スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ゴッドファ-ザ- (再見)
2010-08-25 Wed 19:49
「第12回 ブログ DE ロ-ドショ-」に今回も参加させて頂き、対象作品であるこの「ゴッドファ-ザ-」を鑑賞致しました。

今回、作品を選定して下さったケンさん 本当にご苦労さまでした!(^^)
そしてmiriさんにおかれましては、いつも沢山の記事をまとめて下さって本当にありがとうございます。(^^)
「ブログ DE ロ-ドショ-」のまとめ記事はこちら「映画鑑賞の記録」miriさんのブログ


自分はこの映画、昔から何度もチラ見はしていました。もう子供の頃でしょうか。なにしろ自分が生まれた年の作品ですから古い作品ですし、長い映画でもあります。
その中でやはり長兄ソニ-がマシンガンで蜂の巣にされるシ-ンは鮮明に覚えておりましたが、それ以外のシ-ンはそんなに覚えておらず、また沢山の人物、彼等が織りなすドラマはほとんど分かっていない状態で何年も時を過ごして来ました。

映画を好きになってから大分経ちますが、じっくり作品を鑑賞する事に喜びを感じるこの年になってようやく、この映画ともじっくり腰を据えて向かう機会を今年の初旬、やっと鑑賞する事ができました。その時に本当にこの映画の凄さ、素晴らしさを理解出来たのだと思います。その時の記事はコチラ

今回また、「ブログ DE ロ-ドショ-」という素晴らしいイベントで再度、じっくり鑑賞する機会を頂いて良かったです。
自分、まだ記事にはしていませんが、パ-ト2も前回の勢いで鑑賞出来ましたから色んな物語の絡みが分かったので再度この「ゴッドファ-ザ-」を観たいと思っていたのであります。



なにしろこのファミリ-の壮絶な物語を堪能出来ました。

ドン・ヴィト-・コルレオ-ネの凄味が一層、分かったような今回の再見。そして彼が築き上げてきた権力や他のファミリ-とのパワ-バランスがパ-ト1のラストでガラガラと音を立てて崩れていく感じが妙に切なかったです。

それと同時にアル・パチ-ノ演じる3男マイケルの変わり様もまた非常に見応えがありました。前回も感じたのですが、本当に顔の感じが変わっているのが凄いですね。眼光がどんどん鋭くなって冷たい、まさに冷酷な目に変わってくるのです。
長男ソニ-はイケイケでしたが無鉄砲でドンの器では無く、次男フレドも気が弱くで流れを読む事にも精通していなく、やはり器ではない人物でした。
しかし、3男マイケルは冷静であり、度胸も決断力も併せ持ってしました。何より冷酷で組織の邪魔者は消すという時のあの眼光は改めて凄いと強烈に感じました。 
ヴィト-の葬儀の時も、その鋭い眼光で裏切り者を見つけていましたね。

マイケルは若き日のヴィト-と同じ匂いを感じさせられました。
ヴィト-の子供たち、男3人の中に「狼」が生まれていたんだなぁと感じた今回の鑑賞。



また改めてこの映画のクオリティの素晴らしさも感じる事が出来ました。

演出も光と影を巧みに投影する撮影や美しく切ない音楽も、とても効果的で再見にもかかわらずまたしても引き込まれ、あっという間の3時間でしたね。
何度観ても色褪せない、そして観ている者を引き込むパワ-と美しさ。ため息が出てしまいます。

そうした思いにさせられるこの「ゴッドファ-ザ-」はやはり名作にして傑作だと改めて感じました。
自分と同じようにじっくり観ていなかった方は今回、このような機会で鑑賞出来た事を、一映画ファンとして嬉しく思います。


「ブログ DE ロ-ドショ-」。映画好きな皆様と一緒に、こうした名作を堪能する事はとても幸福な事ですね!
自分は割と直近の再見でしたが、素敵なイベントの中でこの名作を鑑賞出来て本当に幸せだと感じております。(^^)

選定して下さったケンさん。いつもこのイベントをまとめて下さるmiriさん。 そして多くの皆様。本当にありがとうございます。(^^)


最後に、どうぞ ニ-ノ・ロ-タの名曲で癒されて下さい。(^^)




スポンサーサイト
別窓 | アクション、バイオレンス | コメント:12 | トラックバック:2 | top↑
3時10分、決断のとき
2010-02-12 Fri 17:00



3時10分、決断のとき



【ストーリー】
干ばつと借金で生活に困り、家族の関係も冷めつつある小さな牧場主のダンは、町で捕まった強盗団のボス、ベン・ウェイドを、刑務所がある“ユマ行き3時10分発”の列車に乗せる護送の仕事を引き受ける。そして、ウェイドの言葉や行動に翻弄され、危険にさらされる護送団のメンバーを一人ずつ失っていく中、ダンとウェイドには不思議な絆が生まれる。だが、ホテルに身を隠した一行は、追ってきたウェイドの部下たちに包囲されてしまう。見逃せば命と金の保証をすると申し出るウェイドに、ダンは自分の本当の心の内を明かす。そして、銃撃の中を二人の男は列車に向かう・・・。

エルモア・レナードの原作を映画化した異色西部劇の傑作『決断の3時10分』('57)のリメイク版。第80回アカデミー賞にて音響賞と作曲賞にノミネート。





【レビュ-】
タイトルに惹かれて鑑賞してみました。
一体、3時10分に何を決断したのだろう?とても気になって興味津々で観ましたが、全体的に良くできた西部劇だったと思います。

主演はまたまたのラッセル・クロウとクリスチャン・ベイル。自分的にこの2人は最近、観る映画に良く出てきますのでちょっとお腹一杯なお二人でしたが、両者ともこの映画では格好良かった!

ラッセル・クロウが演じるのは強盗団のボス、ベン・ウェイド。荒くれ者を引き連れ、列車強盗なんてお手のもの。
彼は早撃ちの名手で、仲間にも冷酷でありストウィックな雰囲気を纏う、まさに悪者のボス。
で、このラッセル。最近の役の中ではこのウェイドが一番格好良いのではないでしょうか。悪人なんだけどすごく魅力的でオ-ラを放っている様に感じました。


3時10分、決断のとき イメ-ジ2



もう一人の主役はクリスチャン・ベイル演じるダン。生活苦にあえいでいる牧場主のダンは人には言えないものを背負っていた。
彼は南北戦争時、北軍に参加。狙撃手としてその腕は今なお健在。という静かだが腕は一級の男。このダンが抱えている心苦がこの映画のキ-になっていて、このタイトルの「決断のとき」に繋がっていました。

ウェイドを捕まえ、刑務所のあるユマ行きの列車まで護送する一行の一部始終。というのが大まかなスト-リ-ですが、捕らえられ護送されるウェイドとそれを護送する一人ダンの決して交わる事の無かった2人の思想が徐々に交わっていく。これが奇妙ながら実に男心を強く揺さぶるドラマになっていて、見応えがありました。


3時10分、決断のとき イメ-ジ1



自分はこの二人のやりとりに感情移入してしまい、最後はホロっとさせられました。
ダンは報奨金200ドルのためにこの危険な仕事を引き受けたのではなく、もっととてつもない大きな物の為、それを息子に見せる為に命を懸けたのだ。と思ったらもう、格好良くて・・・。
ウェイドもそんなダンの心意気に自身の心を動かされ、懸命にダンを鼓舞する。その姿も本当に格好良くてニンマリしながら食い入る様に観てしまいました。

もう少しで列車に辿り着く。もう少しだ!頑張れ!と終盤はハラハラしながら半ばこちらもダンを応援するような感情になっていて、彼の男としてのプライド、父親としての誇り、威厳、息子への愛情。様々な物が去来して涙してしまいます。 息子がそんな父親を見て「父さんは凄い! あのウェイドを列車に乗せたんだ!」としっかり父親の背中を見ていてくれたのがまたイジらしくて。。。 

そんな男達の映画です。クリスチャン・ベイルもT4より全然、こっちの方が良かったです。


3時10分、決断のとき イメ-ジ3



でも最後のもう一つの決断? ウェイドが仲間に取った行動は?????と自分はあっけにとられてしまいました。
なんでそうなるかなぁ と。 

彼は列車の中で思った事は仲間の事ではなく、一仕事終えてそろそろトンズラするか!といったものだったのかなと思うと少々、腑に落ちないと思います。が、全体的に非常に良かったと思う作品でした。

「男の美学」みたいなものが詰まった西部劇ですね。





ユウ太的評価 7点
自己評価ですのでご了承下さい。
皆さんもよろしかったらコメントに評価を入れて下さいね。





別窓 | アクション、バイオレンス | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
ゴッドファ-ザ-
2010-02-07 Sun 16:30



ゴッドファ-ザ-



【スト-リ-】
夏の陽射しが眩しいコルレオーネの屋敷。そこで行われている彼の娘コニーの結婚式からこの物語の幕は上がる。
シシリーからアメリカへ移住し、苦闘の末に巨万の富を築きあげたコルレオーネには3人の息子がいた。長男ソニーは血の気が多く荒っぽい。次男は腰抜け。温和な三男マイケルはドンのお気に入りだが、堅気の道を歩もうとしている。だが、父が敵対するファミリーに銃撃されて重傷を負った時、マイケルは父の世界へ一歩足を踏み入れる。
こうして1947年の戦いは始まってゆく・・・


マリオ・プーゾのベストセラー小説の映画化で、フランシス・フォード・コッポラ監督の名を一躍有名にした傑作。
ドン・コルレオーネを演じたマーロン・ブランドがアカデミー主演男優賞を受賞したほか、作品賞と脚色賞も受賞した。




【レビュ-】
何処の映画サイトを見ても、名作にして傑作と呼び声高いこの「ゴッドファ-ザ-」。 自分、恥ずかしながらこの作品を今まで最初から最後までキチンと観た事が無かったと思います。

昔から何度か、一部は観てはいましたがじっくり腰を据えて長時間この作品を観たというのは今回が初めてでしょう。ちゃんと観たのは「ゴッドファ-ザ- Part3」だけだと思います。 
今回、やっとキチンと鑑賞する事が出来ました。 そうしたら、なんと勿体ない事をしていたのかと反省しきりです。
本当に素晴らしい作品だと思いました。



ドン・ヴィト-・コルレオ-ネ。マフィアの中でも「ゴッド・ファ-ザ-」と呼ばれ慕われていたボスの中のボス。マ-ロン・ブランドが演じていましたが、その存在感は皆が絶賛している通り素晴らしいもので圧倒的な存在感を放っていました。

他の組織のボスの中に居ても、観ている自分はドン・コルレオ-ネは格段に違うと感じてしまうほど。その姿は威圧感もありますが、それと同時に気品に満ちており、大物の風格がこれでもかと出ております。

ゴッドファ-ザ- イメ-ジ1


マ-ロン・ブランドといえば自分はすごく印象に残ってしまっているのですが「DNA」という訳の分からない映画での白塗りのマ-ロン・ブランドを思い出してしまうのです。その映画でも「ファ-ザ-」と呼ばれていましたがあの作品は記事にも書く事が出来ない酷い作品でした。

でも今回、やっぱりマ-ロン・ブランドといえば「ゴッド・ファ-ザ-」という強烈な印象を自分に残してくれたと思います。 観ていて本当にこのボスなら慕いたいと思わせられました。後のしっぺ返しが少々、恐いですが・・・

その裏社会で生きるマフィア。組織のボスとして君臨し、部下や他の勢力からも一目置かれている存在。でも、このドン・コルレオ-ネに共感し、観ていてこちらも尊敬の念に駆られるのは本当の悪に手を染めていなかったからではないかと思います。
人を脅したり殺したり、陥れたりするのは勿論、マフィアの中では当たり前の事で、それにより大金を手中に収めているというのはやはり悪行だと思います。
冒頭の馬のシ-ンでいきなり、強烈なインパクトを与えられマフィアの怖さを教えられます。しかし、自身や組織を滅ぼす麻薬には手を染めず、他の組織に頑と拒否する姿勢も気高く、誇りみたいなものを感じてしまいました。

それがその後のドラマティックな展開に変わっていくのですが、何しろドン・コルレオ-ネの凄さ、美しさに引き込まれます。


そのヴィト-の息子達、三男マイケルを演じたアル・パチ-ノがやはり凄いですね。どんな絡みで組織を継いでいくのだろうと観ていましたが、前半と後半の変わり様といったら半端なく凄いと思いました。
目が変わるというか、役に入っているのが伝わってきて、後半のマイケルを観てるとピンとこちらまで緊張してしまう位の凄い演技でした。目つきが本当に目の色まで変わった様な、そんな凄味がありました。

特に印象深いのがやはりレストランでのシ-ン。本当に息を呑んで観てしまいましたね。

ゴッドファ-ザ- イメ-ジ3


長男ソニ-も良い存在感で、あの無鉄砲さと家族への情愛が絶妙に出ていて憎めない人物であり、逆に変に好感を持てる不思議な魅力のキャラでした。



マフィアの世界の物語なので血なまぐさいシ-ンも沢山ありますが、人間ドラマも複雑に絡み合い重厚な物語にもなっています。また、本当に全編に渡って伝わってくる緊張感はもの凄いですね。それでも画面から目を離したくなくなる程に作品に引き込まれます。その不思議な魅力に魅了されてしまいました。

ゴッドファ-ザ- イメ-ジ4


また、映像も美しいんですよね。マフィアの登場人物達も洗練されていますし、多くの人物が出てきますが皆、存在感があり一人一人が光っていました。
抗争のシ-ンも迫力があり、マフィアもの、バイオレンスものの最高峰というのは伊達じゃないです。
そして音楽もまた、素晴らしく激しく交錯するそれぞれの想いや悲しみを一層、美しく盛り上げておりました。やっぱり名曲ですね。



何処を取っても素晴らしい、一級品の映画。この作品は名作であり傑作である というのを初めて心から知る事が出来ました。
まだ未見の方は観るべきだと思います。 自分みたいに観ないと勿体ないと思います。

続いてPart2を鑑賞します。 そして3をもう一度観て、この映画をキチンと自分の中で完成させなければと強く思った作品でした。

ゴッドファ-ザ- イメ-ジ2


本当に素晴らい映画でした。




ユウ太的評価 10点
自己評価ですのでご了承下さい。
皆さんもよろしかったらコメントに評価を入れて下さいね。


別窓 | アクション、バイオレンス | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
ワ-ルド・オブ・ライズ
2009-06-09 Tue 18:54



ワ-ルド・オブ・ライズ


【スト-リ-】
世界を救おうとする2人の男。CIA工作員のロジャー・フェリスと、彼の上司であるベテラン局員、エド・ホフマン。
フェリスは、世界中の情報網の中枢に潜入し、現場を知らない上司にキレながらも、命を張って働く男。一方のホフマンは、平和な自宅や安全な本部から電話一本で命令し、部下の意見は無視する冷酷な男だ。
そんな生き方も考え方も違う2人の目的はひとつ。地球規模の爆破事件のリーダーを捕まえること。
足跡すら残さない正体不明の犯人をおびき出せるのは、「世界一の嘘」しかない。フェリスとホフマン、そして他国の諜報部の、息もつけない頭脳戦が始まった!
果たして世界を救うのは、いったい誰のどんな嘘か--?

レオナルド・ディカプリオ×ラッセル・クロウの豪華スター競演、巨匠リドリー・スコットが手掛けるアクション・サスペンス大作!



【レビュ-】
アクション・サスペンスの大作!ということで劇場で予告を拝見してずっと観たかった作品。DVDにて鑑賞しました。

アメリカの対テロ戦争を扱ったスリリングな作品なのかな?と思っていたのですが、そんなに重く堅苦しくなく、娯楽作品としても楽しめた作品ですね。
監視衛星からの映像は、本当にこんなシステムがあるんだろうね。と思わせるリアリティのあるもの。そして冒頭のアクションはなかなかの迫力があり、一気に作品へと引きずり込まれました。

その後は緊張感のあるサスペンス劇へと入っていくのですが、レオナルド・ディカプリオ演ずるフェリスとラッセル・クロウ演ずる上司ホフマンのやり取りもとても面白かったです。


ワ-ルド・オブ・ライズ イメ-ジ2


苦労するのはいつも「現場」。上司は安全な所で監視を続け、家族と一緒に居ながら指示を送るだけ。
なんてアンバランスな二人なんでしょうね。
自分がこんな現場にいなきゃならなかったら、絶対に辞めたくなるでしょうけれど・・・。

この二人の掛け合いも見事ならば、役のイメ-ジも見事に合っていたと思いますね。クロウはぶくぶくとした風体。(勿論、役作りの為でしょうが・・・。)美味い物を食い、酒にまみれた生活で堕落している様なイメ-ジを抱かせ、鑑賞している者に嫌悪感を与えます。
一方、ディカプリオはいつもギリギリの死線上で必死に仕事をこなし、いつも上司に邪魔をされ貧乏くじをひかされる。レオは渋さも身に纏い、とても良かったなぁと思います。

キャラ達に感情移入もさせられて物語はどんどん進み、スピ-ド感もある展開は好印象でした。


しかし、今現在もこうしてテロリストと情報戦をおこなっているのかと思うと穏やかではいられませんね。アメリカの諜報活動はとても一方的で強引。この作品で描かれている様な事を平気でやっていそうです。その部分にリアリティを感じ、フィクションなのでしょうが憤りと怖さも同時に感じさせられる映画に仕上がっています。

そして緊迫度が増す後半から終盤。アメリカは人を捨て駒の様に使い、自慢のサテライトもお手上げの状態。ハイテクばかりに頼り、肝心の人を重用しなかった代償は大きいでしょう。
実際、こうした不甲斐ない事柄で失った命はどれほど存在するのでしようか?その多くは揉み消され、闇へと葬られてるのでしょう。想像するとゾッとしますね。

ワ-ルド・オブ・ライズ イメ-ジ1


それと血を血で洗うイスラムの掟。最後のシ-ンは本当にドキドキしました。事実、あのような映像はネットを通して全世界を駆けめぐったものは沢山ありましたね。本当に恐ろしく、また哀しい事だと思います。

上記の二人以外に強烈な印象を残したのがマ-ク・ストロングが演じたハニ・サラ-ム。彼はまたどっちの味方なのか?みたいなミステリアスな存在でしたが、あっぱれな人物でした。
このハニのように、その地域の文化、風習、仕来りを守って行動しなければ手痛いしっぺ返しや大きな代償を支払う事があるだろうと自分も思います。
これまで世界の警察アメリカは、そんな事はお構いなしで自分達の主張を押し通してきました。暴力には暴力を、ル-ルを守らねば制裁を という図式は今現在も世界には存在します。
このような事も毎日繰り返し、おこなわれているのでしょう。しかし、暴力や武力は相手の身を抑えても心までは抑えられないと思います。

本当の和平は何時来るのか。お互いの行動を牽制し合う情報戦は今も続いているのでしょうね。

それと大々的に謳われていた「ウソ」は大いに期待してしまったのですが、自分的には「へっ?」ってな感じでした。ですが、まぁ良しとしましょうか。汗っ
でも、映画作品としてはノンストップで観れる様な、ハラハラ・ドキドキのエンタテイメントとしても見応えがあり、充分に楽しかった作品でしたね。

こんなスパイ戦略は映画だけに止めてもらいたいですね。




ユウ太的評価 7点
自己評価ですのでご了承下さい。
皆さんもよろしかったらコメントに評価を入れて下さいね。
別窓 | アクション、バイオレンス | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
イ-スタン・プロミス
2009-04-16 Thu 18:59


イ-スタン・プロミス


【ストーリー】
イギリス、ロンドンにある病院に身元不明のロシア人少女が運び込まれる。少女は子どもを身ごもっており、出産ののちに息を引き取ってしまった。
手術に立ち会った助産師のアンナは少女が遺した日記を頼りに、彼女の身元を割り出そうと動き始める。手掛かりをたどるうち、アンナはロシアン・マフィアの運転手を務めるニコライと出会う。 やがて、日記を通じて少女とロシアン・マフィアとの関係が浮かび上がり、そこには恐ろしい事実が記されていたことが発覚する。
知らず知らずのうちに危険な場所に足を踏み入れてしまったアンナと、なぜかいつも彼女を助けてくれるニコライ。ニコライの持つ秘密とは?日記が示す犯罪の行方は?ニコライとアンナの運命はいつしか絡み合っていく…。

鬼才、デヴィッド・クローネンバーグ監督によるサスペンスアクション。
(参考 Amazon より)


【レビュ-】
他のレビュ-でもなかなか評価が高かったという事で鑑賞しました。

バイオレンスものとして、とても際どい、かなり暴力的なシ-ンもありましたのでバイオレンスが好きな人には楽しめる作品だと思います。

この作品、マフィアの話なのですが、それは深く渋い世界でした。
単なるバイオレンスという訳ではなく、ちょっとサスペンス的要素もあったり、またナオミ・ワッツ演ずる普通の女性がマフィアの世界に足を踏み入れ、巻き込まれていくというドラマも観る事が出来、自分としては結構、楽しめた作品となりました。

そして、バイオレンスを期待する方は特に、この作品の格闘シ-ンは銃器を用いるものではなく、ナイフなどの刃物だけで格闘するシ-ンが満載なので緊張感のあるバイオレンスに仕上がっていました。

また、主演のヴィゴ・モ-テンセンは大ヒット作「ロ-ド・オブ・ザ・リング」のアラゴルン役でも見せた渋くて色気のあるマフィアを見事演じており、鍛え抜かれた肉体も披露して新たな新境地を開拓させ、評価も獲得しました。
その他、脇を固めるナオミ・ワッツ、ヴァンサン・カッセルも味のある雰囲気の良い演技で魅せてくれ、全体的に質の高い新しく、ちょっと洒落たバイオレンスに仕上がっていると思います。


しかし、この作品でちょっとマジで怖いシ-ンがありました。それがこの映画で最も印象に残るサウナの中での格闘シ-ン。
勿論、素手で身を守る武器、銃器も持っていない、衣服も一糸まとわぬ完全無防備で二人組の男にナイフで襲われるシ-ンはリアルで痛く、そして恐ろしい強烈なシ-ンでした。
バイオレンスな描写が好きな人にはたまらないと思いますが、刃物で切り裂かれるリアルな描写は観ていてゾッとしてしまいましたね。
主役のビィゴ・モ-テンセンが襲われるのですが、体当たりの演技で好感は持てました。


何となく、今までに無いような渋くて洒落たマフィアもののバイオレンス。一つ一つのシ-ンがリアルで洒落ていて男の色気を漂わせるセクシ-な映像。
これでまたヴィゴのファンが増えそうな、そんな予感がしますね。

「ロ-ド~」でのアラゴルンみたく、彼はいつも女性を酔わすような美味しい役が多いなぁと個人的には思いますが、彼の身に纏った色気がきっとそういう役をやらせるのでしょうね~


人を傷つけるマフィアの冷酷な世界を描いているのですが、何故か静かに淡々としたものとなっており、何処かもの哀しい苦くらい映像は惹かれるものがありました。

なるほど評価が高いのも頷ける、結構、楽しめた作品でした。



ユウ太的評価 7点
自己評価ですのでご了承下さい。
皆さんもよろしかったらコメントに評価を入れて下さいね。
別窓 | アクション、バイオレンス | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
| RELAX TIME | NEXT

ブログ内検索

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。