スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
IT/イット
2008-10-11 Sat 18:52


IT.jpg

【スト-リ-】
メイン州デリ-の町で起こった不可解な子供の連続殺人事件。それを知ったマイクの脳裏に、かつて6人の仲間と共に見も凍る異常な体験をした記憶が蘇る。
血の滴るアルバム、鮮血を吹き出す蛇口、そして背後から忍び寄る邪悪な影。
この殺人事件とおぞましい体験のつながりを確認したマイクは、恐怖に震えながら6人の幼友達に連絡した「IT=あいつが戻ってきた」と・・・。

メイン州デリ-に棲みつき、27年毎に凶暴を繰り返す邪悪な存在「IT」。1958年、この邪悪な存在に挑み、立ち向かった7人の子供たちが27年後の1985年に再び再会する・・・。
スティ-ブン・キング原作の独特の世界観を持つホラ-作品。
(参考 Anazon より)

【レビュ-】
ホラ-小説の巨匠、スティ-ヴン・キングの原作を映画化した作品で、当時VHSビデオ・パッケ-ジを見て「こりゃ ヤバイっ」と感じ鑑賞しました。
そのパッケ-ジには「ピエロ」のおっかない顔が描かれており、とても興味をそそられたのです。
自分はそうでもないのですが、中にはピエロが怖いと感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

自分の知人の話しで、その人の幼い頃に、ピエロが夜中にベッドに現れて怖い体験をした。とか、もう一人ある人物は、やはり幼い頃、家の庭で遊んでいたらピエロがこちらをずっと見ていて「ニタ~っ」と笑ってきた。その目はとても恐ろしかった。という話を聞いたことがありました。
その二人は、幼い頃にそうした怖い体験をしてしまった為、ピエロという存在が恐怖というトラウマをもってしまったのです。
自分はこの作品を観て、その二人に「お前等が小さいときに会ったピエロは、このペニ-・ワイズだったんじゃね?」と脅かしておきました。

なんて、つまらない小咄はここまでで、実はこの作品、映画ファンには評価が低い作品となっています。ホラ-作品としてはイマイチなのでしょうかね?

自分はこの作品がとても好きなのですが、その登場してくる殺人ピエロのペニ-・ワイズがとても恐ろしいのですが、滑稽でなんだか愛おしいキャラに見えてくるというのと、7人の少年少女たちがこの悪魔に立ち向かっていくというスト-リ-が、あの同じくキング原作「スタンド・バイ・ミ-」のような情景が出てくるからなんです。

大人になった7人はそれぞれ他の町で生活をしているのですが、町に一人残ったマイクが不可解な子供の殺人事件に遭遇し、「IT=ヤツ」が戻ってきたと昔の友人たちを呼び寄せる所から始まり、物語の前半部分が7人の人物が少年時代に体験した恐怖の回想シ-ンで構成されていて、その少年時代がとても良いスト-リ-になっているので、すごく好きになったのです。

7人それぞれの恐怖体験は味があり、B級の臭いもプンプンするものとなっていますが、如何にもキングらしい作品。評価が低かろうが自分はとても好きです。

それから、大人になって27年振りに7人が再会し(厳密に言えば6人)、子供の頃から抱える恐怖に打ち勝つ為にも、ペニ-・ワイズに立ち向かっていくというスト-リ-です。

ここからが評価が低くなってる元凶とも言えるものになっていくのですが、まぁ正直、自分も最後の方は「なんじゃ、こりゃぁぁぁ!」となってしまったわけですが、原作に忠実だと言うこと、そして、原作では何故そのような形になったのかという表現がちゃんと盛り込まれているという話を見たことがあります。が、映画ではそこら辺の描写が抜けてしまっているようですね。

前半部分と後半途中までは非常に面白いと思います。最後はご愛敬ということで流して頂ければ楽しめる作品だと思います。自分はホラ-だとも思いますし、少年時代の青春ドラマとも思います。

因みにこのピエロの化け物ペニ-・ワイズは実在の連続殺人犯がモデルになっているということです。
1972年から1978年の間に少年を含む33人を殺害したジョン・ケイシ-という人物がこのペニ-・ワイズのモデルになっていて、「ピエロ」というある種、異様な体系というのは、ジョン・ケイシ-がよくパ-ティ-などでピエロに扮して人々を楽しませていたというエピソ-ドがあったようです。
こうした経緯からジョン・ケイシ-は「キラ-・クラウン」(殺人ピエロ)という異名がついたという、また彼はピエロの絵を沢山書いていたらしく、この絵画はマニアの間で大変人気が高く、高額で取引されているようで、あのジョニ-・デップも購入して所有しているというオマケつきの人物であります。

ていうか、この作品よりジョン・ケイシ-の事件の方がやっぱり怖いですね。汗っ

しかし、この作品が公開されてからピエロを怖がる人が現れるようになったという逸話がついております。
この作品を観た後 夜、床についていたら目の前にいきなりロ-プが張ってあって、その上をピエロが綱渡りしていて、そいつが急にふりかえり、こちらをギラっと睨みつけた。なんていう体験に遭遇するかもしれませんよ!(上記の恐怖体験談 A.N さんの体験より)

子供に観せてしまうと、トラウマになってしまうかも知れませんので、ご注意を。

ユウ太的評価 7点
自己評価ですのでご了承下さい。
皆さんもよろしかったらコメントに評価を入れて下さいね。


スポンサーサイト
別窓 | UNRELAX /ホラ-、etc | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
<<モンスタ- | RELAX TIME | 洋楽 あなたにいて欲しい / スウィング・アウト・シスタ->>
コメント
これ、面白いですよね。スティヴン・キング原作ののTVMだと、これと「デッドゾーン」は抜群に面白いと思います。「シャイニング」(キング本人が作ったTVMの方)は映画に比べたら面白くなかった(原作にはこっちの方が近いんですけど)です。
Itは、原作もとても面白かったです。
2008-10-11 Sat 19:25 URL | Whitedog #-[ 内容変更] | top↑
★ 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008-10-12 Sun 23:02 | #[ 内容変更] | top↑
★ Whitedogさん ありがとうございます。
Whitedogさん(^^)こんにちは~
いつもありがとうございます。

この作品、ホラ-ファンからすると駄作だと思われているようですが、自分も面白いと思いますし、好きな作品です。

何て言うか、「キングの作品」ていう感じがとても強くて、また「スタンド・バイ・ミ-」のようなあの世界はとてもたまらなく、夢中で鑑賞しました。
自分は原作は読んでいないのですが、何かの映画作品でこの「IT」の小説を登場人物が読んでいるシ-ンが出たのを見たこともありました。 何の作品だったかな~

それだけ原作も人気があるのでしょうかね?

「シャイニング」もキュ-ブリックのものは本当に怖くて、何て事ない映像もとても恐ろしい、センスを感じた恐怖でした。
キングが手がけた方も鑑賞していますが、キングの「シャイニング」は原作に忠実な仕上がりと読んだ事があります。
自分はキングの「シャイニング」も、とても彼らしくて割と楽しめたほうです。(あのライオンの雪像が追っかけてくるシ-ンとか)

Whitedogさんはとてもお詳しくて、また原作も色々と読んでおりますので、自分もとても参考になります。

いつもコメントでも教えて頂きまして本当にありがとうございます。(^^)
2008-10-13 Mon 15:20 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
★ ☆ さん ありがとうございます。
いつもありがとうございます。(^^)

そうでしたか~(^^)
ホラ-作品として評価は低いですが、自分はとても面白く鑑賞できた作品です。

機会がございましたら、ご覧になってみて下さいね!
また感想をお寄せ頂いたら幸いでございます。(^^)

コメントをありがとうございます。また宜しくおねがいいたしますね(^^)
2008-10-13 Mon 15:26 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
★ [色:CC0000]色付きの文字[/色]イット大好き
僕はまだイットを観たことないんです?
なんとか観たいなと
思っています?
2009-03-07 Sat 08:01 URL | 英二郎 #GdAGOLT6[ 内容変更] | top↑
★ 英二郎さん ありがとうございます。
英二郎さん(^^)こんばんは!
ご訪問とコメントをありがとうございます。

英二郎さんはまだ鑑賞してらっしゃらないとの事ですね。
この作品はホラ-ですがとても面白いと自分は思います。

多少、尺が長いのでお時間がある時になど是非一度、ご覧になってみて下さいね!

コメントを本当にありがとうございます。(^^)
2009-03-07 Sat 18:31 URL | ユウ太 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| RELAX TIME |

ブログ内検索

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。