スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ランボ- / 最後の戦場
2009-02-26 Thu 18:31



ランボ- 最後の戦場


【スト-リ-】
軍事政権の暴挙に世界から注目を集めるミャンマー。軍による少数民族への迫害が激化する中、ランボーは一線から遠ざかり、淡々と日々を生きていた。そんなある日、彼は少数民族を支援するボランティア団体の女性、サラと出会う。 彼女の真っ直ぐな情熱にうたれたランボーだったが、数日後、ランボーに届いたのはサラたちが軍に拉致されたとの報せだった…。救出のために雇われた最新装備の傭兵部隊に、手製のナイフと弓矢を手にした1人の男が加わった。遂に、ランボーは戦場への帰還を決意したのである。そしていま、ランボー最後の戦いが幕を開ける――。

前作から20年、スケールアップして再び帰ってきた、『ランボー』シリーズ第4作目。

【レビュ-】
自分が映画を観るようになった10代の頃、映画と言えば娯楽、エンタ-テイメントとして楽しんだものでした。
映画に登場してきた数々のヒ-ロ-を憧れとして見つめ続けたあの当時、中でもシルベスタ-・スタロ-ンが演じて創り上げた「ロッキ-」と「ランボ-」は大好きなシリ-ズで何度も何度も、鑑賞してきた愛するキャラクタ-でした。

今回、やっとDVDにて鑑賞しました。ジョン・ランボ-の最後の戦いと言う事で期待値は相当なものでしたね。

しかしこの「ランボ-/最後の戦場」は前3作とは違い、アクション映画と言いますが、なにか違ったものを感じました。

冒頭より、今リアルタイムで世界的視点で問題となっているミャンマ-の軍事政権と内戦をニュ-ス映像で見せてきました。
この作品、内戦での虐殺や暴力の描写がリアルで激しいものがありました。
始まって30分は今までのイメ-ジであるアクション娯楽大作「ランボ-」を見ているという気がしなかったです。
それほど凄惨で残虐なシ-ンの連続。この描写を取り入れたスタロ-ンの意図は何なのか?伝えたいメッセ-ジは一体・・・。 気迫さえ感じた30分でしたね。

そして救出を決意し、他の傭兵達とともにジャングルへと出撃していくあたりからやっと「ランボ-」らしくなったなぁと思いました。
懐かしいジェリ-・ゴ-ルドスミスのテ-マ曲「It’s A Long Road」が流れ、戦闘用のボウを弓引くランボ-を見た瞬間、ランボ-が戻ってきたと感慨深くなってしまいました。

ランボ-最後の戦場イメ-ジ2

しかし、戦闘シ-ンや暴力のシ-ンは徹底的にリアルにより残虐に映し出されます。それは娯楽アクション映画ではなかった。こういう映像に耐えられない人も多く居るかと思いますので、そうした方は勿論、楽しむ事は出来ない映画ですね。
今回、そうした残酷映像が大きく取り上げられ、他のレビュ-でもその部分を議論されていたようです。

テ-マというか、メッセ-ジ性を含んだものとして考えると一番最初の「ランボ-」に近いのかなと思います。
最初のランボ-は当時のアクション映画では傑作と言われるほど戦闘やサバイバルシ-ンが素晴らしいものがあり、その強靱な元グリ-ンベレ-という設定のヒ-ロ-に心を奪われたものでした。
しかし、ベトナム帰還兵の悩み、苦しみ、葛藤、迫害などのメッセ-ジを側面に併せ持った作品でしたので単なる娯楽作品ではなく評価も高いものとなったのだろうと推測されます。

その後のランボ-2、3はド派手なドンパチものといった感じで悪をヒ-ロ-が倒すという図式で殺戮をしているのですが、娯楽作品として爽快感がありました。楽しめるただの戦争アクション作品だったのです。

ランボ-最後の戦場イメ-ジ3

この作品では、ミャンマ-で悲惨な出来事が行われているという事、そして銃で撃たれたらこうなる。爆撃で吹っ飛ばされるとこうなる。というようなメッセ-ジが秘められているのかなと、つくづく感じました。
今までスタロ-ンが描いてきた「ランボ-」は戦いの中のヒ-ロ-で、マシンガンを撃ちまくって悪を倒していく格好いい人物。という単純な描き方でしたが、この作品では戦争とはこういう悲惨なものなんだ という事を強く訴えていたように思います。
実際、至近距離で打たれたり、口径の大きな銃で撃たれるとその姿を留められないほど惨い姿になってしまうでしょう。また、地雷で吹っ飛んだり爆撃をうけたら脚や身体はちぎれ、惨い事になるでしょう。そうした描写が強すぎるくらい描かれています。

最近の映画作品では、「プライベ-ト・ライアン」などに見られるようなリアルな戦闘シ-ンが多く出てきましたがこの作品も同じ様な映像技術で撮られていたと感じましたね。


でも、昔からのヒ-ロ-像であるランボ-が復活したのはとても嬉しかったです。自分的には「インディ・ジョ-ンズ」よりも衰え感が感じられず見事にランボ-が蘇っていたと思います。
戦闘用ボウでの戦いや、クレイモア対人小型爆弾を使うトラップなどランボ-らしさが出ていてとても良かったですね。
自分個人としてはもっとランボ-が超人的に描かれても良かったかなと思いましたが、それよりもリアルを追求したスタロ-ンの意図を汲み取ってあげたいと思いましたね。

ランボ-最後の戦場イメ-ジ1



最後は非常に切ないものがありましたが、スタロ-ンが描くランボ-はいつも孤独。あれで良いのでしょう。ただ、親父が生きていたとは微塵にも思ってなかったので意外なラストでした。


まだまだ5、6と構想はあるという話ですが、一体ランボ-はどうなるのか、そして今度は何処へ行くのか。
次作があるというならそれも勿論、鑑賞したいですね。とりあえず、最後の戦場は原点に返ったランボ-だったような気がしました。
このまま、ゆっくりとした生活に戻るのかはスタロ-ンしか分かりませんね~(^^)


ユウ太的評価 7点


スポンサーサイト
別窓 | アクション、バイオレンス | コメント:6 | トラックバック:1 | top↑
ボクノ-ト / スキマスイッチ
2009-02-26 Thu 18:23



【解説】
大橋卓也(Vo、G)と常田真太郎(鍵盤、コ-ラス)のソングライタ-からなるデュオ。
共に愛知県出身。

1999年、大橋が常田に曲のアレンジを依頼し、常田がプロデュ-スを担当した事がきっかけでスキマスイッチを結成する。
その後2000年から2003年までインディ-ズにて音楽活動を続け、アルバム製作やライブ活動を行っていった。

2003年7月に待望のメジャ-・デビュ-。曲も次々と発表しシングル、アルバムとリリ-スしていく中、5thシングル「全力少年」が関西のTVCMのタイアップを受けヒットを記録。その年の紅白歌合戦に見事出場し、全国区の人気を獲得していった。

そして、翌年の2006年、7thシングル「ボクノ-ト」が人気映画「ドラえもん のび太の恐竜2006」の主題歌となりファン層をさらに拡大した。
大橋の優しい歌声と常田の鍵盤による洗練されたアレンジはまさに子供から大人まで、幅広い世代から支持を得ている。


このスキマスイッチの「ボクノ-ト」は自分が彼らの曲の中で一番好きなもので、いつも元気をもらっている曲でもあります。

自分が彼らを知ったのは「全力少年」からでしたがその前にリリ-スされた「奏」も良いなぁと感じていました。
そして6thシングル「雨待ち風」で好きなグル-プとなっていきました。

その後リリ-スされた「ボクノ-ト」は見事に自分の心に響いてきました。この曲の詩がとても良くて、彼ら自身、詩が思い浮かばず上手く書けない時に、その心情を書いた詩と言う事で、普段色々な物事にぶつかって立ち止まってしまう時の思いを歌に乗せて描いた、とても良い曲です。

また、映画作品のタイアップを受け「ドラえもん のび太の恐竜2006」という人気映画の主題歌として、物語を盛り上げる大事な役割を担っていた曲でもありました。
自分は先に「ボクノ-ト」のシングルを購入して聴いていましたがこの「ドラえもん」の映画も小学校1年生の時に見た映画のリメイク作品だったこともあり、この曲も好きだったので映画も観ました。
劇中にこの曲が流れ、感動のラストシ-ンの後にこの「ボクノ-ト」が流れてきた時は恥ずかしながら号泣!でした。 汗っ

でもこの詩がまた、不器用なのび太君の心情とも見事にマッチしていてとても良く合った主題歌だったと思います。

実際、のび太君みたいに自分なんかも不器用に立ち回っていますが、それでもこの曲の詩の様に
「キレイじゃなくたって  少しずつだっていいんだ」って一歩一歩、頑張って行こうと思います。
そしていつかは
「空は泣きやんで 雲が切れてく」 そう信じて。

まだまだ雨も冷たく、寒い日が続きますが春はもうすぐ、明日も精一杯、頑張りましょうね!
(^^)


別窓 | 癒しの一曲 邦楽編 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
出張に行ってきます
2009-02-21 Sat 19:49
皆様、こんばんは!(^^)
いつもご訪問ありがとうございます。

自分、風邪は治って体調は回復したと思ってましたが、最近のハ-ドな仕事の為か
かなり疲労がたまってたのかなぁ と感じておりました。

それは映画のDVDを夜にいつも鑑賞しているのですが、ここ何日か映画が始まって3,40分位すると気を失って爆睡しているという事が何回かありまして・・・汗汗汗っ

せっかく毎週、何本かレンタルしているDVDも今週は観れずに返却という形となってしまいました。涙。

映画の記事を書こうと製作途中のものがありますが、UP出来ずにすみませんです。汗汗汗っ

そして、明日、明後日と伊豆の方へ出張する事となりました。
仕事の関係で理事会なるものに行ってくる為です。同時に昨年、自分が仕事の技術競技大会で優勝した慰安旅行も兼ねてという、粋な計らいもして下さるとの事で最近、疲労のたまっていた自分にとって良い機会かなと受け止め、出張に参加する運びとなりました。

伊豆の温泉地にて観光と仕事の理事会をおこなって参ります。
ですので、火曜日までPCを開くことが出来なくなります。お知らせを兼ねましてダイアリ-という形で記事として書かせて頂きました。

この時期ですと、有名な河津桜を見る事が出来るようですが、天候が気になる所ですね。
各地では大荒れのお天気になってしまった地域もありますが、そうした所にお住まいの方は体調や事故などにお気を付けてお過ごしして下さいね。

それでは行って参ります。(^^)


桜つながりでケツメイシ「さくら」

別窓 | 癒しの一曲 邦楽編 | コメント:7 | トラックバック:0 | top↑
洋楽 LOVIN’ YOU / ジャネット・ケイ
2009-02-19 Thu 17:20







【解説】
ジャネット・ケイはロンドン出身のイギリスのレゲエ歌手。
ジャマイカより渡ったレゲエをイギリス独自のUKラヴァ-ズ・ロックという新たなジャンルを開拓した70年代に於いて、79年にデビュ-
UKラヴァ-ズ・ロックの女王と謳われる。

ナチュラルな人柄が魅力で誰からも受け入れられる優しいメロディと、伸びやかなハイト-ン・ヴォイスが彼女の特徴で地元では人気を博していた。
91年日本のソニ-・レコ-ドが製作した1975年、故ミニ-リパ-トンの大ヒット曲「LOVIN’ YOU」をカヴァ-した曲をリリ-ス。それが日本で大ヒットとなり、ジャネット・ケイの人気を決定付けた。

ジャネット曰く、「ラヴァ-ズ・ロック」というのは70年代にアグレッシヴで男性的な音楽だったレゲエを女性が愛の歌をスウィ-トに歌うようになって生まれたものだと言う。
そしてジャネット自身、自分の歌で大切にしたい要素はスウィ-トネスな部分で温かくて耳に入りやすい物を大切にしている。そして気持ちの良い音楽作りを楽しんでいると語る。

彼女の思いはその優しくスウィ-トな歌に乗せて少しでも愛する事にポジティブになってもらえたら、という思いで今日も歌い続ける。


イギリスのラヴァ-ズ・ロックの女王、ジャネット・ケイはいつも優しく甘い歌を提供してくれています。
この「LOVIN’ YOU」は一度は耳にした事のあるスタンダ-ド・ナンバ-ですが、オリジナルも勿論、名曲となっています。そしてジャネットが歌ったレゲエのリズムで歌うこの曲も、とても気持ちの良い曲となり多くの人の心を和ませていますね!

そして彼女の曲でもう一つ、自分がジャネット・ケイの曲で大好きなナンバ-「GOT TO BE THERE」。
こちらの曲は71年にマイケル・ジャクソンが最初にヒットさせた曲をカヴァ-したものです。
彼女の本当に澄み渡った青空に突き抜けるかのようなハイ・ト-ン・ヴォイスとレゲエの軽快なリズムが心地良い、リラックスと同時に元気になれる、まったりとした曲です。

忙しい身をちょっと休めて、ジャネット・ケイの歌に癒されてみてはいかがですか?
まだ寒空が続く今日この頃ですが、上の2つの曲を聴いて南国をイメ-ジできるかと思いますよ!

こんな曲を聴きながら、たまにはゆっくり空を眺めてみるのも良いかもしれませんね。(^^)
別窓 | 癒しの1曲 | コメント:5 | トラックバック:0 | top↑
Love Is Stronger Than Pride / シャ-デ-
2009-02-17 Tue 18:19


【解説】
シャ-デ-(Sade)は女性ソロ歌手だと広く誤解されがちだが、イギリスのバンドである。

ヴォ-カルのシャ-デ-・アデュと3人のミュ-ジシャンから成るバンドで、ヴォ-カルのシャ-デ-はナイジェリア出身。その後イギリスに移住する。
1983年にスチュアート・マシューマン(G・sax)、アンドリュー・ベル(key)、ポール・S・デンマン(B)の3人とバンド「シャ-デ-」を結成。
1984年デビュ-し、本国イギリスを始めヨ-ロッパ各国、アメリカでもヒットを記録。翌年のグラミ-賞最優秀新人賞を獲得する事となる。

シャ-デ-のサウンドは洗練された都会的なもので官能的なシャ-デ-・アデュの抑制されたヴォ-カルは何とも言えない魅力に包まれています。
このシャ-デ-独特のスタイルは変わることなく、シャ-デ-独自のサウンドとして確立された甘く不思議な曲調。
デビュ-当時、一言で言えばク-ルなサウンドはアメリカではウケないだろうと言われていましたが、見事に人々の心を掴み、一躍スタ-ダムにのし上がっていきました。

自分がこのシャ-デ-を知ったのは、まだ自分が若いハイティ-ンの頃に夢中になって読んでいたコミックの「たとえばこんなラヴ・ソング」(知ってる人いるかなぁ 汗っ)という北崎拓が書いた恋愛ものの漫画の中に出てきた事がきっかけでこの曲とシャ-デ-に出逢いました。

たとえばこんなラヴ・ソング

主人公がシャ-デ-のアルバムをプレゼントされるというエピソ-ドがあり、自分も気になって聴いたところ、なんてシックで落ち着いた曲なんだろうという印象で、まったりとしたい時やお酒を楽しむときなんかに良くセレクトするア-ティストとなりました。

自分の世話になった先輩もなんちゃってDJをやっていましたが、その人曰く、『大抵、「シャ-デ-」と「SOUL Ⅱ SOUL」 を多く掛けておけばこのDJ上手いって思われる。』と当時は裏技として教えを受けました。(最近はもうこうしたサウンドはウケないかもしれませんがね。)

でもそれほど洗練されたサウンドであり、まったりと出来るBARなんかではこうした感じの曲をかけてしっとりとお酒を楽しむ事が出来ると思います。
シャ-デ-・アデュのセクシ-で甘い声とク-ルで都会的な雰囲気のサウンド。彼女達独特の音楽は心地よい時間を提供してくれる事でしょう。まったりとした時間を過ごす時のマストアイテムとなりますね。

ちなみに前述の「たとえばこんなラヴ・ソング」の中でジュリア・フォ-ダムの「Happy Ever After」も重要な役目の曲として登場するのですが、懐かしかったので一緒にご紹介いたします。
こちらの曲は邦楽で沢田知加子さんがカヴァ-したのでご存知の方もいらっしゃるかも知れませんね。
フワフワとやっぱり心地よい曲ですので聴いてみて下さいね。(^^)





別窓 | 癒しの1曲 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
リ-ピング
2009-02-16 Mon 17:43


リ-ピング


【スト-リ-】
大学教授キャサリン・ウィンターは奇跡を信じない。
今までに彼女が解明できなかった“聖なる”謎は一つもなかった。そんなある日、アメリカ南部の小さな町ヘイブンの教師ダグ・ブラックウェルがキャサリンのもとを訪れ、町の人々が神のなせる業だと信じている一連の不可解な出来事を解明してくれるよう頼む。
その小さな町で起きた、一人の少年の不可解な死。そして事件と同時に真っ赤に染まった川の水。それはまるで旧約聖書に登場する“十の災い”の始まりそのもの。その後も立て続けに起こる“十の災い”に酷似した怪奇現象は科学的説明のつかないものばかり・・・。町中を覆い尽くした恐怖と疑惑は、死んだ少年の妹ローレンへと向けられ、そして村人たちは信じ始める。『この少女を葬れば、町は救われる』。さらに、キャサリンの古き友である神父(スティーブン・レイ)が発した恐るべき警告。『その少女を殺らなければ、世界は終る』。そして、一連の怪奇現象の謎の真相に近づくにつれ、キャサリンはヘイブンに隠された、恐ろしい真相を知ってしまう・・・。

オスカー女優ヒラリー・スワンク主演の本格オカルト・ホラー・サスペンス!

【レビュ-】
たまにはホラ-ものを と言う事でパッケ-ジと内容を見て気になっていた本作を鑑賞しました。

この作品で一番興味を持ったのは「10の災い」という聖書にも出てくるもので、自分は聖書というものは読んだ事も無く、キリスト教とかには全く興味は無いのですが、歴史的背景に関わる宗教学みたいな事には興味をそそられてしまい、そうした内容の映画は何故か観てしまうんですよね。

本作でも出エジプト記に出てくるという「10の災い」が小さな町におこり、記された怪奇現象を科学的に解明する大学教授が真相に迫っていくという、ホラ-のようなサスペンスのような作品でした。
まぁ作品自体のジャンルはホラ-に属するのでしょうけれど、全く怖い場面はありませんでしたね。

自分的には10の災いがどんなものが出てくるのかという事に囚われてしまい、内容にイマイチのめり込めなかった感があります。

謎を解明していこうとする教授にヒラリ-・スワンクが演じていましたが、この役は別に彼女じゃなくても良かったように思います。
イメ-ジ的に「Xファイル」のダナ・スカリ-役、ジリアン・アンダ-ソンなんかが演じてくれたら面白かったかなと勝手に思いました。爆!

それともう一つ自分が気になっていたパッケ-ジ、蛇を纏った少女の絵なんですが、この主役の少女は「テラビシアにかける橋」ですっかりお気に入りになってしまったアンナソフィア・ロブだったんですね。
どおりでなんか見た事あるなぁ なんて思っていたんですけれど、この作品でまた少し大人になってシリアスな演技を見せてくれました。
やはり彼女はこの先、素晴らしい女優になるだろうと期待が高まる俳優の一人ですね。


肝心の10の災いは一番最初に起こった災いが「血の災い」。それから次々と怪現象がおこっていくのですが、別に怖い感じは無かったですね。
多分、キリスト教を熱心に信仰している向こうでは、それ自体が大きな恐怖なのだと思いますが、そうでない人はあまり恐怖を感じないのだと思います。
10の災いは以下の通り。

1.血の災い
2.蛙の災い
3.ブヨの災い
4.アブの災い
5.疫病の災い
6.腫れ物の災い
7.雹の災い
8.イナゴの災い
9.暗闇の災い
10.最後の災い

本作ではこの中でも特に、CM等で話題にもなったという、イナゴの災いは結構、すごいものがありました。あれだけのイナゴの大群に襲われたら確実に嫌な気分になりますね。汗汗汗っ

最後もちょっとしたドンデン返しがあり、ラストのオチもちゃんとついてましたが、怖くないので面白かったとは思いますが、自分的にはイマイチのホラ-作品でした。

それとパッケ-ジの絵にある蛇はどこにも出てこなくて、あの蛇は何だったのだろう?というのが一番の謎となってしまいました。

ヒラリ-・スワンクとアンナソフィア・ロブを観る為の作品になってしまったかなと正直、感じた作品でした。


ユウ太的評価 5.5点
自己評価ですのでご了承下さい。
皆さんもよろしかったらコメントに評価を入れて下さいね。
別窓 | UNRELAX /ホラ-、etc | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ラブスト-リ-
2009-02-16 Mon 17:38


ラブスト-リ-


【スト-リ-】
女子大生ジヘは友人から、演劇部の先輩サンミンへのEメールの代筆を頼まれる。
ジヘも先輩へ密かな思いを寄せていたが、奥手な彼女は打ち明けることができない。そんなある日、ジヘは家の棚から小さな木箱を見つける。その中には35年前に書かれた手紙と日記帳があり、若き日の母の初恋の物語が記されていた。高校生ジュナと親友のテス、そして2人の想いを集めた若き日の母ジュヒの日々を…。

『猟奇的な彼女』に続き、韓国でヒットを記録したクァク・ジェヨン監督による恋愛映画。


【レビュ-】
普段、恋愛もののジャンルはあまり観ないのですが、当時「猟奇的な彼女」を鑑賞し、とても楽しめた作品でしたので同じ監督の、同じ恋愛ものということで以前に観た作品です。

邦画と比べてやっぱり字幕で観る映画というのはなんでか、集中して観られるというのがある為か、韓国映画も見入ってしまい楽しめてしまうんですよね。
でもイメ-ジ的に「冬のソナタ」とか、ベタベタな印象が強かったのですが、この作品には自分も見事にやられてしまいました。

いわゆる古典的な純愛映画なのですが、字幕でみるというマジックと韓国作品独特の雰囲気に全部持って行かれ最後には結構な勢いで涙してしまいました。
これって自分もまだピュアなのかなぁ なんて真剣に思ってしまいましたが、恋愛作品で泣けるものは?と聞かれたら自分はこの作品の名前を挙げる様にしています。

自分の母親の手紙を見つけ、その母親が若い頃の回想シ-ンが多く母親が生きてきた人生を振り返って娘の時代とリンクしていくスト-リ-ですが、昔の学生時代の頃のような錯覚を覚えてしまう見せ方は流石だなと思います。
こういうベタな感じで純愛ものを作っていくのはやっぱり上手いのでしょうね。だから、古臭くてもベタでも昔を思い出してしまう純粋だった日本人には韓国作品というのは良く見えてしまうのでしょう。
本当に昔の日本のドラマのような物語ですね。

そして終盤に出てくる悲恋的エピソ-ドもベタなのですが涙を誘うのでしょう。でも自分はここでは泣かなかったです。
しかし、最後の最後にある大ドンデン返しで一気にやられてしまいました。前作「猟奇的な彼女」も最後に爽やかなドンデンがありましたがこの作品でも同じようにありました。
その明らかになった真実と池のほとりでの美しい風景が胸にジワ-っときてしまいました。

不覚にも大泣きでした。
でもベタ過ぎて笑っちゃう という人も多くいらっしゃるかと思います。そうですよね、自分も今観ると笑っちゃうかも知れませんが、初見では大泣きしてしまい、恋愛ものでは一番涙した作品となりました。

ですから、自分の中では素直に良いラブスト-リ-だという印象が強く評価も高くなっちゃうんですよね。


皆さんは如何ですか?逆に涙してしまうような良い恋愛作品があったら教えて欲しいなと思います。
よろしかったらコメントと一緒に作品を挙げて下さいね。(^^)


ユウ太的評価 8点
自己評価ですのでご了承下さい。
皆さんもよろしかったらコメントに評価を入れて下さいね。
別窓 | ラブスト-リ- | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
インディ・ジョ-ンズ / クリスタル・スカルの王国
2009-02-14 Sat 19:54



インディ・ジョ-ンズ/クリスタルスカルの王国


【スト-リ-】
旧ソ連が台頭してきた1957年の冷戦時代。考古学者インディは、ヒ-リングのパワ-や宇宙の神秘を紐解く力を持つという、「クリスタル・スカル」を探し求めていた。
言い伝えによれば、アマゾンの伝説の都市から盗み出されたこのクリスタル・スカルを神殿に戻した者は神秘のパワーを手にすることができるというのだ。しかし、インディは伝説を信じるロシア軍の指揮官・スパルコの捕われの身に…。果たして彼は敵から逃れ、伝説の秘宝を手にすることが出来るのか? 

おなじみハリソン・フォード演じる“インディ・ジョーンズ”が帰ってくる! 世界各地を舞台にインディ最大の冒険が繰り広げられる


【レビュ-】
インディ・ジョ-ンズの最新作。と言う事でやっと鑑賞しました。

インディ・ジョ-ンズシリ-ズは全部、もう何度もみているという位大好きな冒険活劇で、やはりハリソン・フォ-ドのあの姿と、ジョン・ウィリアムズの手掛けたあのテ-マ曲を聞くと、身体が勝手に反応し、ハラハラ・ワクワクの世界を期待してしまいますね。

今作は実際に存在するオ-パ-ツの「水晶のドクロ」を追い求める冒険という事、そしてディズニ-・シ-でもすっかりお馴染みになっているものですし、否応なしに期待が高まっていました。
それに加え、久しぶりのインディ復活というのも大きく取り上げられて、劇場公開時も話題になっていましたね。
自分はインディ・ジョ-ンズファンですので、もう待ちに待ったという感じでした。

インディ・ジョ-ンズ/クリスタルスカルの王国イメ-ジ1


しかし、いつも目にするアクションも古代遺跡の数々のトラップも期待値が大きかった為かパワ-不足に感じてしまいました。
勿論、ハリソン・フォ-ドも年をとって以前の様には行かないかなと寂しさまで感じてしまいましたね。

そこでインディの二代目かと思わせるジュニアの登場だったのですが、インディには敵わないですよね。
古代ロマンを追い続ける考古学者と、冒険大好き野郎の二面性を併せ持った今までの魅力溢れるキャラクタ-はインディ・ジョ-ンズその人でなければなりません。
自分は続編をあまり期待しないようにしようと思ってしまいました。


やはり、インディ・ジョ-ンズというキャラはとても巨大な存在なのでしょうね。
今まで多くの人を冒険の世界に引き入れ、神秘とロマンを一緒に追い続けた愛すべき映画作品でした。
それは変わりませんが、今回は全体的にパワ-不足と感じられ、また最後のネタも古代の神秘的なものではなくSFに走ってしまった事。残念!思いました。

まぁ作品自体は流石に無難なまとまりで楽しむ事は出来たのですが、寂しさと一時代の終わりを感じてしまったこの気持ちの方が大きかったです。

インディ・ジョ-ンズ/クリスタルスカルの王国イメ-ジ2

久しぶりのインディ・シリ-ズなので「レイダ-ス」からのマリオンが懐かしい顔を見せてくれたり、蛇が嫌いなエピソ-ドを見せてくれたりというのは思わずニンマリしてしまいました。

やっぱり昔の作品を懐かしく思ってしまうんですよね~。
自分もそれだけ年をとったということでしょうね。

そう思うと余計に寂しさがこみ上げてくるなぁ

ユウ太的評価 6点
自己評価ですのでご了承下さい。
皆さんもよろしかったらコメントに評価を入れて下さいね。
別窓 | アクション、バイオレンス | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
奇跡のシンフォニ-
2009-02-12 Thu 19:01



奇跡のシンフォニ-


【スト-リ-】
11年と16日、施設で孤独な日々を耐えていた少年。「パパとママに会いたい」その思いだけを胸にNYへやってきた。
何ひとつてがかりがないまま、両親を捜し続ける毎日。しかし、その旅の途中で出逢う人々、生まれて初めて手にした楽器の数々が彼の運命を変える。
彼はストリ-トで無心にギタ-をかき鳴らし、あふれる両親への愛を音符に託し続ける。必ずこの音は、この世界のどこかにいる2人に届くと信じて・・・。

゛きっと会える″と信じて両親を探す少年の一途な想いと、再開の奇跡を呼び起こす「音楽の魔法」に心揺さぶられる、感動のファンタジ-・ドラマ。


【レビュ-】
ちょうど疲れている時、何か心温まる物語をと思い、以前から気になっていた作品でした。

自分は映画と共に音楽も大好きで、常日頃から音楽を流し気分を向上させたり、心を落ち着かせたり、時には感動の涙を流したりと本当に欠かせない大切なものなんです。
その音楽を大きく取り入れたファンタジ-・ドラマと言う事で楽しみに鑑賞しました。

まず、主演のフレディ・ハイモア君。とても良い表情を見せてくれる役者さんだなぁと感激致しました。
彼の作品は「チャ-リ-とチョコレ-ト工場」、そして最近、「スパイダ-ウィックの謎」という二つのファンタジ-を鑑賞した事があります。そのどちらも彼の存在は光っていて将来、非常に楽しみな役者さんだと感じておりました。
この作品のエヴァンという役も、彼の纏う雰囲気にピッタリの役で、今までにも増して本当に素晴らしい表情を沢山、魅せてくれました。
ギタ-を演奏する時の顔、オ-ケストラの指揮をする時の表情など、良い顔をしていましたね。役にある心から音楽を愛している というのが表情から上手く滲み出ていたと感じる事が出来ました。

奇跡のシンフォニ- イメ-ジ1

この作品は音楽を好きな方にはとても楽しめる作品だなと素直に思いました。
「生きている色々な中で音楽は溢れている」という教え。そうだなと思います。音楽とリズムを感じる事の出来る人はこの映画に共感出来るでしょう。
自分も頭の中でいつも色々な音楽が流れていて、リズムを刻んでいる事が多くあります。
また様々な日常のシ-ンで音楽を感じ、捉える事。自分から行わなければ感じる事が出来ないんです。疲れている時なんか、そういう心のゆとりが無いので音楽は流れていないんですよね。
なんだか、自分に教えられているような、そんな感じで鑑賞していました。

普通に物語を観ると、話がうまく出来すぎているという不満が出るかも知れませんがこの作品は「」ファンタジ-」として観て頂ければとても素晴らしい良いお話だと思います。
音楽が離ればなれになった両親を導いてくれる。素直に素敵な物語だと思いました。

奇跡のシンフォニ- イメ-ジ2

その他、脇役陣もロビン・ウィリアムスが悪人として出ていたりと注目してしまいました。でも自分はその中でも黒人の女の子がとても印象に残っています。
あの子は歌がとても上手でした。ゴスペルやラストの曲でも、とても良かったと思いましたね。
また、エヴァンに音符を教えるという重要な役でした。

その時に少し触れていたモ-ツァルトの話。多分、モ-ツァルトも自分の感じたものが自然と音符となって表れ、全部完璧な形で音楽を創っていたのでしょう。モ-ツァルトもこの作品のエヴァンのような感じだったのでしょうね。
天才とは持って生まれたもので、誰から教わる訳でなく自分の内から全部溢れてくるのでしょうね。

最後の演奏会のシ-ンも出来すぎなくらい本当に「奇跡」でした。
「んなわけないじゃん」という目で観てしまったらこの作品はそこでお終いになります。お父さんもお母さんも都合良く、出来すぎです。そこはツッコミどころ満載ですね。

しかし、音楽を信じ、音楽に導かれ彼らは一緒になる事が出来た。素直に音楽の奇跡のファンタジ-ものとして観れば楽しめると思います。
ラストの演奏会での曲もとても感激してしまいました。 あの曲の一小節が気になったのですが、途中、エヴァンの父と母が恋に落ちた時にビルの上から聞いていた、ギタ-弾きがブル-ス・ハ-プで吹いていた曲と似ていたのですが、気のせいでしょうか?にている部分が確かあったと思います。

自分はそれをエヴァンが偶然にも両親を想う心から、父母が聞いた曲と同じフレ-ズを感じ取って作曲したのかな?とそこにも奇跡を見た気がしたのですが・・・。違いますかね?


奇跡のシンフォニ- イメ-ジ3


ラストシ-ンはもう一緒になって演奏を聴き入ってしまい、感動致しました。
しかし、母親のライラは11年前と全く変わっていないのがちょっと頂けなかったかな。(^^)

音楽にも物語にも素直に感動出来る作品だと思います。
フレディ・ハイモア君の作品では一番良かったと感じました。(^^)


ユウ太的評価 7.5点
自己評価ですのでご了承下さい。
皆さんもよろしかったらコメントに評価を入れて下さいね。
別窓 | ドラマ/ヒュ-マン、感動 | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
復活
2009-02-12 Thu 19:01
風邪をひいて更新がなかなか出来ませんでした。


ご訪問の皆様にはご心配をおかけしてしまい、また、沢山の励ましのコメントを頂戴致しまして本当にありがとうございました。

自分の風邪の方はもうかなり良くなりまして、仕事の方も順調におこなえています。

それと自分が抱えていた気持ちも、もう全然という感じで気にせず心の切替が出来ました。

ご心配をおかけしてしまいまして本当にすみませんでした。お陰様で自分は今、心身共に元気に過ごしております。

皆様に本当に感謝しております事をお伝えしたく、この場をお借り致しまして御礼を申し上げます。


また皆様のところに少しずつですがお邪魔させて頂きますので宜しくお願い致します。


本当にありがとうございます。(^^)

これからまた、皆様に心が落ち着ける場を提供出来たらと思っております。その気持ちは変わっておりません。
また、ぜひぜひ、ホッとしに来て下さいね!



それでは復活させて頂きます。自分自身も楽しめるように♪

そしてまた、明日を信じて・・・

頑張りま~す(^^)

稲垣潤一「時の岸辺」



別窓 | ダイアリ- | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
風邪ひき
2009-02-07 Sat 18:02
ここのところ更新が滞ってしまいました。
一月に入ってから仕事が忙しく、それがずっと続いておりまして、そんな中体調が優れないなぁ なんて思っていたらやっぱり風邪をひいてしまいました。

夜も好きな映画のDVDを観る事も、ちょっと控えていました。故に映画の記事も滞ってしまってます。

少しずつ体調は回復していますので、いつもご訪問下さる方は、どうぞ心配なさらないで下さいね。(^^)

映画を観ない分、毎日少しのお酒と音楽に癒されておりました。
身体をゆっくりと休ませて、心をまったりとする時間を過ごしていましたよ。改めて、やっぱり人間にはリラックスする時間が必要だなと感じました。

リラックスさせるのに聴いていた曲。映画「ニュ-・シネマ・パラダイス」より劇中の曲で愛のテ-マ。
これのオ-ケストラ演奏によるものです。
「ニュ-・シネマ・パラダイス」のサントラは本当に心が癒されますね。映画の一つ一つのシ-ンが瞼の裏に映し出され涙が出てきます。



そして、自分がいつもまったりする時は大好きなバリ島の音楽。ガムランの音色。残念ながら動画では良い曲がありませんでしたが、自分はバリ島に行った時に様々な舞踊を鑑賞し、一気にその音楽にハマリました。
成田にある一軒のお店に沢山あった、バリの音楽CD。ゆっくりと流れるガムラン音楽と鳥のさえずりがミックスされた曲は夢の世界にトリップさせてくれます。

そんな音楽をここ最近は聴いて、心と身体を休めておりました。たまにはこういうのも良いですよね~。

また月曜から早朝より仕事が目白押しです。
でも少しずつ映画も鑑賞してまた更新していきたいと思いますので宜しくお願いいたします。

そして、最近一番聴いている歌。
Mr.Childrenの「HANABI」です。
ちょっと前からの自分がいま抱えている心の苦しみ(大したものじゃないんですけれど)そんな気持ちにリンクしているような歌詞がとても心に響いています。
恋愛や人間関係とかではなく、自分が思っている葛藤があり、それに対してこの歌がピタリとはまってきたみたいな感じで毎日、じっくり聴いています。



皆さんは如何ですか?風邪などひいていませんか? 何かの事柄に矛盾を感じたり、心が苦しかったりしていませんか?

皆様におかれましては、どうかご家族や仲間、恋人などと楽しくお健やかにお過ごし下さいね。

自分もまた、今から頑張って参ります。(^^)
別窓 | ダイアリ- | コメント:10 | トラックバック:0 | top↑
ミッドナイトクロス
2009-02-04 Wed 18:48



ミッドナイトクロス


【スト-リ-】
B級映画専門の音響係ジャックは、映画で使用する効果音を収録している最中に偶然、車の転落事故の一部始終を目撃する。
慌てて車に乗っていた男女を救い出すが、男はすでに絶命していた。その後、死んだ男が次期大統領候補であった事を知ったジャックは、事故の時に録音していたテ-プから一発の銃声を聞きとめた。事故に疑問を抱き始めたジャックは、生き残った女性サリ-と共に真相を究明しようとするが、2人は何者かに命を狙われ始める・・・。

Q・タランティ-ノがビデオ屋に必ず置いておきたい作品のひとつに挙げたデ・パルマ監督、ジョン・トラヴォルタ主演のサスペンス・アクション


【レビュ-】
ブライアン・デ・パルマ監督、ジョン・トラヴォルタ主演のサスペンスという事で鑑賞しました。

昔の作品らしく、映像は古くさい感じ、そして劇中のトラヴォルタの役がB級映画の音響担当という事もあってこの作品自体、全体がB級作品のような雰囲気を上手く醸し出していました。

音響技師が効果音の自然の音を収録中に起こった事件を、その録音していた「音」を手がかりに謎を解明していくというスト-リ-はとても興味をそそられ、音のプロによる推理が観ていてとても面白かったです。
音を何度も聞き直し、写真を一枚一枚撮影したものをフィルムにおこして、その音と合わせて検証していく過程が他のサスペンスでは観なかったものなので、また違う角度からのサスペンスものとして評価したい作品。ですが、昔の作品の「欲望」という映画をパロって創られたという事のようですね。
自分は「欲望」という作品は知らなくて、先にこの「ミッドナイトクロス」を鑑賞したのでとても新鮮に観る事が出来ました。

音から謎を追跡していく事、この作品の大きな要なのですが、随所に、デ・パルマらしい構成も自分は楽しめました。
カメラ・ワ-クの奇抜さ、カット割りの見せ方、そして「アンタッチャブル」ても魅せたスロ-モ-ションなどが織り交ぜられ、ヒッチコックを意識した彼の演出がサスペンス劇を盛り上げていたと思います。
また、デ・パルマ監督の当時の奥様、ナンシ-・アレンがとても良かったですね。彼女は「ロボコップ」のマ-フィ-の相棒だったアン・ルイス役でしたね~ この作品ではちょっと不思議ちゃんな女性サリ-を可愛らしく、且つ魅力タップリに演じていたと思います。


物語中盤までは少しダラダラとした感じで物語は進んでいきますが、終盤はとても良かった。
サスペンス劇の終演は悲しく、そしてとても美しいシ-ン。そして、オチもついたやりきれない結末。トラヴォルタの何とも言えない表情と仕草は、バット・エンディングをさらに引き立たせとても印象に残ってしまいます。

はっきり言って後味はとても悪い映画。ですが、サスペンスでない部分に笑いと切なさがこみ上げる、なかなかの作品だったと思います。

この作品、「悲鳴に始まり、悲鳴に終わる」と書いてありましたが、まさにその通り。始めのジャックが効果音を手掛けるB級ホラ-のシ-ンから始まり、そのホラ-映画で締めくくる所は秀逸だと唸ってしまいました。
でも本当に切なく悲しい、その思いをとても深い演技でトラヴォルタが魅せてくれたと思います。
まだ彼がすごく若くて違和感がありましたが、彼のファンは必見の作品ですね。
とても良い味を出していましたよ。

しかし、あの悲鳴って・・・切ないです。 最初の悲鳴は腹を抱えて笑えるんですけどね~


ユウ太的評価 7.5点

別窓 | サスペンス | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
| RELAX TIME |

ブログ内検索

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。