スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
天使と悪魔
2009-11-11 Wed 19:06



天使と悪魔



【スト-リ-】
あれから3年――。ロバート・ラングドン教授は、歴史上最も謎に包まれた秘密結社“イルミナティ”の復活の証拠を発見し、彼らが最大の敵とみなす“カトリック教会=ヴァチカン”に致命的な脅威が迫っていることを知る。イルミナティの計画が密かに進行していることを突き止めたラングドンはローマに飛び、400年の歴史を持つ古代の“シンボル=暗号”をたどりながらヴァチカンを救う唯一の手がかりを探っていく…。

「ダ・ヴィンチ・コード」の著者、ダン・ブラウンによるベストセラー小説「天使と悪魔」を映画化した『ダ・ヴィンチ・コード』シリーズ第2弾。




【レビュ-】
「ダ・ヴィンチ・コード」から3年の月日を経て、とうとう映画化されたこの作品。 自分はそういえば記事を書いてないですが、「ダ・ヴィンチ・コード」を楽しめた一人で、その当時から映画化が決定していた「天使と悪魔」を楽しみにしておりました。
劇場鑑賞を予定していたのですが、やはり残念ながらその目的は達成されず・・・

DVDにてやっと鑑賞しました。


鑑賞して率直な感想は、自分としては前作を超えられず。DVD鑑賞でもまぁ良かったかな・・・といった感じでした。

それでもスピ-ディ-な展開と、イタリア、ヴァチカンの古き芸術的な建造物や観光地のような土地を、映画を通して全編に渡って観られたのはとても楽しく満足でした。


しかし、肝心の内容は前作「ダ・ヴィンチ・コード」のミステリ-を超える事はなく、サスペンス作品としては物足りない中身だったかなと思います。

というのは自分、もう早い段階から犯人と展開が判ってしまい、その人物を「怪しい」という目でずっと見てしまったから謎解きも何もない状態で鑑賞してしまったからだと思います。

多分、自分の他にも犯人が判ってしまった人多くいたんじゃないかなぁと思います。
この作品の造りとして、あの場面で「え~っ!! この人が犯人なの!?」と思わせたい意図は分かるのですが、残念ながら自分は全然、驚かなかったんです。
これでは楽しさが半減、いや大分無くなってしまいますよね。涙。


天使と悪魔 イメ-ジ4



ミステリ-としては科学の4大要素「土、火、水、空気」という4つを美術彫刻が表すそれと絡めていたのはとても面白いと思いました。
ここにタイトルである「天使と悪魔」を表し「宗教対科学」として描いていたのは流石だと唸りましたが、スピ-ディ-な展開上、パパッと暗号のような謎を解いていく様が少し気にはなりました。


芸術作品的な建造物、彫刻の指し示す犯行現場を解き明かし、犯人を追う という展開が次から次へと目まぐるしく繰りひろげられた「速さ」は面白かったと思います。

あと一歩。というところで追いつかない、犯行を防げない紙一重の展開が良かったですね。次期教皇候補の枢機卿4人が犯行の手にかかってしまうシ-ンは「SAW」のようにも思えました。


天使と悪魔 イメ-ジ3



それと当時、日本でもニュ-スでその名前と、古来より受け継がれてきた儀式を初めて知った「コンクラ-ベ」の様子や美しく幻想的な建造物、美術作品のような彫刻の数々を堪能出来る映像はこの作品一番の見所かも知れません。
本当に数多く、美しい街並みや美術が沢山出てくるのでちょっとした小旅行のような気分になれるのは嬉しかったですね。

それとこの美しい映像に良く合っていたのが音楽でした。
音楽を担当しているのはハンス・ジマ-。「バック・ドラフト」や「ザ・ロック」、最近では「パイレ-ツ・オブ・カリビアン」など勇壮でアドレナリンが出まくるような音楽も勿論、今まで本当に素晴らしいと思っていましたが前作に続き「天使と悪魔」でも幻想的で古き良き街並みや美術にも良く合う音楽だったと思います。
音楽は前作を超えたのではないでしょうか?それほど心と耳に残る音楽だったと思います。


また、ベストセラ-人気小説の主人公ロバート・ラングドン教授を演じたトム・ハンクスもこの役がすっかりお似合いだと思います。
歴史的、宗教学的な専門用語が飛び交いますが、前作よりも判りやすい内容になっており、これまでタブ-とされてきた隠された謎やミステリ-が半減していますが、誰にでも飲み込める内容になっていました。

天使と悪魔 イメ-ジ1


自分としては、「ダ・ヴィンチ・コード」で描かれていた宗教内のタブ-や歴史にずっと隠されてきたロマンティックなミステリ-に心を躍らされたのでそうした部分がほとんど無かったのは期待はずれでしたが、楽しく観る事はできました。


印象に残っている前作のラストシ-ンはとても美しく良かったですが、「天使と悪魔」ではそうした印象に残るシ-ンは無かったように思います。今回は建造物や彫刻といった美術品の美しさが際立っていましたね。


芸術を目で見て楽しみ、判りやすい謎解きを楽しむミステリ-、といったところでしょうか。
やはり小説の方が面白いのでしょうか?きっとそうなんだろうと思います。

期待しすぎたせいで個人的に少々、物足りない作品とはなってしまいました。ですがそれなりに楽しめた作品でした。





ユウ太的評価 6.5点
自己評価ですのでご了承下さい。
皆さんもよろしかったらコメントに評価を入れて下さいね。

スポンサーサイト
別窓 | サスペンス | コメント:10 | トラックバック:2 | top↑
<<ニュ-オリンズ・トライアル (再見) | RELAX TIME | スラムドッグ$ミリオネア>>
コメント
こんばんは。

ボクは犯人探しが苦手で、いつも最後まで悩まされるのですが、
本作は早めに確信しちゃいましたね。
なんだかヒントを出しすぎる、親切なのか不親切なのか、
よく分らない映画だと思いました。
「6.5点」は妥当な評価じゃないかな~。
2009-11-13 Fri 01:20 URL | ケン #JkPZIk6.[ 内容変更] | top↑
★ 未だに…
ユウ太さん、こんにちわ♪

鑑賞しようと思って忘れてました(^_^;)

ユウ太さん的には前作を超えられなかったのですね~。
謎解きが少しゆるくなってたのかな?

取りあえずはユウ太さんのレビューで予習完了!
後ほど鑑賞してみますね(^^ゞ
2009-11-13 Fri 10:54 URL | 猫人 #-[ 内容変更] | top↑
★ ケンさん ありがとうございます。
ケンさん(^^)こんばんは!
いつもありがとうございます。

ケンさんもこの作品を鑑賞してらっしゃるとの事で記事も拝見いたしました。(^^)後ほど自分もお邪魔致しますね!

前作は歴史や芸術に隠されたミステリ-、宗教的なタブ-を描いていて自分も謎解きにワクワクさせてもらいました。
ですが前作は難しい謎やミステリ-が沢山あったと思うのですが次々と進行してしまい謎を解く間もなく解明されて行った感があり、自分的には難解なミステリ-を楽しみつつも答えを出されるのが早かったので「ありゃ」という感じでした。

今作は謎やミステリ-よりもスピ-ド感溢れるアクションの色の方が強かったかなと思いました。
犯人当てもとても判りやすく、彼は最初の方から断然、怪しかったですものね(^^)

ケンさんは犯人捜しが苦手との事ですが、その方が楽しめると思いますよ。
自分はコイツ怪しい と思ってしまうともう楽しさが半減してしまい、結局「やっぱコイツかぁ」となってしまうので良いのか悪いのか・・・

サスペンスやミステリ-って大抵、一番やらなそうな人物が犯人という事多いです。弱者やか弱い女性とか。。。
「ユ-ジュアル・サスペクツ」なんかもこの作品と同じ感じで、すぐ犯人が分かってしまい「やっぱりな~」と楽しむ事が出来なかったです。涙。

「天使と悪魔」は台詞などにも伏線がやたらと出ていましたので確かに分かりやすかったですよね。

でも色んな芸術や建造物、そしてそれぞれ「火、土、水、空気」を表している事など、知識を得られたのはとても面白かったです。

評価はこんな感じでOKですかね?(^^)

いつも沢山のコメントを戴きまして本当にありがとうございます。(^^)
2009-11-13 Fri 19:12 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
★ 猫人さん ありがとうございます。
猫人さん(^^)こんばんは!
いつもありがとうございます。

猫人さんはまだ鑑賞してらっしゃらなかったという事で、自分の「前作を超えなかった」という部分。すみません。余計な事を書いてしまってます。汗。

でもそれはミステリ-の部分で、やはり前作で話題になった歴史に隠されたミステリ-の色がちょっと弱かったかなと感じたので、自分的には評価が下がってしまいました。

でもスピ-ド感があり、次々と展開される様は前回同様、いやそれ以上の印象を受けました。(^^)

またイタリア、ヴァチカンの観光名所や芸術、建造物が美しく、沢山登場したので映像も見事でしたよ。

そしてやはりトム・ハンクス演じるラングドン教授のオタクレベルの知識と教養は大変、魅力あるものでした。(^^)

前作がお好きならば観て頂きたい作品だと思います。(^^)

自分の記事で予習だなんて恐縮でございます。

でも猫人さんも鑑賞し記事を書かれましたら、自分もまたコメントいたしますね!

いつも本当にありがとうございます。(^^)
2009-11-13 Fri 19:20 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
★ こんにちわ^^
なかなか来れなくてすみません^^;
色々とありまして・・・

この作品、見られたのですか・・・
私もどうしようかと迷った時期が有ったのですが
ちょこっとレビューなどを拝見すると、今ひとつ食指が
動かなかったので止めてしまいましたが、
面白いのは面白いみたいですね。

かなり、宗教的な物なのでその背景が有るかどうか
によっても面白さが違うようで・・・
私もきっと見たらユウ太さんと同じ感想を
持ったのじゃないかと思います。

PP応援★
2009-11-15 Sun 15:24 URL | たえ #fddzkx5k[ 内容変更] | top↑
★ たえさん ありがとうございます。
たえさん(^^)こんにちは!
いつもありがとうございます。

いえいえ、自分もちょこちょこお伺いはさせて頂いてるのですが、コメントを残せなくてすみませんです。

寒くなってきましたがお元気にお過ごしですか?(^^)

たえさんは迷っていたのですか。まだ未見ということで劇場で観れなかった分、DVD等でいかがでしょうか?

スト-リ-も普通に面白いと思いますが、たえさんの場合、観光気分で鑑賞して頂けたら良いんじゃないかなと思います。
ヨ-ロッパは嫌いでしたかね?一応、イタリアの観光名所や美術彫刻など映像はとても楽しめると思いますよ!

機会がありましたら観てみてくださいね!(^^)

お忙しいご様子ですが、体調に気を付けて頑張って下さいね!
いつもコメント、それと毎回応援も本当にありがとうございます。(^^)
2009-11-15 Sun 18:34 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
★ lこんばんは!
皆さん、真犯人に気づく方多いんですね~!
私は原作を読んでいたにも関わらず、
映画を観る頃にはすっかり忘れていました;
だから物凄く楽しめてしましました!
キャスティングに伏線があったんでしょうかね?
私は『天使と悪魔』の映画レポの他に、
主犯の行動について探ってしまいました。
どっかに徴候があったのかな?と。

この映画はやっぱり音楽ですね!
私は既に予告編で撃沈でしたv-352
そして映画の冒頭で既に半泣きでしたv-398v-356

『ダ・ヴィンチ・コード』よりは大きく劣るものの、
イルミナティという恐怖がビリビリと伝わる、
エンターテイメント作品だったなぁと思います!
TBさせてください!
2009-11-19 Thu 00:09 URL | なるは #-[ 内容変更] | top↑
★ なるはさん ありがとうございます。
なるはさん(^^) こんばんは!
いつもありがとうございます。
自分もこの作品や他の作品にコメント、トラバさせて頂きたく思っていたのですが、忙しくままならずすみません。 大変に恐縮です。

今も電車から携帯にて失礼いたします。

この作品も面白かったと思いますが、やはり前作よりはパワー不足かなと感じました。
でもやはりキャラは完全に確立しましたね!
ラングドン教授は魅力的なキャラに名を知らしめましたし、何より宗教的、歴史的に深い知識で訴え展開する物語は良かったと思います。
また、ちょっとした観光気分的を味わえる映像と、一番良かった音楽が光ってましたね!(^^)
なるはさんも音楽にやられたとの旨は自分も大納得でございます。


なるはさんの記事で新たに違った角度からの視点でレビューん述べられているのは興味深いですね~(^^)
またゆっくり読んでコメントさせて頂きますね!

本当はこちらが先にコメントをと思っていたのですがすみません。

近日、お伺い致します。
いつも本当にありがとうございます(^^)
2009-11-19 Thu 21:56 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
★ 観ました~。
こんばんわ、ユウ太さん♪

ようやく鑑賞しましたが、いや~、面白かったです!
若干謎解き感は薄れた感じもしましたが、
スピーディーな進行とわかり易い内容で終始見入ってしまいました。

そしてユウ太さんのレビューで予習してからでしたので
面白さも倍増でございました!
ありがとうございまし<m(__)m

前作もそうですが、ヴァチカンの存在や秘密結社の
謎めいた歴史を勉強するのにはもってこいの映画でした。

また遊びにきます~(^^ゞ
2009-11-24 Tue 23:23 URL | 猫人 #-[ 内容変更] | top↑
★ 猫人さん ありがとうございます。
猫人さん(^^)こんばんは!
いつもありがとうございます。

猫人さんもこの作品を鑑賞なされたのですね~(^^)
良かったです~(^^)

自分もサスペンス作品として、謎解きなどのミステリ-色が弱くなったのは少々、残念でしたがあのスピ-ド感とエキサイティングな展開は面白かったと思います。

それと登場する名所や美術品の数々はとても嬉しかったですね!

仰る通り、歴史を絡めた展開は自分も大好きなので知識を得るのには勉強になりますし大変、興味深いシリ-ズですよね!
しかし自分としては、やはり前作の方がもっと歴史に隠された秘密や謎が強く出ていて良かったと思いました。

でもこのシリ-ズはロバ-ト・ラングドン教授がとても魅力的なので彼の活躍をもっと観てみたいと願っております。

この作品の後も続いて行って欲しいですね!

自分のレビュ-を参考にして下さいましてとても嬉しいですし、こちらこそありがとうございます。(^^)

今、激!忙しいのですが、自分もまた遊びに寄らせて下さいね!

いつも本当にありがとうございます。(^^)

2009-11-25 Wed 22:43 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
『天使と悪魔』
ロン・ハワード版『天使と悪魔』。 『ダ・ヴィンチ・コード』DVD付1500円もあったけど、Blu-ray買う予定だから。 通常版600円... …
2009-11-19 Thu 00:07 陽面着陸計画
談ブラウンと論ハワード。
観ましたか?読みましたか? 『天使と悪魔』! 公開日の5月15日に映画を観る。 直後3年ぶりに原作を読み返す。 そして再び映画を観直... …
2009-11-19 Thu 00:07 陽面着陸計画
| RELAX TIME |

ブログ内検索

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。