スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
犬と私の10の約束
2008-11-17 Mon 17:42


犬と私の10の約束

【スト-リ-】
北海道・函館で暮らす14歳の少女あかりの家に一匹の子犬がやってきた。
前足の片足だけ靴下を履いたように白いゴ-ルデン・レトリ-バ-に、あかりは「ソックス」と名付けた。母はあかりに、犬を飼うときには、犬と「10の約束」をしなければならないと教えてくれた。その約束を交わした瞬間から、あかりとソックスは一緒に大人への道を歩き始める。
母の急死、父の突然の辞職、初恋、憧れの仕事、初めての一人暮らし、恋人の事故。 あかりの人生を揺さぶる、様々な出来事。そのどんな時もずっとそばにいて励ましてくれたのはソックスだった・・・。

世界中が涙した短編詩「犬の十戒」から生まれた、犬と少女の成長と絆を描いた感動作。


【レビュ-】
犬との感動の作品ということで知っていた作品でしたが、何となく展開が分かってしまい、自分は絶対ヤバイくらい泣くだろうと思い、ずっとスル-していた作品でしたが、とうとう観てしまいました。

多分、ここに遊びに来てくださる方は、この作品を観たという事はきっとコイツ号泣しただろう とおもわず想像する事でしょう。
皆さんの期待通り、号泣してしまい、気を抜くと声を上げて泣きそうになってしまった、本当にヤバイ映画でした。 はっきり言って反則級でしたよ。ダメです犬を描く映画は。

自分も以前、犬を飼っていましたから、その愛犬が死んでしまう悲しさはとても良く分かっています。ツライです。だから、観るのを避けていました。

しかし、鑑賞してとても癒された映画でもありました。
とにかくレトリ-バ-のソックスが可愛いです。そしてその他にも登場するワンちゃん達がみんな愛らしくて、その姿にとても癒され優しい気持ちになれました。
何で犬ってあんなに可愛いのでしょうね。
それとあのソックス役?のワンちゃんがとても賢くて大人しくて、すごく良い子でした。表情がとても可愛くてあの目で癒されてしまいました。
犬と一緒に成長していく。多感な時期にいつも一緒だった愛犬は特にその人にとってかけがえのない存在になると思います。辛いときや落ち込んでるときにそっと隣に座ってくれる愛犬。自分も昔を思い出してしまいました。

20071115_inutowatashi_sub4.jpg


そんな愛犬が亡くなってしまうのは本当に辛く寂しいです。癒しの一曲でもご紹介させて頂きました「ジョンの純な恋物語」もめちゃ涙しました。この作品の亡くなるシ-ンでも、あかり役の田中麗奈が声を上げて大泣きするシ-ンで自分も声が出そうになってしまいました。 もうダメです・・・。
本当に切なく哀しいシ-ンでした。


この作品、犬と少女の物語だけでなく、サイドスト-リ-として、父と娘のスト-リ-もありました。
自分はこの作品の豊川悦司が演じたお父さん すごく好きでした。
娘を暖かく見守る姿はソックスと同じく、彼女を本当に愛おしく思っているのだなと伝わってきて、とても好感が持てました。
母親が亡くなってしまい、父親と娘だけの生活。不器用に愛情を注ぐ父の姿。とても良い味で魅せてくれたと思います。
ですから、ありきたりの結婚前夜のシ-ンで父親が我慢出来ずに涙するシ-ンも嫌味がなく観ることが出来たのかも知れません。

日本人が感動しやすいペットとの暮らしと別れ、そして父娘の生活と嫁ぐという物語はよくある作品でワンパタ-ンの感じですが、愛らしいソックスの姿に癒され気持ちがピュアになっていたのも手伝って自分はKOされてしまいました。

避けていましたが、鑑賞して良い話だったと今振り返っています。ソックスは観ている自分をも優しい気持ちにしてくれました。 この自分もソックスにありがとうと言いたい。そんな作品でした。

20071115_inutowatashi_main.jpg


近所に同じゴ-ルデン・レトリ-バ-を飼っている方がやっぱり大号泣したとの事。ある方は絶対ヤバイから観ないと自分と同じ事を言ってました。汗。
けれど、犬好きな方は観て欲しいですね。号泣は必至ですけどね・・・。(^^)

ユウ太的評価 7点
自己評価ですのでご了承下さい。
皆さんもよろしかったらコメントに評価を入れて下さいね。
スポンサーサイト
別窓 | 邦画作品 | コメント:7 | トラックバック:0 | top↑
<<運動靴と赤い金魚 | RELAX TIME | 邦楽 Goodbye Day / 来生たかお>>
コメント
★ お帰りなさ~い^^
出張、お疲れ様でした~♪
伊香保だったんですか?
有名な温泉・・・・
なんだか、怪しい、アハハv-411
嘘ですよ~♪

私も動物ものはダメなんですよ~
泣いちゃって・・・ストーリーを読んでいる時から
もう涙目ですもん^^;
私も犬とあと、鳥を飼っていたことがあります。
動物大好きなんです^^

だから絶対見たら号泣です!
だから見ません!
けど見たい!・・・
どっちなんだあ~???v-410
そうですねえ、点は付けられないけど
8点でどうでしょうか?
2008-11-17 Mon 18:56 URL | たえ #fddzkx5k[ 内容変更] | top↑
ユウ太さん、お帰りなさ~い。。

「犬と私の10の約束」
映画は見ませんでしたが、本を読みました。(確か、同じ題名でも著者が違った2種類の本があったように記憶してますが・・・)

私も動物は大好きですので、もう涙なくては読めませんでした。
本を選んだのも、映画館での涙&鼻水のオンパレードを避けたかったからなんですが(笑)

こういう物語を読むと、なんだか人間だけが愚かなことをしてるような気がしてきます^^;

私もお仕事辞めたら、犬を飼おう♪

では、また伺いますね^^
2008-11-17 Mon 19:36 URL | テル #-[ 内容変更] | top↑
この作品は、劇場で鑑賞した作品です。
動物作品は、絶対泣かされるな。。と覚悟を決めて^^:
鑑賞したんですが、やはり最後はやられました。
隣のお子さんを連れた女性も、ハンカチを目にあてていたので、一緒に泣いてしまいました(^^A
田中麗奈ちゃんも、お父さん役の豊川悦司も、ハマり役で
お母さんの高島礼子も適役でしたね!
お母さんが、犬の十戒を言うシーン、今でも覚えています。
ソックスクン、本当に芸達者で、可愛かったですね~。

私はこの作品も泣きましたが、「マリと子犬の物語」はかなり号泣しました(TT)
従って、ユウ太さんにはあまりお勧めできませんが(笑)
もし、機会がありましたら、鑑賞してみてくださいね!

いつもありがとうございます^^
2008-11-17 Mon 21:16 URL | ぴーち #-[ 内容変更] | top↑
あ、書き忘れました
私も7点です。
2008-11-17 Mon 21:18 URL | ぴーち #-[ 内容変更] | top↑
★ たえさん ありがとうございます。
たえさん(^^)こんばんは!
ご訪問ありがとうございます。

はい(^^)出張は伊香保へ行っておりました。自分の仕事の全関東・中部の関係者250人弱が集まり話し合いが持たれました。全日本の場合は1000人以上が集まるとても疲れる会議です。 ちゃんと仕事してたんですよ~
けれど、しっかり美味しいものとお酒はガッツリと頂きました。爆爆爆っ

たえさんも動物が好きなのですね。(^^)そういう方は観ると、とてもツライと思いますが、観て欲しいなとも思う作品ですね。
絶対に号泣してしまうと思いますが、動物に対してまた、一層愛情深くなれると思います。

鑑賞したら泣き疲れるかも知れませんが、動物好きな方は一度、鑑賞してみると良いと思います。その時は泣き顔を見られても大丈夫な方と一緒か、一人で観る事を強くお勧めしますね。(^^)

コメントと評価を本当にありがとうございます。(^^)
 
2008-11-18 Tue 18:11 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
★ テルさん ありがとうございます。
テルさん(^^)こんばんは!
いつもありがとうございます。

テルさんは流石、本の方をお読みになられていたのですね。(^^)
本の内容もとても哀しく、切ない物語だったのでしょうか?文体から読んで入ってくる物語は一層悲しくなってしまうと想像します。
本をお読みでしたら、泣いても大丈夫な時によろしかったら観てみてください。
きっとワンちゃんのソックスにとても癒されると思いますよ。

でもテルさんがお考えのように、動物は純粋に人間を愛してくれますが、人間は自分たちの都合を優先していらない事ばかりしてしまいますね。
自分も犬を飼っているとき、こうした10の事を守れなかったですし、愚かな事を沢山、してしまったと思います。

そう思うと、もう犬を飼うとか動物を飼うという資格は自分にはないなぁ と反省してしまいますね。汗っ

テルさんは将来、犬を飼うのですね。(^^) 自分も爺さんになったら小さい犬を可愛がりたいなと思っています。
お互いにめざましテレビの「きょうのわんこ」に出演しましょう!(^^)

いつも本当にありがとうございます。(^^)
2008-11-18 Tue 18:24 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
★ ぴ-ちさん ありがとうございます。
ぴ-ちさん(^^)こんばんは!
いつもありがとうございます。

ぴ-ちさんは劇場鑑賞だったのですね~
ぴ-ちさんの記事も読ませて頂きました。また泣きそうになってしまいましたよ~涙。

動物ものでペットとの絆を描いた映画は、本当にヤバイですね~泣きのスイッチが入りまくりです。汗汗汗っ

でもそこには、各俳優さんたちの良い演技もありまして、あそこまでの作品になったのだと思います。
中でもソックスの演技?はとても良かったですね~ あっち向いてホイ は微笑ましかったですね。(^^)

おぉ そうですかぁ「マリと子犬の物語」もヤバイのですね~
お勧め出来ないという位、泣きの映画ですか。じゃあ観たいリストに入れておきます。爆っ
少し時間をおいて、鑑賞したらまたぴ-ちさんの記事を拝見したいです。

いつもコメントと評価を本当にありがとうございます。(^^)


2008-11-18 Tue 18:36 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| RELAX TIME |

ブログ内検索

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。