スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
告発のとき
2009-04-07 Tue 18:29



告発のとき


【スト-リ-】
2004年11月1日、ハンク・ディアフィールドの元に、息子のマイク・ディアフィールドが軍から姿を消したという不穏なニュースが告げられる。軍人一家で育った息子に限って、無許可離隊などあり得ないと思ったハンクは妻のジョアンを残し、息子を探すために帰還したはずのフォート・ラッドへ向かう。地元警察の女刑事エミリー・サンダースが彼の捜索を手伝い、一歩一歩真実を解き明かしていくのだが、そこには父親の知らない息子の"心の闇"が隠されていた。そしてこの事件に裏に潜む真実は、ハンクがこれまで信じてきていた全世界を揺がすほどの衝撃的な事実となる。
疑うことなく抱き続けた自らの信念を根底から覆される時、人はどう真実と向き合い、どう答えを出すことができるのか…。

「ミリオンダラー・ベイビー」「父親たちの星条旗」「007カジノ・ロワイヤル」の脚本家としても有名なポール・ハギスが手掛ける、迫真のサスペンス作品!
(参考 Amazon より)


【レビュ-】
2007年のアカデミ-主演男優賞に主演のトミ-・リ-・ジョ-ンズがノミネ-トされていたという事もあってこの作品は以前から鑑賞したかった作品でした。
やっとDVDにて鑑賞。

スト-リ-として、重い実在の事件を扱った作品という、自分的にはとても興味をそそられた作品だったのですがイマイチ、テ-マが伝わりづらい物語でした。

イラク戦争後、現地に駐留し平和維持の為にテロと戦っていたアメリカ軍兵士に起きた事件で、サスペンス色も強く、期待出来る作品かなと思っていましたが、結構、淡々とそして静かに物語は進んでいきました。

告発のとき イメ-ジ2


イラクから帰還して姿を消してしまい、行方不明になった息子を無許可離隊などあり得ないと、その息子を信じて必死に息子を捜すというスト-リ-。

そこに何故、息子が消えたのかというその謎の解明にドキドキしながら最初は観れていたのですが、途中から失速してしまいました。
その代わり、この作品の最も伝えたいと思われるテ-マが浮上してきました。
それは戦争が兵士の精神を蝕んでしまい、狂気を植え付けてしまうという事。 このテ-マは良く分かります。そうしたシビアな事を持ってきて、反戦のメッセ-ジを唱えるというのは良く分かりますし、実際にイラクで戦った兵士は常に緊張した状態で神経を尖らせ、一瞬でも気を抜くと殺されてしまうという切迫した状況下では常軌を逸してしまうだろうと考えさせられたのは確かです。

この作品でも描かれていた異常な狂気。それはとても辛く悲しいものでした。

こうしたとても良い角度から、戦争の悲惨さをえぐり取ってテ-マにしている事は評価したいと思いますし、自分も深く考えさせられました。
しかし、何か一つ足りない気がしてならなかったです。

息子と、アメリカの誇り高き兵士と軍隊精神を、この父親は最後まで信じていましたが、事件はあまりにもあっけなさ過ぎで、イラクでの出来事が引き起こした悲劇というのが強く伝わってこなかったです。
それと物語に山場がなく、強烈なインパクトが足りない印象が残ってしまいました。
そこが自分的には残念だったと思いましたね。

自分としては、もっとサスペンスやミステリ-の要素を期待してしまった為、イマイチに感じてしまいましたが、この作品の言わんとしてる事は違った物だったですね。
この作品は実在した事件を背景にした作品という事なので、それは仕方が無いです。


トミ-・リ-・ジョ-ンズは流石にアカデミ-主演男優賞にノミネ-トされただけあって素晴らしい演技でした。難しい役柄を冷静に抑えた演技で魅せてくれたのは観る価値があると思います。
その他のキャストもシャ-リ-ズ・セロンやス-ザン・サランドン、ジョッシュ・ブロ-リンなど豪華なものでした。
脇の役者達も皆、良い演技をしていたと思います。

告発のとき イメ-ジ1

最後の国旗のシ-ンは深い意味を持つ、とても重いものでアメリカの暗い闇に向けてのメッセ-ジだったと思います。

戦争とはやはり起こしてはならない、愚かで悲惨なものと改めて思わされました。
そうした意味では良い作品だったと思います。

サスペンス作品 では無かったと思いますがね。



ユウ太的評価 6点
自己評価ですのでご了承下さい。
皆さんもよろしかったらコメントに評価を入れて下さいね。
スポンサーサイト
別窓 | サスペンス | コメント:10 | トラックバック:0 | top↑
<<ゆれる | RELAX TIME | 西部戦線異状なし>>
コメント
★ 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-04-07 Tue 20:42 | #[ 内容変更] | top↑
こんばんは!

この作品、仰るようにサスペンス・・というジャンルでは無かったですね^^;
どちらかというと、「ヒューマン」かな~??どうでしょう。
トミー・リーさん、どうもBOSSのCMをふと思い出して、笑ってしまうんですが、この作品での彼は終始、険しい表情で、ことの重大さ、親としての不安などをよく表現されていましたよね!
帰るはずの息子が帰らない・・親としてこんな辛い事はないですものね・
戦争の悲惨さ、いつも悲しむのは、国ではなく、国民である。。坦々とした流れの中に言い知れないどん底の悲しみ
が見えたようでした。戦争は仰るように、愚の骨頂ですね。

2009-04-07 Tue 20:49 URL | ぴーち #-[ 内容変更] | top↑
★ ぴ-ちさん ありがとうございます。
ぴ-ちさん(^^)こんばんは!
いつもありがとうございます。

この作品、とても大きな問題を扱った深いサスペンスものとして期待した作品なのですが、仰る通りサスペンスというか、ヒュ-マンドラマだった気がします。

そうそう、自分もトミ-と言ったらBOSSのCMを思い出してしまいどうしても笑いそうになってしまいます。
「ハッパ!」とか言いながらダイナマイトを爆発させないかとハラハラしながら思い出し笑いしてしまいますが、この作品のトミ-は渋くて良い演技でした。
「ノ-カントリ-」に続いて難しい役だったと思いますが、流石の演技ですね。

問題提起の鋭い視点もとても良かったのですが、それを上手く引き出し訴えるのがちょっと弱かった感じを受けました。
しかし、戦争によって人の心に闇が生まれるという恐ろしさ、そしてそれを黙認していた軍、国家への強いメッセ-ジは最後の国旗の場面で感じる事が出来ました。

自分的にはもう一押し、強いインパクトが欲しかったと思います。

いつも本当にありがとうございます。(^^)
2009-04-08 Wed 19:15 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
★ 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-04-08 Wed 22:27 | #[ 内容変更] | top↑
★ こんばんは!
私はこの映画、予想していたところとは違うところに
視点があった映画なので、かえって楽しめました!
…楽しめたとは、ちょっと語弊がありますが…。
視点の置き方と、喋々しさがないのが、
私的にはポイントが高かったです。
良い映画だったと思います!!

TBさせてください!
2009-04-09 Thu 23:42 URL | なるは #-[ 内容変更] | top↑
★ なるはさん ありがとうございます。
なるはさん(^^)こんばんは!
またのご訪問とコメントをありがとうございます。

なるはさんもこの作品をご覧になったとの事ですね!

この作品、テ-マがズシリと重く、深い作品なので面白いというのではなく、そのテ-マをいかに感じ取る事が出来るかによって評価も違ってくると思います。
なるはさんは評価が高いご様子ですね。(^^)
自分はサスペンス的なものを期待してしまったのでちょつと肩すかしな感じもありましたが、訴えているテ-マはとても良く、それをまた違う角度から描いていた事は素晴らしいなと思いました。

ああいう問題は表面には出さずに隠しておくのが多いと思いますが、この作品は見事難しいテ-マを描いていましたね。
それと俳優陣の素晴らしい演技がとても良かったと思います。

素晴らしいコメントを本当にありがとうございます。(^^)
TBもお気軽になさって下さいね。そちらも感謝です。(^^)
2009-04-11 Sat 18:43 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
★ 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-04-11 Sat 22:51 | #[ 内容変更] | top↑
★ 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-04-14 Tue 22:03 | #[ 内容変更] | top↑
★ 相互リンクのご依頼
サイト運営し始めた者なんですが、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://hikaku-lin.com/link/register.html
こちらより、相互リンクしていただけると嬉しいです。
まだまだ、未熟なサイトですが、少しずつコンテンツを充実させていきたいと思ってます。
突然、失礼しました。
PiEEYvWC
2009-05-07 Thu 23:22 URL | hikaku #cJuqLt0I[ 内容変更] | top↑
★ hikakuさん ありがとうございます。
こんにちは!(^^)
ご訪問とコメントをありがとうございます。

相互リンクの件ですが、検討させて頂きますね。
更なるコンテンツの充実を心より願っております。(^^)

ご訪問ありがとうございます。(^^)
2009-05-08 Fri 17:14 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| RELAX TIME |

ブログ内検索

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。