スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
アフタ-・スク-ル
2008-12-05 Fri 11:28


アフタ-スク-ル


【スト-リ-】
母校の中学校で働く人の良い教師・神野の元に、かつての同級生だと名乗る怪しい探偵・北沢が訪ねてくる。
北沢は、神野の中学からの親友で、現在は一流企業に務めるサラリ-マン・木村の行方を追っていた。心ならずも神野は木村探しに巻き込まれてしまう。
人を疑う事を知らない男と、人の裏側ばかり見てきた男。ちぐはぐコンビの捜査活動から、神野が知らなかった、親友・木村の一面が次々と明らかになり、物語は思いも寄らぬ方向へと向かっていく・・・。

「運命じゃない人」でカンヌ4冠を獲得した、内田けんじ監督が描く、驚きエンタ-テイメント・ム-ビ-。

甘く見てると、ダマされちゃいますよ。
(参考 Amazon より)


【レビュ-】
前作、「運命じゃない人」がとっても面白かった、内田けんじ監督の最新作ということで、DVDにて早速、鑑賞致しました。

この監督さんは、前作でも脚本に優れ、観賞後にすごく後味の良い、すっかりヤラれたぁ という印象がとても強く残っていたので期待しながら鑑賞しました。

内田けんじという人は、良い人と社会の裏側に生きる人の対比が得意なのでしょうか?それとどうも探偵とヤクザがお好きなのでしょう。「運命じゃない人」と同様に、このような人物が主要に置かれていましたね。
しかし、前作とはまた変わった構成。時間軸を何度も重ねて、各人物の視点から見せることによって展開していった作風とは違い、こちらは正統な流れによる構成でした。

物語が進むにつれ、徐々に真実が見えてくる作りと脚本は、相変わらず上手いなぁと唸らされました。やはり、今回も見事にヤラれた感は充分に堪能できました。

しかし、何か強烈に来るものが足りない気がしました。それは何故なんだろうかと思います。
内田けんじという監督を知ってしまった故、絶対に一筋縄じゃいかないと余計な事を考えてしまったせいか?
否、多分キャスティングが知っている顔ぶれだからか、イマイチ新鮮味に欠けたのかなぁという思いが残ってしまいました。

キャストは、あまり知らない俳優陣を起用するのも、とても新鮮でインパクトが強かった気がします。また、前作の良い人と描かれていた宮田君が、本当にいい人で頑張って欲しいと、思わず応援したくなるキャラクタ-だったものですから、印象に残る、そして感情移入してしまう人物だったからこそ、作品にのめり込み評価もグンと上がったのではないでしょうか?

今作は、神野、北沢が知らない者同士でギクシャクした違和感もあり、共同捜査もあまり一体感がなかったように思います。
そうした部分で、イマイチ神野と北沢の捜査に、引き込まれなかった感じがありますね。

アフタ-スク-ル イメ-ジ

同じ内田けんじ作品なので、どうしても比べてしまう。余計にネタを期待してしまう。そんな感情もあったかも知れません。

しかし、物語中盤から終盤にかけて徐々にネタを明かしてくるスト-リ-は流石です。「あれも、これもか!」と、次々と明らかになってくる真実は見ていてやっぱりとても面白く、優れていたと思います。

タイトルの「アフタ-スク-ル」に込められた、意味も秀逸だと思います。

冒頭にある、昇降口での淡い思い出と最後の同じシ-ンでのネタは、このタイトルがついてるからこそ生きているものであり、また、物語途中にある、北沢が神野に向かって吐き出す台詞。そして最後の場面、教師である神野が、北沢に向かって投げかけた言葉には、大人社会に向かって投げかけた皮肉が全て込められていると思いました。
そう考えると学校を舞台の一つとし、タイトルが「放課後」を意味する「アフタ-スク-ル」とした理由も良く分かると思いますね。

そうした伏線もきちんと練られていて、流石の深い作りだと自分は納得出来ました。

今回の物語も本当に「上手い!」の一言です。だって、もう最初からヤラれていますからね。(^^)
そんな事を書くとネタバレになるかなぁ とビクビクしてしまいますが、最後の締め方も上手かったですね。

この作品もやっぱりダマされ感が心地よい、その為に楽しむ作品なのかも知れませんね。(^^)

今後にも期待してしまう、要注目の内田けんじ監督作品でした。またダマされたいと思います。


ユウ太的評価 8点
自己評価ですのでご了承下さい。
皆さんもよろしかったらコメントに評価を入れて下さいね。
スポンサーサイト
別窓 | 邦画作品 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
<<それでも生きる子供たちへ | RELAX TIME | 邦楽 笑って 笑って / 奥 華子>>
コメント
ユウ太さん、こんばんは。
いつも応援いただきありがとうございます^^

この映画、私も気になっているんですが、見れていません^^;
私は、監督さんのこととか詳しいことは分からないんだけれど、やっぱり職業柄「アフタースクール」という題名に惹かれてしまいますね(笑)

でも、ユウ太さんのレビューを読ませていただき、そんな深い解釈ができるんだと思いました。

これから機会をみつけて見たいな、と思っています。

では、拍手応援させてください^^
2008-12-05 Fri 21:32 URL | テル #-[ 内容変更] | top↑
こんにちは!
前作とどうしても比較してしまいがちですが、今回も内田監督らしい脚本の巧さが光った作品でしたね。序盤からいくつものトラップが仕掛けてあり、分かってはいるものの次々と罠にはめられていってしまう、変な気持ちよさがありました。騙されて気持ち良く鑑賞できる良質な作品は本当にいいものですね。台詞付きのエレベーターのシーンは、大笑いしてしまいました。またお邪魔します。応援です凸
2008-12-06 Sat 11:16 URL | ワールダー #SFo5/nok[ 内容変更] | top↑
★ テルさん ありがとうございます。
テルさん(^^)こんにちは!
いつもありがとうございます。

おぉ♪そうでしたね~(^^)テルさんは学校の先生でしたから、この作品にとてもピッタリだと思いますね。
ちょっとサスペンス的な内容ですが、肩を張らずに楽しめると思いますので機会があれば是非、一度ご覧になってみて下さいね。

教師の視点からご覧になって頂くと、きっと主役の二人の台詞は色々と思う事があると、そう思いますよ。(^^)

いつもコメントと応援までして頂き、本当にありがとうございます。感謝です♪(^^)
2008-12-06 Sat 15:50 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
★ ワ-ルダ-さん ありがとうございます。
ワ-ルダ-さん(^^)こんにちは!
こちらにもお越し下さいましてありがとうございます。

この作品はワ-ルダ-さんに教えて頂きまして、一層、内田監督を知る事になり、鑑賞できた作品でした。

とても面白く前作と同様に、脚本とネタに唸らせられた良作でした。
そうなんですよね。騙されると分かっていながら、色々と台詞や仕草などを細かく注意していたのですが、見事に騙されました。爆っ

もう最初からヤラれていたとは全然、思ってなかったです。(^^) ここまでヤラれるとかえって気持ちよいですよね~

前作同様に、後味も良い作品でした。最後のタネ明かしも面白かったですね。
ご紹介して下さいまして本当にありがとうございました。

はいっ(^^)また是非、いらして下さいね。

自分も今日から、色々と忘年会やら飲みの予定が沢山、入ってきましたので記事やコメントが遅くなるかもしれませんが、また宜しくお願い致します。(^^)

2008-12-06 Sat 15:59 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| RELAX TIME |

ブログ内検索

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。