スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
2010 全関東大会 in 山梨
2010-07-24 Sat 19:53
毎日、暑くて溶けちゃいそうですね。涙。
ここ最近の猛暑にやられてなかなか記事が書けないでいますが、皆さんはお身体大丈夫でしょうか?


先週、7月17日に仕事関連で山梨に出張してきました。
仕事の組合組織の関東大会で同業者が一堂に会する大会であります。今年は山梨で行われました。同世代の同業者200人から300人が集まる大きな大会です。因みに全日本の大会だと1000人を大きく超えるものとなります。



7月17日、通常ですと自分の住んでいる所から山梨までは2時間半程度で行けるのですが、世間は夏休み直前の3連休。梅雨空け宣言もリリ-スされた連休初日の土曜とありまして、朝5時から渋滞のニュ-スが目に飛び込んできました。

大会のスケジュ-ルでは午前11時に集合・受付開始とあるので自分たちの考えでは一時間前に現地入り出来る朝7時に出発と予定していました。

自分は現在、所属している地域の若い世代で組織されている部会の部長を務めています。前部長と7時に合流し、いざ出発!
首都高速に乗ってから予想通り渋滞の表示。4号線から中央道に抜けるル-トはまずいつもの箱崎が渋滞でそのまま江戸橋JCへ続き、その後は少し順調に進むも高井戸から先は大渋滞との事。相模湖付近まで到着予想時間も読めない様子で「2時間以上」としか表示されていませんでした。

高井戸から中央道へやっと入ったものの、そこからは前部長の愛車BMWもピタッと止まり、一時間で12kmしか進まない大渋滞に見事ハマってしまいました。
途中のSA、PAはかなり前方からエリアへ入る車の列。トイレを我慢出来ず走る人も見られました。

自分たちもPAを3つ程、飛ばして先を急ぎましたがその時刻はとうに集合時間を過ぎています。他の市に所属している各部長さん達、役員さん達も渋滞に巻き込まれているとの情報が入り、自分たちだけじゃないと少し安心しましたが完全に大会には間に合わない状況に、諦めて次のパ-キングで昼食をとる事に。

そしたら他の県の人達もわんさか居て、ここまで来たらしょうがないと楽しく山梨を目指しました。

到着したのは午後2時半。実に7時間半もかかってしまいました。
後でニュ-スを見たら中央道は上野原で50kmの渋滞。こんな渋滞に巻き込まれたのは初の体験でした。
それにしてもトイレはなんとか、尿意をもよおさなかったので良かったです。


到着後は渋滞ですっかり疲れてしまい、行われていた式典、講習会に参加するのが弱冠、辛くなりましたが何とか会場に到着し、為になる話を聞く事が出来ました。
講習会のラスト、来年の大会は我が県で開催され、自分たちがホスト県となるので来年のPRをさせていただくことに。その時に我が県のゆるキャラマスコットである、チ-バくんが登場!まさかのチ-バくんの登場に会場は大盛り上がりでした。


チ-バくん イメ-ジ2

チ-バくん イメ-ジ1


山梨テレビの女子アナさんが、この大会の司会をつとめてらっしゃったのですが、彼女も締めの一言で思わず漏らした様に、最後に全部チ-バくんが持ってちゃいました。強烈な印象を残して来年の大会PRも成功出来ました。チ-バ君ありがとう。そして県庁の皆さんもありがとうです。森田知事もかな?(^^)

その後、懇親会が開かれ飲め飲めの大騒ぎで深夜まで酒を飲み、久しぶりに記憶を飛ばしてしまいました。汗汗汗っ
飲みの後に寿司を食べに行ったとこまではハッキリ覚えているのですが・・・深夜、熱くて起きたらホテルの部屋でキチンとベッドに入ってました。テレビは点けっぱなしでしたが・・・


そんなこんなで怒濤の大会をなんとか、こなしましたが翌日は同業の猛者10人ほどで、山梨といえばこの時期やっぱり桃なので桃園に行き一人3箱ずつのお土産を買い、帰路へと付きました。桃がとても安くて甘くて、すごく美味しかったですね~

帰りはやっぱり2時間半も掛からず、地元に到着。丁度、お昼に帰ってきたのでこれまたやっぱりお寿司屋さんでお腹を満たし前部長と別れて帰りました。


と、そんな感じで全関東の大会へ行ってきました。いや~とてもハ-ドでした。それに山梨やっぱり暑かったです。しかし、山梨の同業の皆さん、本当にお疲れ様でした。本当にありがとうございました。
来年は我が県で開催されるので、すでに準備に追われている状態です。これからまた、そちらでも忙しくなる予感ですが、お酒と映画と音楽と、色々楽しみながら頑張りたいですね!

全関の会員の皆様も、来年は是非お越し下さい!また一緒に楽しくやりましょう!我が県の開催ですから(分からない方にもすでにバレバレですかね?)皆様の期待に応えられる様、しっかり準備しておきますね!


以上、個人的ダイアリ-と業務連絡でした。
スポンサーサイト
別窓 | ダイアリ- | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
邦楽  キミライフ / ナオト・インティライミ
2010-07-15 Thu 18:26






【解説】
ナオト・インティライミ(NAOTO INTI RAYMI)は三重県生まれ、千葉県出身のミュ-ジシャン。かつては「なおと」名義で活動していた。名前の『インティ ライミ』とは南米インカの言葉で『太陽の祭り』を意味する。



中学時代から曲作りを始め、かつて柏レイソルのジュニアユースチームにも所属していたこともあり、高校時代には柏市内でストリートライブを行う。

2001年メジャーデビュー(「なおと」名義)。3枚のシングル、1枚のアルバムをリリースをするも、2003年8月から2004年末まで「世界一蹴の旅」として世界一周28カ国を515日間かけて一人で渡り歩き、各地でLIVEを行い、世界の音楽と文化を体感。帰国後の2005年4月からナオト・インティライミ名義の活動を開始する。

2010年4月7日、シングル「カーニバる?」でメジャーデビュー。5月19日に2ヶ月連続となる2ndシングル「タカラモノ~この声がなくなるまで~」をリリースし、レコチョクの着うたフル(R)チャートで5週に渡りTOP10内にランクイン、ロングヒットを記録。
そして7月7日には待望の1st Album「Shall we travel??」をリリース!
9月より初の全国ツアーをスタートし、12月13日には、早くも武道館公演が決定している。


彼が有名になる以前にも行った世界への旅、そしてその後再び行った「世界一蹴の旅」の道中に様々なエピソ-ドがあり、一部抜粋すると
1999年 9月にニューヨークのアポロシアターに出演を果たしたり、2002年 4月のアフリカ一人旅では、ケニアでの飛び入りライブで現地人から絶賛される。その後の同年11月の南米ブラジルの旅では、アマゾン川岸のビーチにて地元TV局の野外イベントに飛び入り出演。等々。

そして2003年8月から2004年末まで、世界一周の旅へ出かける。 その中の最大のエピソ-ドでテレビの情報番組でも取り上げられた中東パレスチナにて、アラファト議長の前で単独、「上を向いて歩こう」を歌い、マンツーマンで平和について語り合った。

また音楽と共にサッカ-でも各国の人々と交流を持つ中、エジプトではプロサッカー選手にスカウトされ、本気で悩む事もあったという。

まさに、「インティライミ」の名の通り太陽の様なお祭り男。それがナオト インティライミである。




自分はこのナオト インティライミをずっと前から知っていました。
最近は大手紳士服の会社のCMに曲が起用されたりと一躍、有名になりましたが彼は以前、地元のラジオFM番組でDJを努めていて、その頃から自分は彼の明るい、前向きなキャラが好きでありました。(この時はナオト名義)
因みにDJのパ-トナ-を務めていたのが、今はTBSで朝のお天気お姉さんをしている「ねもみ」こと、根本美緒さんでした。

この頃に新星堂限定発売によるシングルをリリ-ス。その曲「イタレリツクセリ」は曲もPVも格好良くて、とっても好きでした。

ラジオ番組を降りてからは、なおとはどうしているのだろう?なんて思っていたのですが、最近の、ナオト インティライミとして活躍しているのを嬉しく思っていました。

そして「タカラモノ~この声がなくなるまで~」で一気にブレイク。アラファト議長との対談?もメディアで取り上げられ、自分も記事で紹介しようかと思っていたのですが、今回また素敵な曲をリリ-スしてくれました。

癒しの曲としては今回の曲の方が、心にくる曲だったので個人的に満足しています。

自分もずっと忙しくて、プライベ-トの方は思う様に行かない事もあったり、休みが無かったりと、家族と過ごす大切な時間が少なかったりしています。
皆様の中でも、仕事や時間に追われて大切な人と一緒に過ごす事が難しい方もいらっしゃると思います。
そうした方々には、きっと心に迫ってくる曲だと思いますね。


明るく前向きなお祭り男の、ちょっぴり切ないナンバ-。忙しい人に是非、聴いてもらいたい曲です。(^^)

この曲のフルPVがなかったので残念でしたが、とても可愛い映像です。その絵でも癒されると思いますよ!


ナオト インティライミのものはこちら







別窓 | 癒しの一曲 邦楽編 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
カプリコン・1
2010-07-13 Tue 19:51




カプリコン・1



【スト-リ-】
初の有人火星探査船カプリコン1に打ち上げ直前トラブルが発生、3人の飛行士は国家的プロジェクトを失敗に終らせないため、無人のまま打ち上げられたロケットをよそに地上のスタジオで宇宙飛行の芝居を打つ事になる・・・。

NASAが仕組んだ巨大な陰謀談を、ジャンルの選択が難しいほどにありとあらゆる要素を叩き込んで造り上げられた極上のエンタテインメント。





【レビュ-】
「第11回 ブログ DE ロ-ドショ-」!!

時間が経つのは早いものでもう7月。今年もあっという間に半年が過ぎてしまいました。
毎月の楽しいイベント「ブログ DE ロ-ドショ-」も前回からすぐにやって来たという感じで慌ただしかったですが今回も楽しく参加させて頂きました。

その「ブログ DE ロ-ドショ-」も1周年という事で本当におめでとうございます!!とても素晴らしいですね!

今回作品をチョイスして下さったのは白くじらさんです。 お役目を本当にありがとうございました。(^^)

今回の作品は「カプリコン・1」。自分は未見でした。
作品のタイトルとパッケ-ジは存じておりました。この映画も観なくちゃ!と思っていた作品でした。
しかし、自分は勘違いをしておりましてこの映画、火星探検の物語だと認識していたんです。汗汗汗っ

今回この「カプリコン・1」の他に4本レンタルをしていて、子供たちに「何を借りてきた?」という問いにこの作品について「火星探検の、冒険の映画だよっ」と説明してしまいました。
それを聞いた子供たちは「観たい、観たい」の大合唱。映画を観てびっくり。なに-!火星には行っていないのか! と初っ端から予想外の展開。 子供たちはベッドへと散っていきました。。。「アバタ-」と「2012」には食いついてきたのに・・・・・。



自分のおっちょこちょいな勘違いから生まれた、ちょっとしたお家騒動はありましたが、ふふふっ。ここからは大人な映画の時間。SF映画、冒険活劇だと思われていた映画がサスペンスに変貌を遂げ、一人でゆっくりと映画鑑賞の時間へと突入。結果、贅沢なリラックスタイムを過ごす事が出来ました。


前振りが長くなりましたが、そんな感じで最初からこの映画にやられてしまった感が大きく、まさかの展開に自分も映画にのめり込む事が出来ました。

この映画、きっと作品が出来た当時に鑑賞していれば、現在よりももっと深く楽しめた作品となったのでしょうね。

月面着陸の次は火星へ・・・宇宙への挑戦は今も行われていますが、もしこれまで目にしてきた宇宙からの映像が作られた「嘘」だったら。。。 実際にあり得そうな物語だと思いました。

宇宙を題材にした映画は沢山あり、そのどれもが本当に素晴らしいドラマでしたが、この映画「カプリコン・1」で描かれたものもまた熱いドラマでした。それもハラハラ、ドキドキの現実にありそうなドラマで、もしこれが本当だったら?と色々、考えてしまうとても深く面白いものでした。


カプリコン・1 イメ-ジ1



この当時の映像技術でも、宇宙からの粗い映像として騙せるレベルだったと思えますし、これが今現在の映像技術でも、もっとクオリティの高い映像で幾らでもフェイクを作れそうですから本当にリアリティがあったドラマでした。
この辺は大変面白いと思えました。今までに無かったスケ-ルの大きい嘘。その裏の舞台は非情で騙す側も騙されているその他大勢も、様々な模様を見せてとてもドキドキでした。


ただ自分としては後半、少し失速してしまった印象を受けました。
3人のパイロットによる逃亡サバイバル劇は体調も万全では無かった為か少々、物足りなくダレてしまいました。

そしてこの映画のもう一つの見どころのスカイアクション、複葉機とヒュ-ズOH-6カイユ-スとのチェイスシ-ンも映画「ブル-サンダ-」で同じ様なシ-ンを観ていたので新鮮味には欠けました。
でもこちらのは飛行機の羽に人がしがみつく中、岩肌スレスレを滑空する迫力あるシ-ンでしたね。
バトルの最後も農薬散布用飛行機ならではの切り札が見事で、そうした意味ではブル-サンダ-よりも面白さは上だったかも知れません。


カプリコン・1 イメ-ジ2



全体的な感想としては、現実にあり得そうな面白く深いドラマで興味深く観る事が出来ました。ただ後半は正直に言うと少々、ダレてしまいもうちょっと起伏が欲しかったなと思います。
他の捕まってしまったパイロットとその家族のドラマも、もっと描いて欲しいという欲もありました。

ラスト、あっけなくエンドクレジットを迎えたと思った所に聴いた事のある音楽だ と思ったら巨匠ジェリ-・ゴ-ルドスミスの有名な曲でした。これはとても嬉しく勉強になりました。


以上、色々と書いてしまいましたが、今回も楽しく参加させていただきました。

同じ時期に同じ映画を多くの方と楽しむ素敵なイベント。白くじらさん、miriさん、mardigrasさんをはじめ、今回も多くの方に感謝です。(^^)





ユウ太的評価 7点
自己評価ですのでご了承下さい。
皆さんもよろしかったらコメントに評価を入れて下さいね。

別窓 | SF ・ファンタジ- | コメント:12 | トラックバック:1 | top↑
アバタ-
2010-07-08 Thu 18:34



アバタ-



【スト-リ-】
22世紀、人類は地球から遠く離れたパンドラで<アバター計画>に着手していた。この星の先住民ナヴィと人間のDNAを組み合わせた肉体<アバター>を創ることで、有毒な大気の問題をクリアし、莫大な利益をもたらす鉱物を採掘しようというのだ。この計画に参加した元兵士ジェイクは車椅子の身だったが、<アバター>を得て体の自由を取り戻す。パンドラの地に降り立ち、ナヴィの族長の娘ネイティリと恋に落ちるジェイク。しかし彼はパンドラの生命を脅かす任務に疑問を抱き、この星の運命を決する選択を強いられていく・・・。


ジェームズ・キャメロンが、構想14年、製作4年を費やした大作。



【レビュ-】
いや~ とっても忙しく映画も観れないまま(ワ-ルドカップは見ていました!)いつの間にか7月に入り、個人的な事ではこのブログも2周年をとっくに過ぎていました。まぁ、そんなことはもう、どうでもよくなっちゃう位ハ-ドな日々を過ごしていました。
それよりも1ヶ月更新しないとトップに載せられる広告が、何だか嫌がらせをされている様で自分的にとても許せない感覚を覚えました。涙。

やっと大きい仕事が落ち着いたので久しぶりに鑑賞出来ていなかった映画をまとめてレンタルして昨日、ついに、ついにこの「アバタ-」を鑑賞しました。同時にブル-レイも初鑑賞でした。


ブル-レイ。とっても綺麗ですね!音も5.1chに光ケ-ブルで接続したのでやっぱり違う感じがしました。爆音で鑑賞してしまいました。

この作品、自宅鑑賞でもこんなに「良いなぁ」と思ったのですからやはり映画館で3D鑑賞しなければいけない映画だったですね。今になって後悔です。無念です。涙涙涙っ。


自分としてははっきり言ってこの映画、ぶっちゃけあまり期待していなかったんです。劇場に足を運べなかったから余計にですけどね。
けれど鑑賞して見事にやられました。映像美というか、それまで見た事もない本当に惑星パンドラという場所が美しくて、自然の壮大さや優美さ、そして大切さなどを先住の民であるナヴィの人々に教えられた様でした。

自然との共存、そして命を敬う事など、メッセ-ジ性もマイケル・ジャクソンの歌の様な優しさに溢れるものでした。
きっとこれはパンドラの自然や生命の美しさに心を魅了されたからだと思います。そしてナヴィの人々の優しさや強さに共感できたからなのかも知れません。

よくCMなどで見ていたナヴィの族長の娘ネイティリ。彼女の印象が、自分は最初見た時は変な種族だなぁ なんて思っていたのが映画を観ている内に自然と、彼女がどんどん美しく見えてくるから不思議でした。
それだけ心を持って行かれ、この映画に入り込んでいたのかなと感じる程でした。


アバタ- イメ-ジ3



でもスト-リ-は単純明快。展開も先が読めるほどでした。あれがこうなって、きっとこうなちゃう というのが全部見事に当たってしまう見え見えのスト-リ-でしたね。
また、過去の色んな映画作品のオマ-ジュが多数、盛り込まれている感じで特にジブリ作品の「風の谷のナウシカ」、「天空の城ラピュタ」の世界を創り上げたような映像。そして「もののけ姫」のようなメッセ-ジ性、戦闘のシ-ンは「エラゴン」や「エイリアン2」をイジったような感じでしたが、それも別に不快には思わないで素直にエンタ-テイメントとして鑑賞する事が出来ました。


それと個人的にヘリの女性パイロットのミシェル・ロドリゲスがツボでした。
ナヴィの戦闘の化粧というのでしょうか、彼等と同じ様なメイクを施しガンシップに挑んでいくシ-ンは熱かったですね!

アバタ- イメ-ジ4


音楽もジェ-ムズ・ホ-ナ-が担当していました。
彼らしい、壮大で物語を盛り上げる音楽もとても良かったです。




スト-リ-や世界観は新しい感じは受けませんでしたが、あのパンドラの自然とそこに住む民の強さと美しさに感激しました。

そうなるとやっぱり映像を一番に楽しむ映画だったのかも知れません。イコ-ル、やっぱり劇場で3D鑑賞をしなければいけない映画だったと結論付けます。
故に自分として映画館に行けなかった事が今、非常に悔やまれます。残念! そうした意味で8点と自己評価を出したいと思いますが、昨日あれだけ良かった!面白かった!と家族みんなで騒いでいた我が家の感激振り。映画館で観ていたならば10点出しちゃったかもですね・・・。


素直にそのスケ-ルに圧倒され、久しぶりに映画をめいっぱい楽しめたという素晴らしい作品だったと思います。
ブル-レイが観れる環境を整えて初っ端から満足でした!

そしてまた、映画をまったり楽しめる事に感謝です!(^^) 週末まで連日鑑賞したいと思います。





ユウ太的評価 8点
自己評価ですのでご了承下さい。
皆さんもよろしかったらコメントに評価を入れて下さいね。


別窓 | SF ・ファンタジ- | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
| RELAX TIME |

ブログ内検索

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。