スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
邦楽  ヒ-ロ-  /  FUNKY MONKEY BABYS
2009-11-30 Mon 10:07





【解説】
日本の男性ヒップホップグループ。メンバー全員が東京都八王子市出身。

2MC&1DJのグループ。グループ名の由来は、それぞれソロ活動をしていたファンキー加藤とモン吉が最初にグループを結成し、「ファンキー」と「モンキー」で「FUNKY MONKEY BABYS」となったことである。DJケミカルは、結成当初はライブDJとして参加していたが、後に正式メンバーとして加入。'04年元旦に結成した。

07年1月リリースの『Lovin' Life』がCDセールス20万枚、着うた200万ダウンロードを突破。
2007年度上半期 着うたフルRランキング3位に輝く超ロングヒットを記録、ブレイクを果たす。
その後も熱く激しいライブパフォーマンスも話題となり人気急上昇。
07年の学園祭では、全国の中学・高校・大学などからの出演オファーが250校以上に及び、うち20校に出演。
「2007年学園祭ライブキング」の座に輝き、08年もそれを上回るオファーが殺到した。

そして、2009年11月18日に両A面シングル『ヒーロー/明日へ』をリリース。お父さんの号泣ソングとして今、熱い注目を浴びている。
今年の12月31日、念願の第60回 紅白歌合戦初出場が決定している、まさに現在一番ノっているグル-プ。



ここの所の激務でなかなか更新出来ずにすみません。汗っ
つい先日、今年一番やっかいだった仕事が終わり、公共の検査も無事済みました。また明日、もう一回最終の検査を終えれば今年一番の大物をやっつけられます。
それまで連日、書類に追われ毎日徹夜で作成していたので記事を書く事が出来ませんでした。が、何とか体調を崩す事も無く、元気で過ごしております。

当然、そんな日々でしたから好きな映画を鑑賞する事は出来ませんでした。
そうした時に自分の癒しになるのはやっぱり音楽になります。

仕事をしながら聴いたり、夜アルコ-ルを楽しみながらまったりと音楽を聴く。疲れた身体と何より精神を落ち着かせ心の切替をしています。

そこで最近、グッときた曲はこの「ヒ-ロ-」でした。

ファンモンは色々元気や活力を与えてくれるような楽曲が多いのですが、この曲はジ-ンと来ましたね。
自分の最近の状態にリンクしてしまって、自分もやっぱり背負ってるものの為に頑張ってるんだぁ と思わず涙してしまいそうになりました。

歌詞もユニ-クで笑えるのですが、社会に出れば色んな事と闘ったり、耐えたり、仕事にもがいたり・・・。 でも笑って頑張ってる姿はきっと見ていてくれてる。なんて・・・。

この歌今、巷でお父さんの号泣ソングとして話題沸騰中とのこと。そうですね~ 多くの頑張ってるお父さんの応援歌なんです。

お父さんじゃない方は、いつもは特に気にしていないお父さんの頑張りを、この曲で感じられたら良いなぁと思います。 
また、この曲のPVも何だかほんわかして、とっても清々しくて、中には感動して涙してしまった人も多いようですね。

普段、声に出しては言わないお父さんの頑張り。その姿に拍手を! そしてそんな事を気にも止めなかったご家族も暖かい気持ちになれれば凄く素敵だと思います。

一生懸命、家族の為に頑張ってるお父さんは「ヒ-ロ-」なんでしょうね! 自分もそんな風に見られる様に一生懸命頑張りたいと思った、素敵な曲だと思います。(^^)


さぁ!昨夜は0時から朝9時までの、寝ずの徹夜仕事だったのでこれから帰宅してガッツリ睡眠とりま~す。








スポンサーサイト
別窓 | 癒しの一曲 邦楽編 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
邦楽 Welecome To Christmas / 島田歌穂
2009-11-30 Mon 10:07




【解説】
東京都出身の歌手、女優。 音楽家の父と宝塚歌劇団卒業生でジャズ歌手の母の間に生まれる。彼女は4歳の頃からバレエとピアノを始め、1974年から放送の子供向け番組「がんばれ!!ロボコン」のヒロイン、「ロビンちゃん」役で女優デビュ-を果たし、たちまちお茶の間の人気者となった。その後も様々な役で女優業として活動する傍ら、アイドル歌手として音楽活動も並行していく。

その類い希な歌唱力により幅広く活躍する。87年にミュ-ジカル「レ・ミゼラブル」のエポニ-ヌ役に抜擢され、その実力は「レ・ミゼラブル」で英国主催による「ロイヤルバラエティパフォ-マンス」にも招待され、エポニ-ヌ役で世界のベストメンバ-にも選ばれるほどである。

88,89年にはNHK紅白にも出場、そして90年TBS系ドラマ「HOTEL」主題歌として起用された「STEP BY STEP」がヒット。その後のドラマもシリ-ズ化し、主題歌が次々とヒットしていきコンサ-ト活動も全国展開をしていった。彼女が披露する歌も、ジャズからポップス、民謡に至るまでそのレパ-トリ-は幅広く、素晴らしい歌唱力は多くの人を魅了している。

2002年より、東京ディズニ-・シ-スペシャルイベントのショ-の中で使用される主題歌を担当するようになり、2003年からショ-のクライマックスで流される「Welcome To Christmas」は人気が高く、冬のクリスマスソングとして愛されている名曲である。





自分は島田歌穂さんの曲が好きで、何と言っても彼女の素晴らしい歌唱力と歌声は、本当に歌に魅了されると言って良いほど、実力を兼ね備えた希少な歌い手さんだと思います。

子供の頃は、「がんばれ!!ロボコン」のヒロイン、ロビンちゃんとして印象強かった方ですが、歌手としてデビュ-されて、当時、人気のあったドラマ「HOTEL」の主題歌を聴く様になった頃から、好きなア-ティストでした。
ミュ-ジカルでも活躍されているという事も知っていましたが、世界ベストメンバ-の一人というのはこうして調べている中で知る事が出来ました。

もう、本当に素晴らしい歌唱力の持ち主で声量と、伸びやかな美しい声は特筆ものですね。

そして、今回はクリスマスという事で、ディズニ-・シ-でこの時期、多くの人の心を幸せにしてくれる曲をご紹介させて頂きます。
多分、この曲の動画は色々数があると思いますが、この映像が一番、音質も画像、編集もクオリティが高いものだと思います。

とにかく、島田歌穂さんの素晴らしい歌声とこの曲を聴いて頂きたいなという思いです。きっと皆さんの心にも暖かい光が灯って、素敵な聖夜を迎える事だと思いますし、幸せなひとときを過ごされる事を願っています。



と去年、この記事を作りましたがこのイベントが今年でフィナ-レを迎えるという事で非情に寂しく思っています。
またこの曲の検索で自分の記事を開いて下さる方も11月よりずっといらっしゃいます。という訳で再びUPしようと思いました。(^^)


先ず、この素晴らしい動画を制作された方に本当に感謝です。色々見ていますがとてもクオリティが高く音声も余計なものが少なくて素晴らしいです。 出来ればずっと残しておいて頂きたいですね。

それと今年でラストとなったこのイベント、多くの方に実際のものをご覧になって頂きたいと思います。
自分もチャンスがあればアフタ-6パスポ-トでもなんでも、また観たいと願っています。

そして今年のこの主題歌「Welecome To Christmas」ですが、島田歌穂さんが新たにレコ-ディングをおこない一層、ドラマティックにリニュ-アルしたそうです。
自分は少しだけ聴きましたが、より情感と想いを込めて歌って下さったような、そんな感じに仕上がっていると思います。

現地に出かけて光と素晴らしい楽曲のファンタジ-、そして澄んだ空気とみんなの幸せそうな笑顔。
この雰囲気はその場で感じてこそのものだと思います。 何よりこの本当に素敵な曲。あぁ、音源が欲しい・・・。


Welcome to Christmas
素敵な夢 分かちあって 喜びを 幸せあふれ
Welcome to Christmas
星かがやき 降り注ぐ愛の奇跡を 世界中に
Welcome to Christmas

クリスマスまで あと少し  素敵な日々をお過ごし下さい・・・


別窓 | 癒しの一曲 邦楽編 | コメント:8 | トラックバック:0 | top↑
ニュ-オリンズ・トライアル (再見)
2009-11-15 Sun 18:25



ニューオーリンズ・トライアル




【スト-リ-】
ある朝、ニューオーリンズの証券会社で銃乱射事件が発生。犯人は11人を射殺、最後には自殺した。
この事件で夫を失った女性セレステが地元のベテラン弁護士ローアを雇って、犯人の使用した銃の製造メーカー、ヴィックスバーグ社を相手に民事訴訟を起こす。2年後、いよいよ裁判が始まろうとしていた。被告側は、会社の存亡に関わるこの裁判に伝説の陪審コンサルタント、フィッチを雇い入れる。彼は早速あらゆる手段を駆使し陪審員候補者の選別に取り掛かる。やがて陪審員団が決定するが、その中には謎に包まれた男ニックも含まれていた・・・。
  
『ザ・ファーム / 法律事務所』 『ペリカン文書』 など多くのヒット映画の原作者としても知られるベストセラー作家ジョン・グリシャムの『陪審評決』を基に映画化した緊迫のリーガル・サスペンス。




【レビュ-】
第4回「ブログ DE ロ-ドショ-」の対象作品として鑑賞いたしました。
毎回、お誘いして下さり、そして皆様と共に楽しい時間を過ごさせて頂いております。本当にありがとうございます。(^^)


自分は以前にもこの「ニュ-オリンズ・トライアル」を鑑賞していましたが、今回改めて再見いたしました。(前回の記事はこちらで)

しかし、再見にもかかわらず冒頭から食い入る様に鑑賞し、前回鑑賞時よりも楽しめた作品となりました。(^^)

やはり日本でも裁判員制度が始まり、こうした陪審制の裁判に関心が高まった事などで色々と視点が変わったのが楽しめた要因の一つで、難解そうな裁判の流れなど今一度、勉強にもなった今回の鑑賞でした。

それと一度観て知っているので冒頭から以前とは違い、スト-リ-の解読に心を向けるのではなく役者の演技や編集、伏線、カメラワ-クなどに注目出来たのも、何だかとても面白い見方で鑑賞する事が出来ました。

感想は前回の記事に書いてあるので今回は違う事を書いてみようと思います。



物語の最初から幸せそうなホ-ムビデオを映し、間を入れずに事件勃発のシ-ンへと入る流れ。
この時点で幸せな普通の生活を、いきなり銃で奪われた悲劇を強調するかのように見せられ、観客を一気に引き込んでいます。
この裁判に注目するよう、計算された物語の始まり。 知らずのうちに映画の中の裁判に連れて行かれ法廷にと心を向けられます。

続いてジ-ン・ハックマン演じる陪審コンサルタントの凄さ、腕利きの様子が陪審員選定作業の中でクロ-ズアップされます。
陪審員になりたかった男が暴れるシ-ンで、被告側にとって不利な陪審となるのを見破ったのを見せ、このフィッチという男、只者ではないと見ている者に強烈に解らせる。
導入部から、もうこの映画にグイグイ引っ張られていたんだなぁと分かりました。

ニューオーリンズ・トライアル イメ-ジ2


そうした製作側の意図がすごく良く分かる、今回の視点。 自分自身楽しみながら鑑賞していましたね。

対する原告側のダスティン・ホフマンも落ち着いた雰囲気で流石の演技。穏やかな庶民の味方的な弁護士をそのまま演じるのですが、胸に秘めた熱い心もキチンと滲ませて演技を披露していたと思います。

ニューオーリンズ・トライアル イメ-ジ1


やはり圧巻なのは裁判所のトイレで対峙する二人の対決シ-ン。この映画の見所だと改めて思いました。
揺さぶりを掛け続けるフィッチ。ロ-アの用意した重要な証人を消し、裁判の流れを自分の方に向け完璧な勝利を掴む為の工作。 これに対し、きっと普段は怒りの感情を出す事はほとんど無いだろうと思われるロ-アが感情を爆発させフィッチに詰め寄る。法を侮辱し、審理を妨害するフィッチに正義とモラルをぶつけるのですが。。。

ニュ-オリンズ・トライアル イメ-ジ4


このシ-ンは二人とも見事な演技でした。 ここでロ-ア弁護士の想いは揺れ動くのですね。感情や心理の微妙な変化を見事に出していたと思います。

ハックマンは凄腕の陪審コンサルタント。その素性はモラルもどこ吹く風の、金で裁判を操る非情で冷酷な人物。そんな男を本当に完璧主義者のように冷徹に、時には激しく感情を露わにする起伏の激しい演技で迫力がありました。

ホフマンは自分の経験と腕、勘を頼りに弱きを助ける庶民派ベテラン弁護士。しかし、見えない力に流され法の力だけではどうする事も出来ないという苦悩に揺れ、そして最後には自分の信念を貫き金で勝利を買う事は捨てるという、正義の人を素晴らしく演じていました。

この二人の演技は申し分ないですね。



それとこの二人を掻き回すもう一つの勢力がありました。 そのパワ-バランスがこの物語を大変、面白いものにしているのですが、陪審員9号となったジョン・キュ-ザック演じるニックことニコラス・イ-スタ-。そしてもう一人レイチェル・ワイズ演じるマーリー。
彼らの目的はなんなのか?裁判の行方はどうなるのか?


この二人がフィッチとロ-アを揺さぶる揺さぶる。しかし、敵のフィッチもプロですから逆に危険な目に遭います。
リスクが大きすぎる賭け。何故、二人はここまでやるのか? 


ニュ-オリンズ・トライアル イメ-ジ3


駆け引きや妨害、心理戦があり非常に見応えがあります。

他の裁判ものにはない面白さがこの映画にはありますね。

ニックとマ-リ-の素性が段々と分かってきて、彼らの真の目的が明かされた時、そしてほぼ同時に裁判の評決が決まるのですが一回目鑑賞した時よりも、ブワ~ッと感激が込み上げてきました。

原告、被告両側に迫りつつも結局最後までイニシアティブを握り操作していたのは初見の時は分かりませんでした。彼らの思うシナリオ通りに事が進んでいたとはね。

その事は全部、知っていたのですが再見しても面白い。ていうか、より楽しめました。


再見して特に印象に残っているのがシ-ンの繋ぎの編集の上手さ、評決が出た後のフィッチとロ-アの映像。

ロ-ア弁護士の悠々と誇らしげに歩く姿をゆっくりと追うカメラの映像と、頭を抱えながらよろめき歩くフィッチを追うカメラは乱れ、ブレまくるその映像の対比も、撮り方で表す両者の心理状態をこんな所でも上手く出しているのかとニヤリとしてしまいました。

映画ってスト-リ-や脚本だけじゃないんだなと、今更ながら改めて感じさせられました。
そうやってまた違った視点で観るとスト-リ-、キャスティング、編集、構成など様々な点でもレベルの高い映画だったんだと思います。


再見も良いものですね。(^^) この作品の良さに気付かせて頂き「ブログ DE ロ-ドショ-」の新たな楽しみ方も発見する事が出来ました。今回もとっても楽しかったです。


本当に有意義で素敵な企画だと思います。 改めまして皆様には感謝を申し上げたいと思います。
そして今回、この作品を選んで下さいましたケンさん、お疲れ様でした。そしてありがとうございました。

それと皆様、本当にありがとうございます。(^^)




別窓 | サスペンス | コメント:8 | トラックバック:1 | top↑
天使と悪魔
2009-11-11 Wed 19:06



天使と悪魔



【スト-リ-】
あれから3年――。ロバート・ラングドン教授は、歴史上最も謎に包まれた秘密結社“イルミナティ”の復活の証拠を発見し、彼らが最大の敵とみなす“カトリック教会=ヴァチカン”に致命的な脅威が迫っていることを知る。イルミナティの計画が密かに進行していることを突き止めたラングドンはローマに飛び、400年の歴史を持つ古代の“シンボル=暗号”をたどりながらヴァチカンを救う唯一の手がかりを探っていく…。

「ダ・ヴィンチ・コード」の著者、ダン・ブラウンによるベストセラー小説「天使と悪魔」を映画化した『ダ・ヴィンチ・コード』シリーズ第2弾。




【レビュ-】
「ダ・ヴィンチ・コード」から3年の月日を経て、とうとう映画化されたこの作品。 自分はそういえば記事を書いてないですが、「ダ・ヴィンチ・コード」を楽しめた一人で、その当時から映画化が決定していた「天使と悪魔」を楽しみにしておりました。
劇場鑑賞を予定していたのですが、やはり残念ながらその目的は達成されず・・・

DVDにてやっと鑑賞しました。


鑑賞して率直な感想は、自分としては前作を超えられず。DVD鑑賞でもまぁ良かったかな・・・といった感じでした。

それでもスピ-ディ-な展開と、イタリア、ヴァチカンの古き芸術的な建造物や観光地のような土地を、映画を通して全編に渡って観られたのはとても楽しく満足でした。


しかし、肝心の内容は前作「ダ・ヴィンチ・コード」のミステリ-を超える事はなく、サスペンス作品としては物足りない中身だったかなと思います。

というのは自分、もう早い段階から犯人と展開が判ってしまい、その人物を「怪しい」という目でずっと見てしまったから謎解きも何もない状態で鑑賞してしまったからだと思います。

多分、自分の他にも犯人が判ってしまった人多くいたんじゃないかなぁと思います。
この作品の造りとして、あの場面で「え~っ!! この人が犯人なの!?」と思わせたい意図は分かるのですが、残念ながら自分は全然、驚かなかったんです。
これでは楽しさが半減、いや大分無くなってしまいますよね。涙。


天使と悪魔 イメ-ジ4



ミステリ-としては科学の4大要素「土、火、水、空気」という4つを美術彫刻が表すそれと絡めていたのはとても面白いと思いました。
ここにタイトルである「天使と悪魔」を表し「宗教対科学」として描いていたのは流石だと唸りましたが、スピ-ディ-な展開上、パパッと暗号のような謎を解いていく様が少し気にはなりました。


芸術作品的な建造物、彫刻の指し示す犯行現場を解き明かし、犯人を追う という展開が次から次へと目まぐるしく繰りひろげられた「速さ」は面白かったと思います。

あと一歩。というところで追いつかない、犯行を防げない紙一重の展開が良かったですね。次期教皇候補の枢機卿4人が犯行の手にかかってしまうシ-ンは「SAW」のようにも思えました。


天使と悪魔 イメ-ジ3



それと当時、日本でもニュ-スでその名前と、古来より受け継がれてきた儀式を初めて知った「コンクラ-ベ」の様子や美しく幻想的な建造物、美術作品のような彫刻の数々を堪能出来る映像はこの作品一番の見所かも知れません。
本当に数多く、美しい街並みや美術が沢山出てくるのでちょっとした小旅行のような気分になれるのは嬉しかったですね。

それとこの美しい映像に良く合っていたのが音楽でした。
音楽を担当しているのはハンス・ジマ-。「バック・ドラフト」や「ザ・ロック」、最近では「パイレ-ツ・オブ・カリビアン」など勇壮でアドレナリンが出まくるような音楽も勿論、今まで本当に素晴らしいと思っていましたが前作に続き「天使と悪魔」でも幻想的で古き良き街並みや美術にも良く合う音楽だったと思います。
音楽は前作を超えたのではないでしょうか?それほど心と耳に残る音楽だったと思います。


また、ベストセラ-人気小説の主人公ロバート・ラングドン教授を演じたトム・ハンクスもこの役がすっかりお似合いだと思います。
歴史的、宗教学的な専門用語が飛び交いますが、前作よりも判りやすい内容になっており、これまでタブ-とされてきた隠された謎やミステリ-が半減していますが、誰にでも飲み込める内容になっていました。

天使と悪魔 イメ-ジ1


自分としては、「ダ・ヴィンチ・コード」で描かれていた宗教内のタブ-や歴史にずっと隠されてきたロマンティックなミステリ-に心を躍らされたのでそうした部分がほとんど無かったのは期待はずれでしたが、楽しく観る事はできました。


印象に残っている前作のラストシ-ンはとても美しく良かったですが、「天使と悪魔」ではそうした印象に残るシ-ンは無かったように思います。今回は建造物や彫刻といった美術品の美しさが際立っていましたね。


芸術を目で見て楽しみ、判りやすい謎解きを楽しむミステリ-、といったところでしょうか。
やはり小説の方が面白いのでしょうか?きっとそうなんだろうと思います。

期待しすぎたせいで個人的に少々、物足りない作品とはなってしまいました。ですがそれなりに楽しめた作品でした。





ユウ太的評価 6.5点
自己評価ですのでご了承下さい。
皆さんもよろしかったらコメントに評価を入れて下さいね。

別窓 | サスペンス | コメント:10 | トラックバック:2 | top↑
スラムドッグ$ミリオネア
2009-11-03 Tue 17:57



スラムドッグ$ミリオネア


【スト-リ-】
アジア最大のスラム街・ムンバイで育った少年ジャマールは、世界的人気番組「クイズ$ミリオネア」にて一問を残して全問正解、一夜にして億万長者のチャンスを掴む。だが、無学な彼は不正の疑いをかけられ、番組の差し金で警察に連行され、尋問を受けることになってしまう。
彼は一体どうやって全ての答えを知りえたのか?そして、彼がミリオネアに挑戦した本当の理由とは―?

運じゃなく、運命だった。
『トレインスポッティング』のダニー・ボイル監督が手掛けた社会派エンタテインメント。2008年第81回アカデミー賞最多8部門を受賞!



【レビュ-】
第81回アカデミ-賞にて8部門受賞したというこの作品。勿論、劇場鑑賞したかったのですがやっとDVDにて観る事が出来ました。

オスカ-を獲ったという事で当然、鑑賞前の期待値は上がりました。
有名なあのクイズ番組「クイズ・ミリオネア」は日本でも放映され、自分も観た事があるのでこの映画の内容は、だいたい予想出来るものだと思いました。

でも非常にテンポ良く、そしてインドのパワフルな力を感じた映画でした。

が、しかし 自分的には「もうちょっと」な映画だという感想になりました。




スラムで育った無学な青年が、クイズに次々と正解し億万長者になるチャンスを掴んだ。しかし、それにはインチキがあるのじゃないか?と警察に連れて行かれ尋問を受けます。

そこから彼がそれまで歩んできた過酷な人生を回帰していくという構成でしたが、この幼年期から青年になるまでの本当に過酷なスラムでの生活が、自分には見応えがありました。

インドという国は格差が大きく存在する国なので、スラムで生きる貧困層の人々の生活というのは本当に過酷なのだろうというのは以前から知っていました。
自分が学生の頃にインドに旅行した教師から聞いた話によると、インドに着いて空港から町へと出るとあっという間に100人以上の人に囲まれ「恵んで下さい」と両手を出され物乞いにあう。と聞いた事がありました。

その話を聞いて、インドという国のスラムを想像していましたが、やはり過酷な場所でしたね。
しかし、そんなにシリアスにすることもなく、この映画に描かれている人々や子供たちはとても逞しく、必死に生きていました。 それがまた、生き生きと描かれていたのが好印象でした。その辺りは「それでも生きる子供たちへ」のように興味を持って観ていたのですが、同じく必死に生きて、とにかく「食べる事」をあらゆる手段で達成していくシ-ンは面白くもあり、色々と考えさせられるシ-ンだったですね。

他にも宗教的な争いやストリ-トチルドレンなど、深刻で悲惨な状況も暗に訴えているのですが軽妙なタッチでそれらを描き出していました。

スラムドッグ$ミリオネア イメ-ジ3


そのように過酷な人生を振り返りながら、その時々で体験した事柄の中にクイズの正解があった。というのは大変、面白かったと思います。

主人公ジャマ-ルがそれまでの辛い人生で、必死に生きてきた中に自然と得ていた経験と知識。冒頭に問いかけられた4択の答えも容易に導かれるのではないでしょうか?


しかし、何故か自分は物足りないというか、イマイチというか、何だか心に響くものが薄かったです。
それは過剰に期待しすぎたからなのでしょうか?

う-ん。なんかもっと、こう、「アッ」と思わせる山が欲しかったような。

前半の幼少時代はテンポも良く、色々な事が次々と起こったから面白かったです。
そしてラストの問題でのライフライン「テレフォン」のシ-ンなども、ちょっとハラハラして良かったと思います。

やっぱり途中でしょうか。 中盤から少々ダレてしまったような気がします。特に兄の存在が良く分からなかったです。悪いどうしようもないチンピラだったのに、急に良いヤツになったり。。。
ラティカもあんな悲惨な状況の中、逃げだそうとしなかったのかな とか。。。

いまいち納得がいかない感じも残ってしまいました。 兄の態度が変わった心境の変化をもっと掘り下げて欲しかったなと思います。


と不満を書いてしまっていますが、全体的にはテンポよく、とてもエネルギッシュに描かれたエンタテイメントだと思いました。
音楽が特に良かったですね! それと最後のダンスシ-ンはかなりご機嫌な映像でした。

スラムドッグ$ミリオネア イメ-ジ2


結果、観終わってみれば楽しかった作品でこの映画のパワ-も大いに感じたのですが、何故か「あ、良かったね」とあっさりした感じです。 印象には深く残らない、そういった感じです。

なのでレビュ-としては楽しいはずなんだけど、あっさり消化しちゃう映画。みたいなところでしょうか。
評価もまぁ普通の、なんだか不思議な作品だなぁと思います。


ご覧になった皆さんはいかがだったでしょうか?


A.すごい楽しかった!感動した!
B.それなりに楽しめた。良かったと思う。
C.ユウ太と一緒。普通。
D.つまらない

「オ-ディエンス」でお願いします。(^^)

スラムドッグ$ミリオネア イメ-ジ1

 
ユウ太的評価 6点
自己評価ですのでご了承下さい。
皆さんもよろしかったらコメントに評価を入れて下さいね。

別窓 | ドラマ/ヒュ-マン、感動 | コメント:8 | トラックバック:1 | top↑
重力ピエロ
2009-11-01 Sun 18:33



重力ピエロ



【ストーリー】
遺伝子研究をする兄・泉水と、自分がピカソの生まれ変わりだと思っている弟・春。そして、優しい父と美しい母。平穏に、そして陽気に過ごすこの家族には、過去に辛い出来事があった。その記憶を抱えて兄弟が大人になった時、事件は始まる。謎の連続放火事件と、火事を予見するような謎の落書き(グラフィティアート)の出現。落書きと遺伝子暗号の奇妙なリンク。春を付け回す謎の美女と、突然街に帰ってきた男。すべての謎が解けたとき、24年前から今へと繋がる家族の"謎"が明らかになる・・・。

強い絆で結ばれた家族の決断とは? 常識を超えた大きな愛に心で泣く、家族の愛と謎の感動ミステリー。
発行部数122万部突破の大ベストセラー感動ミステリーがついに映画化!!
「このミステリーがすごい! 2009年版」第1位受賞作家・伊坂幸太郎の最高傑作!!



【レビュ-】
この作品は先ずタイトルに非常に興味を持ちました。 この不思議なタイトルの意味を知りたかったのと、劇場公開時のシネコン雑誌で取り上げられていたのを読み俄然、鑑賞したかった作品です。

劇場での鑑賞は実現しませんでしたがようやく、DVDにて鑑賞。

原作が「アヒルと鴨のコインロッカ-」の伊坂幸太郎作というのも大変に興味がありました。

原作は未読なのですが、原作と同様に始まる冒頭から何やら穏やかでない物語の始まり。
主人公の兄弟、兄の泉水と弟の春。 この兄弟が実に良くて自分は加瀬亮は前から雰囲気のある良い役者だなぁ と思っていたので嬉しかったですね。
それと弟の春を演じた岡田君が本当にいい男で、この二人に自然と引き込まれていました。

が、この時もうすでにこの物語にある謎の伏線になっていたとは自分も後で知る事になりました。

重力ピエロ イメ-ジ1


この物語はミステリ-作品といわれていますが、ミステリ-部分というのはそんなに複雑な推理などは要らない程、「謎」に関しては少しずつ明らかになってくるので謎解きを楽しむ話ではなかったですね。

家族の謎や事件は途中で完全に明らかになってしまいます。途中までは「ほう、ほう。」「なるほど。」
とミステリ-な部分がありますが、それよりも大きなテ-マがこの作品にはありました。

それは「家族の絆」でした。

謎解きの部分にDNAなど難しい分野の話が出てくるのですが、これが深い意味を持っていました。
この先の謎はここではもう、触れませんが暗号のように使われていたものが、この物語に非常に大きな意味を持っていました。


家族の絆。父親と母親、兄と弟のこの4名とタイトルの「重力」、「ピエロ」。 最後まで観ればこの意味が解ります。

ピエロはこの家族だったんだなぁ。ピエロは笑っているけど目の横には涙が一粒。顔で笑って心では泣いて・・・。

彼らの生きてきたそれまでが切なく、でも強く生きてきた。そして強い絆で結ばれる。。。
最後のシ-ンはこの家族の全てを象徴していました。

父、母の両親は強かった。特に小日向さんが良い感じで演じた父親は一見、穏やかで真面目だけが取り柄みたいな印象ですが強かったです。
現実にもし自分があのような事に直面したら、神様に「自分で考えろ」と言われても考え込んで頭がおかしくなりそうです。

父は強かった。うん、良かった。

重力ピエロ イメ-ジ2


色々な伏線があり、少しずつ解ってくる謎、家族の過去。自分は静かに引き込まれました。そして意味が解った「オチテクル」冒頭とラストのシ-ンも、う~ん。思わず唸ってしまいます。

伊坂作品は本当に深いなぁと、今回も思わされましたがシリアスな問題に色々と触れていました。
人によっては共感出来ないというテ-マや描写が入っていますし、彼らの取った行動に賛否両論が勿論、あると思います。

それでも重さを感じさせない作りと余韻は流石、最高傑作と言われた作品だと思います。


子供時代を演じた子役さんたちも加瀬、岡田両氏に姿も雰囲気も本当によく似ていて、素晴らしかったと思います。


重力ピエロ イメ-ジ3


俳優陣がとても良かったですね~(^^) それとやはりタイトルの妙。この「重力ピエロ」と付けられたタイトルには深い深い、意味がありました。自分はこの意味を知りたくて鑑賞したのですが、意味が解って本当に深くて上手いなぁと思いましたよ。


今回も、またまた引き込まれた伊坂作品でした。



ユウ太的評価 7.5点
自己評価ですのでご了承下さい。
皆さんもよろしかったらコメントに評価を入れて下さいね。


別窓 | 邦画作品 | コメント:4 | トラックバック:1 | top↑
| RELAX TIME |

ブログ内検索

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。