く表れていてそれを映像で上手に見せているんだなぁというのを発見出来ました。

そんな風に観ていると、やっぱり良い映画は様々な手法を駆使しているのだと改めて分かる事ができたのは大きな収穫となりました。 これはこの作品を再見しなければそうした良さは発見出来なかったでしょう。
すごく良かったです。(^^)

ダスティン・ホフマンは好きな俳優なのでひいき目に見てしまいがちですが、ス-ツを気にし、あの町の弱者に受け入れられようと努力している姿や、自分の信念に従って行動するタイプなのだと感じたので、好意的に書きました。
ロ-ア弁護士は熱いハ-トもちゃんと持っているのが嬉しいですよね!

ハックマンは迫力があり、ああいう役は本当に似合います。
ジョン・キュ-ザックも裏のありそうな、それでも心が読めないという雰囲気が合っていてこれまたピッタリ。
そしてケンさんも絶賛のレイチェルも本当に綺麗で、時折見せる笑顔に彼女の必死な心が見え隠れしているのが演技なのか、素なのか分からなくて、これまたこちらを惹きつける魅力に溢れていましたね!

こうして書いてると改めてキャスティングは素晴らしかったと思います。

正直、前回の評価よりも上がってしまいました。いえ、皆さんに煽られての事ではありませんよ。(^^)本当にこの作品に引き込まれ鑑賞出来ました。

皆様と同じ期間に同じ映画を観る楽しさと、今回は更に広がった映画の楽しみを発見する事も出来ました。

ケンさんに選んで頂き感謝しております。同時に皆様にも楽しい時間を与えて戴きまして感謝です。

また次回も楽しく、そしてこれからも宜しくお願いいたします。
本当にありがとうございます。(^^)

2009-11-16 Mon 19:13 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
★ 宵乃さん ありがとうございます。
宵乃さん(^^)こんばんは!
ご訪問とコメントをありがとうございます。

宵乃さんも再見とのことで自分と同じだったんですね!

自分も基本的にサスペンスはあまり再見しないのですが、再見して色々と発見する事が出来て面白かったです。(^^)

サスペンスの場合、特に最後のオチ、大ドンデン返しがある作品等は楽しみが半減してしまうと思っています。が、今回再見してみて自分も同じく、違った視点で細かい所や演技に注目してみる等、新鮮な感じで観れたのが嬉しかったです。

サスペンスだからこそ、伏線や物語の構成などにも注意してみるとまた違った面白さがあるのですね~
「ブログ DE ロ-ドショ-」でなければこの楽しみに気づかなかったかもしれません。 本当に素敵なイベントですね~(^^)

仰るようにフィッチとロ-アの対決はそのままベテラン俳優同士のハックマンとホフマンの演技対決。とても見応えがあり、前回も見て知っているのに、またまた圧倒されました。 それほど素晴らしいシ-ンなのでしょうね!

前回よりも楽しめたという点でも、今回の鑑賞は楽しくとても有意義なものでした。

宵乃さんともまた、次回楽しく語り合える事を一層、楽しみにしております。(^^)

自分もまたお邪魔させて頂きますね!
本当にありがとうございます。(^^)
2009-11-16 Mon 19:24 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
★ こんばんは☆
主催の月の件ですが、ユウ太さんは3月で決定とさせていただきますネ☆
でも、もしこの後で、とても忙しいとなったら、遠慮なさらずに仰って下さいね~!

あと、お約束のイタリア映画の件ですが、20日(金)に向こうの方でアップしますので、よろしくお願いします。
(その映画についてではなく、他の映画を見て、その映画の事でも感じたことがあるという、ややこしい事なので、お時間のある時に・・・うまく書けないかもしれないから、期待しないでネ)
2009-11-18 Wed 19:14 URL | サイ #jSBoJ0Ww[ 内容変更] | top↑
★ サイさん(^^)ありがとうございます。
サイさん(^^)こんばんは!
いつもありがとうございます。

今日も会議で忙しくすみませんです。
今、電車の中から携帯で打ってます。ご了承下さい。

自分の担当は3月との事、相承りました(≧▽≦)ゞ

しかし、今からどの作品をチョイスしようか非常にプレッシャーでございます。汗汗汗っ
正攻法で行くか、難解なもので皆さんのレビューに委ねるか。
凄く難しく何気に責務重大!
今から十分、悩んでみたいと思います。(^^)
サイさんにはご相談するかも知れませんがその時は宜しくご指導願いますね!


先日の映画作品の件はしかと了解しました。
サイさんの思うままに感想を述べて頂けましたら、それを自分も読ませて戴きまして参考に致します。
でも楽しみに読ませて戴きますね!(^^)
また熱く語ってしまうかも知れませんが併せて宜しくお願いしたいと思います。
いつも本当にありがとうございます。(^^)
2009-11-19 Thu 21:33 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
&#160; ニューオーリンズ・トライアル Runaway Jury &#160; 出演:ジョン・キューザック ジーン・ハックマン ダスティン・ホフマン レイチェル... …
2009-11-15 Sun 20:45 そのスピードで
| RELAX TIME |

ブログ内検索

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。