スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
マルホランド・ドライブ
2008-11-06 Thu 19:31


マルホランド・ドライブ

【スト-リ-】
真夜中のマルホランド・ドライフ゛を走る車が事故を起こす。一命をとりとめた女は、高級アパ-トの部屋に忍び込んだ。そこは女優志望のベティが叔母から借りていた部屋。ベティはその女を叔母の友人だと勘違いし、女も話を合わせるが彼女は記憶喪失になっていた・・・。

「ツイン・ピ-クス」のデヴィット・リンチが放つ、美しくも妖しいワンダ-・ミステリ-。
(参考 Amazon より)

【レビュ-】
色々と評価も高く、ドンデン返しのある映画作品として有名だという事で、以前から鑑賞したかった作品でした。

鑑賞したのですが・・・正直、理解が出来ませんでした。汗っ
ドンデン返しがある ということだったので何も知識をいれずに楽しみにして観てしまった為、内容がチンプンカンプン。
難解な作品を好む自分でも、もう何が何だか解らなかったです。とても難しい作品でした。

ですので、「マルホランド・ドライブ」とググってみると、出るわ出るわ。 この作品を解読しようとネタバレ、解説サイトが多い事。
それだけ他の方もこの作品の本当の意味を分からず、自分と同じ状態になっている人が多いのだなと妙に納得してしまいました。

それで、ここ何日か夜も眠れずにこの作品を考えていたのですが、解説サイトを見てしまいました。
レビュ-ア-として失格です。自分も残念です。

解説サイトによると何点かの場面の意味は自分と同じでしたが、あとは色々な意見があり、未だに自分も混乱しています。

この作品は、今まで鑑賞した中でも意味を解く事の出来ない難解な作品となってしまいました。自分の中の迷宮入り作品です。

しかし、この作品には正確な答えというのは存在しないのではないか?この作品の解釈は鑑賞した観客に委ねられているのではないか?という結論には達しています。勿論、これこそがリンチ監督の真骨頂というものなんだそうですが、その独特の世界観は本当に反則です。

この作品の監督デヴィッド・リンチの遊び心もある隠されたメッセ-ジ。というか、ハリウッドに対しての皮肉や裏の世界をこの作品で観客に伝えようとしているというのと、この作品が完全に解ってしまうとハリウッドから強烈な圧力がかけられてしまうという事もあるのでしょう、そんな描写も含まれていました。ですからこの作品は大いに、観客の想像力に答えを預けているのではないかなと予想してしまいます。

リンチ監督はこの作品で「ハリウッドのダ-クサイドを描きたい」と述べていたそうで、スト-リ-もハリウッドを舞台にしたミステリ-ですね。
映画産業という巨大な市場はとても華やかに見えますが、その裏舞台はドロドロとしたまのが暗躍し、成功しているほんの一握りの映画人に隠れて未だに陽の目を見ない俳優や監督、スタッフなどがうごめく世界なのだと思いますね。

この作品を観るにあたって10のヒントがリンチ監督から出されていたそうです。映画公開時にはオフィシャルサイトで載っていたものだそうです。ですから、このヒントを頭に入れても謎解きは楽しめるものとなっていますね。
自分はこうしたものに一切、目を通さなかったので全然、訳が解らずモヤモヤしたものとなってしまいました。
これから鑑賞するという方はヒントにしてみると、少し理解出来るかも知れませんね。

ヒント1 映画の冒頭に特に注意を払う事。少なくとも2つの手がかりが、クレジットの前に現れている。 

ヒント2 赤いランプに注目せよ!

ヒント3 アダム・ケシャ-がオ-ディションを行っている映画のタイトルは? そのタイトルは再度、誰かが言及するか?

ヒント4 事故はひどいものだった。その事故が起きた場所に注目せよ。

ヒント5 誰が、何故、鍵をくれたのか?

ヒント6 バスロ-ブ、灰皿、コ-ヒ-カップに注目せよ。

ヒント7 クラブ・シレンシオで彼女たちが感じた事、気づいた事、下した結論は?

ヒント8 カミ-ラは才能だけで成功を勝ち取ったのか?

ヒント9 レストラン「Winkies」の裏にいる男の周囲で起きている事に注目せよ。

ヒント10 ル-ス叔母さんは何処に居る?



この超難解なミステリ-に知識ゼロで挑むか?このリンチから出されたヒントを手がかりにじっくり鑑賞してみるか?
きっと皆さんも曲がりくねったマルホランド・ドライブの、迷宮のような道に迷い込むでしょう。

我こそは と思われる方。このミステリ-を解いて、自分に教えてください。お願い致します。
こうして、多くの人の解釈を見合って、謎に迫っていくという楽しみ方がこの作品の一番の魅力なのかも知れませんね。
ただ、めちゃめちゃ難しい上に、めちゃ尺が長いので、結構疲れてしまう作品でもありました。

自分は多くの人の解釈を知るのが今後の楽しみになっています。当分、迷路の道から抜け出せそうにありません。

皆さんも是非、トライして迷い込んでみて下さい。(^^)

ユウ太的評価 5点
自己評価ですのでご了承下さい。
皆さんもよろしかったらコメントに評価を入れて下さいね。
スポンサーサイト
別窓 | サスペンス | コメント:3 | トラックバック:1 | top↑
<<12人の優しい日本人 | RELAX TIME | 邦楽 旅立つ日~完全版 / JULEPS>>
コメント
★ 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008-11-06 Thu 20:30 | #[ 内容変更] | top↑
書き出すと、とっても長くなるのでTBさせていただきます(笑)。未だに正解は分かりません(多分正解はないと思っています。)。観るたびになんとなく感じ方の変わる珍しい作品ですが、こういうのがいわゆるカルトムービーと呼ばれる作品なんでしょうね。好き嫌いは分かれると思いますが、想像力をめちゃくちゃ刺激してくれる作品だと思います。

「レッドクリフ」、曹操ファンの方にはちょっと納得できないパート1かもしれません。パート2への布石だと思うので、パート2も観てみないと分からないんですけどね・・・
そのほかに関してはほんとに面白かったですよ。

「エンゼルハート」、面白いですよね。最後に、デニーロの目が光るシーンで終わると思うんですが、あそこだけ余分だったような・・・ 他はとっても怖かったです。今日の記事で挙げた作品は記事を書こうと思ってるんですけど、「ホステル」のような直接見せるのは、ゲって思うんですが怖くはないです。ゲっの最高峰は「食人族」かな?(最近、再度レンタルDVD出ました)
あれ観たら大抵OKになります。怖さでは、やっぱり日本を含めたアジアのホラーだと思います。湿った感じの怖さというのでしょうか、欧米のドライな怖さと違って観終わった余韻が違う気がします。たくさん挙げていただきありがとうございました。参考にさせていただきます。
2008-11-06 Thu 20:53 URL | Whitedog #-[ 内容変更] | top↑
★ Whitedogさん ありがとうございます。
Whitedogさん(^^)こんにちは!
いつもありがとうございます。
それとお返事がとても遅くなってしまい大変、すみませんでした。

この「マルホランド・ドライブ」は本当に難解な作品で、自分としてはお手上げ状態です。何度も鑑賞して色々と答えを見つけていく作品なのでしょう。しかし、仰るように正解は無いと思いますし、尺が長いので何度もトライするのはちょっと難しいです。
これの解説は確かに長くなる事と思います。ですのでTBをして下さったとの事。本当にありがとうございます。
Whitedogさんのレビュ-を見るのを楽しみにしています。
また拝見しましたら、コメントさせて下さいね。

「レッド・クリフ」は昨日、劇場に足を伸ばそうと予定していましたが、違うものが入ってしまい断念してしまいました。折りを見てなんとしても劇場で鑑賞したいと思っております。
因みに、今現在、横山光輝氏の「三国志」は丁度、赤壁の戦いを読み終えました。ですので余計に観たい病が重くなっています。涙。

ホラ-特集も楽しく拝見させて頂いております。
自分もモロに見せる描写はあまり好んではいません。というか別に怖いとは思わないので直接的なものはあまり好きではありません。
「食人族」は昔、何種類かありましたね。自分は挫折しそうなので観ていませんが、かなりエグそうですね。最初は南米の奥地でビデオが見つかったという、本物のテ-プみたいな触れ込みでしたが、途中で作り物とネタバレがあってから鑑賞してみるかなと思いましたが、出来ずに現在に至っております。

Whitedogさんの特集をとても楽しみにしておりますのでまた、後ほどお伺いさせて頂きます。

いつもありがとうございます(^^)
2008-11-10 Mon 11:45 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
「マルホランド・ドライブ」 上映時間   146分 製作国     アメリカ 公開情報   劇場公開(コムストック) 初公開年月  2002/02/16 監... …
| RELAX TIME |

ブログ内検索

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。