スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
1408号室
2009-03-29 Sun 15:05


1408号室



【スト-リ-】
呪われた場所を取材し、執筆して生計を立てていたが娘を亡くし、頑なに現実しか信じられなくなったオカルト作家 マイク・エンズリン(ジョン・キューザック)は、ある朝、ドルフィンホテルのカードを発見する。そこには、「絶対に1408号室に入ってはいけない」と書かれてあった。
その後、彼は”1408号室に宿泊した56人の客が全員一時間以内に死亡した”という驚愕の事実を知る。オリン支配人(サミュエル・L・ジャクソン)の執拗なまでの忠告を無視し、遂にマイクは1408号室の扉を開けた。そして・・・。

原作は、S・キングの短編集「幸運の25セント硬貨」の中の1篇「1408号室」。「キング映画の中でも最もリアルに原作を再現している」と大絶賛を浴びたノンストップパニックスリラー!


【レビュ-】
スティ-ブン・キング原作と言う事で、やはり鑑賞してしまいました。
キングの原作作品は、あまり期待せずに観るのが丁度良い と思いまして、気を張らずに鑑賞した作品でしたが自分は結構、楽しめました。

多分、誰もが旅行先や出張先のホテル、旅館などで変な噂がある部屋には興味はあるが泊まりたくない。という感じでしょう。
この主人公はそんないわく付きホテルや心霊スポットを取材し本にしているライタ-です。掴みの冒頭から何故かワクワクしてしまいました。

そこにある一枚のカ-ドが届き、因縁めいた恐ろしい部屋へ取材に行くところから俄然、身を乗り出すように観てしまいました。
いわゆる霊現象みたいなオカルト系ですね。でもここの部屋は単なる霊現象だけじゃないなと感じました。

ここのホテルの支配人、サミュエル・L・ジャクソンが演じていましたが、ただ者じゃない曲者の様に思えます。
主人公が受け取ったカ-ド「1408号室には近づくな」のメッセ-ジは支配人が出したものなのかな?と思ってしまいます。
作家が面白い部屋があると思い、取材するのは目に見えています。これは支配人からの挑戦状か?と思ってしまいました。

1408号室 イメ-ジ2


さて、部屋に入りちょっと落ち着いたなと思ったら、ここから次々と怪現象が起こります。本当に次から次へと、色々と起こります。
ここからは一気に面白くなって行くのですが、心理的に怖かったですね。特に音が良かったです。

この作品、主人公のライタ-をジョン・キュ-ザックが演じていました。彼の演技がとても良かったので一緒になってビックリしてしまいました。
彼の驚く様子や、いや現実に起こっている事ではない と自らに言い聞かせ認めようとしない仕草、段々と追いつめられ精神が錯乱していく状態など、本当に上手い演技だったと思います。本当、物語の大半は彼の一人芝居のような、勿論、部屋に一人で泊まっているのですから彼のその演技が大きく物を言う訳ですね。

その演技のクオリティが良かったので、このお化けビックリル-ムを楽しむ事が出来たと思います。
だから、実際に自分がこんな部屋に泊まってこんな体験をしたら・・・と想像して恐怖感を味わう事が出来たのではないかなと思いました。


ホラ-要素的には、古典的なビビらせ方だったのでそれも自分には合っていましたね。

ただ、途中はやっぱりキングの世界、段々と心理的恐怖は無くなっていきました。ダレるというかちょっと眠たくなってしまったシ-ンもありました。
そして、終焉へと行くのですが、果たしてこれは何だったのか?この部屋に存在する邪悪なものは何だったのか?支配人は何だったのか?様々な疑問と謎が残りました。
それと・・・ 最後のシ-ンは・・・?

1408号室 イメ-ジ1


う-ん、尻切れの様に思えますが、あれはあれで良かったのかなとも思います。
多くの謎を残す1408号室、あれは一体何なのだろう?でもこの主人公はあの部屋に勝ったのでしょう。色々と含みを持たせたラストはこちらの受け取り方で色々と違ってくるようです。


キング作品として、自分はまぁまぁ満足した作品でした。怖いというか、「面白かった」と思わせてくれた映画です。




ユウ太的評価 6.5点
自己評価ですのでご了承下さい。
皆さんもよろしかったらコメントに評価を入れて下さいね。
スポンサーサイト
別窓 | UNRELAX /ホラ-、etc | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
<<スモ-ク | RELAX TIME | サルバド-ルの朝>>
コメント
★ 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-03-29 Sun 20:03 | #[ 内容変更] | top↑
こんにちは!
ボクも先日、スティ-ブン・キング原作と言う事でついつい鑑賞してしまいました。ただホラーが大の苦手でして、ちょっと心拍数が上がりっぱなしで大変でした(笑)あまり期待はしていませんでしたが、ジョン・キューザックの演技が抜群だったので見応えがありました。ラストは色々と考えさせられる部分がありましたが、別エンディングと比較しても結局は???な部分が強かったように感じられます。
2009-03-31 Tue 15:59 URL | ワールダー #SFo5/nok[ 内容変更] | top↑
★ ワ-ルダ-さん ありがとうございます。
ワ-ルダ-さん(^^)こんばんは!
ご訪問とコメントをありがとうございます。

ワ-ルダ-さんもキング作品という事で鑑賞したのですね。(^^)
今回はホラ-というかスリラ-というか、結構ドキドキしてしまう内容でしたのでホラ-が苦手な方にはちょっとシンドかったかも知れませんね。

そのドキドキを上手く魅せてくれたのがジョン・キュ-ザックの演技だったと自分も思います。大半が彼の一人芝居の感じでしたが見事でしたね。(^^)

ラストもあの締め方。賛否あると思いますが、色々と考えさせられるラストでした。あの声を聞いてあの後どうなるんでしょうね~

いつもコメントを本当にありがとうございます。(^^)
2009-03-31 Tue 18:32 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
こんにちは!ユウ太さん^^

私もようやく鑑賞しました!
仰るように、ジョンの迫真に迫る演技力
表情は、彼だからこそ出来たようにも感じました。
サミュエルという人は、そこに佇んでいるだけで
何となく、曲者の様な存在感が漂う人ですよね(笑
私はどちらかというと、お二人も個性が豊かなので
あまり好きな俳優さんではありませんが、この作品の
起用には、頷けました。
最後、確かにあっけなく終わってしまいましたよね(^^;

私はやはり6点くらいかな^^
2009-04-03 Fri 13:36 URL | ぴーち #-[ 内容変更] | top↑
★ 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-04-03 Fri 13:43 | #[ 内容変更] | top↑
★ ぴ-ちさん ありがとうございます。
ぴ-ちさん(^^)こんばんは!
いつもありがとうございます。

ぴ-ちさんもこの作品をご覧になったという事で、先ほどぴ-ちさんの記事にもコメントさせて頂きました。ありがとうございます。

そうですね~(^^)ジョン・キュ-ザックの見事な演技があったからこそ、見応えのあるスリラ-に仕上がったと思います。しかし、実際の現場ではあの演技を一人でおこなって大変だったでしょうね。(^^)

サミュルも本当に怪しく、まさしく曲者ですね。
ぴ-ちさんはこの2人があまり役者として好みでは無かったようですが、この作品にはとても雰囲気の合ったキャスティングだったと自分も思いますね。

評価も6点との事でまぁまぁの作品だったようですね(^^)

コメントと評価も頂きまして本当にありがとうございます。(^^)
2009-04-03 Fri 19:22 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| RELAX TIME |

ブログ内検索

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。