スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
父の祈りを
2008-10-20 Mon 17:17


父の祈りを

【スト-リ-】
1974年、ロンドンでIRAのテロによる爆破事件が起き、その犯人としてアイルランド人の不良少年ジェリ-や、その父親ジュゼッペらがいわれなき罪に問われ、投獄されてしまった。
獄中から無実を訴える運動を続ける父。しかし、ジェリ-はシニカルに、そんな父を見つめるのみだったが・・・。
実際に起きた冤罪事件をジム・シェリダン監督が映画化。

「ギルフォ-ド・フォ-事件」と呼ばれた実話に基づく親子の愛と苦悩を描いた、社会派人間ドラマ。

【レビュ-】
冤罪により投獄されてしまった人々を描いた作品でしたが、深い人間ドラマがこの作品にはありました。
無実の者が投獄されてしまう というような作品は色々、製作されていますが、また一味違った物語。親子の愛情劇も盛り込まれた、見応えのある作品でした。

イギリスと北アイルランドの民族対立、IRA(アイルランド共和軍の略)の様々な事件を背景に物語は進んでいきます。
何もしていない青年たちとその家族が、いきなり罪人に仕立て上げられ投獄される。
この過程が何とも理不尽で恐ろしいものでした。

尋問や虐待、脅しなどで自供書にサインさせられ罪人にさせられてしまう事。司法とは無実の者を罰してはならないはずなのに、とても許せませんしまた同時にやるせない気持ちになりました。
こうして裁判になり、一審では勿論、全員有罪。そこには憎しみと偏見が大きく影響していました。

イギリスの大きな影の部分、この両国の間には当時、深い溝があり、暴力対暴力という構図は悲劇しか生まないと改めて教えられました。

この作品ではここから親子のドラマが進んでいくのですが、ここでは書きません。
しかし、この父と子の関係がとても良かった。この父子の愛情溢れる人間ドラマでした。
最初は互いにかみ合っていませんでしたが、長い年月の間、次第に変わって行きましたね。
ネタバレになってしまうのでもう、これ以上は書けません。

この素晴らしいドラマを盛り上げていたのが、各人の熱演だったと思います。主演のダニエル・デイ=ルイスと父親のピ-ト・ポスルスウェイトの親子劇が素晴らしい演技。特に父親の愛と苦悩で揺れる姿がとても印象でした。
また、この親子と家族、青年たちを弁護する女性弁護士のエマ・トンプソンもまた迫真の演技でした。

ラストのエンディングは自分も吼えたくなるほど、見応えのある物語でしたね。

色々なものが詰め込まれた社会派ドラマ。当時の不安定な情勢と冤罪で無実の罪を被った人々の事件を知る事も良いですし、俳優たちの熱演も素晴らしい、鑑賞するには十分の作品だと思います。

ユウ太的評価 8点
自己評価ですのでご了承下さい。
皆さんもよろしかったらコメントに評価を入れて下さいね。
スポンサーサイト
別窓 | ドラマ/実話 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<邦楽 Day By Day / KAN | RELAX TIME | 100の質問に答えます。 Q.81~90>>
コメント
U2が好きで、IRAのことはそれで知ったのですが、いろんな作品がありますね。ダニエル・デイ=ルイスの出演作は、これがはじめて観た作品でしたが、昔っからすごい人ですね。お父さんとのやり取りもよかったです。
>ラストのエンディングは自分も吼えたくなる
よ~くわかります(笑)。

「レッド・クリフ」は、今回の上映が日本初ではなくて、既に試写を観たブロガーさんの反応は賛否いろいろみたいです。予告は面白そうですけどね。先月号の「映画秘宝」で特集してたのがとっても分かりやすかったですよ。まだ置いてるかな?
2008-10-21 Tue 21:29 URL | Whitedog #-[ 内容変更] | top↑
★ Whitedogさん ありがとうございます。
Whitedogさん(^^)こんにちは!
いつもありがとうございます。

おぉ♪ U2ですかぁ(^^)なるほどです。
確かにIRAが絡んでいる作品は多いと伺っております。この作品はそんな中でも評価が高いようですよね。
実話と言うことで、やはり訴えてくるパワ-は強く、深く考えさせられる作品だと思いました。
同時に、親子の愛情劇も胸を打つ、とても良い作品だと思いました。

ラストは本当にそうですよね~(^^) それだけ感情移入させられてしまい、引き込まれる作品でもありました。
共感して頂いて、嬉しいです♪

「レッド・クリフ」は確かに賛否両論あるようですね。
多分、漫画チックな描写が多いのでしょう。歴史スペクタクルを大げさにやってしまっているのかなと密かに思っております。
自分は横山光輝氏の「三国志」が好きなので、各武将が桁外れに強くても全然大丈夫ですが。「三国無双」のゲ-ムのような世界観でしょうか?
どちらにしても、とても楽しみな作品ですね。
「映画秘宝」の情報もありがとうございます。
見かけたらチェックしてみようと思います(^^)

いつも本当にありがとうございます。
2008-10-22 Wed 17:42 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| RELAX TIME |

ブログ内検索

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。