スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
洋楽 I’M STILL WAITING / コ-トニ-・パイン feat.キャロル・トンプソン
2008-12-14 Sun 14:27



【解説】
イギリスのジャズシ-ンをリ-ドするサックス奏者 コ-トニ-・パインが、自らのジャマイカン・ル-ツ(コ-トニ-の両親はジャマイカからの移民)を表現したレゲェ・アルバム「クロ-サ-・トゥ・ホ-ム」からの名曲で1992年に大ヒット。

この曲を手がけたのがUKラヴァ-ズ・レゲェの女王、ジャネット・ケイそしてプロデュ-スも同じくUKレゲェの大御所アスワドによるもので、歌っているキャロル・トンプソンは上記のジャネットに並ぶUKラヴァ-ズの歌姫であります。

自分の好きなサックスの音色、ケニ-・Gと並んでコ-トニ-・パインの奏でるその音も、甘くて優しく、そして心地良いものとなっています。
この「アイム・スティル・ウェイティング」は92年にスマッシュ・ヒットした知る人ぞ知る名曲でジャンルはレゲェとなっていますが、ポップスのバラ-ドのように断然、スゥィ-トな曲。そして、当時は何処のクラブでもかかっていた大ヒットナンバ-です。
その頃、女性の好きなナンバ-としても、常に上位をキ-プしていた、お洒落で格好いい曲でもあります。

自分はやっぱり、何と言ってもコ-トニ-のサックスの音に惚れ惚れしてしまい、好きになった曲でした。また、キャロル・トンプソンの甘い歌声もとっても良い 一曲です。

しかし、残念ながら動画によるものがありませんでした。聴くのみになってしまいますが、是非聴いてみて下さいね。(^^)
スポンサーサイト
別窓 | 癒しの1曲 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<邦楽 くるみ / Mr.Children | RELAX TIME | アザ-ズ>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| RELAX TIME |

ブログ内検索

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。