スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
僕はラジオ
2008-07-19 Sat 17:17
僕はラジオ
【スト-リ-】
フットボ-ル部のコ-チ、ジョ-ンズは、グラウンドの側でよく見かける知的障害のある青年にチ-ムの世話係を頼む。
ジョ-ンズは、音楽が好きで片時もラジオを離さないその青年に「ラジオ」というニックネ-ムをつけ、試合や学校の授業にも参加させるのだった。
自身の明るさと純粋さでたちまち人気者になる「ラジオ」。しかし、そんな彼の存在を快く思わない人たちがいるのだった・・・。

【レビュ-】
アメリカ最大の発行部数を誇る、スポ-ツ専門雑誌が掲載した記事を基に、知的障害の青年とアメフトのコ-チとの友情を描く感動作。との事で鑑賞しました。
やっぱり知的障害の人を演じるのはとても難しいと思いますが、主演のキュ-バ・グッティング・Jrがとても上手く、実際のラジオととても似ていて好感が持てました。
ラジオというニックネ-ムが付けられるほど、いつもラジオを手放さない、そうした細かい仕草や環境がとても面白く、ラジオを取り巻く状況が変化していく過程が、色々トラブルが発生するのですが、上手く描かれていて、最後とても感動しました。

そしてエド・ハリスがすごく良かったです。 街でも有名なコ-チ・ジョ-ンズが何故、知的障害の青年に親切に、自分のプライベ-トを削ってまで係わっていくのか?
劇中にとても素晴らしい台詞が出てきました。
「人として善い事をおこなっているのだ」、「我々が教えているのではない。我々が彼から教わっているのだ。」
すごく理解出来ますし、胸に響きました。
またアメリカという国は、この物語が実話としてある。というのがすごい所で、日本ではまず皆無だろうと思います。
日本はまだまだ、こうした知的障害の方、身体障害の方に一般的に避けて通る様な、なるべく触れないでおこう。みたいな疎外感がありますよね。

こういうテ-マの作品は良作が多いです。「レインマン」、「アイアム・サム」など素晴らしい俳優が素晴らしい演技で、素晴らしい作品として観せてくれます。
この「僕はラジオ」は実話です。そしてラジオというニックネ-ムを持った人物は今でも人々から愛されているようです。
そんな心が暖かくなるこの作品も一度、鑑賞して頂いて、上記の台詞を観て、聞いて、感じ取って頂ければ幸いです。

そして、近くにそうした困った人がいたら、ちょっと手を差しのべてあげる心を多くの人が持ってくれたら・・・
そんな世の中になっていけたらいいな なんて思います。

ユウ太的評価 7点
自己評価ですのでご了承下さい。
皆さんもよろしかったらコメントに評価を入れて下さいね。

スポンサーサイト
別窓 | ドラマ/実話 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<シンドラ-のリスト | RELAX TIME | 洋楽「ニュ-ヨ-クシティ・セレナ-デ」 / クリストファ-・クロス>>
コメント
こんばんは!ユゥ太さん^^
遅くなりまして、すみません。

エド・ハリス、こういう役はたまらなく良いですね^^
彼のその後の作品で「敬愛なるベートーヴェン」も
すごく良かったです^^
それと「ナショナルトレジャー2」での悪役も、彼が演じると悪役じゃないみたいな優しい眼差しが素敵です。
キューバ君の演技は、ハリスを凌いでいましたね。

そして、ユウ太さんの障害者の方に対する
熱い思いがまた素敵ですね!
アメリカは人種差別はいまだに根深くありますが、障害者に対する対応は良いですよね!
日本は人種間の差別は無いけれど、その分
身障者への風当たりがまだまだ強いのかもしれません。。
道の歩道ひとつにも、点字版があるところに平気で
自転車が放置してあったりと、健常者は無神経な場合が多いですよね。

映画の話と離れてしまいましたが、
また再見出来て良かったと思う作品でした^^
それでは、またお邪魔しますね^^
2008-07-29 Tue 23:56 URL | ぴーち #-[ 内容変更] | top↑
★ ぴ-ちさん ありがとうございます!
ぴ-ちさん(^^)こんにちは~
いつもありがとうございます。

この作品は劇場公開時、新聞の広告欄に掲載されていて、凄く鑑賞したいと強く思っていた作品でした。 鑑賞して、やはり期待通りの素敵な作品だったと思います。

キュ-バ・グッティング・Jrの演技はとても素晴らしかったと思いますね~。 知的障害者の方の細かい仕草とか、目線なんかをとても上手く演じていたと思います。沢山、そうした方と接して勉強したのでしょうね。「レインマン」のダスティン・ホフマンもぴ-ちさんも記事にしていました「アイ・アム・サム」のショ-ン・ペンも皆、そうした障害者の方と接して、仕草などを研究したそうですよね。 皆、とても素晴らしい演技です。

また、エド・ハリスが格好良いんですよね~。(^^)
悪役でも何だか気品があって、紳士的な感じで、自分は「ザ・ロック」のハメル准将と「スタ-リングラ-ド」のドイツ人スナイパ-の役が渋くて大好きです。
本当に悪役から良い人まで、幅広く演じる名優だと思います。渋い!あんなオヤジになりたいです。

障害者の方達と接する機会が多いので、変にそっち寄りの意見が多くなってしまいますが、日本ももう少し障害者の方を理解してくれたらと思います。
自分本位な人が多い昨今、やっぱり人を思いやる心って本当に大切にしなきゃと強く思いますね。
特に小さい子供やお年寄り、こうした障害を持った方々にほんの少しの優しさで良いと思います。そんな優しさが必要だよなぁと考える事の出来た素晴らしい作品だと思いました。

ぴ-ちさんも温かいコメントを本当にありがとうございます。
感謝!(^^)
2008-07-30 Wed 17:33 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| RELAX TIME |

ブログ内検索

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。