スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
街の灯(まちのひ)
2008-07-12 Sat 16:32
街の灯

【スト-リ-】
チャップリン演じる浮浪者の男が、街角で花を売る盲目の娘に出会い、恋をする。
その盲目の娘から花を買うが、ひょんな事から金持ちの紳士と思われてしまい、彼女を助けようと決意した。懸命に金を工面しようと奔走する事になるのだが・・・

【レビュ-】
1931年のチャ-ルズ・チャップリンの作品ということで鑑賞済みの方は沢山いらっしゃるかと思います。
自分はチャップリン作品の中で一番好きな作品がこの「街の灯」なんです。
この作品は3年の月日をかけて制作され、この作品からチャップリンが作曲も担当したという事です。

この年代の作品ですのでモノクロ、そしてサイレント映画になりますが、こうした作品が苦手という方も中にはいらっしゃる事と思います。
サイレント作品は音楽と効果音、台詞は時折 入る字幕という構成になりますが、このサイレントがまた良い味があって、音楽に乗せて目に飛び込んでくる映像に、自分なりの想像と解釈が入り、とても深い受け取り方になってくるんです。

チャップリン作品なので、あの独特のパントマイムがとても楽しいです。
冒頭から浮浪者の男がもう、いきなり笑わせてくれます。チャップリンは本当に細かい動きが上手くて素晴らしい。
途中で入るロマンスは美しいですし、特筆なのはこの作品の当時、世界的な大恐慌の時代、誰もが苦しい生活の中で、困っている他人を助けるという暗に置かれたメッセ-ジ。無償の愛。
チャップリン作品は愛情に溢れていると思います。

自分自身、子供の頃から本当に、何年か前まで、このチャップリンの伝えたかった「愛」を理解出来ずにコントの様なギャグシ-ン、パントマイムばかりを楽しんで鑑賞していました。
いやいや、確かに面白いシ-ンが沢山あるんです。
特に一番好きな場面はボクシングのシ-ンです。とにかく観て頂きたい。チャップリンだけでなく、共演者たちの完璧に計算された動きは面白いだけでなく、関心してしまいます。
それと作曲を担当したチャップリンの楽曲は伝記映画「チャ-リ-」を観た方は分かると思いますが、完璧主義で作られたものだったのですね。
音楽も、頭からそのフレ-ズが離れないほどに、愉快で美しく、シ-ン毎に素晴らしい仕上がりになっています。

そして最後のシ-ンですが、ここがまた様々な解釈を持つことが出来ると思います。
サイレントなので少しの台詞しか出てきません。ですので観ている観客がラストシ-ンの解釈を決めて良いのだと自分は思います。(違うという方、すみません。)
最後のチャップリンと娘の表情はもう、なんとも言えません。
涙する人、感動する人、何故?と思う人。色々いらっしゃると思います。
けれどそこにちゃんとした答えは自分は無いと思っています。サイレントに拘り続けたチャップリンの意図はここにあると思いますね。
「サイレントじゃなきゃ駄目なんだ」・・・ 映画「チャ-リ-」のワンシ-ンに確かあったと思いますが、この「街の灯」のラストシ-ンは鑑賞してみて、その方が思った通りの解釈で締めくくって頂きたいと思います。
そう、このサイレント作品は視覚と聴覚、そして心でも鑑賞するのです。

だからこの作品は大傑作なのだと言われているのかも知れませんね。
映画を作る為、演じる為に生まれてきたような、偉大なチャ-ルズ・チャップリンのこの作品。手元に置いて何度も観たい一本だと思います。(^^)

ユウ太的評価 10点
自己評価ですのでご了承下さい。
皆さんもよろしかったらコメントに評価を入れて下さいね。
スポンサーサイト
別窓 | コメディ | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
<<レオン | RELAX TIME | ピエロの赤い鼻>>
コメント
こんにちは!
チャップリンの作品ですね!
このモノクロ感が良いですよね^^
この作品は、何度も見たと思うんですが、
どうもイマイチ作品とタイトルが結び付かなかったのですが、ユウ太さんのレビューで何とか思い出す箇所がありました!
確かに彼の作品は、パントマイムや、コミカルなシーンばかりが強調されていて、愛の部分がどうも陰に回ってしまうようですよね。。

チャーリーと言う作品は、未見だと思うんですが、
チャップリンの作品、じっくりまた鑑賞してみるのもいいものだなと思いました^^
ユウ太さんのレビューでまた見たくなりました。
ありがとうございました^^
では、またお邪魔させてくださいね!
2008-07-14 Mon 22:28 URL | ぴーち #-[ 内容変更] | top↑
★ ぴ-ちさん ありがとうございます。
こちらにもありがとうございます。(^^)

ぴ-ちさんもこの作品は何度も鑑賞されているようですね~(^^)

はい。チャップリン作品は基本、楽しく鑑賞するのが一番だと思います。
彼のコミカルな動き、完璧なパントマイム、そして奇想天外なスト-リ-。
そしてチャップリンの作品には多くの愛のメッセ-ジがあります。
大変な時代の中に多くの作品を制作してますが、世界の人に笑い、楽しみ、そして愛を沢山、送り続けたチャ-ルズ・チャップリンは偉大な人だと思います。 こんな人物、世界の喜劇王は今後出てこないのでしょうね。
「チャ-リ-」では数々のスキャンダルも出てきますがチャップリンの映画に架ける情熱と愛がとても描かれています。
「チャ-リ-」を観てからチャップリン作品を鑑賞すると、ちょっと今までとは視点が変わるかもしれませんね。(^^)

嬉しいコメントをありがとうございます。
感謝!(^^)
2008-07-15 Tue 18:29 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
★ この映画気になります。
早速、お邪魔します。

『街の灯(まちのひ)』面白そうですね。
チャップリンの映画は
なんとなく敷居が高そうで
実はちゃんと
観たことがありません。

ユウ太さんの評価10に推されて
一度観たいと思います。

これからも素敵なレビューを
期待しています!

応援させてくださいね。

2008-07-17 Thu 21:11 URL | pignon #-[ 内容変更] | top↑
★ pignonさん ありがとうございます。
こんにちは!pignonさん(^^)

訪問してくださり、本当にありがとうございます。

チャップリン作品は気楽に楽しむのが一番だと思いますから、そんなに敷居は高いとか全然ないですよ!(^^)
世界の喜劇王の作品、大いに笑って楽しんで頂きたいと思います。
この「街の灯」はそんなチャップリン作品の中ではとても鑑賞しやすい作品だと思いますので、是非、ご覧になってみてくださいね。(^^)
きっと、世界の人に愛されてる意味を感じて頂けると思いますよ(^^)

これからも努力して、皆さんの参考、ちょっとした息抜きになれればと思ってますので宜しくお願い致します。
本当にありがとうございます。
感謝!(^^)
2008-07-18 Fri 16:03 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| RELAX TIME |

ブログ内検索

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。