スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ダウン・バイ・ロー
2009-07-23 Thu 17:02



ダウン・バイ・ロ-



【スト-リ-】
ルイジアナ州ニューオリンズ。ザックとジャックが、それぞれ警察がらみの罠にひっかかってOPP刑務所の同じ房に入れられる。そこに不思議な仲間、イタリア人旅行者のロベルトが加わって、脱獄を計画をし、あっさりと成功してしまう。3人は地獄とも天国ともつかぬ奇妙な逃亡の旅を重ねてゆく……。

ロックシンガーのトム・ウェイツとイタリアの名優、ロベルト・ベニーニ共演による、ジム・ジャームッシュ監督の集大成的作品。



【レビュ-】
この作品も高い評価を得ていたので、興味を持って鑑賞してみました。

この映画、なんだろう?とても不思議な魅力のある映画だと感じました。コメディと分類していますがコメディではないだろうと思います。ジャンル分けをするのは難しい映画でもあります。


登場する主要人物は3人。かつては大都市でラジオのDJをしていたが干されてうだつの上がらない男ザック。そして街のチンピラのジャック。物語の前半はこの2人が、それぞれワナにはめられて捕まってしまい、刑務所に送られてくるのです。
この2人が同じ房に入れられます。で、この2人、キャラ的に同じ様な感じの男なのですが、お互いに牽制し合い、キャラは被っているのにまるで水と油。まったくソリが合いません。

そこにイタリア人で変な片言の英語しかしゃべれないロベルトが彼らと同室になるのですが、ここから映画が面白くなっていきました。

このロベルトがこの作品の後に各国で賞賛を浴びたあの「ライフ・イズ・ビュ-ティフル」のロベルト・ベニ-ニでした。
彼の持ち味は「しゃべり」の演技ですが、この作品でもふんだんに披露されていました。刑務所の中でも明るく前向きに振る舞う姿は、「ライフ・イズ・ビュ-ティフル」のグイドを彷彿させるお見事なものでした。(作品はこちらの方が先に製作されているのですが・・・)それに彼は喋らなくても見ているだけで面白い。彼の人を和ませるオ-ラは本当に不思議な魅力ですね。


この作品から、ロベルト・ベニ-ニのキャラクタ-は決定されていたかの様に、厳しく辛い状況でも明るく振る舞う彼の姿は、いがみ合っていたザックとジャックの心をも動かしました。

この作品の名シ-ンの一つ。檻の中での「アイスクリ-ム」の叫び。3人の気持ちが一つになった瞬間の思わずニヤリとさせられる名シ-ンです。


その後、刑務所から脱獄を企て、見事に成功するのですが、まぁあっさりと。追われてハラハラするのかと思いきや、まぁ全然何事も無かったかの様に。
ハッキリ言ってスト-リ-はめちゃくちゃです。物語に起伏もありません。
ただ男たちを映し出し、その何気ない姿を追っているだけなのですが、不思議ですね~。妙に絵になっているのです。

この作品、モノクロで味わい深い映像が沢山見られ、冒頭の映像から格好良い雰囲気を出しまくっています。横流しで街の風景を映し出す映像に、ザックを演じたトム・ウェイツのダミ声の歌声が良い味を出していました。
ここから気持ちを持って行かれます。モノト-ン色の風景はモノクロの写真の様に見えました。

そう、この映画は一つ一つのシ-ンがまるで写真の様に、映像がとても絵になっているのです。
そこがこの作品の評価の高い理由なのでしょう。非常にセンスを感じる映像が魅力的で自分も引き込まれていました。

その象徴が最後のラストシ-ン。定点カメラで撮られた映像に、ザックとジャックが分かれ道を東西に向かってそれぞれが歩み出す。
このラストが好きだというファンも大変、多いみたいです。自分もこのシ-ンには心を奪われました。


この映画はスト-リ-を楽しむものではなく、写真の様な映像の雰囲気と、他愛もない男たちの会話や変化していく過程を観る映画だと思います。とても不思議な映画です。

それともう一つ不思議というか、運命を感じたものがありました。
3人が脱獄し、逃亡を続けてる途中で行き着いた喫茶店に暮らしていた女性。その女性がロベルトと惹かれあい、共に暮らす事を選ぶのですがなんとその女性、「ライフ・イズ・ビュ-ティフル」でロベルト・ベニ-ニ演じるグイドが射止めたド-ラだったのです。名前はニコレッタ・ブラスキ。彼女は映画でもロベルト・ベニ-ニと結ばれていますがプライベ-トでも本当の夫婦となっていますね。


この映画を観ていて、時間が経つのがすごく早く感じました。それだけ何故か映像に惹きつけられ、夢中になっていたのだと思います。しかし、本当に物語的にはドラマチックな盛り上がりはほとんど無かったのですがね。しかし、何故か惹きつけられる。感性に訴えてくる作品なのでしょうか?


不思議な魅力と運命的なものが詰まった、本当にミラクルな作品です。




ユウ太的評価 7.5点
自己評価ですのでご了承下さい。
皆さんもよろしかったらコメントに評価を入れて下さいね。


スポンサーサイト
別窓 | コメディ | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
クライム&ダイヤモンド
2009-07-08 Wed 19:55



クライムダイヤモンド


【スト-リ-】
場末のホテルの一室、椅子に縛り付けられたトレバー・フィンチは、古い名作映画フリークの殺し屋‘毒舌ジム’に捕まってしまい、こめかみに銃口を突きつけられていた。ジムはいい話を聞かせてくれたら、命を助けてやると約束する。絶体絶命の危機の中、フィンチは話し始める…。

本作で脚本も手掛けているクリス・ヴァー・ヴェル監督の劇場デビュー作。サスペンスやロマンスの要素を織り交ぜつつ、セリフや映像として過去の名画の引用を随所にちりばめるなど映画ファン心理をくすぐる遊び心満載の異色犯罪コメディ。



【レビュ-】
いつも自分が映画作品を観る時に参考にしているみんなのシネマレビュ-さんで評価が高く、レビュ-内容を読んで面白そうだと思いレンタルした作品でした。


レビュ-の内容で凄く興味を惹かれたのが、この物語の殺し屋として登場する「毒舌ジム」と呼ばれる男が、大の映画好きという変わったキャラクタ-を観たくて選んだのですが、いやぁとても面白かったです。(^^)

この毒舌ジム、殺しという仕事と映画をこよなく愛する男で、何を語るにも全部映画に絡めてしまう程。その映画はクラシックの名作と呼ばれるものばかりで、名台詞もポンポン飛び出し相手に有無を言わせません。
そんな映画好きの殺し屋に命を狙われたクリスチャン・スレ-タ-演じる詐欺師との言葉での攻防はとても面白かったですね。

詐欺師は捕まってしまったが、映画好きの殺し屋に映画の様な話を聞かせて逃げるチャンスを伺うのですが、この毒舌ジムがまんまとその話に食いついてくるのです。
「その映画の様な話が面白かったらお前を殺すのを延ばしてやる」。詐欺師フィンチは必死に話を進めていく。
その話が回想シ-ンとなって映画は進行していくのですが、この展開が素晴らしかったです。映画の様な面白い昔話が回想で表され、その話が進んで現在、ジムに捕まっている所までリンクする。
脚本と展開の妙を観れた作品となり、とても楽しませてくれました。

この毒舌ジムも昔話の回想から始まる話に「回想シ-ンは客は混乱してしまうが好きだ。」なんてすっかり心を奪われ、2転3転する話に夢中となり、ラブスト-リ-の様なラストのハッピ-エンドまで期待してついには、自分がそれを演出してしまう。はちゃめちゃなのですがこれがまた楽しくて気持ちの良い爽快感がありました。

そしてジムのラストの演出はとっても小粋でお洒落で、自分はこのシ-ンが始まる瞬間「もしかしてあの名シ-ン?」とすぐに読んでしまいましたが、すっごく良かったです。(^^)


多分、昔の名作を沢山観ている方や映画が好きな方には大変、楽しめる作品となるでしょう。普段映画を観ない方でも名作を知っているなら思わず嬉しくなってしまうような、そんな楽しい作品です。
そんな名画や名シ-ン、俳優の小ネタが満載の粋な作品だと自分は思います。

しかし、クリスチャン・スレ-タ-は主演なのにすっかり毒舌ジムを演じたティム・アレンに全部持ってかれてます。 そうですね~この作品は毒舌ジムを観る映画ですね。


こんな作品、みんなのシネマレビュ-さんで見つけなければ、とてもめぐり会えなかった作品でしょう。多くの人の評価が高い作品はこれからもチェックしてご紹介したいと思います。

本当に面白く、とてもハッピ-な作品でした。映画好きは必見です。お勧めですよ!(^^)




ユウ太的評価 8点
自己評価ですのでご了承下さい。
皆さんもよろしかったらコメントに評価を入れて下さいね。
別窓 | コメディ | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
サ-カス
2009-06-24 Wed 18:08



サ-カス


【スト-リ-】
スリに間違われたチャーリーが警官に追われて逃げ込んだサーカス団には、団長に責められてばかりの娘がいた。チャーリーに道化のセンスを感じた団長は、テストしてサーカスで雇おうとするが…。

サーカスに紛れ込んだ浮浪者チャーリーが、曲馬乗りの少女に恋心を抱き、奮闘する様を描いたユーモアあふれる感動作。

約2年の歳月をかけて製作された「芸」「ギャグ」「ドラマ」の三拍子が揃った傑作。第1回アカデミー賞特別賞を受賞。


【レビュ-】
大好きなチャップリン作品は色々と観てきましたが、この作品はずっと探していたのですが見つからなかったのでネットレンタルをしました。
ところが、ネットレンタルでも在庫が薄い様でずっと待ちに待っていた作品。やっと鑑賞する事が出来ました。


この作品はチャップリン作品の中でも、特にエンタ-テイメント性が高く、面白い部分が強調されているとの事でした。
鑑賞してみてなるほど、凄くコメディ色が強く、チャップリン得意のパントマイム芸を沢山観る事が出来ました。

彼のコミカルな動きはこの作品を観るとよ~く分かるのですが、本当に計算しつくされたかの完璧な動き。
タイトルでも分かる様に「サ-カス」ですからピエロは勿論、サ-カスの主役でもある動物達も沢山、登場します。
その動物達がまた可笑しい動きでチャップリンと絡みコントを観ているような笑いのシ-ンが盛りだくさんでした。

自分が今回、笑いのシ-ンでお気に入りなのは彼の伝記映画、「チャ-リ-」でも登場する、機械仕掛けのカラクリ人形に紛れて警官から逃げる場面です。
チャップリンの素晴らしい動きは、機械仕掛けで動く人形とうり二つ。コミカルで大笑いしてしまいますが本当に凄いです。

また、この当時はCGなどの映像技術は勿論ありません。ですから生身の人間が全てを演じ、カメラに収めなくてはなりませんが、スタント無しの凄いシ-ンもありました。
一つは本物のライオンとトラが居る檻の中に閉じこめられる場面。ライオンはちょっと小振りな感じもしましたが、鎖などには繋がれておらずノ-スタントでやるには恐ろしいもの。ですがハラハラさせながらもキチンと笑えるシ-ンに仕上げております。


もう一つはサ-カスの目玉でもある綱渡り。これもチャップリン自ら行っていました。

彼は完璧主義者でも知られていますが、この綱渡りのテイクだけでも700回、納得のいく映像が撮れるまで繰り返されたそうです。
細い綱の上を渡るだけでも普通の人には無理な話ですが、チャップリンは命綱も付けず(劇中では命綱をつけて余裕シャクシャクでやるのですが、途中からそれが外れてしまいドタバタやりながら綱渡りを行う)やっていました。
高さは地上10メ-トル程あるでしょうか。彼の職人芸とも言える素晴らしい技。それを猿が乱入してきてバランスを崩しながらもやってのけるんです。これにはゲラゲラ笑いましたが同時に、凄いなぁと息を飲みながら釘付けにさせられました。

本当にチャップリンは器用で凄い技術、運動神経の持ち主なんでしょう。あの芸は究極だと思います。プロを超えて超人だと思いますね。

また、沢山の動物との絡み、そして赤ちゃんまでも、その予測出来ない動きを何度も撮影を繰り返し笑いに変え、見事なシ-ンを創り上げるのです。そして、それはサイレント映画ならではの面白さと思わずニンマリしてしまう暖かい感じ。

その製作に架ける意欲と情熱には毎度の事ながら関心させられますが、この作品は2年もの歳月を費やし製作されたというのも納得の完成度です。


この「サ-カス」はとにかくエンタ-テイメント重視で他のチャップリン作品よりもドラマ性、メッセ-ジ性が無いと言われていますがエンディングを迎える頃にはジ-ンとさせられます。
それまで大いに笑わせて、最後に暖かく、人情味溢れるシ-ンを持ってくるのは如何にもチャップリンらしい映画だなと、ただただ唸ってしまいました。

「チャ-リ-」でもチャップリンの作品を編集した映像が見られましたが、その最後のエンディングはこの映画のラストシ-ンだったと記憶しています。
それを思い出して胸が熱くなりました。

ドタバタ劇で人を笑いに誘い、思い切り楽しませた後で、独り寂しく哀愁を漂わせ彼方へと歩いていく放浪紳士チャ-リ-。何故か最後、彼は独りぼっちが似合うんですよね。
本当に素敵なラスト。そしてあのコミカルな歩き方の後ろ姿は、また希望に満ちあふれているのが素晴らしいです。


忙しくても、嫌な事があっても、チャップリンの映画は肩の力を抜いて気楽に観られるのが良いですね。たまにこうしたサイレント映画が観たくなりますね。

ホッと出来る数少ない作品だと思います。(^^)


一緒に「Chaplin Tribute」というのを見つけましたので貼っておきます。勿論、この「サ-カス」の名場面も入っていますのでお時間がある方は楽しんで下さいね!(^^)





ユウ太的評価 8.5点
自己評価ですのでご了承下さい。
皆さんもよろしかったらコメントに評価を入れて下さいね。
別窓 | コメディ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
デ-ヴ
2008-12-26 Fri 19:03


デ-ヴ


【スト-リ-】
大統領にそっくりなデ-ヴは、一度だけの代役を引き受ける。しかし、当の大統領が脳卒中で倒れてしまい、ホワイトハウス生活が延長する事に・・・。
意外にも大統領と入れ替わったデ-ヴの優しさが、国民の支持を獲得。冷え切ったファ-スト・レディ、エレンの心をも溶かしていく。しかし、その裏では次期大統領を狙う、首席補佐官ボブの策略が着々と進行していた・・・。

彼は替え玉。でも最高にワンダフルな大統領。アイバン・ライトマン製作・監督の傑作ハ-トフル・コメディ。
(参考 Amazon より)


【レビュ-】
 この映画も色々なところで評価が高く、ハ-トフル・コメディという事で、鑑賞しました。
自分的に、以前から鑑賞したかった作品で、とても期待して観たのですが、いやぁ期待通りのとても良い作品でした。

大統領のそっくりさんが替え玉となり、大統領の執務をこなし、腐敗していた政治を立て直していくという、簡単に説明するとこんな感じなのですが、随所に笑いあり、心が和むシ-ンありで気持ちが元気になれる。そんな作品でしたね。 (^^)

今のアメリカ、日本を見てみますと、大不況の最中失業者があふれ、リストラやクビ切りが後を絶たないお先真っ暗な景気であります。
日本の国会と言えば、100年に一度の大不況を向かえ、100年に一度の政治を行わなければならない!なんて言ってますが、何が変わったのか、何をしたいのか、大げさに考えれば日本の国は何処へ向かおうとしているのか。全く不透明な政治、行政となっています。

この作品を観て感じたのは、やはり国のトップに居る人達は国民を、そして助けが必要としている人には特に国のお金を使い、救いの手を差し伸べて欲しいと強く思ってしまいました。
この大統領の替え玉となったそっくりさんのデ-ヴは顔、姿は本物の大統領とうり二つですが、心は国を、国民を何とかしようという情熱に満ちた素晴らしい人物でした。
やはり、一般の生活をしている人の気持ちというのは一般人、民間人レベルの人にしか分からないのでしょうかね?
首相や大臣たちを吊し上げ、こんな所で批判するつもりはありませんが、心の底から日本の政治家の人達にこの作品を一回観て感想文を提出させてみたいですね。

まぁ感想文は良いですから、この作品をご覧になって頂いて、なにか感じ取って欲しいと切に思います。

それだけ、この作品は素晴らしいと思いました。「政は映画のようにはいかない」なんて批判されそうですが、政治家は国民の為にきっちりと仕事をして頂きたい。国民の苦しみを分かって欲しい。そう思ってしまいます。
自分はまだ全然、恵まれています。この暮れにきてやはり仕事が忙しくあちこち飛び回っています。しかし世の中見渡せば、突然に解雇通知を受け、この年末の時期に住む場所も追われてしまうという方が数多く存在する。また、新年は越せても来年早々に会社が倒れるなんていうのは、これからどんどん出てくるでしょう。来年は今年よりも厳しい年になると言われています。自分の業界もかなり苦しいですよ。

少しでも国民の生活を考えて頂き、何とかこの不況、厳しい状況を打破してもらいたいですね。それにはやっぱり国と国民を思う「心」だと思います。

この作品の最後のシ-ンでの、シ-クレット・サ-ビスの台詞はジ-ンときました。誠実な人物だからこそ皆が投票し、国の舵取りを任せるのですものね。

この作品のデ-ヴのような政治家が多く現れて、国民と一緒の国作りをしていって欲しいと強く思ってしまう作品でした。

固い事ばかり述べていますが、本当に素敵な、そして心が暖まる痛快なコメディ、そしてラブスト-リ-でした。(^^)
良作なので多くの人に観てもらいたい一本だと思います。オススメです。(^^)


ユウ太的評価 8.5点
自己評価ですのでご了承下さい。
皆さんもよろしかったらコメントに評価を入れて下さいね。
別窓 | コメディ | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
モダン・タイムス
2008-11-11 Tue 17:49


モダン・タイムス

【スト-リ-】
工場で働くチャ-リ-は、ひたすらネジ回しを繰り返す作業の末に発狂しトラブルを起こす。
最終的に病院送りになった彼は、退院した矢先、ふとした事がきっかけでデモ隊のリ-ダ-と間違われ捕まってしまうが、脱獄囚を撃退した功績で模範囚として放免される。
仕事も紹介されたが上手くいかず辞めてしまい、街をうろつく生活に。そんな中、チャ-リ-は独りぼっちの浮浪少女と出会い、彼女と自分の為に家を建てようと決意して働き始めるのだが・・・。

【レビュ-】
チャ-ルズ・チャップリンの愛すべき作品。名作「街の灯」の後に製作されていて、完全なサイレントではなく、音声を多々入れるというチャップリン作品としては時代の波に少しずつ押されていった時期の作品でもあります。

パッケ-ジを見ても分かるように、この作品で訴えているものは機械化が進み、人間の尊厳や交流がどんどん失われていく資本主義社会を笑いで風刺するというメッセ-ジがこめられていて、物語の冒頭は工場で働くチャップリンをドタバタコメディで、面白可笑しく描いています。
この作品の全体的な部分で垣間見れるチャップリンの素晴らしいパントマイムは、数あるチャップリン作品の中でも出来が上位のコメディ劇となっていると思います。

チャップリン作品を鑑賞したことがない方も、この作品はとても観やすいのではないかなと思うほど、分かりやすく楽しいコメディになっていますね。
この作品のチャップリンはとても生き生きとしてコントみたいなコメディを沢山、見せてくれます。
また、この作品で初となるチャップリンの肉声は彼が歌にのせて披露してくれました。この歌と踊りがとても素晴らしく、そして大変面白かったです。

内容ですが、工場をクビになった後の姿は、この当時の大不況だった世の中を見事に伝えていて、一般の人々の苦しかった生活を表していました。
お金が無く、住む家も無いという貧困層の人々は働きたくても仕事がない、お腹がすいても食べる物がない といった具合で大変な時代を物語っていました。

そこを笑いで表現するチャップリンのコメディ劇は、辛い生活を余儀なくされていた人々の辛さを少しでも和らげ希望を与えていたのだろうと、映像から伝わってきました。

辛い時でも笑顔で、希望を持って生きていこう!という暖かいメッセ-ジは映画史に残る名シ-ンと言われているラストにちゃんと表現されていました。

チャップリン映画は本当にとても楽しく、後のお笑い界に、とてつもなく大きな影響を残しています。見たことのあるコント等は、チャップリンの作品で数多くみられます。
そして、それほどの楽しい喜劇の中に、人々に伝えようとした暖かいメッセ-ジと愛。今でも世界中で愛されている意味が少しずつ分かってきました。

最後のシ-ンでのチャップリンの「スマイル」と二人の姿は、本当に素晴らしく希望に満ちあふれていたものでした。

現在も人との交流が難しい世の中になってきました。また、ここ数年に渡る不況や経済不安も一層と深刻なものとなり、行き先が見えにくい不安定な時代になってしまいました。
しかし、この作品のチャップリンのように辛くても笑顔で希望を持っていれば大丈夫だと、彼のように逞しく生きていきたいなと思いました。

不安を抱えている方、何となく暗い気持ちで過ごしている方はこの作品で笑って、そして彼の最後のスマイルを観て少しでも希望を持って頂きたいなと思います。

それが、こんな素敵な映画を残してくれた彼が望んだ事であって、伝えたかった事なのだと思います。

多くの方が笑顔で過ごせるように・・・。

ユウ太的評価 8.5点
自己評価ですのでご了承下さい。
皆さんもよろしかったらコメントに評価を入れて下さいね。
別窓 | コメディ | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
| RELAX TIME | NEXT

ブログ内検索

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。