スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
インソムニア
2009-01-19 Mon 20:14



インソムニア


【スト-リ-】
24時間太陽が沈まない街アラスカのナイトミュ-トで17歳の少女が殺害されるという事件が起きた。
ロサンゼルスのベテラン警部ウィルは、猟奇殺人事件の行方を追ってアラスカに赴き、現地の新人刑事エリ-と共に捜査にあたるが、白夜の中不眠症に陥り、次第に精神のバランスを崩していく・・・。

「メメント」のクリストファ-・ノ-ラン監督によるサスペンス作品。名優アル・パチ-ノが正邪入り乱れたベテラン警部を演じ、ロビン・ウィリアムスが初の悪役を演じている。


【レビュ-】
「メメント」で難しいサスペンスに触れ驚愕し、また先日、「ダ-クナイト」で改めてクリストファ-・ノ-ランの重い世界に浸り、彼の作品を他にも鑑賞したいと思い探した作品でした。
また名優アル・パチ-ノが警部、そしてロビン・ウィリアムスが犯人役として対峙する物語という事でチョイスした作品ともなりました。

脚本はクリストファ-・ノ-ラン監督ではないので、この作品の前に撮られた「フォロウィング」や「メメント」といった時系列を複雑にいじるというサスペンスではありませんでしたが、独特の重苦しい雰囲気は健在でした。

アル・パチ-ノが一癖あるベテラン警部を味のある演技でみせてくれれば、それに対抗するロビン・ウィリアムスの悪役の演技。この両者の駆け引きがこの作品の一番の見所だったと思います。
しかし、ロビン・ウィリアムスに悪役はやっぱり似合いませんでしたね。彼は温かいイメ-ジがどうしてもあるので、犯人として最初は映らなかったです。人なつっこい、あの笑顔はどこかホッとしてしまうものなので、彼は本当に殺意を持ってやったのか?というのが鑑賞しているこちらも否応なしに感じてしまうのでした。 しかし、これが彼をキャスティングした理由だったかも知れません。
一応、物語上ではロビンの犯人は適役だったのでしょう。 しかし、どうしても似合わないので少々、ひいてしまう感じでしたね。

物語の途中から重苦しいものになり、捜査の中での様々な障害が一日中ずっと太陽が沈まない白夜に相まって不思議な世界へと誘われます。精神的にどんどん追いつめられていく主人公がとても印象的で、アル・パチ-ノが上手く演じていたと思います。

そして、この作品の中、影で光っていたのがヒラリ-・スワンクでした。否、彼女がこの作品の真の主人公と言っても過言ではないかも知れません。
一人、冷静に事件を見つめ、検証を繰り返し、たどり着いた真実。そして最後の彼女の選択はまだ新人の刑事にはとても重たかったですが、正義を貫く事だったと思います。

この三者がとてもバランスが良く、見事な掛け合いだったと思います。

それ以外にも脇で出演していた役者さんもとても良かったですし、彼らが良い演技をしていたから一層、重く冷たい雰囲気を出していたのだと思います。

サスペンス作品としてはイマイチ、スト-リ-に捻りがない印象ですが、直球の味のあるサスペンスだったなと素直に感じました。

俳優陣の演技が人間の心理を見事に炙り出した、地味だけど見応えのあったサスペンスでした。


ユウ太的評価 7点
自己評価ですのでご了承下さい。
皆さんもよろしかったらコメントに評価を入れて下さいね。
スポンサーサイト
別窓 | サスペンス | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
<<邦楽 言い出せないまま 、 きみに会えて / 渡辺美里 | RELAX TIME | ルディ/涙のウィニング・ラン>>
コメント
こんばんは!ユウ太さん^^
お忙しい中、コメントくださりありがとうございましたm(- -)m

この作品は未見なんですが、「メメント」「ダークナイト」の監督さんの作品なんですね。「メメント」は一度だけ鑑賞したことがありますが、流して見ていたせいか、一度では理解が出来なかったので、レビューは書きませんでした(^^A

私もロビンが悪役というのはピンときませんね。。
ロビン=癒しの俳優というイメージが彼ほど定着してしまっている方は他に居ないんじゃないかと思うくらい、彼のイメージは悪役とはかなりかけ離れていますよね。
そんな彼にあえて悪役をさせる監督の意図は。。
確かに本当の意味での極悪人って、外見はすごく優しそうという人だったりするんですよね。見かけに皆さんすっかり騙されて、安心感を植え付けさせる・・そんな手法は
「ダークナイト」のジョーカーにも通じているようにも感じました。ピエロのような風貌の裏側の邪悪な心。
それはまるで、見せかけの優しさには騙されるな!と現代社会に訴えかけているかのようにも思います。
話が飛躍してしまいましたが、
この作品の後の「ファイナル・カット」という作品もまだ未見なんですが、そちらも何となく気になっています。

ユウ太さんはこの監督さんの作品に興味をもたれた様子なので、鑑賞されたようですが、
ロビンに注目をするとしたら、「ファイナル~」も是非に見てみたいと思いました^^
勿論、この作品のロビンも自分の目で確認してみたくなりました^^
ご紹介いただき、ありがとうございます★
それでは、失礼しました^^
2009-01-19 Mon 22:46 URL | ぴーち #-[ 内容変更] | top↑
パッチです。
この映画、クリストファー・ノーラン監督の作品だったのですねっ。
ずいぶん前に鑑賞したので忘れてしまった部分もありますが、湿気だらけの空間にいるかのような重々しい雰囲気の中、物語が進行していくというのがとても印象的でした。

それにしてもアル・パチーノの演技はよかったです。
虚ろでありながらどこか狂気じみた部分もあって、難しい役どころだと思います。
あとロビン・ウィリアムズもよかったです。
やはりイメージというものもありましたが、それが逆に怖かった気もしました。

あと点数ですが・・・今回は保留にしておきます。
ヒラリー・スワンクが出演していたのも忘れていたぐらいなので、また鑑賞する機会がありましたら改めて点数をつけたいと思います。

あと思い出したのですが、あまり有名ではないかもしれませんが「隣人は静かに笑う」というサスペンス映画、もし未見でしたら鑑賞してみてください。
といってもユウ太さんならラストを予想されてしまうかもしれませんけど・・・。
でも個人的にとてもよかったです。
また機会がありましたら鑑賞してみてください(^^)
2009-01-20 Tue 18:39 URL | パッチ #-[ 内容変更] | top↑
★ ぴ-ちさん ありがとうございます。
ぴ-ちさん(^^)こんばんは!
いつもありがとうございます。

はい!この作品はクリストファ-・ノ-ラン監督作品という事で鑑賞してみました。
「ダ-クナイト」等とは違い、脚本は別の人なのですが、全体に纏った雰囲気は重く冷たい彼らしい感じの作品でした。
「メメント」は自分も最初は理解が難しかったですが、時間軸を逆に展開させて見せた斬新な作品でしたね。

ロビン・ウィリアムスが悪役という事で自分も非常に興味を持って鑑賞しました。
イメ-ジ的にそぐわない印象でミスキャストかなと思いましたが、作品の犯人像は彼にピッタリだったのでは?と思います。あの笑顔の裏に隠されたものを上手く演じていたと思いますよ!
ぴ-ちさんはロビン・ウィリアムスがお好きでしたよね。是非一度、彼の悪役を観て頂きたいなと思います。
それとアル・パチ-ノ、ヒラリ-・スワンクが素晴らしいです。サスペンス的に展開に妙がある作品ではありませんが、それでもジワ-っとくる空気がとても良かったですよ!

「ファイナル・カット」という作品は未見ですが、こちらもサスペンス的な作品のようですね。(^^)サスペンスが好きなので自分もチェックしてみようと思います。

こちらこそ作品を紹介してくださいましてありがとうございます。
そしていつも本当に感謝です。(^^)



2009-01-20 Tue 20:37 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
★ パッチさん ありがとうございます。
パッチさん(^^)こんばんは!
いつもありがとうございます。

パッチさんはこの作品を鑑賞していたのですね~(^^)
はい。実はクリストファ-・ノ-ラン監督作品だったんですよね。自分も「ダ-クナイト」を鑑賞して彼の作品をチェックしようと思いまして、鑑賞に至りました。
「メメント」も勿論、鑑賞済みです。彼のサスペンス作品は時系列を複雑にするものが多いと、調べていて読みました。
この作品は正統派サスペンスといった印象ですね。

仰る通りアル・パチ-ノが崩壊していく心理を上手く演じていましたね。(^^)あの白夜という環境もまた物語に深みを出していたと思います。
ロビンもあの笑顔の裏の心理を上手く演じ、二人の駆け引きがとても見応えがありました。

それと自分は個人的にヒラリ-・スワンクが本作では光っていたと感じています。冷静に一人で違う角度から捜査する姿がとても印象的でした。

パッチさんはサスペンスを沢山鑑賞してらっしゃいますのでいつも参考にさせて頂いてます。「隣人は静かに笑う」はまだ未見ですが前から興味のある作品です。
パッチさんオススメなので是非チェックさせて下さいね。
いつもながら謎解きをしてしまうでしょうが挑戦してみたいと思います。(^^)

いつも本当にお世話になります。ありがとうございます。(^^)
2009-01-20 Tue 20:47 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| RELAX TIME |

ブログ内検索

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。