スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ゆれる
2009-04-15 Wed 19:11



ゆれる


【スト-リ-】
フリ-の写真家の猛は、母の一周忌で帰郷した。父と折り合いの悪い彼だが、温和な兄・稔とは良好な関係を保っている。翌日、猛は稔、そして幼馴染の智恵子と渓谷へと向かった。智恵子が見せる「一緒に東京へ行きたい」という態度をはぐらかして、一人で自然へカメラを向ける猛。そんな彼がふと吊橋を見上げた時、橋の上にもめている様子の稔と智恵子がいた。そして次の瞬間、そこには谷底へ落ちた智恵子に混乱する稔の姿だけがあった…。


「2006年邦画ベスト1」の呼び声高い、女性監督・西川美和×主演・オダギリジョーによる骨太なドラマ。


【レビュ-】
なんとなく、邦画の法廷ものをと思いレンタルしてみた作品でした。
しかし、とてつもなく重く切ない、そして重厚なドラマを観る事が出来ました。

東京で一人、フリ-のカメラマンという格好良い仕事をこなし、女性にも生活にも不自由することなく奔放に生きる弟、猛(タケル)。
そして、実家のガソリンスタンドを継ぎ、山梨から離れられず親の面倒も見ながら人一倍、他人に気を遣って生きている兄の稔(ミノル)。
この二人の兄弟の悲しくも深くて重い、本当に見応えのあるドラマでした。

自分も兄でして、弟がいます。
自分達、兄弟は家が会社を経営しており昔からずっと家業をやって来ました。しかし、何年か前に弟は会社から離れ、自分で同業の仕事を始めたという経緯があります。
やはり、この作品の兄弟のように弟の方が「自由」なのかなぁと感じてしまいました。
基本的に何処の兄弟も、大体が兄貴より弟の方が身体も大きく、自由奔放に見えます。兄貴は情けないのが多いなぁと自分も兄貴としていつも思っています。

この作品の兄貴は香川照之さん、弟はオダギリジョ-さんが演じていて、やはり兄は色々と気を遣い弟は自由という構図で描かれていました。

その後、事件が起こってしまうのですが、ここからは一気に引き込まれていきました。
法廷での濃い兄弟間のドラマは息苦しく、胸をキリキリと締め付けられて心が痛くなりました。
証言もどれが真実なのか、偽証なのか、果たして・・・?という、緊迫感もある法廷劇で非常に見応えがありました。

この作品、答えが見えにくいのですが、色々な事を考えさせられ、また、謎が残るものとなりました。でも自分はお兄さんの取った方向は何となく解り、出した答えが少し見えた気がしました。
彼の最後の表情は、深い余韻を残す笑顔でした。

この作品の兄弟、まさに主演二人なのですが香川さんの演技が凄い、素晴らしいです。
自分は香川さんというと「キサラギ」のいちご娘の役を思い出してしまい笑ってしまうのですが、この作品の演技はもの凄い迫力がありました。めちゃ圧倒されましたね。他のレビュ-でもベタ褒めでした。

また、もう一人の主役オダギリジョ-さんも元々は仮面ライダ-クウガのお兄さんだったと思いますが(これは何故かタブ-なのでしょうか?)、凄い役者だなぁと印象を大分、変えられました。
格好良くて、このタケル役にまさにうってつけのキャストだったのではないかと思います。

この原作者であり監督の西川美和氏、自分よりも年下の若手女流監督で、カンヌで高い評価を得た映画「誰も知らない」の是枝裕和監督の下で助監督として学んだ人物と言う事です。
この作品の描写も女性の視点で描いた描写などもきわどく、繊細な描写も多々見られました。

そして、何と言ってもこの作品のタイトル通り、兄弟の間に生まれた感情、心理はゆらゆらと揺れ、鑑賞しているこちらも心が揺れに揺れまくった深い作品でした。

見終わった後も、ゆれまくりです。 特に兄弟を持つ、同じ境遇の方は色々と共感し、考えさせられると思います。

橋と兄弟の心の揺れは激しく、いつまでも揺れていました。 深い。
お勧めの邦画作品ですね。



ユウ太的評価 8点
自己評価ですのでご了承下さい。
皆さんもよろしかったらコメントに評価を入れて下さいね。


スポンサーサイト
別窓 | 邦画作品 | コメント:5 | トラックバック:0 | top↑
<<邦楽 La La La  / SING LIKE TALKING | RELAX TIME | 告発のとき>>
コメント
★ ゆれる
はじめまして。
切なく重い映画でしたね。
つらい気持ちが残る作品はなるべく観ない様にしている意気地無しですが、オダギリさんに惹かれて観てしまいました。
香川さんも好きな俳優さんですが、今回はオダギリさんの自然体な演技が素晴らしいと思いました。
そこにいるだけでハッと目を引く存在感、もって生まれた、これも稀有な才能でしょうね。
最後のシーンは意見の分かれる所でしょうが、私は途中でバスを止めたと思いたい・・・。甘いですけど。
香川さん、オダギリさん、ぜひまた西川監督と組んでいただきたいと願っています。
これは余計なことですが、オダギリさんは、今でも仮面ライダー空我を愛していらっしゃいますよ。
長々失礼いたしました。
2009-04-15 Wed 20:42 URL | 和 #-[ 内容変更] | top↑
★ 和さん ありがとうございます。
和さん(^^)こんにちは!そして初めまして!

ご訪問とコメントを頂きましてありがとうございます。
とても嬉しいです。(^^)

仰る通り重く切ない見応えのあるドラマでしたね。
自分も正直、ここまで見応えのあるドラマとは思っていなくてレンタルしたのですが圧倒されました。

それも俳優陣の質の高い演技のおかげだったと思います。
香川さんは本当に凄かったと思いますし、オダギリさんもあの役にピタリとはまり、激しく揺れ動く弟の心情を素晴らしい演技で魅せてくれたと自分も思います。
また、他の俳優陣、伊武雅刀や蟹江敬三、キム兄もそれぞれ濃い演技で良かったと思います。

自分は最後のシ-ンはバスに乗ってしまったと思いました。
裁判での証言も偽証で兄はそれを最初から分かっていて受け入れたと思います。それから7年、兄は服役して過去と弟との関係を清算し本当に自由になるためにバスに乗った・・・そう思えてなりません。
あの笑顔は、弟が昔の8ミリに映っていた時のあの頃の二人に心が戻ったからみせた笑顔だったのかなと。

8ミリを見るオダギリさんのあの演技は何とも言えない良いシ-ンでしたね。

また、西川監督のセンスがこれまた光っていた作品だと自分も思いました。
また、これらキャストでの作品を観てみたいですね~(^^)

仮面ライダ-クウガは、ライダ-シリ-ズでも好きな仮面ライダ-でしたので気になっていたのですが、いつもあのスタ-は昔・・・みたいな番組でクウガだけいつも出てこないものですからオダギリさん的にタブ-なのかな?と素朴な疑問を抱いてました。

そんな事も丁寧に触れて頂きまして本当に有り難いです。

よろしかったらまた、映画作品のコメントをして下されば幸いです。
訪問とコメントを本当にありがとうございます。(^^)
2009-04-16 Thu 17:38 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
★ 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-04-16 Thu 18:35 | #[ 内容変更] | top↑
こんにちは!
この作品は個人的に大好きです。人間の心を繊細に大胆に映し出しているように思いました。監督が女性ということもあり、細かな部分も丁寧に作られているように感じます。兄と弟の正反対な性格は、静と動という演技で香川さんとオダギリさんがとても素晴らしい演技で見せてくれ、作品に引き込まれていきました。それにしてもこの作品での香川さんの圧倒的な存在感と演技にはヤラれてしまいました。
2009-04-17 Fri 18:13 URL | ワールダー #SFo5/nok[ 内容変更] | top↑
★ ワ-ルダ-さん ありがとうございます。
ワ-ルダ-さん(^^)こんばんは!
いつもありがとうございます。

ワ-ルダ-さんも流石、この作品を鑑賞済みで好きな作品だったのですね~

そうですね~ 仰るとおりこの作品はタイトルも上手いですが人間の揺れ動く心情を見事に捉えていたと思います。
また、女性の監督と言う事で女性ならではの観点から丁寧に描写されていたと自分も感じました。

そして主演二人の圧倒的な演技。オダギリさんはセクシ-で色気も勿論、醸し出していましたが激しく揺れる繊細な感情を見事に出していたと思います。
また対する香川さんはもの凄い迫力と異様な雰囲気を見せてくれました。
どなたかのレビュ-でまるでケヴィン・スペイシ-のような演技だと絶賛されていました。

この両者による心理の駆け引きや探り合いが法廷劇を交え素晴らしく緊迫かつ繊細に演じられていました。ほんとうに素晴らしく自分的には全然、期待してないまま鑑賞したので掘り出し物的嬉しさがあった作品でした。

最後は色んな解釈がやはり出来ると思いますが、それぞれに感じ、カタルシスに浸れる良い作品だったと思いますね。(^^)

いつも色々と本当にありがとうございます。(^^)
2009-04-18 Sat 18:54 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| RELAX TIME |

ブログ内検索

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。