スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
アマデウス(再見)
2010-10-13 Wed 18:43
毎月恒例の、第13回「ブログ DE ロ-ドショ-」に今回も参加させて頂きました。

今回、イベントの開催時が個人的に試験の期間にバッティングしてしまいまして記事のUPが大変、遅くなってしまった事をお詫び申し上げます。

いつも企画を告知、業務連絡等をとりまとめて下さっているmiriさん、そして今回の作品選定をして下さいましたロッカリアさん、ご苦労様でした。(^^)


さて、試験期間ではありましたが鑑賞期間の最終日に当たる10月3日に国家試験を昼間に終え、帰宅してからゆっくりと鑑賞致しました。
それまで試験勉強もなんとかやっつけではありましたが、精力的にこなし本番も無事に終える事が出来た安堵の中、このような素晴らしい映画をまた心から堪能出来ました事は本当に至福の喜びです。
3日の試験終了後、その夕刻過ぎに解答速報が出たので自己採点してみたら筆記試験はどうやら突破した模様であります。(^^)というわけで二重の喜びの中、この「アマデウス」を鑑賞出来ました。

この映画は自分は再見となります。前回はディレクタ-ズ・カットを観ていないと思っていたのですがしっかり鑑賞していました。でも今回はブル-・レイをチョイス。音響もボリュ-ムを上げていざ鑑賞。
いやはや、この季節に、そして緊張から解かれた開放感も手伝って芸術作品の様なこの映画はこの時の鑑賞にベス
トな作品でありました。(^^) ロッカリアさん 本当にありがとうございます。(^^)




目にする美術や装飾品の見事さ、そして何と言っても素晴らしい音楽を耳にしてまさに癒しの時間となりましたが今回はまた違った印象をこの映画から受ける事となりました。

前回の鑑賞ではモ-ツァルトその人のことを色々と思わされましたが、再見となった今回はサリエリに注目して鑑賞する事が出来ました。


前回はサリエリという男を、モ-ツァルトの神懸かった天賦の才能に嫉妬し、その天才的な音楽を誰よりも理解してしまう自分の才能を呪い、神をも呪う哀れな人物だと受け止めていました。
自身も宮廷に仕える程の音楽の才能を持っていたサリエリ。その才能とセンスもまた優れ、故にモ-ツァルトの音楽の凄さを誰よりも深く理解していたのでしょうね。

理解出来るからサリエリは同時にモ-ツァルトの生み出す音楽に心酔し、誰よりも愛していたと気が付いたのです。そしてモ-ツァルトの創る世界に神の声を聞き、神の意志を感じたのかも知れません。
それはサリエリもまた天才だったから理解出来たのでしょう。モ-ツァルトの音楽は人間には創り出す事は出来ない、神が創作したものなのだと。

サリエリはモ-ツァルトが創り出す音楽を誰よりも愛していたのだと思います。本当はモ-ツァルトの事も殺すつもりは無かったんじゃないか?

そう思うとこの作品、もの凄い深い人間ドラマに見えてきました。ミステリ-ではなくヒュ-マンドラマに。

この映画はモ-ツァルトの映画ではなくサリエリの物語なんだと今回の鑑賞で感じる事が出来ました。だからタイトルも「モ-ツァルト」とはせず「アマデウス」なのでしょうか。

特に印象に残ったのは「レクイエム」をモ-ツァルトと共に書き上げている時のサリエリの表情。至福に満ちていて神が降りてきているのを感じ取っているかの様なあの顔がとても良かったです。

モ-ツァルトに神を感じたサリエリはその神を恨み憎んだ。モ-ツァルトを亡き者にしようとする事はイコ-ル神に逆らう行為だと思いますが、「レクイエム」を書いてる時にまたその素晴らしい旋律に神の意志を感じ取っているのでしょうね。
その姿は本当に音楽を愛し、神の恩恵に感謝しているかの様に見えました。

通じて、全体的にやっぱりアントニオ・サリエリを演じたF・マーレイ・エイブラハムの演技は素晴らしいとしか言いようがなくなってしまいました。




こうして鑑賞し直し、振り返ってみると前回の記事は、自分もまだまだ青いなと思わざるを得ません。過去の記事


真の天才を唯一、理解する事の出来る天才サリエリの物語。こう思うとまた違ったものが見えてくる。
再見によってこの「アマデウス」がもっと好きになった、そして映画って面白いなぁとまたまた感じる事の出来た今回の「ブログ DE ロ-ドショ-」でした。(^^)


最後に、素晴らしい音楽をもう一度。。。






スポンサーサイト
別窓 | 伝記 | コメント:24 | トラックバック:1 | top↑
| RELAX TIME |

ブログ内検索

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。