スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
セント・オブ・ウ-マン/夢の香り
2009-03-12 Thu 18:38


セント・オブ・ウ-マン/夢の香り

【スト-リ-】
全寮制名門高校の生徒チャーリーが、休暇中のアルバイトで全盲の元陸軍中佐フランクの世話をすることに。しかし、頑固なフランクとの出会いは最悪なもの。フランクの言動に戸惑いながらも、心やさしいチャーリーは行動を共にすることになるが…。

生きる希望をなくした盲目の現役軍人が、若者とともにNYに旅立った真の目的とは―。アル・パチーノが見事アカデミー賞主演男優賞に輝いた感動のドラマ。


【レビュ-】
この作品、タイトルから自分は勝手にアル・パチ-ノの恋愛映画なのか?と思っていました。が、色々なレビュ-で高評価だったので以前より気になっていた作品でした。
やっとDVDにて鑑賞出来ました。

何と言っても名優アル・パチ-ノ主演。それに彼はこの作品で念願のオスカ-を手にしたという作品でした。期待値は自然と上がっていましたが、自分はこの作品、とても感動しすごく好きな映画となりました。


パチ-ノがオスカ-を受賞した演技。彼の役柄は盲目の元陸軍中佐という退役軍人。
目の見えない障害を持った人物という事で先ず、その演技に注目させて頂きましたが、いやはや全く素晴らしい演技でした。
盲人の役という事で視点が目の見えない人そのもので高い演技だったと思います。その目は殆ど瞬きをしない、すごく大変なものだったでしょう。見事に演じていました。

名優と呼ばれる役者は、障害を持った人物を演じて高い評価を受けるというのが多いですが、このアル・パチ-ノの盲目ぶりも見事でしたね。
それに輪を掛けて複雑な環境に置かれた中年男という難しいもの。
元陸軍中佐という誇り高きプライドを持ち、併せて博識な一面を持つインテリジェンス、それでいて女好きで、さらに自殺願望があるという・・・。
言葉で言い表すと、とても複雑で難しいです。
しかし、彼はそうした頑固な性格と盲目であるが故に、兄妹や身内から敬遠されていて妹の娘である姪っ子にも毛嫌いされていて孤独な生活を送っていたのです。

そこに名門校に通う一人の青年がアルバイトでその頑固オヤジの世話をするところから、この2人の奇妙な関係が始まっていきました。
名門校に通う奨学生のチャ-リ-はとても清らかな青年で、お互いがお互いを尊敬し認め合う過程がとても良かったですね。

途中の2人のやり取りは笑いあり、涙ありで心を揺さぶってきます。その青年を演じたクリス・オドネルもとても爽やかで好印象でした。

そんな青年が学校でトラブルに巻き込まれ、全校生徒が集まる中での査問会がこの物語の山場でしょうか。
その時に、最初は偏屈でいがみ合う中共に成長してきた頑固オヤジ、フランクがチャ-リ-の親代わりに査問会に同席してくれるんです。そこでチャ-リ-を救うある演説を頑固オヤジがするのですが、これがとっても素晴らしい。
一つ一つの言葉が、世の多くの人々に向けられたメッセ-ジの様で、「人生とは」という様な事を教えてくれるのです。この言葉が胸に響いて来ますね。自分は感動し、この高校の生徒達と共にその演説に拍手を送ってしまいました。

この作品、頑固オヤジフランクと青年チャ-リ-の2人の心の触れ合いが見事で、互いに認め合い共に心の成長をしていく過程があって最後の演説が生きてくる作品なのだと思いますね。

そして最後、フランクはそれまで失っていた生きる希望を再び見出し、自らが家族に歩み寄って行くラストシ-ンで締めくくられているのがまた、秀逸なものでした。

あの演説はチャ-リ-や生徒達、教師達には勿論、教訓として訴えたものでしたが、自分自身をも目覚めさせたものだったのだろうと感じました。
それほどこの作品の演説は素晴らしいものでした。感動しました。
その中の一つは人生の岐路に立った時に是非とも聞きたい言葉。それは人生訓でもあり勇気をもらえるものがあります。
まるで居酒屋なんかによく貼られている「ありがたい 親父の小言」みたいな感じでしたよ。
でもあの演説が全てではないですが、兎に角、アル・パチ-ノの演技と粋な台詞、そして演説がこの作品の良いところだったと思います。

そして・・・この作品を観て、無性にジャック・ダニエルが飲みたくなりました。飲んだその後は「フ-ア-ッ!」と叫びたくなりますね。これは作品を観れば解りますよ!(^^)本当、アル・パチ-ノは渋くて良い味です♪

観賞後の後味も抜群に良い、素晴らしい作品の一本となりました。まだまだ、素敵な作品はあるんだなぁと再度、思う事が出来た作品でした。お勧めです。



ユウ太的評価 9点
自己評価ですのでご了承下さい。
皆さんもよろしかったらコメントに評価を入れて下さいね。
スポンサーサイト
別窓 | ドラマ/ヒュ-マン、感動 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
<<White Days Sweet Songs | RELAX TIME | タワ-リング・インフェルノ>>
コメント
パッチです。

この映画、ユウ太さんも鑑賞されたんですねっ。
この映画は大好きでDVDも持ってます。

一番に思い出すのは「フーアー」
ということでやはりこの映画の見所といえば、
アル・パチーノの演説ですよねっ。
あの演説は思わず聞き入ってしまいましたし、
感じるものも多かったです。

これもすべてはアル・パチーノの演技があってこそかもしれませんねっ。
素晴らしい演技だったと思います。

点数は・・・8,5点。
ぜひ多くの方々に鑑賞してもらいたい作品ですねっ。
また久々に鑑賞してみたくなりました(^^)
2009-03-12 Thu 19:05 URL | パッチ #-[ 内容変更] | top↑
★ パッチさん ありがとうございます。
パッチさん(^^)こんにちは!
いつもお世話になりまして本当にありがとうございます。

はいっ♪やっと鑑賞する事が出来ました。
以前よりパッチさんの所で作品が記事になっているのを拝見して、観たい作品としてずっとあったのですが、なかなか手に取る事が出来ずにいました。
しかし、ようやく鑑賞してやはり素晴らしい作品だったと思いました。(^^)

パッチさんは流石にDVDまでお持ちだったんですね。(^^)
そうそう、「フ-ア-ッ!」が本当に良いですよね~(^^)それと自分はジョン・ダニエルが飲みたくてたまらなくなりました。爆!

演説シ-ンは他の作品で良く観るような展開でしたが、この作品も他には負けず劣らずでとても良かったと思います。
あの言葉の一つ一つ、噛みしめながら人生訓として拝見しましたが、胸が熱くなってしまいましたよ。

アル・パチ-ノが見事クセのあるフランクを演じきったからこそ、あの自殺未遂シ-ンが迫るものがあり、演説シ-ンへと素晴らしく繋がったのですよね~
脚本も見事だったと思いますし、あの盲目の演技はオスカ-納得の演技でしたね。(^^)

パッチさんも評価が高いようで自分も嬉しいです。多くの方に観てもらいたい素晴らしい作品だと自分も思います。

いつも色々教えて下さいまして本当にありがとうございます。(^^)

2009-03-13 Fri 17:21 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
★ 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-03-13 Fri 21:28 | #[ 内容変更] | top↑
★ 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-03-14 Sat 01:53 | #[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| RELAX TIME |

ブログ内検索

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。