スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
邦楽 RAMP IN / 角松敏生
2008-10-24 Fri 16:53


【解説】
東京都出身のミュ-ジシャン、音楽プロデュ-サ-。
日本大学在学中にギタリストとして作成したテ-プがきっかけで、ボ-カリストとして1981年デビュ-。
非常に都会的で洗練されたサウンドと、深い詩世界を持った大人の曲を作るシンガ-・ソングライタ-。
プロデュ-サ-としても杏里の「悲しみが止まらない」や中山美穂の「You’re My Only SHININ’STAR」などヒット曲を手がけ、長野オリンピックでは「WAになっておどろう~イレアイエ~」が起用され、オリンピックの開会式、閉会式で歌唱する日本人は角松敏生が初である。

この曲は85年に起きた航空機墜落事故の乗客乗員に捧げて作られたアルバム、「Ts BALLAD」に収録されており、この曲の世界観「空港」があの事故にピンポイントで製作されている。
角松自身、後のベストアルバム「1981~1987」の中で、「自分自身、こよなく愛してきた曲。」と綴っている。


今回の一曲は角松敏生「RAMP IN」です。この曲は1985年8月に起こった日本航空123便墜落事故で亡くなった乗客乗員の方々に捧げる曲として作成されている曲だという事です。

この曲の中の世界は空港でのスト-リ-となっていますが、この詩世界は世の男女の出会いと別れ、惜別にも精通しておりファンの間でもとても愛されている曲となっています。
最初にリリ-スされた「T’s BALLAD」はバラ-ドアルバムとなっており、自分も多感な時期を角松敏生の曲とも一緒に過ごしてきました。
なかでもこの「RAMP IN」には癒されたり、励まされたり、時には人との別れの時に聴いて涙したりと、自分にとっても思い入れのある、好きな曲です。

人って「空港」とか「駅」とかを出会いと別れをイメ-ジする場所として、すぐ思い浮かべてしまいますよね。この曲もそんなに男女の世界を歌にしております。
秋も深まりこれから冬へと移り変わっていくこの季節にもピッタリな曲。

そしてこの動画はフジテレビの深夜に流されていた、ファンには貴重な映像です。
この曲の詩世界である空港をバックに流れるこの歌は、静かに胸に染みてくる事と思います。

「気がつけば あなたの胸に・・・ RAMP IN・・・」

季節も、そして景気も寒くなってくる今日この頃。皆さんの心の中にもポッと明かりが灯りますように・・・
スポンサーサイト
別窓 | 癒しの一曲 邦楽編 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<アラビアのロレンス | RELAX TIME | 恋しくて>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| RELAX TIME |

ブログ内検索

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。