スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ナルニア国物語/第二章:カスピアン王子の角笛
2008-11-29 Sat 18:35


ナルニア国物語 カスピアン王子の角笛

【スト-リ-】
「伝説の4人の王」として、ベベンシ-兄妹が築いたナルニア国の黄金時代から1300年。今や戦闘民族のテルマ-ル人が支配するこの国では、先王の弟ミラ-スが摂政を務め、正統な王位継承者であるカスピアン王子の暗殺を企てていた。
危機一髪で城から脱出したカスピアン王子は、逃げ込んだ森の奥深くで、迫害の末に身を潜めていたナルニアの民たちと出会う。そして、ミラ-スの配下に追いつめられたカスピアン王子が吹いた角笛は、ロンドンで普通の学生として暮らしていたピ-タ-、ス-ザン、エドマンド、ル-シ-の4人を再びナルニア国へと呼び戻した。
すっかり荒廃したナルニアに驚く4人は、カスピアン王子と運命的な出会いを果たす。そして、ナルニア国の真の平和と繁栄を取り戻すため、暴君ミラ-スに立ち向かっていく・・・。


【レビュ-】
ディズニ-製作の前作「ナルニア国物語/第一章」も鑑賞しましたので、第二章もDVDにて鑑賞しました。
前作はやっぱりディズニ-が手がける映画という事で、少々、子供向けの作品の色が強かったのか、色々と意見したくなる部分がありましたが、そこはファンタジ-。それはそれなりに楽しんで鑑賞する事が出来ました。

今作は、そんな子供向けな作品から少し、スケ-ルアップしているという印象を受けました。
主要4人の兄妹も頼もしく成長していて、とても嬉しくなってしまいましたね。(^^)

前作から少し変わっていたのが、ナルニア国にテルマ-ル人という人間がこの4兄妹の他に登場してきた事でした。
中でもタイトルにも出ているカスピアン王子が今回のキ-マンなのかな?と思っていたら彼は前半部分ではキャラとして光っていましたが、後半から脇に消えていましたね。
今作では4兄妹が大車輪の活躍で、中でも長兄のピ-タ-がとても頼もしかったです。流石に「一の王」だっただけありました。
このピ-タ-とカスピアンのやりとりと、次兄エドマンドの男三人の絡みが個人的には好きでした。
こんな風にして、男は成長していくのかなと思いましたね。

また妹の末っ子ル-シ-が今作とても光っていました。
前作同様、純真な心を持つ彼女が印象深く残っています。ファンタジ-の世界では「信じる心」が全てなのでしょう。彼女の心がアスランを呼び戻しました。

ナルニア国物語 カスピアン王子の角笛 イメ-ジ


合戦のシ-ンもなかなかの迫力があり、人間対ナルニアの民の構図も良かったです。ちゃんと戦略があり地下の柱を壊して大地を陥没させ、そのまま裏に回り込み挟撃する策は見ていて三国志を思い出します。
しかし、ナルニア軍はここまで。圧倒的物量の差が徐々に出始め劣勢へと追い込まれていきました。

ここでアスランの登場です。アスランは前にも増して神掛かってました。威厳と風格も増し、ナルニアの絶対的存在ですね。とても爽快です。
けれど1300年の間、テルマ-ル人に支配され絶滅寸前まで追い込まれていたナルニアを何故助けなかったのかなという疑問は残っています。タムナスさんも死んでしまったのでしょうか?
因みにアスランの声は威厳のある、とても渋いお声ですが、あのオスカ-・シンドラ-を演じたリ-アム・ニ-ソンだったんですね。(^^)

ナルニアのファンタジ-が好きな所は、お馴染みのドワ-フやケンタウロス、ミノタウロス、フォ-ンなどの神話的キャラの他に、動物達のキャラがきちんと設定されているのが良いと思います。
前作ではビ-バ-夫婦、今作ではネズミの剣士リ-ピチ-プが誇り高き戦士で凄く良かったです。
あの赤いリボンはカッコイイですね。そうした所も観ていて楽しめると思います。

全体的に4兄妹と共に、前作から少し大人な内容にスケ-ル・アップしたと思います。しかし、子供やこの物語を知らない人にもとても解りやすいスト-リ-だと思います。

ファンタジ-の魅力が沢山入った、誰が見ても楽しめるエンタ-テイメント作品ですね。(^^)

ユウ太的評価 7点
自己評価ですのでご了承下さい。
皆さんもよろしかったらコメントに評価を入れて下さいね。

スポンサーサイト
別窓 | SF ・ファンタジ- | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
邦楽 One more time , One more chance / 山崎まさよし
2008-11-29 Sat 18:34


【解説】
滋賀県生まれのシンガ-・ソングライタ-。
滋賀県で生まれ、その後山口県で育った。中学の頃からバンド活動を行い、当時はドラムを担当していた。その後、高校で先輩達が卒業してから歌とギタ-を覚えたという。

1992年にインディ-ズ・デビュ-。翌年、山口県から上京し横浜市桜木町を拠点にアルバイト生活をしながら音楽活動を行っていく。
1995年にメジャ-・デビュ-するが、この時 山崎は、歌手のオ-ディションと間違えて役者のオ-ディションを受けてしまった。その会場で仕方なく自作の歌を歌ったのを、その時たまたま審査員として参加していた音楽プロデュ-サ-の目に留まりメジャ-・デビュ-するに至った。このエピソ-ドはTV番組でも披露された事がある。

1997年、山崎自身が主演した映画「月とキャベツ」のテ-マ曲「One more time , One more chance」がヒットした。
この曲は後の2007年公開された短編アニメ-ション映画「秒速5センチメ-トル」にも使用され、映画の主題歌として2度起用された名曲である。


この曲「One more time , One more chance」は、山崎まさよしの曲の中でとても人気の高い、彼の名曲のひとつです。
とても切ない曲ですが心が静かになる曲でもあります。
自分が良く聴いているFMラジオの「今聴きたい曲」のリクエスト投票でも、必ず一位を獲得してこの曲がかかってしまうというほど、多くの人に支持されている曲ですね。

今回の動画は前述の通り、2度目の映画主題歌になった「秒速5センチメ-トル」の映像をバックに流れるものとなっています。
このアニメ-ション映画は3編から構成されており、小学生の頃の淡い恋と、その後成長した男女の恋愛を描いた作品で、この曲と非常にマッチした物語です。
中学生の時を最後に会えなくなった二人。その後の男は幾つかの恋愛を経験するが、中学の冬に会えなくなってしまった女性を思い続ける・・・という内容です。
タイトルの「秒速5センチメ-トル」は桜の花びらが落ちるスピ-ドなんだそうです。

曲も切ないですが、このアニメ-ションもとても切ないです。
皆さんもこの曲を聴くと、昔抱いていた淡い気持ちをフッと思い出されるかも知れません。そんなノスタルジックな感覚に落ち、あの頃の事が蘇るような曲です。

一度、思いにふけって静かに聴いてみたい曲ですね。
暦も、もうすぐ師走。空気も雰囲気も冷たくなってくる季節にもほどよく合う、ちょっぴり切ないものも、たまには聴いてみるのも良いかも知れませんね。

「命がくりかえすならば 何度も 君のもとへ・・・」

あなたの側に、若しくは心の中に、そんな人は居ますか?(^^)

別窓 | 癒しの一曲 邦楽編 | コメント:4 | トラックバック:1 | top↑
バンテ-ジ・ポイント
2008-11-28 Fri 17:56



バンテ-ジ・ポイント

【スト-リ-】
スペイン・サマンカ、マヨ-ル広場。国際テロ対策の首脳会議が開催される会場にて、アシュトン米大統領への狙撃事件が発生。事件の鍵を握る重要な目撃者は8人いたが、彼らが異なる地点・立場から見たものは違っていた。
現場にいたシ-クレット・サ-ビスのト-マス・バ-ンズは、事件の裏に隠された真相をたった一人で追い始めるが・・・。

8つの視点から繰り返される23分間に隠された真実。大統領暗殺狙撃事件をそれぞれの視点から迫るアクション・サスペンス。

【レビュ-】
つい先日、鑑賞しました。
大統領狙撃にまつわる、手に汗握るアクション・サスペンスという事で、他の作品等の宣伝映像がとても面白そうだったので、とても期待していました。

確かに、主要人物のそれぞれの視点、主観から少しずつ明らかになっていく事件の真相は凄く面白かったです。
しかし、何度も何度も時間を巻き戻す所が良いようでイマイチという感じがしました。
3、4度くらいならまだ良かったかも知れませんね。お笑いのネタの様に、同じ事を何度も繰り返す事が続くと人間は飽きてしまうと思います。
しかし、その時間の巻き戻しがこの作品の重要な部分となっていましたので、少々飽きていましたが、それぞれの人物のドラマがあって、そこそこ楽しめたかなと思います。

中でも自分の好きな俳優さん、フォレスト・ウィッテカ-がこの作品でもとても良い役をやっていますね。
彼はいつも良い役に恵まれるのは何故なのでしょう? 自分が思うに、彼の優しそうな顔、眼差しがそうした役に合うのかも知れませんね。
この作品もウィッテカ-が演じる、ハワ-ド・ルイスからの主観ドラマが一番、ハラハラして楽しめました。

バンテ-ジ・ポイント イメ-ジ


アクション・サスペンスという作品なのでハラハラ、ドキドキといったシ-ンも多くありました。各人物からの視点で描かれる描写はサスペンス色が強かったと思います。
また後半から、デニス・クエイドが犯人を追いかけるカ-・チェイスはとても面白かったです。久しぶりに見応えがあるチェイスだったなぁと感じました。

が、良いところはあるのですがどれも、もうちょっと、一つ一つを丁寧に描いてくれればと同時に感じてしまいました。
サスペンス色の強い構成なのに、やはりカ-・アクションに頼ってしまった後半から、この作品全体が中途半端になってしまったように思います。また、ツッコミ所も多く、失速していった感は否めませんでした。

それと自分は犯人が最初の時点で「コイツだ」と解ってしまい、何となく展開が読めてしまったのも残念でした。

けれど散々、辛口に書いてますが見せ方は「まあまあ」だと思います。決して悪い作品ではありません。尺も短くてどんどんと進んでいくスピ-ド感は○でした。実際、最終的には楽しかったと思える作品でしたよ。
自分としては、もう一捻り欲しかったと思ってしまいましたが、これは贅沢なのでしょうかね?汗っ

あと一つ、残念だったのがシガニ-・ウィ-バ-が目立たないという事。せっかくのビッグ・ネ-ムなのに名前だけ みたいなキャスティングだったのが残念ポイントの一つですね。

アクション作品が好きな方は全然、楽しめる作品だと思います。
しかし、自分の様にサスペンスの方を期待してしまうと少々、ガッカリしてしまうかも知れませんね。

無難に楽しむには問題なしだと思います。、多分、自分が贅沢な要求が多いのでしょうね~汗っ

ユウ太的評価 6.5点
自己評価ですのでご了承下さい。
皆さんもよろしかったらコメントに評価を入れて下さいね。
別窓 | アクション、バイオレンス | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
ロレンツォのオイル
2008-11-26 Wed 18:41



ロレンツォのオイル

【スト-リ-】
オ-グストとミケ-ラの一人息子ロレンツォが、難病のALD(副腎白質ジストロフィ-)に冒されてしまった。専門医にも見放された愛する我が子の命を救うため、夫婦は何の医学的知識を持たないにもかかわらず必死の努力の末、ついに新薬「ロレンツォのオイル」を生み出していく・・・。

息子の病気を治そうと、普通の夫婦が努力の末に薬を生み出した実話を描いた感動ドラマ。

【レビュ-】
この作品も素晴らしいブログ様パッチさんの記事を読んで、出会う事の出来た作品です。

ある日突然、子供が異常行動を取り、それが難病と知らせれて余命を宣告されたら・・・

この作品は実話です。実際に1984年、ワシントンに住んでいたロレンツォ・オド-ネ少年が6歳の時にこの難病であるALDとの診断をうけ、親御さんは2年以内に死亡するだろうと宣告を受けました。
子供さんが居る方はとても耐えきれない状況だと思います。

普通なら、ここで我が子を嘆き悲しみ、絶望の淵へと転落してしまう。または神頼みにすがる思いで何とか生きて欲しい と願うばかりになってしまうのが殆どでしょう。
自分の愛する者を救いたくても救う術がない。医師には諦められ、ただ来るべき時を刻んでいくだけ。それはあまりにも切ないです。

しかし、この親御さんは諦めませんでした。愛する息子を救うため、医学的、科学的知識も無かったのですが、医学図書館に通い 書物を読み、世界中の医学者や研究者に問い合わせ意見を求めました。
その努力の結果、知識を身につけ、副腎白質筋ジストロフィ-に関する国際的シンポジウムまで組織するという事にまで達していきました。

日々、悪化していく息子を必死に看病し、研究と同時に行っていた食事療法でとうとう、特定のオイルを見つけ出したのです。
この凄絶な日々は見るに堪えない凄まじいものもありましたが、ただの感動ものではない 圧倒されるドラマがありました。
シネマレビュ-にも他のサイトにもあった詩が、まさにあてはまると思います。

『海よりも深い愛情は 親の愛情 でも それよりも深い愛情は 親の愛情にこたえようとする子供の愛情』

両親は医学に闘いを挑み、挑戦し続けた。それは必死の思いでの事で、何よりも愛する我が子の為だったでしょう。そして、それと同じく子供は病気と闘い、両親の思いに応えました。
そして完成したのが「ロレンツォのオイル」と名付けられた油でした。
この特効薬は、このご両親とロレンツォだけでなく、世界中でALDと診断された子供たちと家族を救う奇跡の薬となりました。
この映画の最後には沢山の笑顔があふれていました。
自分は、このご両親の決して諦めない懸命な姿と、必死に病気と闘うロレンツォの姿。そして世界中で救われた、沢山の子供達の笑顔を見て涙が止まりませんでした。

発症して2年で死に至るという難病「副腎白質ジストロフィ-」という病気は、今現在でも この「ロレンツォのオイル」によって治療、緩和する事が可能になったという事で、それまで為す術もなく通常、2年で死亡してしまうという病気に希望を見出す事が出来た事は大変、大きな偉業だったと思います。

しかし、必死に特効薬を生み出した母親のミケ-ラさんは2000年7月に肺癌でお亡くなりになりました。
また、ロレンツォ本人も、この治療開始が遅かった為にずっと闘病生活が続いていましたが、今年5月30日にお亡くなりになったという事です。ですが、簡単な意思表示を行う事が出来、本や音楽を楽しめるまで回復はしたそうですね。
6歳の時に2年で死亡すると言われていた方が、その後も必死に病魔と闘い30歳まで生きていました。最後もこの病気が直接的死因ではなかったという事です。
本当に心よりご冥福をお祈り致します。


それまでの闘いの日々は、ご本人達はそれこそ、想像を絶する苦難が沢山あった事と思いますが、その後の同じ病気を発症した子供と家族には希望と病気からの回復という、素晴らしい道を与えて下さった まさに奇跡の物語です。
今現在もこの「ロレンツォのオイル」によって救われた多くの方が居る事はまぎれもない事実であり、世界に残したロレンツォの名は決して忘れないものとなっています。

この奇跡のドラマは必見の映画だと思います。

ユウ太的評価 9点
自己評価ですのでご了承下さい。
皆さんもよろしかったらコメントに評価を入れて下さいね。
別窓 | ドラマ/ヒュ-マン、感動 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
洋楽 Africa / TOTO
2008-11-22 Sat 18:08


【解説】
1977年にスタジオ・ミュ-ジシャンであったデヴィット・ペイチとジェフ・ポ-カロを中心に結成されたアメリカのバンド。
バンド名の由来は映画「オズの魔法使い」に登場する犬の「toto」をきっかけにメモしていたものだった。それを詳しく調べると、ラテン語で「total」などの意味を持つ事を知り、自分たちのバンドが様々な音楽や演奏に対応できるという事でデビュ-・アルバムのタイトルとバンド名とした。決して、日本の衛生器具メ-カ-「東陶機器」(TOTO)から取ったものではない。後に彼らはこの話をジョ-クのネタにはしている。
音楽的にはロック、ジャズ/フュ-ジョンやハ-ドなものまで、幅広いジャンルをこなし様々なスタイルを披露してくれる。

今回ご紹介の「Africa」は、このスペシャル・バンドTOTOに於いて、最大のヒットとなった壮大な曲です。
きっと有名で皆さんもご存知かと思います。
この曲は世界中で愛されており、様々な音楽ジャンルでもカヴァ-されていて、きっと耳にした事のある曲だと思います。

この曲の意味はとても深いようで、色々な解釈があるという事ですが、アフリカで活躍なさって頑張っている方々に送った曲なのではないかというのを読んだ事がありました。
今現在でもアフリカは深刻な問題が山積みです。 母なる大地アフリカの自然と人々の生活を世界が守って助けていかなければいけないと思います。

この曲はそんな想いにもさせてくれる、そして雄大で美しいアフリカの空と大地、そこに生きている自然や動物たちを感じる事の出来る名曲だと思います。
目を閉じればそこはでっかいアフリカ。心の奥底まで響いてきます。

きっとこの曲を聴くと、その静かな中に熱く流れるメロディに乗って、広大なアフリカをイメ-ジし癒される事と思いますよ。(^^) 今でも全然、色褪せない名曲です。

自分は死ぬまでに一度でいいからアフリカの広い空と大地をこの目で見てみたいと思っています。
その日まで、この曲を何度も聴いて・・・ いつかは行ってみたい。 そう思います。(^^)

別窓 | 癒しの1曲 | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
邦楽 LIFE is ・・・ / 平井 堅
2008-11-22 Sat 18:07



【解説】
大阪府生まれで三重県育ちのシンガ-・ソングライタ-。
大学在学中、オ-ディションに自作ビデオを応募して入選したのをきっかけに、1995年デビュ-した。
1stシングルはそこそこ売れて、知名度はあがったものの、自身ベストアルバムでも触れているがその後は鳴かず飛ばずでヒットには恵まれなかった。
2000年、文字通り「背水の陣」で臨んだ8枚目のシングル「楽園」がジワジワとロングヒットを記録し続け注目される事となった。
この「楽園」以降は、次々とヒット曲をリリ-ス。遅咲きとなったが今や日本の音楽シ-ンをリ-ドするア-ティストとなった。

この「LIFE is ・・・」はTBS系ドラマ「ブラックジャックによろしく」の主題歌だったこともあり、ご存知の方も、この曲好きという方も多いのではないかと思います。

自分はドラマの主題歌に起用される前からこの曲が好きでした。そして今回、記事として取り上げた理由はこのPVがすごく好きだからでした。

2年ほど前に平井堅のベストアルバム「歌バカ」を購入した方はDVDもついていましたから知ってると思いますが、このPVに登場する人たちの姿にとても勇気づけられます。
木下大サ-カスのスタントの人、和食料理の職人さん、オ-トレ-スの選手、入れ墨を入れてしまった過去と戦うボクサ-、プロレスラ-のハヤブサさん 等々。

皆、職種や歩んできた人生は違いますが、仕事やこれまでの経緯で傷を負ったり挫折したりと、様々な困難にぶつかってきた人達だと思います。
しかし、彼らの障害に負けない姿は語らずとも強く伝わって来ました。
特に試合中のアクシデントで脊椎を損傷し、下半身不随になってしまったプロレスラ-、ハヤブサ。彼の姿は胸を打ちます。初めてこのPVを見た時、涙して心が震えました。

とても良いPVと癒し、元気づけられる曲です。
何気に平井堅のPVは良いものが多いなぁと思います。(^^)

最後の笑顔はみんな輝いています。素敵なPVを多くの人に見て頂きたいですね!みんな頑張っていますもん!!

これを見てる皆さんもいつも素敵な笑顔で過ごして頂きたいと思っています。(^^)
別窓 | 癒しの一曲 邦楽編 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
クジラの島の少女
2008-11-21 Fri 18:54


クジラの島の少女


【スト-リ-】
ニュ-ジ-ランドの小さな浜辺の村。祖先の勇者パイケアがクジラに乗ってこの地へたどり着いたという伝説を語り継ぐマオリ族。 彼らは代々、男を族長として伝統と村を守り続けてきた。
ある時、族長コロの長男ボロランギは双子の男女を授かるが不幸にも男の子と母親は出産時に命を落としてしまう。ボロランギは悲しみに暮れ、一人娘を残し村を去ってしまった。
伝説の勇者と同じパイケアと名付けられた娘は、族長の祖父母のもとで育てられる。しかし、女として生まれた為に跡取りとして祖父から認められない悲しみを抱えていた・・・。

主演の美少女 ケイシャ・キャッスル・ヒュ-ズがアカデミ-主演女優賞に最年少でノミネ-トされた他、数多くの映画祭で観客賞を受賞したニュ-ジランド映画。

【レビュ-】
以前からとても気になっていて、何故か鑑賞する機会が無かった作品でしたが近頃になって、やっと鑑賞出来た作品でした。

パッケ-ジやタイトルの「クジラ」から真っ先に連想するのは海を背景にした美しい作品。と想像していました。
自分が思った通り、美しく壮大な海と神秘的なクジラの映像は観ていて相当、心が癒されました。ある意味一種のヒ-リング映画ではありました。

しかし、それよりも物語の内容が自分はとても面白いと思いました。
昔、中学の英語の教科書にも出た事がある、ニュ-ジ-ランドの先住民族のマオリ族。普段はよく知る事が出来ない彼らの伝統や文化、生活などをこの作品を通して少し知る事が出来ました。とても勉強になったなぁという感じです。

自分はニュ-ジ-ランドと言ったらキゥイフル-ツとラグビ-のオ-ルブラックスを思い浮かべます。
オ-ルブラックスの試合前の儀式、マオリ族の戦いの踊り「ハカ」が有名なんですが、この作品でもマオリ伝統のハカなどを継承させるシ-ンが随所に見られます。

日本でも古来より男子が古い伝統を長年、継いでいくという事が色々存在しますが、この作品でも主人公の少女と族長である祖父との複雑な絡みが何とも言えず、胸にジ-ンときてしまいました。お互いに愛情を持っているのですが、伝統を守るため様々な葛藤がありました。
また、それと一緒にニュ-ジランドの海や自然、マオリの文化がほどよく織り混ざり、癒しの映画として心に深く刻み込まれました。

クジラの島の少女 イメ-ジ


そして、この作品当時、13歳で史上最年少でのアカデミ-主演女優賞にノミネ-トされたケイシャ・キャッスル・ヒュ-ズが南国の情緒溢れる美少女で、その豊かで美しい表情に魅了されてしまいました。彼女の史上最年少ノミネ-トという偉業は未だ破られていないという事です。また、全然知らなかったのですが、「スタ-・ウォ-ズ/エピソ-ド3 シスの復讐」に出演していたのですね!

彼女の神秘的な雰囲気と、熱く美しい心はクジラにも通じ、最後は本当に伝説の勇者の言い伝えのように幻想的なシ-ンを迎えます。このシ-ンはシネマレビュ-にも書いてありましたが「風の谷のナウシカ」を思わせるチョッと素敵なシ-ンでした。

不思議な魅力をもったケイシャ・キャッスル・ヒュ-ズと、今なおその伝統が息づいているマオリに触れる事が出来る、不思議で癒しの効果を持ったこの作品は一度ご覧になってみて頂きたいな と思います。
クジラ好きな方にもお勧めですね!(^^)

動画はオ-ルブラックスによる伝統の踊り「ハカ」を試合前に披露してチ-ム全体を鼓舞する力強い画像です。
思わず格好いいなと思いました。この伝統は絶やさないで欲しいですね。たとえ族長の跡取りが女の子だとしても・・・。



ユウ太的評価 8点
自己評価ですのでご了承下さい。
皆さんもよろしかったらコメントに評価を入れて下さいね。



別窓 | ドラマ/ヒュ-マン、感動 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
アメリカン・ギャングスタ-
2008-11-19 Wed 18:35


アメリカン・ギャングスタ-


【スト-リ-】
ハ-レムを仕切るギャングのボスに15年間仕えてきた運転手のフランクは、ボス亡き後、一匹狼として生きることを決意。ベトナム戦争の軍用機を利用して、東南アジアの良質な麻薬を直接、生産者から仕入れ密輸し、安価で幅広く大衆に販売し始める。
瞬く間に巨万の富を築き、マフィアからも一目置かれる麻薬王の座へ登りつめる。派手な行動を慎む事でその正体は長い間、誰にも気づかれる事は無かったが、ついに、疑惑の目を向ける刑事のリッチ-・ロバ-ツが現れる。
公然と横領や恐喝がなされ、腐敗がはびこる警察内で、汚職に手を染めることを拒み続けた彼は、特別麻薬取締局に配属され、麻薬ル-トの解明と裏で暗躍する巨漢に立ち向かい、フランクを追いつめていく・・・。

【レビュ-】
劇場公開時から観たいと思っていた作品。やっと鑑賞しました。

マフィアの麻薬王にデンゼル・ワシントン。普段、彼は正義の良い人物を演じるので大変、興味がありました。
やはり、ただのワルでは無く一見、紳士的で毅然とした立ち振る舞いで裏社会に暗躍する一種のヒ-ロ-みたいに見えました。やってることはめちゃめちゃ悪くて本当にタチが悪いのですが。

家族、親類で周りを固め、一貫した規律の中で麻薬組織をどんどん大きくしていくボスを何故か魅力的に演じていたなぁと感じました。
やっぱりデンゼル・ワシントンは風格がありますね。

この作品はギャング、マフィアものということで男性諸君にはウケが良いのかも知れません。悪い事もスケ-ルが大きく、米軍を利用して密輸するというしたたかさや、規律を犯したり、裏切り行為は許さず徹底的にヤルところなんかも見応えがありました。

そして、このボスを睨み、追いつめていくのがラッセル・クロウでした。
ラッセル・クロウは嫌いじゃない俳優なのですが、この作品の彼はちょっとマイナスなイメ-ジを持ってしまいました。
「グラディエ-タ-」の印象がどうしても強いからなのでしょうか?もっとゴッツイ、バリバリの男。っていうイメ-ジが最近は老けたなぁという感じになってしまい、メタボを心配してしまいそうになります。

ちょっと余談になってしまいました。ラッセル・クロウが特別麻薬取締局のリッチ-を演じていましたが、こちらは正義の人でした。

この作品、実話という事でしたが、昔の時代は警察汚職が酷かったのですね。賄賂や横領などが当たり前の様に警察内部に蔓延っており、法と秩序が守られてなかった時代。だからこそ、このような大物マフィアや麻薬王が生まれた時代だったのでしょう。少し歴史の背景を垣間見れる作品でもありました。

この二人が絡んでくるのは物語の後半でしたが、自分は飽きる事無く鑑賞する事が出来ました。善と悪という対極にある、筋の通った男の物語としてなかなか楽しめた作品でしたね。

最後のエピソ-ドも、良いオチになっているなぁと思いました。リッチ-が弁護士なんてね。

久しぶりにギャングものを観ましたが、見応えがあり楽しみながら鑑賞出来ると思います。
昔のギャングものもまた観たいなと思わせてくれました。(^^)

ユウ太的評価 7.5点
自己評価ですのでご了承下さい。
皆さんもよろしかったらコメントに評価を入れて下さいね。

別窓 | アクション、バイオレンス | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
キリング・フィ-ルド
2008-11-19 Wed 18:06


キリングフィ-ルド

【スト-リ-】
70年代のカンボジアでは内戦が続いていた。ニュ-ヨ-クタイムズの記者シャンバ-グは、現地で取材助手のプランと知り合う。
だが、共産勢力「赤いクメ-ル」が攻勢をかけ、シャンバ-グはやむを得ず帰国、そしてプランは捕らえられてしまう。プランが決死の覚悟で脱出を図るが・・・。
そこで目の当たりにする光景は直視する事も出来ない悲惨な光景「キリングフィ-ルド」だった。

実在の記者シドニ-・シャンバ-グが書いた、ピュリッツァ-賞受賞作の映画化。ロン・ノル政権と「赤いクメ-ル」の内戦に、身も心も焦土化したカンボジアを描く。
85年度アカデミ-助演男優賞、撮影、編集の3部門受賞作品。

【レビュ-】
大分、昔に鑑賞した作品でしたが、昨年に自分の友人がカンボジアを訪れたという事で、何ヶ月か前に再見しました。

カンボジアに出かけた友人は世界をハ-レ-で走り回っている女性です。見た目も行動も豪快で現在は香港でフィアンセと住んでいます。
その彼女が今年の正月の年賀状に、カンボジアでのツ-リング先で撮った写真の年賀葉書をくれたのです。
その写真には、キラキラとした笑顔で一杯のカンボジアの子供と一緒に写っている彼女の写真でした。
その後、その彼女に会い「キリング・フィ-ルド」には行った?と質問すると、現地に行ったらとても見る事は出来ない。と言っていました。

今現在でもカンボジアに残る傷跡と「キリングフィ-ルド」。そんなに昔ではない時代に起こった悲劇はこの作品で知る事が出来ます。

内戦での目を覆いたくなるような殺戮と悲劇は多くの犠牲者を生みました。この内戦では100万人以上の死者を生み、虐殺で多くの人の命が奪われました。
この映画はとても凄惨な描写が沢山、登場します。
ここであまり多くは触れたくはありませんが、その光景は凄まじいものでした。

作品で描かれている、虐殺に多く関わっていたのは子供達でした。とても悲しい、やりきれない作品。実際の状況と、この作品の内容が少々、違うという声はありますが、このような悲惨な内戦が起き、キリング・フィ-ルドという大量殺戮がおこなわれたという刑場は現在も残っています。

カンボジアは現在でも地雷や不発弾が大量に残されており、立ち入り禁止の危険地帯が数多くあると言います。

友人からもらった葉書の子供達は、そんな事を感じさせない位の、本当に可愛らしい笑顔でした。
その子供達の笑顔が消えないように、こんな悲劇が起こらないように、こうした映画を鑑賞するのは意味があると思いました。

ただ、物語の最後に流れてくるジョン・レノンの「イマジン」は少し哀しいくらい、この悲劇の作品による衝撃によって浮いてしまった感じがしてしまいました。
「イマジン」は好きな曲なんですけどね。

自分も機会があったら、一度カンボジアを訪れて「キリング・フィ-ルド」と子供達の笑顔を見てみたいです。



ユウ太的評価 7点
自己評価ですのでご了承下さい。
皆さんもよろしかったらコメントに評価を入れて下さいね。
別窓 | ドラマ/戦争 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
運動靴と赤い金魚
2008-11-17 Mon 19:36


運動靴と赤い金魚

【スト-リ-】
少年アリは、壊れて修理したばっかりの妹・ザ-ラの靴を買い物の途中でうっかりなくしてしまう。
親にも言えず、兄の靴一足しかない兄妹はその靴を共有する事に。妹が先ずアリの運動靴を履いて登校。下校途中で待ち合わせて、今度はアリが登校するという具合。
そんなある日、小学生のマラソン大会が行われる事になった。マラソン大会の3等の賞品はなんと運動靴。アリは妹のために、3等になろうと必死に走るのだった・・・。

マジッド・マジディ監督による、姉妹愛の心温まる姿を描きアカデミ-外国語映画賞にノミネ-トされた感動ドラマ

【レビュ-】
この作品も色々と評価が高く、感動、泣ける映画という紹介の多かった映画でしたので以前から鑑賞したかった作品でした。

この作品を一言で言うと「ピュアになれる」作品だと思います。
映画を製作した国はイランということで、最近はとても素晴らしい作品をつくるという事でも少しずつ知られてきた国イラン。
この国の作品は初めて観ましたが、皆さんが仰る通りとても素晴らしい映画でした。

イランという国の事は、正直あまり知る事がなかなかありません。やはり貧富の差が大きく存在する国なのだという事もこの作品で知る事が出来ました。

この主人公の家族は貧困層。借りているアパ-トのような長屋作りの家の家賃も勿論、滞納している様子で食べていく事さえ大変な生活でした。
そこに暮らす兄妹の、妹の靴をお兄ちゃんがなくしてしまったからさぁ、大変。
新しい靴を親に買ってとは到底、言えません。この兄妹は子供なりに家庭の事情をよく分かっていました。
健気にも一つの運動靴を二人でかわりばんこに履いて、何とか凌いでいきます。運動靴がもう一足あったら・・・。 たったこれだけの話でこんなにも素敵な兄妹愛の映画が出来てしまうのです。
世界をめいっぱい狭くして、日常の何て事ない話ですが、この物語は日本が忘れてしまった大切なものを思いださせてくれる。そんな作品でした。

兄妹の純真な心がとても良かった。両親、兄妹を思いやる家族を大切にする心。貧しくても、ご飯がいっぱい食べられなくてもお互いが家族を思って一生懸命頑張る姿に胸を打たれました。
涙はしませんでしたが、とても心が洗われるような映画です。(^^)

この作品の主要人物は本当の素人さんが演じていたそうです。しかし、素のままの仕草と本当にキラキラした笑顔。特に妹のザ-ラはとても可愛らしい、守ってあげたいと思わせるキャラクタ-でした。

そんな妹のため、自分の失敗を埋める為にお兄ちゃんが頑張ります。
マラソン大会に出場して、欲しかった運動靴を目指し走るのです。ただひたすらに・・・。
このマラソンもとても難しい。優勝ではなく3位に入ることが絶対条件。
このマラソンシ-ンは下手なサスペンスよりもハラハラドキドキさせてくれます。この兄妹のため思わず「頑張れ!」と拳を握ってしまいます。まさに手に汗握る3位へのランニング。お兄ちゃんにとって勝利は1位ではなく3位というのが、とても面白いです。
しかし、全体的にこの作品は走るシ-ンが多いです。兄も妹も走る、走る、走る。またその絵がとても微笑ましく、また下町の風景が懐かしさを思わせる良い雰囲気でした。

この作品のタイトルのもう一つのワ-ド「赤い金魚」もとても良い映像で魅せてくれました。自分には頑張ったお兄ちゃんに、そっと称えていたのだと受け取りました。

お兄ちゃんはこの作品でよく泣きました。最後までその涙は光っていましたね。けど本当によく頑張ったと思います。妹やお父さん、お母さんを思うその気持ちと流した涙。とても良かった。そしてこの兄妹の笑顔はきっと多くの人の心に強く印象に残ると思います。

それは、古き良き時代の日本にも沢山あった姿なのでしょう。 物やお金がなくてもみんなが持っていた大切なものを思い出させてくれる、素敵な作品でした。
この作品にも癒され、ピュアな気持ちにさせられました。

本当に微笑ましく、優しい気持ちになれる素敵な作品です。(^^)

ユウ太的評価 8.5点
自己評価ですのでご了承下さい。
皆さんもよろしかったらコメントに評価を入れて下さいね。
別窓 | ドラマ/ヒュ-マン、感動 | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
犬と私の10の約束
2008-11-17 Mon 17:42


犬と私の10の約束

【スト-リ-】
北海道・函館で暮らす14歳の少女あかりの家に一匹の子犬がやってきた。
前足の片足だけ靴下を履いたように白いゴ-ルデン・レトリ-バ-に、あかりは「ソックス」と名付けた。母はあかりに、犬を飼うときには、犬と「10の約束」をしなければならないと教えてくれた。その約束を交わした瞬間から、あかりとソックスは一緒に大人への道を歩き始める。
母の急死、父の突然の辞職、初恋、憧れの仕事、初めての一人暮らし、恋人の事故。 あかりの人生を揺さぶる、様々な出来事。そのどんな時もずっとそばにいて励ましてくれたのはソックスだった・・・。

世界中が涙した短編詩「犬の十戒」から生まれた、犬と少女の成長と絆を描いた感動作。


【レビュ-】
犬との感動の作品ということで知っていた作品でしたが、何となく展開が分かってしまい、自分は絶対ヤバイくらい泣くだろうと思い、ずっとスル-していた作品でしたが、とうとう観てしまいました。

多分、ここに遊びに来てくださる方は、この作品を観たという事はきっとコイツ号泣しただろう とおもわず想像する事でしょう。
皆さんの期待通り、号泣してしまい、気を抜くと声を上げて泣きそうになってしまった、本当にヤバイ映画でした。 はっきり言って反則級でしたよ。ダメです犬を描く映画は。

自分も以前、犬を飼っていましたから、その愛犬が死んでしまう悲しさはとても良く分かっています。ツライです。だから、観るのを避けていました。

しかし、鑑賞してとても癒された映画でもありました。
とにかくレトリ-バ-のソックスが可愛いです。そしてその他にも登場するワンちゃん達がみんな愛らしくて、その姿にとても癒され優しい気持ちになれました。
何で犬ってあんなに可愛いのでしょうね。
それとあのソックス役?のワンちゃんがとても賢くて大人しくて、すごく良い子でした。表情がとても可愛くてあの目で癒されてしまいました。
犬と一緒に成長していく。多感な時期にいつも一緒だった愛犬は特にその人にとってかけがえのない存在になると思います。辛いときや落ち込んでるときにそっと隣に座ってくれる愛犬。自分も昔を思い出してしまいました。

20071115_inutowatashi_sub4.jpg


そんな愛犬が亡くなってしまうのは本当に辛く寂しいです。癒しの一曲でもご紹介させて頂きました「ジョンの純な恋物語」もめちゃ涙しました。この作品の亡くなるシ-ンでも、あかり役の田中麗奈が声を上げて大泣きするシ-ンで自分も声が出そうになってしまいました。 もうダメです・・・。
本当に切なく哀しいシ-ンでした。


この作品、犬と少女の物語だけでなく、サイドスト-リ-として、父と娘のスト-リ-もありました。
自分はこの作品の豊川悦司が演じたお父さん すごく好きでした。
娘を暖かく見守る姿はソックスと同じく、彼女を本当に愛おしく思っているのだなと伝わってきて、とても好感が持てました。
母親が亡くなってしまい、父親と娘だけの生活。不器用に愛情を注ぐ父の姿。とても良い味で魅せてくれたと思います。
ですから、ありきたりの結婚前夜のシ-ンで父親が我慢出来ずに涙するシ-ンも嫌味がなく観ることが出来たのかも知れません。

日本人が感動しやすいペットとの暮らしと別れ、そして父娘の生活と嫁ぐという物語はよくある作品でワンパタ-ンの感じですが、愛らしいソックスの姿に癒され気持ちがピュアになっていたのも手伝って自分はKOされてしまいました。

避けていましたが、鑑賞して良い話だったと今振り返っています。ソックスは観ている自分をも優しい気持ちにしてくれました。 この自分もソックスにありがとうと言いたい。そんな作品でした。

20071115_inutowatashi_main.jpg


近所に同じゴ-ルデン・レトリ-バ-を飼っている方がやっぱり大号泣したとの事。ある方は絶対ヤバイから観ないと自分と同じ事を言ってました。汗。
けれど、犬好きな方は観て欲しいですね。号泣は必至ですけどね・・・。(^^)

ユウ太的評価 7点
自己評価ですのでご了承下さい。
皆さんもよろしかったらコメントに評価を入れて下さいね。
別窓 | 邦画作品 | コメント:7 | トラックバック:0 | top↑
邦楽 Goodbye Day / 来生たかお
2008-11-14 Fri 18:37


【解説】
東京都出身の歌手、作曲家。そして、実姉の来生えつこは作詞家であり、姉弟で数々のヒット曲を生み出していった。
来生たかお自身は井上陽水のバックバンドなどに参加し音楽活動を行っていたが、1976年にデビュ-する。
その後1981年、薬師丸ひろ子が歌った「夢の途中」が映画「セ-ラ-服と機関銃」と共に大ヒットし、人気を不動のものとする。
また、中森明菜をはじめとするアイドル歌手へ多くの楽曲を提供していくと同時に、自身も歌手として活動を続け多忙な日々を送っていた。

この「Goodbye Day」は来生たかお氏の数ある曲の中でも屈指の名曲です。ピアノでの弾き語りが有名ですが、実は最初はギタリストとして活動していて、ピアノを始めたのは20歳の頃からという事です、調べてみて初めて知りました。驚きですね。
今ではペダルを使わなくてもピアノを弾くという高度なテクニックも披露するほど、とても素晴らしい演奏を見せてくれるという。
そのピアノをゆっくりと弾きながら歌いあげるこの曲は、本当に隠れた名曲だと思います。

昔、一日の終わりに部屋の電気を消して聴いていた曲。歌詞もそんな時に合わせるのにピッタリな詩です。

ただ平和に、おだやかに過ごせればそれだけで良いんですよね。
静かに一日を終え、また翌朝、陽の光を受けて頑張ろうと思える、そんな優しい曲です。

疲れた心と身体をそっと癒してくれる・・・リラックス・タイムの大人の曲を聴いてみてくださいね。
この動画では「Goodbye Day」の後にもう一曲、オマケの曲も披露してくれています。

自分は明日から出張で出かけてしまいます。コメントの返信が遅くなってしまうと思います。大変、申し訳ありませんが宜しくお願い致します。


今日は週末、皆さんにおかれましても穏やかに、そしてお健やかに・・・Goodbye day
別窓 | 癒しの一曲 邦楽編 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
シザ-・ハンズ
2008-11-13 Thu 17:31



シザ-ハンズ

【スト-リ-】
エドワ-ドは人造人間。だが、完成直前に博士が急死し、両手がハサミのままこの世に残された。
ある時、心優しい化粧品セ-ルスウ-マンのベグが訪ねて来てエドワ-ドを保護しようと彼をひきとる事にする。
ベグの家に連れて来られたエドワ-ドは、彼女の娘キムに恋してしまう・・・。

鬼才ティム・バ-トン監督の描くラブファンタジ-。主演のジョニ-・デップが演じるエドワ-ドは純真無垢の心を持つ人造人間。そんな彼の哀しくて美しいファンタジ-・ラブスト-リ-の傑作。
(参考 Amazon より)


【レビュ-】
長年、映画を鑑賞してきて、何故かずっと鑑賞出来ずにいた作品でした。 素敵な映画ブログ様のパッチさんにご紹介を頂き、改めて鑑賞してみようと手に取った作品でありました。結構最近に鑑賞。
すると、なんて素敵な良い作品なんだろうと感激してしまった作品となりました。

昔から、自分の友人達と映画の話をする時に「好きな映画は」という問いに、多くの友人がこの作品を挙げていました。その時に鑑賞していれば良かったです。

一見、ホラ-作品なのかと見間違えるエドワ-ドの怪しい姿。手はハサミで懐かしのホラ-映画ダリオ・アルジェント監督の「フェノミナ」や、ゲ-ム「クロックタワ-」のシザ-マンをどうしてもイメ-ジしてしまいました。えっとこの作品と、ジョニ-・デップファンには本当に申し訳ありません。汗汗汗っ

DVD特典にあるキャラクタ-のイメ-ジ絵コンテもそうですが、印象として怖い、暗いというキャラで設定していますし、あのジョニ-・デップのメイクもとても顔色が悪く、無口でハサミをジャキジャキと鳴らす風貌はホラ-の怪物そのものだと思いました。

しかし、それは違ったのですね。
エドワ-ドはもう少しで人間の手に直してもらう所で、生みの親の博士が亡くなってしまいその悲しみと、独りぼっちになってしまった不安。そしてハサミのままの手をどうするか思い悩んでいただけでした。
そこに優しい女性のベグが彼を見つけてくれたから、エドワ-ドは少しずつ心を開き、彼しか出来ない才能を開花させ、その才能で自分という存在を見出して行ったのですね。
あの映像を見て、自分も髪をカットしてもらったり、植木などを綺麗に伐採してもらいたいなと心底思ってしまいました。自分の携わっている仕事なんかにも彼は使えるなぁ なんて。爆っ

そして何と言っても素晴らしいのは彼の心でした。本当に純真で美しい心の持ち主で、それは悪いことを知らない子供の様でした。とても魅力的でした。

また、彼が恋するキム。ウィノナ・ライダ-が演じていましたね。昔、ウィノナ・ライダ-が好きな女優の一人だったので後年にこの作品を鑑賞し、とてもキュ-トで綺麗な彼女を観れて、とても感激しました。このキムもとても良かったです。

シザ-ハンズイメ-ジ


しかし、街の人々の彼に対する態度がどんどん変わっていって、後半はブラック・ファンタジ-へと流れが変化しました。
そこら辺がティム・バ-トンの良さなのかも知れませんね。このおかげで哀しくも美しいファンタジ-の傑作と呼ばれ、愛されていった所以なのでしょう。
特に美しかったのは氷像と雪を降らせるシ-ン。 自分も寒くなってきて、雪が降るなんてニュ-スで聞いたら、この作品を思い出すようになりました。
とても美しく、好きな名シ-ン一つですね。
また、ハサミで一心にカットするエドワ-ドのあの表情はとても印象に残っています。ジョニ-・デップは本当に色々な役を見事にこなす凄い俳優ですね。普段はとても美形で格好良いのに、様々な表情を見せてくれています。

この記事の冒頭でも述べていますが、自分もこの作品の町の人々と一緒でエドワ-ドを怪物みたいだと偏見を持って避けていました。
誰しも顔や風貌だけでは、やはり判断は出来ないですね。とても美しい純粋な心。そして素晴らしい技量を持ったエドワ-ドはあの後どうなったのでしょうね。

本当に哀しくて、美しく、切ない物語でした。 素晴らしい作品だと思います。
勿論、今ではとても好きなファンタジ-作品のひとつで大切にしたいと思える作品です。(^^)

ユウ太的評価 9点
自己評価ですのでご了承下さい。
皆さんもよろしかったらコメントに評価を入れて下さいね。

当ブログコメンテ-タ-様 評価平均 9.16点
皆様の参考にしてみてください。

別窓 | SF ・ファンタジ- | コメント:12 | トラックバック:0 | top↑
愛と青春の旅立ち
2008-11-13 Thu 16:29


愛と青春の旅立ち


【スト-リ-】
暗い過去を振り捨てるように、アメリカ海軍士官学校に入学したザック。そこで待ち受けるのは海兵隊軍曹の鬼教官フォ-リ-と厳しい訓練だった。
脱落者が続出する13周にわたる激しい訓練の日々の中で、同期との友情や挫折、そして町工場で働くポ-ラとの恋。
それら様々な出来事や試練を経て、成長していく姿を描いた青春映画。

リチャ-ド・ギアの代表作の一つであり、82年のアカデミ-賞ではルイス・ゴセット・Jrが助演男優賞、同作品主題歌が主題歌賞を獲得した。

【レビュ-】
自分が15,6位の年の頃に良く鑑賞していた作品です。 まさに青春真っ盛りの時にとても好きだった映画。
自分は多分、15の時はこの映画が一番好きな作品だったと思います。その当時はまだまだ映画を観ていなかったのでしょうね。
その後、多くの映画を鑑賞していったら好きな作品の上位からはランク外になってしまいました。しかし、それでも今観ても良い作品だなぁと思える佳作だとは思います。

まだ、リチャ-ド・ギアが若くて活きの良い青年だったですね。今はロマンスグレ-で渋い俳優となりましたが、この頃はチョッと不良なアウトサイダ-的な役で世の女性の心を掴んでいたのでしょう。この作品が好きだという女性は当時、結構多かったと思います。

この作品で描かれているパイロットはやっぱり絵になって格好良いですよね。女性が憧れるのは当然だと思いますし、男性も憧れる職業だと思いました。まして、海軍のあの白い制服はめちゃめちゃ格好良いですね。

しかし、そのエリ-トになるために13週間の厳しい訓練を受けなければなりませんでした。
この訓練がとても厳しく辛いものでした。時には命掛けで取り組まなければならない訓練もあり、何億とする軍の飛行機、戦闘機をあずかるエリ-トには避けて通れない厳しい道のりでした。

その中で主人公ザックは暗い影を落とした、他とは違う枠から外れた不良でした。そういうのがまた良かったと思います。

そして、この格好良すぎる主人公に対し、鬼の様に厳しく接してきたフォ-リ-軍曹がこの作品では一番良かったです。さすが、この役で助演男優賞を獲っただけあるなという、素晴らしいキャラクタ-とルイス・ゴセット・Jrの演技だったと思います。
この鬼教官が居たからこそ、主人公がひきたち、またスト-リ-上でもザックは一人前の男として成長していけたのだと思います。

最初のフォ-リ-軍曹の登場シ-ンと表彰式、その後の新入生との対面のシ-ンを比較するだけでも、このキャラクタ-の良さが分かりますよね。とても良い役だったといつも懐かしく思ってしまいます。

それと同時にこの作品の大きなテ-マのラブスト-リ-の部分。きっと女性なら少しはこうした願望があり、憧れる名シ-ンがありますね。
このラストの名シ-ンの為に、その前の120分があると言っても過言ではないかもしれません。
自分は十代でこの作品を初めて観ましたが、初見時、ラストシ-ンは号泣でした。
素晴らしいシ-ンとあの名曲。イントロが流れて来て涙がボロボロ出てきて大変でしたよ。当時はとても純粋だったのかも知れませんね。今は多分、観ても泣かないかと思います。
しかし、涙もろいのは変わらず、年を重ねてきて余計に涙腺が弱くなったと感じる今日この頃。淡い恋もした青春時代にこの作品を観る事が出来て、自分は幸せだったかも知れませんね。

最近、チョッとそんなセンチな事を考えてしまいます。 

あの頃の青春も呼び覚ましてくれる、まさに愛と青春の旅立ち。けど原題と邦題ちがうんですよね~。この頃って「愛と~・・・」、「愛は~・・・」とかいうのが多かったですね。

ずれてしまいましたが、この記事でも主題歌の動画を貼っておきます。 この作品の名シ-ンが入っていますので鑑賞済みの方は懐かしい映像だと思います。まだ未見の方は、本作品を鑑賞してから動画を見る事をお勧めします。 でないと、せっかくのラストシ-ンの感動が半減してしまうと思いますよ。 宜しくお願い致します。



皆さんにとっても懐かしい青春の映画作品となっていますか?当時を思い出せるという意味でも素敵な作品になってます。(^^)

ユウ太的評価 7点
自己評価ですのでご了承下さい。
皆さんもよろしかったらコメントに評価を入れて下さいね。
別窓 | ラブスト-リ- | コメント:5 | トラックバック:0 | top↑
邦楽 MAYBE TOMORROW / レベッカ
2008-11-11 Tue 17:50



【解説】
1984年にシングル「ウェラム・ボ-トクラブ」でデビュ-したロックバンド。バンド名の由来は、ケイト・D・ウィギンの小説「黒い瞳の少女レベッカ」より用いられた。
1985年に4thシングル「フレンズ」が大ヒットし一気にブレイク。同年発売の4Thアルバム「REBECCA Ⅳ ~Maybe Tomorrow~」がミリオンを達成。その後も順調に「RASPBERRY DREAM」、「LONELY BUTTERFLY」など名曲がヒットし、スタ-ダムを駆け上がって行った。

1991年に解散したが、大ヒット曲の「フレンズ」が1999年放送のフジテレビ系ドラマ「リップスティック」の主題歌に起用されリバイバルヒットを放ち、2000年に再結成された。

ヴォ-カルのNOKKOはパワフルな歌唱力を持ち、ライブパフォ-マンスの評価も高く、大きな魅力となっていた。彼女は後にソロでも活動していた。

自分の世代ではこのス-パ-バンド、レベッカは学生時代良く聴いていて、外せないバンドとなっている方も多いと思います。
アルバムがリリ-スされると友人達の間では「レベッカ買った?」、「レベッカ聴いた?」が当時は合い言葉になっていました。
男女問わず、多くの人に愛された楽曲は、時にパワフルに、時にしっとりと聴かせてくれ、NOKKOの声と多くの曲に元気を貰った方は数多くいらっしゃるかと思います。

今回は数あるレベッカの名曲の中でとても好きな曲、「MAYBE TOMORROW」をチョイスしてみました。(「LONELY BUTTERFLY」と悩みました。汗っ)
この動画はレベッカのラストライブの中で最後の曲として披露した「MAYBE TOMRROW」を収録したものとなっています。
NOKKOの伸びやかで力強い歌声がやっぱり素晴らしく、この当時の歌唱力は抜群に良かったと思い出されました。本当にあんな細くて小さい身体で、圧倒的声量と歌唱力。凄い人だと思いましたね。

またこの曲で好きなギタ-・ソロの部分もとても胸に響いてきます。自分は鳥肌が立ちました。
全体のアレンジも「天才」土橋安騎夫の美しいセンスが光る名曲となっています。

自分もこの曲を聴くと中学位の頃を思い出し、ジ-ンとなってしまう曲です。
皆さんは如何ですか?

この歌詞のように「きっと明日は」、否、「明日も良いことある」と信じてたいですね!(^^)
明日も頑張ろうって思わせてくれる、素晴らしい一曲です♪

別窓 | 癒しの一曲 邦楽編 | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
モダン・タイムス
2008-11-11 Tue 17:49


モダン・タイムス

【スト-リ-】
工場で働くチャ-リ-は、ひたすらネジ回しを繰り返す作業の末に発狂しトラブルを起こす。
最終的に病院送りになった彼は、退院した矢先、ふとした事がきっかけでデモ隊のリ-ダ-と間違われ捕まってしまうが、脱獄囚を撃退した功績で模範囚として放免される。
仕事も紹介されたが上手くいかず辞めてしまい、街をうろつく生活に。そんな中、チャ-リ-は独りぼっちの浮浪少女と出会い、彼女と自分の為に家を建てようと決意して働き始めるのだが・・・。

【レビュ-】
チャ-ルズ・チャップリンの愛すべき作品。名作「街の灯」の後に製作されていて、完全なサイレントではなく、音声を多々入れるというチャップリン作品としては時代の波に少しずつ押されていった時期の作品でもあります。

パッケ-ジを見ても分かるように、この作品で訴えているものは機械化が進み、人間の尊厳や交流がどんどん失われていく資本主義社会を笑いで風刺するというメッセ-ジがこめられていて、物語の冒頭は工場で働くチャップリンをドタバタコメディで、面白可笑しく描いています。
この作品の全体的な部分で垣間見れるチャップリンの素晴らしいパントマイムは、数あるチャップリン作品の中でも出来が上位のコメディ劇となっていると思います。

チャップリン作品を鑑賞したことがない方も、この作品はとても観やすいのではないかなと思うほど、分かりやすく楽しいコメディになっていますね。
この作品のチャップリンはとても生き生きとしてコントみたいなコメディを沢山、見せてくれます。
また、この作品で初となるチャップリンの肉声は彼が歌にのせて披露してくれました。この歌と踊りがとても素晴らしく、そして大変面白かったです。

内容ですが、工場をクビになった後の姿は、この当時の大不況だった世の中を見事に伝えていて、一般の人々の苦しかった生活を表していました。
お金が無く、住む家も無いという貧困層の人々は働きたくても仕事がない、お腹がすいても食べる物がない といった具合で大変な時代を物語っていました。

そこを笑いで表現するチャップリンのコメディ劇は、辛い生活を余儀なくされていた人々の辛さを少しでも和らげ希望を与えていたのだろうと、映像から伝わってきました。

辛い時でも笑顔で、希望を持って生きていこう!という暖かいメッセ-ジは映画史に残る名シ-ンと言われているラストにちゃんと表現されていました。

チャップリン映画は本当にとても楽しく、後のお笑い界に、とてつもなく大きな影響を残しています。見たことのあるコント等は、チャップリンの作品で数多くみられます。
そして、それほどの楽しい喜劇の中に、人々に伝えようとした暖かいメッセ-ジと愛。今でも世界中で愛されている意味が少しずつ分かってきました。

最後のシ-ンでのチャップリンの「スマイル」と二人の姿は、本当に素晴らしく希望に満ちあふれていたものでした。

現在も人との交流が難しい世の中になってきました。また、ここ数年に渡る不況や経済不安も一層と深刻なものとなり、行き先が見えにくい不安定な時代になってしまいました。
しかし、この作品のチャップリンのように辛くても笑顔で希望を持っていれば大丈夫だと、彼のように逞しく生きていきたいなと思いました。

不安を抱えている方、何となく暗い気持ちで過ごしている方はこの作品で笑って、そして彼の最後のスマイルを観て少しでも希望を持って頂きたいなと思います。

それが、こんな素敵な映画を残してくれた彼が望んだ事であって、伝えたかった事なのだと思います。

多くの方が笑顔で過ごせるように・・・。

ユウ太的評価 8.5点
自己評価ですのでご了承下さい。
皆さんもよろしかったらコメントに評価を入れて下さいね。
別窓 | コメディ | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
洋楽 Your Heart Will Lead You Home / ケニ-・ロギンス
2008-11-10 Mon 18:39


【解説】
ワシントン州生まれ。1972年にジム・メッシ-ナとデュオを結成し、ロギンス&メッシ-ナとしてデビュ-する。
1977年からソロとして活動。作曲家としてもグラミ-賞を獲得するなど高い評価を得ていく。
そして、彼の名を有名にし転機となったのは1980年代。1984年に映画「フット・ル-ス」の主題歌が全米1位、1986年にやはり映画「トップ・ガン」の主題歌「デンジャ-・ゾ-ン」が全米2位と大ヒットし、映画作品とともに世界中でヒットを記録した。
映画ファンにも人気のア-ティストである。

この曲はディズニ-アニメ映画の「ティガ-・ム-ビ- プ-さんの贈り物」での主題歌になっていて、「家族」がメインテ-マの同作品にとてもマッチした曲です。
ケニ-・ロギンスとシャ-マン兄弟による作詞・作曲で「君の心が家へと導く」という意味になっています。この「ティガ-・ム-ビ-」のエンディングに流れてくるのですが、プ-さんの可愛らしいキャラクタ-達のまさにファミリ-になった瞬間に優しく流れてきて、映画もとても心が暖かくなる内容でウルウルしてしまうのですが、この曲がかかると気持ちに拍車がかかり、涙がポロポロ出てきてしまいました。

一時期の映画主題歌を熱く歌うケニ-・ロギンスですが、こうした、しっとりとした暖かい曲もとても素敵で彼の隠れた名曲となっています。
この動画も家庭のホ-ムビデオによる暖かい映像でとてもマッチしていて心地よいと思います。(^^)
皆さんにおかれましても、愛する家族や恋人の待つ家を大切に思うことの出来る素敵な曲をこの季節にまったり聴いて皆さんで幸福に過ごされる事を、心より願います。

これからもっと心躍る素敵なシ-ズンを迎えます。お身体に気をつけてお過ごし下さいね~(^^)
別窓 | 癒しの1曲 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
THEM 正体不明
2008-11-10 Mon 17:48


正体不明 THEM


【スト-リ-】
2002年、ル-マニア郊外。フランスから林の中にある一軒の静かな屋敷に移り住んできたリュカとクレモンティ-ヌ夫婦。新しい土地での生活を満喫していた2人だったが、ある夜、突然不気味な音と共に何者かが彼らへの襲撃を開始した。
真っ暗闇の中で懐中電灯のような光を放つ、正体不明の何者かが屋敷の中に侵入し、2人を執拗に追いつめる。
屋敷は暗黒の迷路と化し、閉ざされた林は彼らの悲鳴と絶叫を閉じこめる・・・。
一体、何者が彼らを追いつめるのか・・・。

ヨ-ロッパを震撼させた衝撃の実話。ル-マニアで実際に起こった事件を基に描いたサスペンス・スリラ- R-15指定。

【レビュ-】
先日、レンタルショップで観ようか観まいかと悩んだ末、一度手放してしまった作品でしたが、素晴らしいブログ様のWhitedogさんの記事でも取り上げられていたのを拝見し、鑑賞致しました。

ル-マニアで実際起こったという事件を基に制作されていると言う事で、鑑賞前から期待してしまいましたが、自分はこの作品かなり良かったと思います。

この作品の主人公の若い夫婦は、林の中にある広い屋敷に住んでいて、その屋敷の立地状態が先ず怖いと思いました。
少々、古めかしい建物の雰囲気と二人で住むには広すぎる大きな建物。周りは林に囲まれていて夜は本当に怖いなぁという状況は、それだけでもとても怖い感じを受けました。人間はあまり広い空間に居ると誰も存在しない場所など、自分では確認が出来ない状況が多いと恐怖を感じる事があると思います。
先ず、そのシチュエ-ションが怖いという感覚を刺激してきました。

そして、この作品の怖がらせ要素の一つである音。暗闇の中から聞こえてくる奇怪な音、音、音は何が居るのか、何が起こっているのかという不安を掻き立てられとても怖いです。
この作品は静かな環境の中で、機器からの音を大きくして鑑賞出来れば怖さが増幅されると思いました。
音がとても良かったです。

で、最後に何者が襲ってきているのかという見えない、分からない恐怖。
広い屋敷の部屋から部屋へ逃げまどい、現れてはフッと姿を消していく相手。カメラワ-クと視点の描写は手の込んだCGなどではない、古典的なテクニックだと思いますが、逆にリアルでとても怖いです。

THEM.jpg

実際にこの夫婦のような状況に追い込まれたら、この作品同様にパニックに陥る事でしょう。広い屋敷にたった二人で何だか分からない者に襲撃されたら、自分はどういう対応をするか?観ていてとてもハラハラしました。
どんどん追いつめられていき、逃げられない状況へと追い込まれていきます。心理的にジワジワくるタイプの作品ですので自分はとても楽しめました。

ただ、ホラ-作品を多く鑑賞し、残虐なものを好む方には物足りないかも知れません。残酷描写もほとんど観られないです。
この作品は、追いつめられる主人公達の演技力で勝負しているという解説もありました。その心理を上手く演じていてとてもリアルな恐怖を味わう事が出来るので、そうした雰囲気が好きな方は楽しめるかも知れませんが、ハッキリ好みが別れる作品でもあると思います。

自分はすごく好きな作品となりました。

ホラ-作品の残虐なもの、怪物ものなども怖くて面白いと思いますが、実際に起こったというこうした恐怖はやはり一番怖いんじゃないかなと感じました。

物語の結末はとても理不尽でやるせない気持ちにさせられます。同時にこんな事があるのか?と驚愕しとても恐ろしい気持ちになりました。

血や肉が飛び散るというホラ-が得意じゃない人も怖いもの見たさで鑑賞するにはもってこいの作品だと思いますね。

追いかけられ、追いつめられるというのはやはり怖いですね。

ユウ太的評価 8点
自己評価ですのでご了承下さい。
皆さんもよろしかったらコメントに評価を入れて下さいね。

別窓 | UNRELAX /ホラ-、etc | コメント:2 | トラックバック:1 | top↑
12人の優しい日本人
2008-11-10 Mon 17:48


12人の優しい日本人

【スト-リ-】
ある殺人事件の裁判のため、ごく普通の一般市民12人が集められた。その事件の被告が若くて美しいことから、議論は概ね無罪で決まりかけたとき一人の男が異を唱えた事から議論は思わぬ展開へと進んでいく・・・。

日本に陪審員制度があったら、という架空の設定を基に、12人の陪審員が判決をめぐって議論を繰りひろげる東京サンシャインボ-イズのコメディ劇を映画化。脚本は三谷幸喜

【レビュ-】
あの「12人の怒れる男」をモチ-フにした作品で、やはり様々な所での評価も高いという作品でしたので前から観たかった映画の一つでした。

やっと鑑賞出来ましたが、いやなかなか面白かったです。(^^)

自分の中で「12人の怒れる男」を先に鑑賞していたので、物語の進行は自然と分かっていたのですが、「怒れる」の方は有罪から無罪へ、そして「優しい」の方は無罪から有罪へと議論が展開されていく内容でしたので、違ったものとして楽しむ事が出来ました。

どちらもやはり大多数の中の少数の主張という事で、論戦していくという見応えのある内容でしたが、色々とネタが散りばめられていて、コメディ色が強く笑いながら観られる楽しい作品でしたね。
それとやはり、同じ日本人として共感出来る話や行動が「こういうのある、ある。」みたいな日本人特有の会議みたいなノリが滑稽で可笑しかったです。

個々のキャラも際立っていて、皆の個性がとてもよく表されていました。

しかし、陪審員評議という重要な議論での中でああいう態度は如何な物かという、ツッコミは多々ありました。コメディだからそうした色でというのは分かりますが、これから始まってくる裁判員制度の評議で、このような議論だったら幻滅してしまいます。
そうした意味ではやはり、「12人の怒れる男」の方がよりリアリティがあり評価は高くなってしまいます。
が、こちらはこちらで楽しく鑑賞出来ました。最後にもう一度ひっくり返るのは予想外で、やるなぁという印象を受けとても良かったです。(^^)


ただ、この「怒れる」と「優しい」に共通した事。少数派というものは、大切にしていかなければいけない事だと思います。
最近、他界されたジャ-ナリストでキャスタ-の筑紫哲也氏が手がけていた「多事争論」の最後のメッセ-ジで、最近の議論が浅くなっていると、「少数派の主張が大事」という事を仰っておられました。
大きな権力や多数の意見だけで全てYESと言う事になったら、力の弱いものが苦しむ世の中になる。少数でもきちんとNOと言ってそれを阻む事がなければいけない。というメッセ-ジがとても印象に残りました。
この二つの作品でも少数派の主張によってきちんとした裁定が下されます。これから実施される裁判員制度でも、多数の主張に流されず、少数派、否 たった一人でも疑惑があったら「NO」と言っていくものであって欲しいと強く思いました。

コメディの中に深いメッセ-ジを感じてしまった今日このごろ。
駄目なものには真っ向から議論をぶつけて下さった筑紫哲也氏のご冥福を祈ると共に、これらが声を大にして訴えている事を受け止め、始まってくる裁判員制度を見守っていきたいと思います。

ユウ太的評価 8点
自己評価ですのでご了承下さい。
皆さんもよろしかったらコメントに評価を入れて下さいね。

別窓 | 邦画作品 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
マルホランド・ドライブ
2008-11-06 Thu 19:31


マルホランド・ドライブ

【スト-リ-】
真夜中のマルホランド・ドライフ゛を走る車が事故を起こす。一命をとりとめた女は、高級アパ-トの部屋に忍び込んだ。そこは女優志望のベティが叔母から借りていた部屋。ベティはその女を叔母の友人だと勘違いし、女も話を合わせるが彼女は記憶喪失になっていた・・・。

「ツイン・ピ-クス」のデヴィット・リンチが放つ、美しくも妖しいワンダ-・ミステリ-。
(参考 Amazon より)

【レビュ-】
色々と評価も高く、ドンデン返しのある映画作品として有名だという事で、以前から鑑賞したかった作品でした。

鑑賞したのですが・・・正直、理解が出来ませんでした。汗っ
ドンデン返しがある ということだったので何も知識をいれずに楽しみにして観てしまった為、内容がチンプンカンプン。
難解な作品を好む自分でも、もう何が何だか解らなかったです。とても難しい作品でした。

ですので、「マルホランド・ドライブ」とググってみると、出るわ出るわ。 この作品を解読しようとネタバレ、解説サイトが多い事。
それだけ他の方もこの作品の本当の意味を分からず、自分と同じ状態になっている人が多いのだなと妙に納得してしまいました。

それで、ここ何日か夜も眠れずにこの作品を考えていたのですが、解説サイトを見てしまいました。
レビュ-ア-として失格です。自分も残念です。

解説サイトによると何点かの場面の意味は自分と同じでしたが、あとは色々な意見があり、未だに自分も混乱しています。

この作品は、今まで鑑賞した中でも意味を解く事の出来ない難解な作品となってしまいました。自分の中の迷宮入り作品です。

しかし、この作品には正確な答えというのは存在しないのではないか?この作品の解釈は鑑賞した観客に委ねられているのではないか?という結論には達しています。勿論、これこそがリンチ監督の真骨頂というものなんだそうですが、その独特の世界観は本当に反則です。

この作品の監督デヴィッド・リンチの遊び心もある隠されたメッセ-ジ。というか、ハリウッドに対しての皮肉や裏の世界をこの作品で観客に伝えようとしているというのと、この作品が完全に解ってしまうとハリウッドから強烈な圧力がかけられてしまうという事もあるのでしょう、そんな描写も含まれていました。ですからこの作品は大いに、観客の想像力に答えを預けているのではないかなと予想してしまいます。

リンチ監督はこの作品で「ハリウッドのダ-クサイドを描きたい」と述べていたそうで、スト-リ-もハリウッドを舞台にしたミステリ-ですね。
映画産業という巨大な市場はとても華やかに見えますが、その裏舞台はドロドロとしたまのが暗躍し、成功しているほんの一握りの映画人に隠れて未だに陽の目を見ない俳優や監督、スタッフなどがうごめく世界なのだと思いますね。

この作品を観るにあたって10のヒントがリンチ監督から出されていたそうです。映画公開時にはオフィシャルサイトで載っていたものだそうです。ですから、このヒントを頭に入れても謎解きは楽しめるものとなっていますね。
自分はこうしたものに一切、目を通さなかったので全然、訳が解らずモヤモヤしたものとなってしまいました。
これから鑑賞するという方はヒントにしてみると、少し理解出来るかも知れませんね。

ヒント1 映画の冒頭に特に注意を払う事。少なくとも2つの手がかりが、クレジットの前に現れている。 

ヒント2 赤いランプに注目せよ!

ヒント3 アダム・ケシャ-がオ-ディションを行っている映画のタイトルは? そのタイトルは再度、誰かが言及するか?

ヒント4 事故はひどいものだった。その事故が起きた場所に注目せよ。

ヒント5 誰が、何故、鍵をくれたのか?

ヒント6 バスロ-ブ、灰皿、コ-ヒ-カップに注目せよ。

ヒント7 クラブ・シレンシオで彼女たちが感じた事、気づいた事、下した結論は?

ヒント8 カミ-ラは才能だけで成功を勝ち取ったのか?

ヒント9 レストラン「Winkies」の裏にいる男の周囲で起きている事に注目せよ。

ヒント10 ル-ス叔母さんは何処に居る?



この超難解なミステリ-に知識ゼロで挑むか?このリンチから出されたヒントを手がかりにじっくり鑑賞してみるか?
きっと皆さんも曲がりくねったマルホランド・ドライブの、迷宮のような道に迷い込むでしょう。

我こそは と思われる方。このミステリ-を解いて、自分に教えてください。お願い致します。
こうして、多くの人の解釈を見合って、謎に迫っていくという楽しみ方がこの作品の一番の魅力なのかも知れませんね。
ただ、めちゃめちゃ難しい上に、めちゃ尺が長いので、結構疲れてしまう作品でもありました。

自分は多くの人の解釈を知るのが今後の楽しみになっています。当分、迷路の道から抜け出せそうにありません。

皆さんも是非、トライして迷い込んでみて下さい。(^^)

ユウ太的評価 5点
自己評価ですのでご了承下さい。
皆さんもよろしかったらコメントに評価を入れて下さいね。
別窓 | サスペンス | コメント:3 | トラックバック:1 | top↑
邦楽 旅立つ日~完全版 / JULEPS
2008-11-06 Thu 19:31


【解説】
埼玉県を活動拠点にしているピアノ&コ-ラスグル-プ。
秋本康の小説でその小説を原作にした映画「象の背中」を2007年アニメ作品とした「象の背中~旅立つ日~」の主題歌としてJULEPSが制作した曲。
そのご「泣ける歌」として、様々なメディアで紹介され、有名になった曲である。
この曲は「旅立つ日」と「雲の上のお父さん」という二つの話から出来ている二部構成となっている。その二つの話をまとめたのが完全版。

泣ける歌として、最近注目されていると言う事で動画を見ました。泣けました。
このアニメ-ションがとても良くて、きっと涙してしまう人が多いのではないかなと思います。
こうしたものを見ると、日々皆に優しく、しっかり生きて行かなきゃって思いますね。家族を持っている方、お子さんがいらっしゃる方はヤバイアニメと曲になってしまうかもです。
しかし、きっと心に深く響き胸を打たれ、家族や人を大切にしようという気持ちが大きくなってくる素敵な曲だとも思います。

最近、泣ける映画やドラマを見ていなかったので、曲で泣こうと探してしまいました。
泣きたい方は必見で、一度このアニメ-ションを見て頂きたいなと思い、載せてしまいました。

「癒し」というより、涙腺を刺激してしまい駄目な記事となっていると思います。が、何故か多くの方に見て、聴いて頂きたい曲となってしまいました。

よろしかったら是非見てみてくださいね。心が綺麗になるかと思います。(^^)
別窓 | 癒しの一曲 邦楽編 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
デッド・サイレンス
2008-11-03 Mon 18:05


デッド・サイレンス

【スト-リ-】
ある雨の夜、ジェイミ-とリサの夫妻のもとに送り主不明のトランクが届く。その中には「ビリ-」と名付けられた腹話術人形が入っていた。
その後、ジェイミ-は外出、少したってから帰宅すると妻のリサが舌を切られて殺害されていた。
警察に容疑者扱いを受けたジェイミ-は、自ら事件の謎を解くべく、ビリ-を持って故郷のレイブンズ・フェアへと向かう。
そこには、「人形」と「舌を抜く」という言葉の入った奇妙な詩が言い伝えられていたのだった・・・。

「ソウ」の監督ジェ-ムズ・ワン×脚本リ-・ワネルの謎と恐怖の衝撃が待つ、ニュ-・ソリッド・ホラ-
(参考 Amazon より)

【レビュ-】
最近、めっきり秋も深まってきて夜が長くなってきました。こういう時期ってハロウィンも手伝って、なんだか怖いホラ-作品が観たくなるんですよね。
そんな気持ちで、ここんところ新しいホラ-作品を探しているんです。 でも、なかなか「怖い」という作品を見つける事が出来ません。

今日、記事にしている「デッド・サイレンス」はあの「ソウ」の監督と脚本のコンビが作ったホラ-作品。と言う事で期待して鑑賞いたしました。

この作品のキ-になるものは、人形なんです。
人形というのは昔からホラ-作品でも強烈なキャラもありますが、日本古来の怖い話でも色々と人形にまつわるものが多くありますね。
人形そのものが怖いという人も結構、いらっしゃると思います。
自分的には日本人形はとても怖いですが、西洋の人形はそんなに怖いとは思いません。しかし、この作品のようなシチュエ-ションで人形の怪奇現象を目撃したならば、やはり怖いと思います。この作品も雰囲気は良かったと思います。

080125_deadsilence_main.jpg


ただ、ホラ-作品として楽しむには恐怖度が全然足りず、ホラ-を好む方には物足りない作品かなと思ってしまいました。 正直、自分も怖いものを求めて鑑賞に至ったので、そうした部分での満足度は致命的な評価となってしまいます。雰囲気は怖いですが、その他は全然怖くありません。汗っ

この作品、「なんだ。こんなもんか。」と鑑賞していました。が・・・
流石に「ソウ」シリ-ズを手がけている監督と脚本のコンビです。そんな普通のホラ-を作るわけはございませんでした。

自分は全然、予防線を張っていた訳ではなかったのでこの作品には、まんまとやられてしまいました。
「ソウ」シリ-ズではこれまで、4まで全部鑑賞して、そのトリックやネタを楽しみながら鑑賞してきたのですが、その二人が作ったホラ-だというのをすっかり忘れて鑑賞しましたので、見事にやられてしまいました。

この作品はホラ-色よりサスペンス色のが強いというか、ホラ-作品としては怖くないのでそう感じざるを得ないという印象ですね。

じっくり我慢して楽しむ作品だと思います。また、普段、ホラ-が苦手だという方もこの作品は楽しめるかも知れませんね。

一応、全然期待しないで鑑賞する事をお勧めします。そうすれば・・・。楽しさが増幅されると思いますね。

ユウ太的評価 6.5点
自己評価ですのでご了承下さい。
皆さんもよろしかったらコメントに評価を入れて下さいね。
別窓 | UNRELAX /ホラ-、etc | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
21グラム
2008-11-03 Mon 18:05


21グラム

【スト-リ-】
クリスティ-ナは、二人の娘と優しい夫と幸せに暮らしていたが、その愛する家族を交通事故で失ってしまう。
ひき逃げ犯は前科者のジャック。更生し、神を信じて真面目に働いていた矢先の事故だった。しかし、亡くなったクリスティ-ナの夫の心臓は、移植を待っていた大学教授のポ-ルの命を救う。
このことがきっかけでクリスティ-ナ、ジャック、ポ-ルの3人は複雑に絡み合った運命のように引き寄せられ近づいていく・・・。

絶望の淵に立たされた人間が、葛藤の末に希望を見出す姿を描いたシリアス・ヒュ-マン・ドラマ。
(参考 Amazon より)

【レビュ-】
「人は命が消えるときに21グラムだけ軽くなる」という文章に惹かれ、鑑賞した作品でした。

この作品はまさに「命」に焦点をあてた深い人間ドラマでした。
事故で愛する家族を失った者。その事故を起こし、家族の命を奪ってしまった者。そして、亡くなる命から心臓を移植されて命をもらった者。
決して、交わってはいけない3者が交錯していくスト-リ-は非常に見応えがありました。

ただ、この作品は3者の時間軸が過去、現在と行ったり来たりする複雑な構成になっているので、状況や人物を理解するのに大変、苦労する作品になっています。
自分はこうした構成はあまり苦にならないので、大丈夫でしたが一回の鑑賞で理解するのは難しいというふうに言われている作品です。

家族を失った者の怒りと悲しみ、命を奪ってしまった者の後悔や悔やみ。心臓を提供され命を繋げる事が出来た者の悩みと葛藤。それぞれが苦しみの中でもがいてる姿は心に訴えてくるものが多々ありました。
3人ともに家族を持ち、その家族をも巻き込んで崩壊まで苦しんでいく姿は、いつ何時に我々の身にも降りかかってくるやもしれない身近な悲劇。背景の事象はあまりにも重く、鑑賞している自分も押しつぶされそうになりました。

そして、通常は交わる事のないこの3人を絡める事でさらなる苦しみを生み、そしてそこから這い上がる一本の道を表していました。とても難しいです。

この作品はそれこそパズルのように過去、現在とちりばめられたピ-スを一つ一つはめていく難解なスト-リ-。そして最後はバラバラだった絵が見事につながり完成するのですが、出来上がった絵はとても重たく難しいものでした。

この作品の評価の高い理由は、俳優陣の素晴らしい演技だと思います。それぞれ苦悩する人物を演じた、ショ-ン・ペン、ナオミ・ワッツ、ベニチオ・デル・トロが迫真の演技で魅せてくれたのは本当に素晴らしく、重いテ-マを余計、重たいものにしていると思います。この3者を観るのもこの作品の醍醐味かも知れません。
しかし、テ-マが深く、重く、何が良いと問われても答えられない作品ですね。


生と死を問いかけてくる映画。それぞれに葛藤と苦しみがあり、死で失うものとは何か?という深い問いを見出さなければならない作品だと思いました。
それは魂の重さと言われている21グラム程度のものでは決してない。魂よりも絶大に重いものを訴えているのではないかなと、そして、「それでも人生は続いていく」という言葉。生きていく上でそれは時として残酷であり、生きる希望を自ら見つけなければならず、それでも生きていくんだなと考えさせられた作品でした。


ユウ太的評価 7点
自己評価ですのでご了承下さい。
皆さんもよろしかったらコメントに評価を入れて下さいね。
別窓 | シリアス | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
邦楽 ジョンの純な恋物語 / 東 真紀
2008-11-01 Sat 19:57


【解説】
広島県出身のシンガ-ソングライタ-。
高校からのち、エリザベト音楽大学声楽科卒業後、一旦、就職をするが夢を諦められずに音楽活動を開始。2003年インディ-ズ・デビュ-を果たし、地元広島では人気を誇っており、その年の大手レコ-ド点の売上チャ-トで一位を獲得。そして2004年、首都圏のFM局が共同でおこなっていたラジオ番組「OLEっち」でCDデビュ-を目指すア-ティストに出される様々な課題を高い評価を受け次々とクリア、番組史上最高累積得点を記録し、見事メジャ-・デビュ-を果たした。

そして同2004年11月にファ-スト・シングルとしてリリ-スされたのが「ジョンの純な恋物語」。
ラジオ番組を毎週聴いていたリスナ-のファンは待望のシングルだったが、この曲に感動した愛犬家の間でも人気が広まり、首都圏の各所ドッグランスペ-スなどでもライブ活動をおこなった。


自分もこのFMラジオ番組を聴いていて、この東真紀(通称アズマキ)という人の声と、彼女が書く詩に次第に惹かれていって、番組から出される課題をクリアして欲しいと願い、ハラハラしながら聴いていました。
でも彼女はデビュ-するために難易度の高い課題を毎週クリアしていきました。その度に作られる曲もとても素敵で、何しろ音楽を本当に楽しんでいる気持ちと、彼女の音楽が好きなんだという思いがラジオから伝わってきました。きっとそういう思いがリスナ-と審査員の方にも伝わってメジャ-・デビュ-をする事が出来たんだろうと思っています。

それで楽しみにしていた1stシングル「ジョンの純な恋物語」。自分、初めてこの曲を聴いた時、やはりFMラジオから流れてきたのを聴いたのですが、車を運転中にもかかわらず、泣きました。
何故だろうか、彼女の声がとても胸に響く素敵な声をしているというのと、歌がとても上手いという事。そして、飼っている愛犬との切ない物語という詩世界がとても素晴らしくて、凄く好きな曲となりました。

自分は昔、犬を飼っていてその時の事や、その時の気持ちなんかを思いだしてしまいました。
今現在、犬を飼っている人。ペットがいる人はグッとくる曲だと思います。
その人が女性で、ペットがオスで、そのペットを昔から可愛がっていて長年、一緒に過ごしている方はちょっとヤバイかもしれません。
この曲を聴いて号泣する人も沢山いるのだとか。きっとペットを愛する方は気持ちがリンクして涙してしまうと思います。そして、愛するペットを亡くしてしまった方も、とても癒され励まされる曲だと思いますよ。

この動画は、この曲を基に制作されたという、専門学校映像フェスティバルで出展された作品との事です。将来の映像クリエイタ-の方々が作ったこのアニメ-ションは、曲の詩世界をそのまま上手に表現して製作されています。自分、この記事を作っていて、この動画でまた泣きましたよ~汗汗汗っ

アズマキは、なかなか広くは知られていないア-ティストですが、彼女の歌声と、彼女が作る詩世界と雰囲気はきっと多くの人の胸に深い余韻を残すと思います。
初めて耳にする方もいるかと思いますが、良かったら一度聴いてみて下さいね。

自分も昔、ペットを亡くしてしまいとても悲しい、辛い思いをしましたが、きっと目には見えないチカラがすこし良い影響を与えてくれている事と思います。


別窓 | 癒しの一曲 邦楽編 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
100の質問に答えます。 Q.91~100
2008-11-01 Sat 19:57
Q.91 これはひどいと思う邦題、逆に良かった邦題って?

A.  酷い=「死霊の盆踊り」爆爆爆! 「情婦」は邦題で損してる作品だと思う。
    良い=「素晴らしき哉、人生」  「この森で、天使はバスを降りた」。両方とも句読点がとても良い。変なところですみません。

Q.92 あなたにとって「なつかしの映画」で真っ先に思いつくのは何?

A.  「少林寺への道」。18銅人のヤツです。小学生の頃はよく弟と修行してました。

Q.93 近所のレンタルビデオ屋さんに何か一言!

A.  いつも沢山借りてますので、もっと安くしてください。

Q.94 映画館での失敗談があったら教えてください。

A.  中学の時、友人2人と「バタリアン」を観に行ったら、その友人二人が途中からトイレにリバ-スに行き、戻ってこなかった。(注 : 実話)

Q.95 俗に「映画みたいな恋したい」と申しますがそれってどんな恋?

A.  「プリティ・ウ-マン」みたいシンデレラスト-リ-ですか?自分は「恋しくて」のワッツとの恋みたいなのがキュンとくるです。

Q.96 実生活で「映画みたいな瞬間」って体験したことある?

A.  会社の隣が火事になって、消火器を持って決死の突入をした。真っ黒い煙に囲まれて死ぬかと思った。炎より煙と格闘して消火器7本使って、鎮火させました。(注 : 実話)

Q.97 世の中から映画が無くなってしまいました。映画ファンのあなたは何を生き甲斐に生きますか?

A.  もう音楽しかない。

Q.98 ここで映画を題材に一句

A.  また発見!  だから映画は  やめられない

Q.99 映画業界になにか一言!

A.  脚本家のみなさん頑張ってください!

Q.100 ズバリ、あなたにとって映画とは?

A.  人生の教訓であり、活力。 映画を観てる時は本当に幸福です♪


長々と書き留めて来ましたが、何とか100まで答える事が出来ました。
実は、この質問には何年か前に一度、答えてみたのですが、こうして自分でブログを行う上で、この100の質問の答えを保存したいと考えてプログ上に書くことにしたのです。
以前の答えとは若干変わってしまったのは、やはり時代の流れなのですね。
この答えもまた何年かしたら、変わって行くのだろうと思います。しかし、映画を愛する心は変わらないで年をとっていきたいですね。

長い期間、ここまで読んで下さった方は、本当にありがとうございました。
皆さんもチャレンジして答えてみるのも面白いかと思いますよ(^^) 
別窓 | 100の質問 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
| RELAX TIME |

ブログ内検索

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。