スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
その土曜日、7時58分
2009-08-08 Sat 14:22



その土曜日、7時58分


【ストーリー】
舞台はニューヨーク。 一見、誰もがうらやむ優雅な暮らしをしていた会計士のアンディは、妻と離婚し、娘の養育費もまともに払えない弟ハンクに禁断の企てを持ちかける。
それは、実の両親が営む宝石店への強盗計画だった。
その土曜日、7時58分。最悪の誤算を引き金に、次々にあらわになる家族の真実。
そして、急速に追い詰められていく2人の運命は…? もう、元には戻れない…

『十二人の怒れる男』のシドニー・ルメット監督が実力派キャスト共演で描いた犯罪サスペンス。



【レビュ-】
この作品、タイトルに惹かれて鑑賞した作品です。
鑑賞する際、タイトルにあるように土曜日に観ようと毎週企てていたのですが、土曜日に用事などが入ってしまい結局、木曜日に観ました。汗っ まぁ今日は土曜日なので記事をUPすることで決着をつけられましたが。

でもそんなくだらない、浅はかな考えの軽いノリで観る様な内容ではありませんでした。


この映画の原題はアイルランドで乾杯する祭の音頭のような言葉らしく、「May you be in heaven half an hour before the devil knows you're dead」(悪魔があなたの死に気付く30分前に天国にあらんことを)
という、とっても意味深な題になっています。

それを邦題では「その土曜日、7時58分」としてしまったのはどうなんだろう?と思ってしまいましたが兄弟が金に困って強盗をしようと計画する所から物語が動き出します。。
その強盗に押し入る先が、この兄弟の実の親が経営する小さな宝石店。土曜日の朝8時に開店の準備をしている時にやろう。という事でその時間を表しているタイトルでした。

しかし、この7時58分からこの兄弟の運命の歯車は狂い始め、崩壊へと落ちていくんです。
その様を描いたとても重い内容でした。


その土曜日、7時58分 イメ-ジ1


最初は誰も、損も怪我もしないで必ず上手く行く。と、タカを括ってこの強盗に望むのですが、予期せぬ誤算が彼らを襲い始め、次から次へと裏目に出てしまい、もう後戻りも抜け出す事も出来ない深みにはまって行く事になります。

その様子を過去に戻り、違う視点から何度も見せていくという、時系列を行ったり来たりする手法で描かれていました。
ですから最初の映像では解らなかった事が、過去に戻ってから別の視点で見せられた時に解明するという複雑なものでしたが、自分はこうした時系列をいじった作品が好きなのでとても良かったという感想です。


それとこの作品で舌を巻いたのがやはり主要人物達を演じた俳優たちの鬼気迫る演技でした。

兄のフィリップ・シ-モア・ホフマンの物語前半でのニヤついた薄ら笑いの顔から一変、顔を紅潮させ鬼の様な形相に変わるあの変わり様。枕を抱えての銃撃のシ-ンはもの凄い表情の演技を見せていました。
また弟のイ-サン・ホ-クは家族との関係も失敗し、娘にもダメ男と言われる始末の情けない駄目な男を本当に上手く演じていました。

また彼ら兄弟の父親、アルバ-ト・フィニ-や兄アンディの妻を演じたマリサ・トメイらも秀逸な演技でシリアスなドラマを盛り上げていました。

特に父親アルバ-ト・フィニ-の演技も鬼気迫るものがあり、最後の終止符を打つシ-ンなんかは寒気のするくらいの凄い演技を見せてくれました。

その土曜日、7時58分 イメ-ジ2


この作品、「十二人の怒れる男」「評決」とそれまで社会派として知られる巨匠シドニ-・ルメット監督の45作目の作品ということで、監督は御年84歳でこの作品を創り上げたのです。
この年にしてこのような深く濃いシリアスドラマを創り出し、これまでと違った作風、手法で新たな新境地を開拓しましたね。
また一本の映画を創り上げる監督の過程は、入念なリハ-サルと俳優たちの稽古に時間をかけるという、徹底的な創作と強いプロ意識で良質の映画を創るという、まさに入魂の作品となりました。


この映画では、人間の安易な行動で悲惨な一歩を踏み出してしまったら決して、二度と戻る事は出来ない。と負の連鎖を恐ろしいまでに描いています。
その負のスパイラルにはまったが最後、もう逃げられない悲劇の結末が待っていると、この原題である「悪魔が気付く前に・・・」と警告しているのですね。
とても素晴らしいタイトルなんだと改めて気付かされました。


内容は本当に重く、救いのない物語ですが、俳優たちの鬼の様な演技と崩壊していく悲劇が深い後味を残す、見応えのあるシリアスドラマだと思います。




ユウ太的評価 8点
自己評価ですのでご了承下さい。
皆さんもよろしかったらコメントに評価を入れて下さいね。

スポンサーサイト
別窓 | シリアス | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<青い鳥 | RELAX TIME | 夏祭り2009>>
コメント
★ こんにちは!
この映画、私もどうしても観たくて映画館に走りました!

この映画素晴らしいですよね!
なんていうか、人間描写が!
またそれを演じきった俳優陣に涙が止まらなかったです。
映画の内容もそうですが、
それよりもただただ演技に圧倒されて泣きまくりでした;

TBさせてください!
2009-08-10 Mon 10:46 URL | なるは #-[ 内容変更] | top↑
★ なるはさん ありがとうございます。
なるはさん(^^)こんにちは!
いつもありがとうございます。

この作品、なるはさんは映画館に足を運んで鑑賞されたのですね~(^^)

実はこの作品を観たいと思ったのは、なるはさんのブログでの記事を拝見して興味を持ったのがきっかけでした。←本当。

内容は本当に重く、人間の闇の部分や罪を描いたものでしたが仰る様に演技が本当に素晴らしかったと自分も思います。
その演技に圧倒されました。

なるはさんはその様な所に心を震わされたご様子で涙したなんて、それもまた素晴らしいなぁと思いました。

今度、同じくフィリップ・シ-モア・ホフマン主演の「ダウト~あるカトリック学校で~」に興味を抱いております。
こちらもやはり演技が素晴らしいとの事、メリル・ストリ-プとの演技合戦が見ものとの事なので楽しみにしております。(^^)

TBもいつも声をかけて下さいまして本当にありがとうございます。(^^)
2009-08-10 Mon 16:59 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| RELAX TIME |

ブログ内検索

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。