スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
キリング・フィ-ルド
2008-11-19 Wed 18:06


キリングフィ-ルド

【スト-リ-】
70年代のカンボジアでは内戦が続いていた。ニュ-ヨ-クタイムズの記者シャンバ-グは、現地で取材助手のプランと知り合う。
だが、共産勢力「赤いクメ-ル」が攻勢をかけ、シャンバ-グはやむを得ず帰国、そしてプランは捕らえられてしまう。プランが決死の覚悟で脱出を図るが・・・。
そこで目の当たりにする光景は直視する事も出来ない悲惨な光景「キリングフィ-ルド」だった。

実在の記者シドニ-・シャンバ-グが書いた、ピュリッツァ-賞受賞作の映画化。ロン・ノル政権と「赤いクメ-ル」の内戦に、身も心も焦土化したカンボジアを描く。
85年度アカデミ-助演男優賞、撮影、編集の3部門受賞作品。

【レビュ-】
大分、昔に鑑賞した作品でしたが、昨年に自分の友人がカンボジアを訪れたという事で、何ヶ月か前に再見しました。

カンボジアに出かけた友人は世界をハ-レ-で走り回っている女性です。見た目も行動も豪快で現在は香港でフィアンセと住んでいます。
その彼女が今年の正月の年賀状に、カンボジアでのツ-リング先で撮った写真の年賀葉書をくれたのです。
その写真には、キラキラとした笑顔で一杯のカンボジアの子供と一緒に写っている彼女の写真でした。
その後、その彼女に会い「キリング・フィ-ルド」には行った?と質問すると、現地に行ったらとても見る事は出来ない。と言っていました。

今現在でもカンボジアに残る傷跡と「キリングフィ-ルド」。そんなに昔ではない時代に起こった悲劇はこの作品で知る事が出来ます。

内戦での目を覆いたくなるような殺戮と悲劇は多くの犠牲者を生みました。この内戦では100万人以上の死者を生み、虐殺で多くの人の命が奪われました。
この映画はとても凄惨な描写が沢山、登場します。
ここであまり多くは触れたくはありませんが、その光景は凄まじいものでした。

作品で描かれている、虐殺に多く関わっていたのは子供達でした。とても悲しい、やりきれない作品。実際の状況と、この作品の内容が少々、違うという声はありますが、このような悲惨な内戦が起き、キリング・フィ-ルドという大量殺戮がおこなわれたという刑場は現在も残っています。

カンボジアは現在でも地雷や不発弾が大量に残されており、立ち入り禁止の危険地帯が数多くあると言います。

友人からもらった葉書の子供達は、そんな事を感じさせない位の、本当に可愛らしい笑顔でした。
その子供達の笑顔が消えないように、こんな悲劇が起こらないように、こうした映画を鑑賞するのは意味があると思いました。

ただ、物語の最後に流れてくるジョン・レノンの「イマジン」は少し哀しいくらい、この悲劇の作品による衝撃によって浮いてしまった感じがしてしまいました。
「イマジン」は好きな曲なんですけどね。

自分も機会があったら、一度カンボジアを訪れて「キリング・フィ-ルド」と子供達の笑顔を見てみたいです。



ユウ太的評価 7点
自己評価ですのでご了承下さい。
皆さんもよろしかったらコメントに評価を入れて下さいね。
スポンサーサイト
別窓 | ドラマ/戦争 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<アメリカン・ギャングスタ- | RELAX TIME | 運動靴と赤い金魚>>
コメント
★ こんばんわ^^
この映画は見ていないんですけれど
たぶん見れないと思います。
カンボジアの事もアフリカの西海岸あたりの事も
少し聞いて知っていますし、自分でもかなり調べた
事があります。

人はなぜ殺し合うのでしょう?
今でも、地域的な戦闘は後を絶たないですよね。
とても悲しく思います。
イマジン好きです。
ちょっと理想主義的だなあとは思いますが・・・
2008-11-20 Thu 20:48 URL | たえ #fddzkx5k[ 内容変更] | top↑
★ たえさん ありがとうございます。
たえさん(^^)こんばんは!
コメントをありがとうございます。

この作品、自分が好きなリラックスや癒しとは、とてもかけ離れてしまってる作品です。
とても酷い描写が沢山あります。

ですので皆さんにはお勧めは出来ません。ですが、こうした悲劇を知るという事は意味があると思いますので、映画レビュ-としてご紹介させて頂いております。

このカンボジアやアフリカ以外にも世界には多くの悲劇が生まれました。
現在でも世界の何処かで争いやこうした悲劇は繰り返し起こっています。
自分なんかが考える平和は遠い理想になるかも知れませんが、絶対に誰もが幸せな生活を願っているはずですよね。

皆が心を安らげ、穏やかにになれば争いは起こらないのでしょうが、これはやはり理想論なのでしょう。

しかし、少しでも皆さんが穏やかになれるように、「癒し」を発信していけたらと思い、皆さんが穏やかに と願っています。
自分なんかは本当に僅かなものですがね。

「イマジン」好きな曲です。 しかし、この作品は重すぎです。ジョンが平和を願い歌ったこの曲も、この悲劇の前では少し霞んでしまうくらいでした。

皆がジョンの様に平和を願えば少しは争いが無くなるのでしょうか?

今年もまたジョンとヨ-コの幸せな「Happy Christmas」を平和に聴きたいものですね!(^^)

いつも本当にありがとうございます。(^^)
2008-11-21 Fri 19:13 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| RELAX TIME |

ブログ内検索

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。