スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
キサラギ
2008-12-16 Tue 19:09


キサラギ

【スト-リ-】
2月4日、売れないアイドル・如月ミキの一周忌。
家元の呼びかけで、都内某所の一室にファン・サイトで知り合ったオダ・ユ-ジ、スネ-ク、安男、いちご娘の五人の男が集まった。
愛するミキちゃんの追悼会として思い出話に花を咲かせ盛り上がるはずが、「彼女は自殺じゃない、殺されたんだ!」という一言から事態は急変してしまう。
もしかして、この中に犯人が!? 次々と明かされる意外な事実。果たして如月ミキの死の真相は?
一室の中で明かされていく謎は、誰も知らなかった思わぬ結末へと向かっていく・・・。

アイドルの死をめぐり、二転三転していくドラマが密室で展開されていくワンシチュエ-ションコメディの傑作。
(参考 Amazon より)

【レビュ-】
テレビの特集等で取り上げられていたのを見て、もの凄く観たいと思ってしまった作品でした。
また、色々と評価も高かった作品でしたので以前にDVDにて鑑賞。

いわゆるアイドルの追っかけなどをおこなっている、オタクファンの物語。ですが、この作品は非常に楽しめました。面白かったです。

あるアイドルが死んでしまい、それを偲ぼうと一周忌として、インタ-ネットで知り合ったファンがとある場所の一室で繰りひろげるワンシチュエ-ションもの。
狭い空間だけで展開されるオタクファンならではの熱いト-クは観ていて愉快でありながら、共感出来る部分もあり、観ていて凄く引き込まれました。
特に男って、自分の好きな物に対して熱くなってしまうと思いますが、ここに登場してくる男たちもとても熱く、そしてコミカルでしたね。

物語が進むに連れて色々と真相が明らかになってくる脚本は観ていて飽きませんでした。
キャラの一人一人に好きなアイドルとの接点が、次々と浮上してくる所は誰もが怪しく、亡きアイドルとの絡みのエピソ-ドがとても面白い。話が何度もひっくり返って誰が犯人なのかと、どんどん盛り上がっていきます。

キサラギ イメ-ジ

一つの部屋の中でたった5人でのサスペンス劇、こうしたジャンルでは、この作品が一番解りやすかったかなと思いました。
濃い面々の5人でアイドルの話で一喜一憂するという単純な物語で、尚かつ笑いもあって見事な邦画です。

ただ、いらない場面やエピソ-ドも多々、含まれていたのが残念だったです。
自分的にはとても完成度が高かったのに、最後の方で三流アイドルの如月ミキの顔を出してしまったのは頂けなかったですね。
けれど、そのアイドルを演じた子のチョイスは、この作品のキャラ設定に見事に合っている子でしたけどね。(その如月ミキを演じた人は声優さんだとか。)

随所にアキバ系オタクを意識した描写が絶妙だったと思いますが、それぞれのキャラがここまで如月ミキに心酔したのかは最後のシ-ンで明らかになったのが、自分は好きでした。特に中心人物の小栗旬が演じた家元のエピソ-ドは、少し心が切なくなりましたね。

それだけこのキャラを演じた俳優陣がとても良かったと思います。ちょっと大げさな演技もありましたが、サスペンス・コメディだからこのくらいで丁度良かったのでしょう。
とても楽しめましたし、本当に見入ってしまいました。(^^)

この作品に少し共感してしまった自分は、やっぱりオタクなのかなと思ってしまいましたが、以前に好きなアイドルが居たり、何かの有名人のファンだった人は、このドラマに共感できるのではないかなと思いますね。

自分も好きな女性ア-ティストを応援するサイトで知り合った人達とライブに出かけたりした事がありました。そうした経験があったから余計にこの作品を楽しめたと思います。

でもそのライブに集まった人物の大半は熱狂的なファンでオタクみたいな人が多かったですね。え?自分も一緒だろ!って?
はい。多分、他の人からは同じ様な目で見られていたと思います。だから自分もオタクなのかなぁ
今現在はそのような集まりはありません。汗っ

それとこの作品を観てから、香川照之さんをテレビなどで拝見すると、思わず笑ってしまうようになりました。(^^) あしからず。


ユウ太的評価 8.5点
自己評価ですのでご了承下さい。
皆さんもよろしかったらコメントに評価を入れて下さいね。
スポンサーサイト
別窓 | 邦画作品 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
<<ヒトラ-/最後の12日間 | RELAX TIME | es【エス】>>
コメント
おはようございます。
この作品、ワンシュチュエーションものとして、最初に鑑賞したときには衝撃を覚えました。この(ほぼ)5人だけの出演で、終始展開していくという手法にもそうですけれど、
この芸達者な5人だからこそ、成し遂げられた内容だったと思います。個性が強い者同士の討論が観ているものの意識をぐいぐい引き込んでいくんですよね。
ユウ太さんの仰る通り、あそこまで良い具合に展開していた内容が、最後に本人の如月ミキの姿を見せてしまった事で、なんだかそれまでの高まってきた気持ちに水を差してしまったかの様でした。蛇足でしたね。あれは^^
ユウ太さんも好きなアイドルのライブに出かけたりしていたんですね!
でもそれって、全然「オタク」とは違うような気がしますよ。
好きなもの、好きな歌手を応援したいという気持ちは、
自然なことだと思います^^
そういう私もファンクラブに入って居たり、好きな歌手のコンサートへ行ったりしてましたよ^^
これからも大いに好きな歌手の応援してくださいね!!

香川さん、本当に面白い人ですよねw
私も脇役ながら、存在感がある香川さん、結構好きですね・・。
それでは、またお邪魔します!
2008-12-22 Mon 08:32 URL | ぴーち #-[ 内容変更] | top↑
★ ぴ-ちさん ありがとうございます。
ぴ-ちさん(^^)こんにちは!
いつもありがとうございます。

はいっ この作品、ワンシチュエ-ションものとして凄く出来の良い作品だと自分も思います。その力は主演の5人の演技と面白可笑しい物語にあったと思いますね。(^^)

それと確かに如月ミキを出したのは蛇足だと思います。鑑賞してるこちらとしては「如月ミキを見てみたい」という願望が出てくると思いますが、それぞれの想像に任せてあのアニメの「影」の姿だけで終始通してくれれば尚、良かったと思いましたね。

自分も追っかけとまではいかないのですが、好きなア-ティストが居まして、ライブを見に行ったり、CDを全部買ったりと、それなりに熱かった時期がありました。その時のオフ会みたいな飲み会を思い出してしまい、この作品には大分、共感してしまいました。爆!
ぴ-ちさんにそんな風に言って頂けると、肩身の狭い思いをせずにすんでしまいますね~(^^) ありがとうございますっ

香川さんは「いちご娘」以来、どうしてもお顔を拝見するといつも笑ってしまいますよ。でも良い役者さんでありバイプレイヤ-としても強烈な個性が光る素晴らしい人だと思います。

いつも本当にありがとうございます。またお邪魔させて頂きますね~(^^)
2008-12-22 Mon 17:19 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
★ 好きな作品です。
こんにちは~
熱い物がありますね(^^;
この作品は世界に配給出来るレベルが有ると思いますね。今度舞台でやるそうですが、
こういう邦画をもっと見たい物です。

2008-12-24 Wed 11:58 URL | ワトソン #-[ 内容変更] | top↑
★ ワトソンさん ありがとうございます。
ワトソンさん(^^)こんばんは!
いつもありがとうございます。

ワトソンさんもこの作品をお好きだったですか~。仰る通りかなりハイレベルな作品だと思います。
主要たった5人で、狭い一室という空間のみで繰りひろげられる濃密なミステリ-であり、コメディ要素もたっぷりミックスされたエンタテイメント作品でした。

なんて、生意気な事を書いてますが、自分はこのオタク的な要素が一番、ツボにはまりました。ああいった世界は本当にアツイと思います。
でもきっちりミステリ-していた部分は本当に、レベルが高い作品だと思います。

昔はあまり観なかった邦画ですが、最近は面白い邦画が沢山ありますね。とても嬉しく思っています。
もっと日本の映画関係者の方に頑張ってもらい、ハイレベルな作品をもっと出してもらいたいですね!

いつも本当にありがとうございます。(^^)
2008-12-24 Wed 18:22 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| RELAX TIME |

ブログ内検索

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。