スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
スラムドッグ$ミリオネア
2009-11-03 Tue 17:57



スラムドッグ$ミリオネア


【スト-リ-】
アジア最大のスラム街・ムンバイで育った少年ジャマールは、世界的人気番組「クイズ$ミリオネア」にて一問を残して全問正解、一夜にして億万長者のチャンスを掴む。だが、無学な彼は不正の疑いをかけられ、番組の差し金で警察に連行され、尋問を受けることになってしまう。
彼は一体どうやって全ての答えを知りえたのか?そして、彼がミリオネアに挑戦した本当の理由とは―?

運じゃなく、運命だった。
『トレインスポッティング』のダニー・ボイル監督が手掛けた社会派エンタテインメント。2008年第81回アカデミー賞最多8部門を受賞!



【レビュ-】
第81回アカデミ-賞にて8部門受賞したというこの作品。勿論、劇場鑑賞したかったのですがやっとDVDにて観る事が出来ました。

オスカ-を獲ったという事で当然、鑑賞前の期待値は上がりました。
有名なあのクイズ番組「クイズ・ミリオネア」は日本でも放映され、自分も観た事があるのでこの映画の内容は、だいたい予想出来るものだと思いました。

でも非常にテンポ良く、そしてインドのパワフルな力を感じた映画でした。

が、しかし 自分的には「もうちょっと」な映画だという感想になりました。




スラムで育った無学な青年が、クイズに次々と正解し億万長者になるチャンスを掴んだ。しかし、それにはインチキがあるのじゃないか?と警察に連れて行かれ尋問を受けます。

そこから彼がそれまで歩んできた過酷な人生を回帰していくという構成でしたが、この幼年期から青年になるまでの本当に過酷なスラムでの生活が、自分には見応えがありました。

インドという国は格差が大きく存在する国なので、スラムで生きる貧困層の人々の生活というのは本当に過酷なのだろうというのは以前から知っていました。
自分が学生の頃にインドに旅行した教師から聞いた話によると、インドに着いて空港から町へと出るとあっという間に100人以上の人に囲まれ「恵んで下さい」と両手を出され物乞いにあう。と聞いた事がありました。

その話を聞いて、インドという国のスラムを想像していましたが、やはり過酷な場所でしたね。
しかし、そんなにシリアスにすることもなく、この映画に描かれている人々や子供たちはとても逞しく、必死に生きていました。 それがまた、生き生きと描かれていたのが好印象でした。その辺りは「それでも生きる子供たちへ」のように興味を持って観ていたのですが、同じく必死に生きて、とにかく「食べる事」をあらゆる手段で達成していくシ-ンは面白くもあり、色々と考えさせられるシ-ンだったですね。

他にも宗教的な争いやストリ-トチルドレンなど、深刻で悲惨な状況も暗に訴えているのですが軽妙なタッチでそれらを描き出していました。

スラムドッグ$ミリオネア イメ-ジ3


そのように過酷な人生を振り返りながら、その時々で体験した事柄の中にクイズの正解があった。というのは大変、面白かったと思います。

主人公ジャマ-ルがそれまでの辛い人生で、必死に生きてきた中に自然と得ていた経験と知識。冒頭に問いかけられた4択の答えも容易に導かれるのではないでしょうか?


しかし、何故か自分は物足りないというか、イマイチというか、何だか心に響くものが薄かったです。
それは過剰に期待しすぎたからなのでしょうか?

う-ん。なんかもっと、こう、「アッ」と思わせる山が欲しかったような。

前半の幼少時代はテンポも良く、色々な事が次々と起こったから面白かったです。
そしてラストの問題でのライフライン「テレフォン」のシ-ンなども、ちょっとハラハラして良かったと思います。

やっぱり途中でしょうか。 中盤から少々ダレてしまったような気がします。特に兄の存在が良く分からなかったです。悪いどうしようもないチンピラだったのに、急に良いヤツになったり。。。
ラティカもあんな悲惨な状況の中、逃げだそうとしなかったのかな とか。。。

いまいち納得がいかない感じも残ってしまいました。 兄の態度が変わった心境の変化をもっと掘り下げて欲しかったなと思います。


と不満を書いてしまっていますが、全体的にはテンポよく、とてもエネルギッシュに描かれたエンタテイメントだと思いました。
音楽が特に良かったですね! それと最後のダンスシ-ンはかなりご機嫌な映像でした。

スラムドッグ$ミリオネア イメ-ジ2


結果、観終わってみれば楽しかった作品でこの映画のパワ-も大いに感じたのですが、何故か「あ、良かったね」とあっさりした感じです。 印象には深く残らない、そういった感じです。

なのでレビュ-としては楽しいはずなんだけど、あっさり消化しちゃう映画。みたいなところでしょうか。
評価もまぁ普通の、なんだか不思議な作品だなぁと思います。


ご覧になった皆さんはいかがだったでしょうか?


A.すごい楽しかった!感動した!
B.それなりに楽しめた。良かったと思う。
C.ユウ太と一緒。普通。
D.つまらない

「オ-ディエンス」でお願いします。(^^)

スラムドッグ$ミリオネア イメ-ジ1

 
ユウ太的評価 6点
自己評価ですのでご了承下さい。
皆さんもよろしかったらコメントに評価を入れて下さいね。

スポンサーサイト
別窓 | ドラマ/ヒュ-マン、感動 | コメント:8 | トラックバック:1 | top↑
<<天使と悪魔 | RELAX TIME | 重力ピエロ>>
コメント
おはようございます。

ボクのファイナルアンサーはEかな。
「面白いけど、共感できない」。
社会問題を安易に利用してるところが好きじゃないというか。
ユウ太さんと同様に、過大評価された映画だと思います。
でも前半部分は、たしかにテンポも良くて引き込まれましたけど。

あと、ウチのブログと相互リンクをお願いしたいのですが、
御了承いただけますでしょうか?
2009-11-04 Wed 10:00 URL | ケン #JkPZIk6.[ 内容変更] | top↑
★ ケンさん ありがとうございます。
ケンさん(^^)こんばんは!
コメントを頂戴しましてありがとうございます。

真っ先に問いに答えて頂いて嬉しいです。(^^)
Eの答えとは、流石の回答ですね!

ケンさんも自分と同じく普通の映画として、面白かったけど・・・との事ですね。
自分も期待してしまったせいか、イマイチという印象でした。そこまで大騒ぎしなくても・・・みたいな。

でも、前半部分は怒濤のように過酷なスラムでの生活を見せてくれたので色々と良かったと思う部分もありました。

まぁ楽しかったですがそれは音楽とか、テンポの良さでグングンと観れたからかなと思いました。

さて、相互リンクのお話ですが本当に嬉しいです。ケンさんのブログを先ほど、またじっくり拝見させて頂いたのですがとても面白いです。
そんな素晴らしいブログ様とリンクして頂けるなんて本当に光栄に思います。
是非、こちらこそお願いいたします。(^^)

自分もリンクさせて頂きますのでこれからまた、改めて宜しくお願いいたしますね!

いつも本当にありがとうございます。(^^)
2009-11-04 Wed 19:27 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
★ こんばんは!
私は「A」ですね!
昨今の受賞作の中で、
久々の爆発力がある映画だったと思います!
暗い映画=中身が良い映画とは限りません。
こういった勝負した作品が、
またパワフルな作品が、
多くの人の眼に触れる機会を得て嬉しいです!!

深追いしない、底抜けの明るさが良かったと思います。
スラムに住む少年少女(もちろん大人も)は
確かに過酷な人生を送っていますが、
果たして彼らは自らを過酷な人生だと思っているのか…。
生きるために食べる、食べるために走る。
シンプルでストレートな彼らの人生は、活力を与えてくれました!
私たちの余計なお世話に過ぎないんだと思いました。

そして、本能のままに駆け抜けたからこそ、
彼らの「運命」であったのだと納得できました!


私は疑いの眼で観たからかもしれませんね(^^;)
でも予告も感動的だったので、どんどん期待は高まりましたが…。
2009-11-05 Thu 23:24 URL | なるは #-[ 内容変更] | top↑
★ なるはさん ありがとうございます。
なるはさん(^^)こんにちは!
いつもありがとうございます。

コメントを戴き、そして問いにもお答え下さってありがとうです。(^^)

なるはさんは楽しまれたみたいですね!
勿論、この作品はオスカ-にて作品賞を始め多数の賞を獲り絶賛された作品です。
なるはさんの様に楽しまれ、感動したという声がすごく多い作品でしたので、そのような快挙を達成したのでしょうね!

自分もこの作品はパワ-があるなぁと感じ、過酷な人生の中に愛と信念を持ち続けた主人公が自分で切り開いて成功した「運命」を感じました。また、インド映画らしい歌と踊り、そして躍動感溢れる音楽は非常に素晴らしいと思いました。

しかし、何故か自分にはズドンと来なかったんです。やっぱり期待しすぎだったのかなぁ。。。

子供たちの、あらゆる手段を用いながらそれでも食べて、それでも生きる。というのは響くものがありました。
自分の場合、ご紹介の「それでも生きる子供たちへ」という作品に被ってしまったのも一つの原因かもしれません。

自分の評価はいまいちなものとなりましたが、とてもパワフルな映画だったと思います。
娯楽映画としては、やっぱり魅力ある作品でしたね!(^^)

いつも本当にありがとうございます。(^^)
2009-11-07 Sat 17:59 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
★ こんばんは☆
この作品、やっと鑑賞しました。

私は「F:作りは上手だけど・好きじゃない作品」です。
・・・過去と現在を織り交ぜて、彼の経験してきた事を追いかけながら、今現在の場所を示し、時系列も正しく、とっても作りの上手な作品だとは思いますが、見たくないモノを沢山見てしまったし、何というか・・・主人公の顔がキライです。(無表情で大根で)

>それと最後のダンスシ-ンはかなりご機嫌な映像でした。

一番イヤだったのは、このシーンです。踊るマハラジャ?と思いました。
ラストはハッピーエンドなのでしょうか?兄の事を、どう思って、二人でどうやって生きるのでしょう?
この映画に、あの踊りのシーンは要らない、と思いました。

お兄さんの事ですが、たしかに途中「?」でしたが、もしかしたら、一番初めから彼女を好きで、心底、二人を愛し抜いていたから、あのタイミングで、バスタブにお金をいっぱい広げる道を、選んだような気がします。

どちらにしても、オスカーは過大評価だと思います。(他のノミネート作品を見ていませんので、言いきれないかもしれないけど)

追伸:今月もご一緒できそうですね。楽しみにしています☆
2010-02-20 Sat 21:38 URL | miri #jSBoJ0Ww[ 内容変更] | top↑
★ miriさん ありがとうございます。
miriさん(^^)こんばんは!
いつもありがとうございます。

miriさんの回答は「F」ということでありがとうございます。(^^)

テンポの良い展開に過去をさかのぼり何故、彼が答えを知っていたのかという生い立ちと経験を見せるプロットは自分も良かったなぁと思います。
miriさんが仰ってらっしゃる見たくないものが沢山あったというのは、確かに色んなものを詰め込み過ぎでゴチャゴチャという印象もありましたし、宗教絡みの争いや殺し合い、金の為に子供に対する酷い描写なども頂けない映像がありましたね。
でも自分が一番、miriさんは正直だなぁと感じたのが「主人公がキライ」でした。直球で良いですね!(^^)

それと最後のダンスシ-ン。これは面白いのですが意見が真っ二つなんですよね。
「インドを舞台にした映画らしくて良い」という意見と「あのシ-ンは要らない」という意見と本当に二つの意見が沢山あってとても面白いと思っていた映画でした。

自分は良いという意見なのですが、やはりパワ-のある作品でしたのであのダンスシ-ンで最後の締めというか、楽しく終われたと感じたので自分は良かったと思います。

miriさんは色んなものを感じ、それをうやむやにしてしまうあのシ-ンは不要とのご感想だと思いますが、それもごもっともだと自分も思います。

この作品はどちらかというとエンタテイメント映画として楽しめる娯楽作と自分は受け取ったので最後のシ-ンは受け入れられました。 如何でしょうか?

でもオスカ-を獲ったり、世間で大騒ぎするほどの映画とは思えなかったのはやはり、心の奥底に響くものがあまり無かったからだと思います。パワ-はあると思いますがね。


追伸も嬉しく思います。(^^)
ネットレンタルにて予約済みなので明後日あたり届くと思います。
土、日のどちらかに鑑賞しようと思いますので宜しくお願い致しますね!

それではいつも本当にありがとうございます。(^^)


2010-02-22 Mon 20:17 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
★ おはようございます☆
>「インドを舞台にした映画らしくて良い」という意見と「あのシ-ンは要らない」という意見と本当に二つの意見が沢山あってとても面白いと思っていた映画でした。

やはりそうですか~!
実は今回、夫と一緒に鑑賞したのですが、夫はユウ太さんとほぼ同意見でした。
でも、私はどうしても「誰かを犠牲にして」真実の幸せなどないと思っているので、
スゴイ事言って、言い負かしてやりました。(最後は降伏しました)

ユウ太さんには、そんなキツイ事言いませんから、ご安心を☆
別意見でも、お互いを尊重して、楽しくやりましょう~!

主人公の顔の事ですが、こんなにキライと思ったのは、多分、生まれて初めて位です。
生理的に合わないモノは、理屈じゃないですからゴメンなさい☆

では、また一杯お話ししましょうネ~☆
2010-02-23 Tue 08:57 URL | miri #kZVCb14Y[ 内容変更] | top↑
★ miriさん またまたありがとうございます。
miriさん(^^)こんばんは!
またのコメントをありがとうございます。

そうなんですよ~(^^)最後のダンスに関しては本当に二つの意見で別れていたので、それぞれの理由を拝見していてとても面白くて、映画ってやっぱり色んな感想や受け取り方があるんだなぁと興味深く読ませて頂きました。

旦那さんと一緒に鑑賞して、最後のシ-ンで意見が別れたとの事。スゴイこと言って言い負かしたとの事。 恐れ入りました。汗っ でもスゴイことって何を言ったのでしょうか?いえいえ、それを聞いちゃ野暮ってもんですね~(^^)

自分も多分、miriさんの熱い意見には白旗を揚げてしまうでしょうね。汗汗汗っ
お手柔らかにお願い致します。

そうですね~。感想や意見が合わなくても、その人の感想はそう思ったのだからと、色んな感想を聞いて色々勉強になったり、自分とは違う着眼点があったり解釈があったり というのが面白いですし、尊重したいですね。 ですので「だから映画は面白い」と思うのです。(^^)

ブログ DE ロ-ドショ-の楽しみ方はそうした部分も大変面白く素晴らしいと思います。 これからも色々とご指導宜しくお願い致しますね!

>主人公の顔の事ですが、こんなにキライと思ったのは、多分、生まれて初めて位です。
>生理的に合わないモノは、理屈じゃないですからゴメンなさい☆

miriさんにおかれましてはあの主人公が違う意味でハマってしまったのですね~。確かにいい男では無かったと思いますが、自分も顔の事はあまり人の事言えませんので・・・
目は良いんですけどね~視力検査は毎回全部ハッキリ見えるのですけど・・・顔と頭が悪いので・・・汗汗汗っ


何はともあれ、また引き続き楽しく宜しくお願いいたします。(^^)

いつも本当にありがとうございます。(^^)
2010-02-23 Tue 19:14 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
底なしの。 『スラムドッグ$ミリオネア』を観た!!! 生きて。学んで。生きて。 スラムドッグが、大地を駆ける。 それが、僕らの運... …
2009-11-05 Thu 23:28 陽面着陸計画
| RELAX TIME |

ブログ内検索

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。