スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ジェイコブス・ラダ-
2009-04-30 Thu 17:15


ジェイコブス・ラダ-


【スト-リ-】
ニューヨークの郵便局員であるジェイコブは最近、夢と現実の区別がつかなくなるほど奇妙な出来事に遭遇していた。
疾走する地下鉄に乗る得体の知れない人々。掛かりつけの医者の死亡。自分を轢き殺そうとした車に乗る異様な人物。そしてベトナムの悪夢や幻覚までもが見え始め、その勢いは加速度的に、日々度合いを増すばかりだった。そんな時、ベトナム時代の戦友から電話が入るが相手は何かに怯えているような様子だった……。

旧約聖書のヤコブの話をヒントに、昼は幻覚や幻聴に悩まされ、夜は悪夢にうなされ続けるベトナム帰還兵の体験する恐怖を描いた、虚構と現実が交錯する衝撃のサイコ・スリラー。



【レビュ-】
この作品も以前から探していたものなのですが、近所のレンタルショップには無かった作品でした。
やっとDVDにて鑑賞。

作品として、ジャンル分けするのにとても難しい作品と言ったらよいのでしょうか。
一応、この作品を取り扱っている所で色々見てみると、ホラ-として謳われているみたいですが、自分は鑑賞して様々な要素を絡めた、とても不思議な作品だと感じました。

サスペンスあり、恐怖を感じるシ-ンあり、そしてヒュ-マンと哲学っぽいものも入り、様々なファクタ-を盛り込んで、素晴らしいものを見る事が出来ました。


スト-リ-として、この作品は予備知識をあまり入れずに見て頂きたい分野になってしまう、いわゆるネタは秘密の作品ですので、興味を持ってこれから鑑賞しようという方は、このレビュ-も観ないほうが良いと思います。


恐怖シ-ンというのは精神的、心理的にくるタイプのもので直球のホラ-という印象では全くないと思います。
ところが、あの「サイレント・ヒル」の制作スタッフはこの作品をヒントに、多大な影響を受けたという代物だったのです。
自分はゲ-ムでは「サイレント・ヒル」をプレイした事は無いのですが、映画の方は鑑賞しています。しかし、自分はそんな作品だったというのは全然気がつきませんでした。

というのは冒頭からすぐにこの作品の世界に引き込まれてしまったようで、現実と悪夢の迷路にはまって訳が分からなくなるくらい混乱しました。

これは現実なのか、夢なのか、戦場の忘れられない地獄絵と謎。
この先はもうあまり書かないほうが良いでしょう。色々と困惑し、主人公と一緒に迷って頂きたいと思います。

その先には、このタイトルの意味が解り、そして感動と悲しみのWパンチに合うと思います。
他のレビュ-を見ても涙が溢れ出したなんて、ホラ-、サスペンス、シリアスドラマの後にそんな感情にめぐり会える本当に不思議な作品です。

そしてこの作品の主人公は「ショ-シャンクの空に」、「ミスティック・リバ-」のティム・ロビンスが演じています。
「ショ-シャンクの空に」よりも前の作品でやっぱりとても若いです。ですが、この複雑怪奇な世界に迷い込んだ主人公の苦悩と、そこから解放される時のあの表情は、流石の演技で魅せてくれました。

また、とても懐かしいマコ-レ-・カルキン君がやっぱり「ホ-ム・アロ-ン」でブレイクする前のもので、本当に無邪気な可愛い姿を見せてくれました。

マコ-レ-君、この作品では本当の天使でしたよ。


この作品は旧約聖書にも描かれている「ヤコブの階段(梯子)」をモチ-フにタイトルが付けられているので、解る方もいらっしゃるかと思います。
作品の終盤からこのタイトルの意味が分かり、「こういう事か」と理解できた時、それまでの不安定な気持ちが一気に昇華され感動することでしょう。
そして切ないラストで深く考えさせられます。

自分は個人的にこの作品のサブタイトルをこれから公開されるものと一緒ですが、「天使と悪魔」と付けても良いかななんて思ってしまいました。
この作品の中でも「天使と悪魔」がとても深い意味を持っていますね。


怖くて、ハラハラドキドキで途中「?」でラスト近くに感動し、最後に深く考えさせられる一見、訳分からない作品。
でも自分もそうでしたが、あとからジワジワと良い作品だなぁと来る何とも言えない作品です。
自分的にはかなりお勧めの一本になりました。(^^)

それぞれの人が色んな事を思う、素晴らしいサイコ・ホラ-です。ってホラ-で良いのかなぁ・・・。


ユウ太的評価 8.5点
自己評価ですのでご了承下さい。
皆さんもよろしかったらコメントに評価を入れて下さいね。
スポンサーサイト
別窓 | UNRELAX /ホラ-、etc | コメント:12 | トラックバック:0 | top↑
<<コ-カサスの虜 | RELAX TIME | 遠すぎた橋>>
コメント
ユウ太さん、こんばんは。コメントありがとうございました。
この映画は知っていましたが、まだ未見なんです。
サイレントヒルはゲームも映画も好きで、その影響もあり、「ジェイコブス・ラダー」の名前は知っていました。
ユウ太さんのレビューを読むと、すごく興味がわいてきましたよ。不思議な感覚になる映画なんですね。ジャンルもひとくくりにできないようですね。
また連休中にでも見てみたいと思います。
ではまたお邪魔しますね!
2009-04-30 Thu 18:41 URL | ちまにぃー #-[ 内容変更] | top↑
★ ちまにぃ-さん ありがとうございます。
ちまにぃ-さん(^^)こんにちは!
いつもご訪問を、そして今回コメントを頂戴致しましてありがとうございます。

ちまにぃ-さんもこの作品を「サイレント・ヒル」から知っていたのですね。
自分は「サイレント・ヒル」はゲ-ムではデモしか見た事が無く、ア-ケ-ドでは銃で撃つタイプのものはやった事があるのですが、あまり知識は無かったんです。
映画の「サイレント・ヒル」は鑑賞しているのですが、この「ジェイコブス・ラダ-」と深く関係していたとは全然知らなくて、今回こうして記事を作る時に調べて分かりました。

ちまにぃ-さんは未見という事ですので、自分としては「サイレント・ヒル」の世界観をご存知ならば尚、一見の価値有りだと思います。

自分の記事を読んで頂き、興味を持って頂けた事はとっても嬉しいです。(^^)
本当に色んなものが混ざり合った複雑なものですが、深くて凄い作品です。
色々と思わされる不思議な作品ですよ。(^^)
そして終盤にこの作品のタイトルの意味が分かった時は感動し、そして切ない気持ちになると思います。

機会がありましたら是非にでも鑑賞してみて下さいね。(^^)

いつも本当にありがとうございます。(^^)


2009-05-01 Fri 18:07 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
★ はじめまして
素敵なブログですね
またおじゃまします
2009-05-03 Sun 17:56 URL | ひろ #-[ 内容変更] | top↑
★ こんにちわ^^
GW真っ最中ですが、お忙しそうですね^^
体に気を付けて下さいませね^^

ところでこの作品、とても難しそうですね。
ホラーでもなさそうだし、どちらかと言うと心理的ホラー
なんでしょうね?

ベトナム戦争はアメリカにとっては初めての屈辱的敗戦
日本にとっての太平洋戦争と同じなんだと聞いた事が
あります。

戦争と言うのはいつまでも心に重い傷跡を
残すのでしょうね~♪
戦争を知らない事がどれほど恵まれている事なのか
改めて感じなくてはいけませんよね。
応援して帰りますね^^
2009-05-04 Mon 17:11 URL | たえ #fddzkx5k[ 内容変更] | top↑
★ はじめまして
履歴からお邪魔しました。

この作品をご覧になっているなんてビックリです。
DVDになっていたのですね。
知らなかったです。

私は、15年くらい前にこの作品に出会いました。
どういう経緯で出会ったか覚えていないのですが、
現実と幻覚(?)を行き来する様をうまく描いていたので
とても印象に残っています。
正直、いまいち理解できていなかったのですが、
スゴイ作品だな~と思って、友人に勧めても
いい返事が返ってこなかったので
自分の中に封印していました。

見た方に出会えてうれしいです。
また遊びに来ます。
2009-05-05 Tue 05:09 URL | シネまっこ #o4rjoBl6[ 内容変更] | top↑
★ 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-05-05 Tue 19:35 | #[ 内容変更] | top↑
★ ひろさん ありがとうございます。
ひろさん(^^)初めまして!
ご訪問とコメントをありがとうございます。

お返事が大分、遅くなりまして大変失礼致しました。

お褒めのお言葉を頂きましてとても有り難いです。

またお気軽にいらして下さいね。(^^)

本当にありがとうございます。(^^)
2009-05-07 Thu 17:11 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
★ たえさん ありがとうございます。
たえさん(^^)こんにちは!
いつもありがとうございます。

GWは忙しかったのか、忙しくなかったのか、良く分からない状況でした。しかし、皆様に返信も出来ずに失礼してしまいました。
身体はいたって元気です。ありがとうございます。(^^)


この作品はとても難しい内容でしたが、最後の最後に繋がってきます。そしてそれはとても感動するものであり、もう一つ戦争の悲惨さをちゃんと訴えているものでした。

ベトナムでの惨い状況や非人道的なものも表現されていて、それを恐怖体験として映像になっていたと思います。

仰るように自分たちは戦争を体験していません。本当の恐ろしさや悲惨さというのは肌で感じてはいませんが、書籍や映画などのツ-ル、そして経験者の方の肉声などを通して感じ、争いのない世の中にしていくために訴えて行きたいものですね。

でもこうしたものを観ると、本当に戦争のない今の日本にいる事のありがたさは言葉では言い尽くせないものですね。

いつも素晴らしいコメントと応援も、本当にありがとうございます。(^^)
2009-05-07 Thu 17:21 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
★ シネまっこさん ありがとうございます。
シネまっこさん(^^)初めまして!
履歴から来て下さいまして、本当にありがとうございます。

この作品はあまり知られていないのでしょうか?自分も少し前に知る事が出来て、探し回ってやっと鑑賞した作品でした。

きっかけはティム・ロビンスが出演しているというものでしたが、いやとても深い作品でしたね。

DVDもそこらのレンタルショップにも置いてなかったです。自分はネットレンタルにて観る事が出来ました。

仰るとおりとてもインパクトがあり、印象に強く残る作品だと思います。
過去や幻覚のような世界を行ったり、恐怖体験のような映像になったり、場面が色々と変わり分かりづらいものとなっていましたね。
しかし、最後に繋がり、このタイトルの意味も解った時は深く感動し、そして深い悲しみに包まれる、何とも言えない心に残る作品だと思いました。

ご友人にお勧めをして良い返事が返ってこなかったというのは凄く良く分かります。この作品は万人向けではなく、鑑賞する人を選ぶような部類の作品でしょうね。

しかし、終盤のあの感動と驚き、そして悲しみはいつまでも胸に残る強烈な印象の作品ですし、自分は素晴らしい作品だと思いました。

シネまっこさんのように観た方にコメントを頂きまして、自分の方こそ大変、嬉しく思います。

ご訪問とコメントを本当にありがとうございます。自分もまたお邪魔させてくださいね。(^^)
2009-05-07 Thu 17:31 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
★ 5/5、19:35の方 ありがとうございます。
ご訪問とコメントをありがとうございます。(^^)

自分の方もチラチラっと見には行っていたのですが、コメント出来ませんで本当にすみませんです。

わざわざお知らせして下さいまして本当にありがとうございます。(^^)

少し落ち着きましたのでまた、お邪魔させて下さいね。
いつも本当にありがとうございます。(^^)
2009-05-07 Thu 17:36 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
★ !!
ちょっと気になりました、この作品。
ホラー…ではないんですよね??
ティム・ロビンスも出ているので、
観てみようかなと思います。
なのでユウ太さんの映画レビューも
途中までしか読んでいません、すみませんv-393

TSUTAYA DISCASにはあるかなぁ…。
2009-05-10 Sun 17:11 URL | なるは #-[ 内容変更] | top↑
★ なるはさん ありがとうございます。
なるはさん(^^)こんにちは!
またまたコメントを頂戴しましてありがとうございます。

気になって頂けたという事で大変、嬉しいです。(^^)

ホラ-というジャンルに属している部分もありますが、ホラ-要素だけではない、不思議な作品です。
しかし、印象としては怖い描写の映像が強く残ってしまうかと思います。
ですが、恐怖だけではない、とても奥深いものを観る事が出来ると思います。

映画としては凄い、そして面白いなぁと感心してしまった作品で、更にそれは後からジワジワと良かったなぁと来るので、自分的にはお勧めの一本となりました。

機会がありましたら是非、鑑賞して頂いて、自分の記事を読んでもらえたらとても嬉しいですね!(^^)

自分も近所のレンタルショップは全部探しても無かったので、TSUTAYA DISCASにてネットレンタルしました。
在庫も多分、あると思いますよ!(^^)

嬉しいコメントを本当にありがとうございます。(^^)
2009-05-11 Mon 16:11 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| RELAX TIME |

ブログ内検索

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。